2018年05月28日

コラムニストとしてのマキタスポーツ

オフィス北野のビートたけし独立騒動で、渦中の人となった一人にマキタスポーツがいます。彼は事務所退所を発表し、FA宣言を行いました。いかにも本人が歌いそうな楽曲を披露する作詞作曲モノマネでブレイクした彼ですが、お笑い芸人としての活動に留まらず、ミュージシャンや俳優として活躍しています。そんな彼のもうひとつの顔が文章家です。

記事の続きを読む
2018年05月27日

エロの歴史を知る

「エロ」とは人類普遍の価値であると言えるでしょう。現在、アダルト系のコンテンツはネット上に溢れています。かつてはこのような時代ではなかったと思ってはいないでしょうか。そんなことはありません。昔の日本も十分にエロかったのです。その歴史に迫った本が大塚ひかりの『本当はエロかった昔の日本』(新潮文庫) です。

記事の続きを読む
2018年05月27日

台湾はモンゴル領有を主張している?

中国と台湾は、二つの地域の間で主張が食い違っています。中国の地図を見ると台湾は国ではなく一つの地域、台湾省として扱われています。地球儀はほとんどが中国製なので、地球儀でも台湾は同様の表記になっています。一方で、台湾で作られる地図を見ると中国全土とともに、モンゴルも自国の領土として記載されています。これはなぜでしょうか。

記事の続きを読む
2018年05月26日

旅のオススメ本(香港編)

旅にはゆっくりとした時間があります。飛行機の待ち時間、バスの待ち時間、あるいは安宿のベッドの上などでふっと文庫本を広げるのも良いものです。

記事の続きを読む
2018年05月26日

宝地図を作ろう

将来の夢やビジョンがある人は多いでしょう。ですが、それはなんとなくのイメージのみに留まってはいないでしょうか。そのままでは、夢は夢のままです。

記事の続きを読む
2018年05月25日

朝鮮半島どのように統一される?

北朝鮮の金正恩委員長と韓国の文在寅大統領が2018年4月に南北首脳会談を行い話題となっています。これによって見えてきたものは分断国家である両国の統一でしょう。ただし、完全な統一というのはまだ長期的な展望だといえるでしょう。

記事の続きを読む
2018年05月25日

論語で生きる力を身につける

論語は、中国において孔子とその弟子たちが孔子の教えを言葉にしたものです。その言葉は倫理、道徳的なものであり、日本文化、日本人との親和性も高いと言えるでしょう。

記事の続きを読む
2018年05月24日

代議士は衆議院のみ?

国会議員は代議士とも呼ばれます。国民を代表して議会の議論に参加する人といった意味合いがあるので、まさに憲法と民主主義の理念にかなった言葉であるといえるでしょう。しかし、代議士とは、実際には衆議院議員のみを指すものであり、参議院議員は該当しません。これはなぜでしょうか?

記事の続きを読む
2018年05月24日

川崎は日本の縮図?

神奈川県川崎市と聞いて思い浮かべるものはなんでしょうか。東京と横浜の間にある都市であり、工場が立ち並んだ労働者の街といったイメージがあるでしょう。さらには、2015年に発生した川崎市中1男子生徒殺害事件などにより、負のイメージを持っている人もいるかもしれません。

記事の続きを読む
2018年05月23日

昭和の珍スポットを訪ねる

『平成』の元号が31年で終わりを迎えることになりました。平成が終われば、その前の時代である昭和も遠くなってしまったと思いを馳せる人も多いのではないでしょうか。

記事の続きを読む
2018年05月23日

手相は統計学である?

手相占いとは、手のひらを見てその人の将来性や運気を占うものです。てのひらに現れる線や肉付きを見ながらその人の性格や才能、健康状態やこの先の運勢を占うものです。この手相というのは生まれつきのものもありますが、生きているうちにどんどん変化していくものでもあります。

記事の続きを読む
2018年05月22日

社長のメモ術に学ぶ

誰かの成功体験に学ぶことは決して無駄ではありません。それが一冊の本となっているならば、なおさらでしょう。

記事の続きを読む
2018年05月22日

時間術と勉強効率の関係

時間を作るのは大変だといわれています。それは確かにそうでしょう。特に就職をして仕事を持ってからとなると、仕事以外の時間を確保するのは非常に困難です。それでもスキルアップや年収アップを目指す場合には勉強が必要となりますよね。

記事の続きを読む
2018年05月21日

子どもはどう語られて来たか?

現在は子どもは尊いものであり、社会にとって大切にしなければいけない存在とされています。しかし歴史を紐解くと、必ずしもそうとは言い切れない時代もありました。さらに子どもは、国や地域の文明ごとに扱いが異なることもあります。そのような子ども観の変遷をまとめたものが村知稔三、佐藤哲也、鈴木明日見、伊藤敬佑によってまとめられた『子ども観のグローバル・ヒストリー 』(原書房)です。

記事の続きを読む
2018年05月21日

三色ボールペンを活用せよ

情報の整理にはさまざまな方法が用いられています。本を読んでいて大事なところにマーカーでラインを引く人も多いでしょう。しかし、これでは本を読むときにチカチカとして目が痛いといったこともあります。そんな時に役立つのが三色ボールペンです。

記事の続きを読む
2018年05月20日

裁量労働制は危険?

働き方改革の一環として、裁量労働制の拡大が行われようとしています。これを、定額働かせ放題につながるのではないかと警鐘を鳴らす本が今野晴貴と野崎量による『裁量労働制はなぜ危険か:「働き方改革」の闇』(岩波書店)です。

記事の続きを読む
2018年05月20日

香港の地理を学ぶ

香港は、中国の特別行政地区です。香港はかつてイギリスの植民地でしたが、1997年に返還されました。社会主義国家の中国にあっても、一国二制度として資本主義を維持している場所です。

記事の続きを読む
2018年05月19日

検閲の深みを知る本

検閲は表現の自由を侵すものとして、現在は日本国憲法で禁止されている行為です。しかしながら、戦前はあらゆる出版物が内務省によって検閲されていました。

記事の続きを読む
2018年05月19日

円環の世界に触れる

円環は人類が古来より好んで用いてきたデザインです。そのような円環のモチーフをたっぷりと収録した本がマニュエル・リマ著、三中信宏・手嶋由美子翻訳による『THE BOOK OF CIRCLES:円環大全:知の輪郭を体系化するインフォグラフィックス』(ビー・エヌ・エヌ新社)です。

記事の続きを読む
2018年05月18日

マクマホンラインとは何か?

地図帳を眺めていると、インドと中国の間に点線が引かれた場所があります。インドの北東部、さらに中国ではチベットと隣接する場所です。このラインはマクマホンラインと呼ばれています。

記事の続きを読む
1 / 329 1 2 3 4 5 最後 »