2019年11月21日

未来の生き方に学ぶ

未来の生き方を実践しているといわれている人は数多くいます。代表的なものとしては、会社員といった制度にしばられない新しい生き方でしょう。いわば芸能人といった存在はそうした新しい生き方をすでに実践している人ともいえるかもしれません。もちろん、そこには体ひとつで世の中を渡っていけるだけの、才能とタフな精神がある必要があるわけであり、誰しもが真似できることではないことはあきらかではありますが、それであるからこそ、運命といったものが重要だとも言われつつも、そこには、偶然といったものが作用するばかりではない、その人の情報に対する感度の強さというべきものがそこにあるわけで、その確信をもってして、世の中に挑んでいくことは、必ずしも無謀な挑戦ともいえない世の中になっている予感がそこにはあるのではないでしょうか。

記事の続きを読む
2019年11月20日

共産圏なぜカマトンカチ?

共産圏の国旗には、カマとトンカチがあしらかわれています。これはなにを意味するものでしょうか。

記事の続きを読む
2019年11月19日

人生が変わる時間術とは?

時間というのは大切なものです。なによりも有限なものでもありますから、その時間をどのように使うかによって、その後の人生の生き方や、あるいは自分がどれだけ幸福になれるのかといったことも変わっていくのだといえるでしょう。そこにおいては時間を制するものだけが、ほかのすべての人生のトピックを制することもできるのだといった当たり前の教訓めいたものを得ることができるということもあるかもしれません。

記事の続きを読む
2019年11月18日

むなしさの心理学とは?

むなしさというのは、自分の中において、常に湧き上がってくる感情なのではないでしょうか。それは、ふとふりかえってみればむなしさを感じていたといった体験は誰しもあるといえるでしょう。特に中高年においては、若いころから努力を重ねてきたにも関わらず、なにもむくわれない、なにも充足しないといった体験がむなしさのトリガーとなって自分におそいかかってくるといった体験がうまれます。

記事の続きを読む
2019年11月17日

本は文化であり、どう守るのか

本というのは過去の叡智が記された貴重なものです。そこにおいては、文化が生起するための条件があるともいえるでしょう。本をそなえた図書館は民主主義のインフラであるという考え方もありますね。その本を破壊する人は文化の破壊ともなりうるのです。これは大げさなことではありません。それだけ知識や情報というのは大切なものであり、それを守り抜くことは大変な努力がいるものなのです。

記事の続きを読む
2019年11月16日

本はどのように売られているか?

本や雑誌をどこで買っているでしょうか。最近ではインターネット上にある通信販売サイトで、という人も多いのではないでしょうか。しかしながら、かつては本は書店で買うものでした。

記事の続きを読む
2019年11月15日

直感と論理をつなぐ思考とは?

思いつきというのは、悪いことのように思われがちです。特にビジネスシーンにおいては、最終的に責任をおわなければいけないものですから、ただ思いつきを垂れ流しているだけではダメだと思われがちですね。

記事の続きを読む
2019年11月14日

衆参同一選のメリット、デメリットは?

参議院議員選挙にあわせて、衆議院を解散して衆参同日選が行われる可能性が取りざたされています。この衆参同一選というのはメリットとデメリットが存在します。それを考えてみましょう。

記事の続きを読む
2019年11月13日

90年代とはどんな時代だったのか?

90年代というのは現在の地点からみればおよそ20年から30年ほど前になります。この時代に青春期を過ごした人は、40歳から50歳くらいになっているといえるでしょう。

記事の続きを読む
2019年11月12日

速読脳トレとは?

読書というのは身近な行為ですが、そこにおいて頭を鍛えるといったこともできます。そのテクニックのひとつが速読です。

記事の続きを読む
2019年11月11日

自己肯定感の教科書とは?

よりよく生きるにあたっては、さまざまな要素が複合的に絡んでいるものではありますが、なによりも必要なものは自己肯定感ではないでしょうか。この自己肯定感がなければ、最後の最後に自分はもうダメだと思ってしまうこともないでしょう。

記事の続きを読む
2019年11月10日

文房具を偏愛する

いまはパソコンやスマートフォン、あるいはタブレットなどのデジタルガジェットが普及しています。紙とペンといったものは、もはやアナクロなメディアとなってしまったのかもしれません。完全ペーパーレスを実現したという人もいるにはいるでしょう。

記事の続きを読む
2019年11月09日

ポスト・ヒューマンの人文学とは?

文学部不要論といったものがとなえられて久しいです。しかしながら文学部で主として教える分野である人文科学は、もっとも人間の叡智に向き合ってきた学問であるといえるでしょう。この人文学は、古くさいものといったイメージもありますが、決してそんなことはありません。来るべき、というよりもすでに到来しているネットワーク社会においても、十分に応用可能なものであるといえるでしょう。

記事の続きを読む
2019年11月08日

国会図書館なぜ18歳以上?

国立国会図書館は、日本随一の蔵書数を誇る場所です。特に散逸しやすい昔の新聞や雑誌といったものを比較的網羅しているため、まとめた調べ物があるという人には便利な施設だといえるでしょう。しかし、国会図書館には利用制限があり満18歳以上でなければいけません。

記事の続きを読む
2019年11月07日

7日間で最強メンタルを作る

自分のメンタルをどうにかして変えてみたいといった人はいるでしょう。なぜか、仕事をする上や日常生活をする上においては、そうしたメンタルが邪魔となることもありますからね。しかしながらこうしたメンタルというのは、うまく作り上げることもできるのです。

記事の続きを読む
2019年11月06日

心がつながるのが怖い?

現在の人は孤立を深めているといわれています。寂しさをかかえていながらも、それは、どこかつながりたいといった思いがある。それであるとしても、なかなかうまくいくことがないといったジレンマがあるといえるでしょう。

記事の続きを読む
2019年11月04日

天才と発達障害の関係は?

発達障害というのは何らかのネガティブなイメージがともないます。しかしながら、一方においてはそれが特殊な能力として開花することもあるとはよくいわれていることですね。それが実際にあったものであると鮮やかに証明しているのが、岩波明による『天才と発達障害』(文春新書) です。

記事の続きを読む
2019年11月03日

放送作家見習いが減っている?

放送作家になるためには、学歴や資格はいりません。まずは業界にもぐりこんで見習い期間を経て、そこから企画だしの手伝いなどを行って作家として独り立ちしてゆくといったパターンがこれまではありました。しかし、この放送作家見習いというポジションや、志望者は減りつつあるようです。

記事の続きを読む
2019年11月02日

繊細さんのための本

繊細な人というのがいます。これは良いこととされているのですが、社会生活を送っていく上においては、場合によってはデメリットとなることもあります。それはやはりあるものとしては、人よりも気づくことが多すぎてかえって気になってしまうといったところがあるでしょう。

記事の続きを読む
2019年11月01日

教育格差を考える

教育というのは日本においては三大義務のひとつに数えられます。教育を受ける権利であり、保護者にとっては受けさせる義務となっています。この義務教育というのは小学校の6年間と中学校の3年間とさだめられています。教科書も無料で支給されます。さらにほとんどの人はその先の高校へ進学することがほとんどです。

記事の続きを読む
1 / 372 1 2 3 4 5 最後 »