2018年10月18日

岐阜羽島なぜできた?

インターネット上に流通している画像で、開業当初の何もなかった新横浜駅や岐阜羽島駅が話題となっています。確かに見事なくらいに何もありませんね。新横浜駅は、横浜アリーナなどができあがり都市として発展しています。さらに岐阜羽島駅も周辺に商店街の形成や、ビジネスホテルの設置などが行われることによって、発展が始まっています。

記事の続きを読む
2018年10月18日

コーヒーの歴史を知る

歴史というのはあらゆるアプローチが可能です。ある特定のトピックから、歴史を広げていくというのも面白い視点ですね。そうした本は、どこにどういう風な着眼点を置くかがひとつのポイントになってくると言えるでしょう。

記事の続きを読む
2018年10月17日

自分の最高値を見つけよう

自分の最高値はどこにあるのでしょうか。もっと自分は評価されても良いはずだというもどかしい思いを抱えている人は多いかもしれません。確かにあなたには力があるのかもしれませんが、それに世間は気づいていないだけ、といったこともあるでしょう。自分の最高値をどのように把握して売り込むのかといったことは重要です。

記事の続きを読む
2018年10月17日

自衛隊に学ぶ防災術

災害はある日突然やってくるものです。しかしながら、そこに対してどのように対処するのかという備えがあれば、より具体的な対策ができるとも言えるでしょう。まさに備えあれば憂いなしですね。

記事の続きを読む
2018年10月16日

時間術を図解で知る

時間術に関する本は多く出ています。しかしながら、どれも実践可能なものかといえば疑問符がつきます。すぐにでもできるものが欲しい。もっと言ってしまえば、時間術に関する本を読む時間も惜しい、もしくはない、忙しいという人もいるでしょう。そうした人におすすめなのが安田正による『面白いほど役に立つ 図解 超一流の時間力』(日本文芸社)です。

記事の続きを読む
2018年10月16日

勘違いさせる力の大切さとは?

ふろむだによる『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』(ダイヤモンド社)はなかなか挑戦的なタイトルの本です。しかしよくよく考えると「勘違いをさせる力」は重要ではないでしょうか。それは、ある意味では「騙したもの勝ち」といった見方もできるでしょう。もちろんこれはポジティブな意味で、ということになりますので犯罪的なものは含みません。

記事の続きを読む
2018年10月15日

わかりやすい表現のコツとは?

今は誰もが表現することが容易い時代となっています。情報発信なども簡単にできると言えるでしょう。しかしながら、そうした表現があふれている時代であるがゆえに、わかりづらい表現、洗練されていない表現が溢れているのもひとつの現実です。

記事の続きを読む
2018年10月15日

アウトプットの方法とは?

学びにはインプットとアウトプットがあります。どちらが欠けても成立しません。では、学んだことを発信するアウトプットはどのようにすべきなのか。どういったアウトプットがベストなのか。それを解説した本が樺沢紫苑による『学びを結果に変えるアウトプット大全』(サンクチュアリ出版)です。

記事の続きを読む
2018年10月14日

人がうごくコンテンツとは?

コンテンツ作りはビジネスシーンにおいて大切な要素とされています。インターネットのメディアなどは、その枠を作ることは比較的容易にできますが、そこに魅力的なコンテンツを作り上げるのはなかなか難しいといったこともあるでしょう。

記事の続きを読む
2018年10月14日

一流の気くばり力とは?

ビジネスシーンにおいて求められるスキルは様々ありますが、その中のひとつとして気くばり力があると言えるでしょう。この気くばりというのは、あまりに恭しくやってしまうと味気ないものになってしまいます。さりげなく気くばりをしてこそ、一流であると言えるでしょう。

記事の続きを読む
2018年10月13日

高杉弾とは誰か?

高杉弾という人物がいます。知る人ぞ知る伝説の編集者ですが、目立った活動は行っていません。高杉弾は、自動販売機を通して売られる自販機本の編集者として知られることになります。この手の本ではアダルト系の本がメインなのですが、買う人は当然中身を見られませんので、裸のページをいくらか載せておけば、あとはいくらでも好きに編集できるメリットがありました。そうして誕生したのが『Jam』『HEAVEN』という雑誌であり、高杉は初代編集長を務めました。

記事の続きを読む
2018年10月13日

ワハーン回廊とはどこか?

世界地図を見ていると、中国は多くの国と陸路で国境を接していることがわかります。その中の西の果てに注目すると、アフガニスタンとも国境を接していることがわかります。

記事の続きを読む
2018年10月12日

オールナイトニッポンと現代史

ニッポン放送をキーステーションに全国で放送されている人気深夜ラジオ番組「オールナイトニッポン」が2018年で放送開始から50周年を迎えます。この番組は現代史と連動するような発展を遂げてきたと言えるでしょう。

記事の続きを読む
2018年10月12日

ホリエモンの英語術

英語術の本はさまざまにありますが、著名人の英語術の本には惹かれるものがありますね。それが本人にのみ有効なメソッドであるのか、はたまた誰もが出来うるものなのか。そこがポイントと言えるでしょう。

記事の続きを読む
2018年10月11日

文化人の一日を知る

文化人の人気コンテンツのひとつとして日記があります。どういう人に会い、どういう話をしたのか、あるいは何もしていない日はどんな風に過ごしているのか。そういった興味が浮かび上がってくることはあるでしょう。

記事の続きを読む
2018年10月11日

大阪と新大阪なぜ別?

新幹線の駅において、大阪駅と新大阪駅は別になっています。2つの駅は淀川を挟んで1駅です。横浜駅と新横浜駅のように大きく離れているわけではありません。なぜ新幹線は大阪駅に乗り入れなかったのでしょうか。

記事の続きを読む
2018年10月10日

大学の実力を知る

大学選びにおいてポイントとなるのはどういったことなのでしょうか。やはり、どのような実力があるのかといった部分なのではないでしょうか。いわゆるお得な大学というべきものを探せるかもポイントであると言えるでしょう。

記事の続きを読む
2018年10月10日

すぐメモする習慣とは?

学生時代でも、社会人になっても、メモを取る機会というのは一定数あります。堀宏史による『すぐメモする人がうまくいく』(自由国民社)は、そんな時に役立つメモ術を改めて見直した本です。

記事の続きを読む
2018年10月09日

社会・学生運動の歴史を知る

全共闘とは、「政治の季節」の代名詞として語られることが多いフレーズです。普通の大学に通う普通の大学生たちが、構造改革や、あるいは異議申し立ての手段として、ヘルメットを被り、バリケードを作りデモを行った。それが、警察の手によって解体される。ニュース映像などで度々流される東京大学の安田講堂の陥落の映像、並びにそのあと追い詰められていった学生を中心とする若者たちが起こした事件として、連合赤軍のリンチ殺人事件、さらにはあさま山荘事件などが取り上げられることが多いでしょう。しかしながら、これはある意味では整理された歴史、さらに言えば整理されすぎた歴史でしょう。

記事の続きを読む
2018年10月09日

90年代を社会学する

90年代のリバイバルブームが起きています。これは20年というタームで訪れるものなのでしょうか。しかし、1990年代というのは遠くにあるようで近くにあるものだと言えるでしょう。現在では当たり前となった携帯電話やスマートフォンからのインターネット常時接続のはじまりというべきものが90年代に見られます。もちろん、当時は現在と違って通信料金や機材の価格も高額でした。

記事の続きを読む
1 / 343 1 2 3 4 5 最後 »