2012年10月28日

命をかけて主家を救った高橋紹運

九州の名門・大友氏は、大友宗麟の代で、一五五九年(永禄二)に北九州六ヶ国と日向・伊予半国を支配し、九州では比類のない大版図を築きます。しかし、天正年間になって子の義統が家督を継ぐと、薩摩の島津義久が北へ進軍してきました。この大ピンチにおいて主家を救ったのが重臣

記事の続きを読む
2012年10月28日

「高校入試」にまつわる、びっくりトラブル

多くの人が経験している高校入試。緊張の日をテーマにしたドラマ「高校入試」が長澤まさみ主演でスタートしていますが、ドラマを通じて、受験へのプレッシャーや緊張感を思い出す人もいるのではないでしょうか。今回は、過去に起きた、高校入試にまつまるトラブルについて紹介しま

記事の続きを読む
2012年10月28日

給食の今がおかしい!?

小学校の頃、誰もが食べたであろう給食。好きなものが出る日は、昼が待ち遠しかった思い出がある人もいるのでは。そんな学校給食ですが、どうやら最近異変が起こっているらしいという噂が!?みなさんは学校給食法、という法律があるのをご存じでしょうか。近頃の給食はこの法律を

記事の続きを読む
2012年10月27日

The Art of Loving -「愛」への3つの誤解-

『The Art of Loving』……翻訳すると「愛する技術」。日本語版では「愛するということ」と、「愛する技術」よりも抽象的な題名になっています。「愛する技術」を記したのはエーリッヒ・フロム。社会心理や精神分析を生業とし、哲学も手掛けるドイツの研究者です

記事の続きを読む
2012年10月27日

なぜ共和党は自由放任なのに保守なのか-アメリカの歴史を知ればすぐ分かる-

日本の政界はいつもドタバタ騒ぎ。法曹が辞任されるだとかノーベル賞受賞者に冷蔵庫を送るだとかニュースに事欠きません。一方のアメリカ大統領選も毎日ドタバタ騒ぎ。街には投票の知らせが、テレビではディベート中継が行われており盛り上がりを見せています。アメリカは日本の政

記事の続きを読む
2012年10月26日

再興運動が展開された徳山藩毛利家

周防国徳山藩の毛利家は有名な長州藩(長門国萩藩)毛利家の支流にあたり、本藩との確執が原因になって改易に追い込まれてしまった大名家です。 ●兄弟から始まったのに、仲の悪い本家と分家 毛利輝元の次男として生まれた毛利就隆が、兄で本家の家督を継いだ秀就か

記事の続きを読む
2012年10月26日

まずは食べよ。話はそれからだ。レシピなんてない適当ばかうま簡単料理

季節はいよいよ冬に向かい、徐々に寒くなってきました。北海道ではすでに初雪が観測されています。寒くなるとなにもしたくなくなるのは、冬眠する熊だけではなく人間も同じこと。冬が来る前に食い溜めして、春がくるまで布団で寝ていたい……。ですが、人間は熊のように食い溜めな

記事の続きを読む
2012年10月25日

リンクを踏んだら即・感染!恐ろしい今時のコンピューターウイルス

知らないうちに自分のパソコンがウイルスに感染し、遠隔操作させて掲示板に犯罪予告を書いていた……という、何とも恐ろしい事件がありました。しかも、今回の被害にあった人たちは全員、一度は犯人の濡れ衣を着せられてしまっているのです。決して人ごとではありません。あらため

記事の続きを読む
2012年10月25日

寝不足現代人に捧げる快適睡眠12のすすめ -生物学的視点から-

現代人の抱える大きな悩みは睡眠不足。twitterを見てみると、「ねむい」「寝付きが悪い」「中々寝れない」「寝付けない」とつぶやく人が多々見られます。日々削られる睡眠に対して、私たちに何かできることはないのでしょうか。 今回は寝てもなかなか疲れがとれない

記事の続きを読む
2012年10月25日

「金持ち父さん」は今でも通用するのか

世界中で2600万部を売り上げた『金持ち父さん・貧乏父さん』の著者、ロバート・キヨサキ氏の会社が倒産したというニュースには驚きましたが、実は計画倒産であるという情報も伝わってきました。そこはいろいろな意味でさすがと言うしかありません。ところで、この本が出版され

記事の続きを読む
2012年10月24日

あなたの話はなぜ通じないのか -大事なのはやはり“思いやり”-

「話を上手に伝えたい」「スマートにお話したい」さらには、「面白い話をしたい!!」とは思いつつも、中々難しいもの。「いつか出来るようになるだろう」といった希望は残念ながら叶わないでしょう。アメリカ大統領も今は亡きスティーブ・ジョブズでさえもスピーチや講演にかなり

記事の続きを読む
2012年10月24日

僧職系男子にハマる女子に物申す!! これだけは知っとけ -釈迦の5つの教え-

2012年現在、どうやらアラフォー女子の間で「僧職系男子」なるものが流行っているとのこと。銀座の画廊では僧侶を囲み食事をしながら相談する会というのがあるそうです。なんでも「僧侶は黙って話を聞いてくれる」ことや「不況に強い職業」である点が魅力的だとか。3.11以

記事の続きを読む
2012年10月24日

暴れん坊将軍が地元から連れてきた側近たち

テレビドラマ「暴れん坊将軍」でもおなじみの八代将軍・徳川吉宗は、徳川将軍家の直系ではなく紀伊徳川家の生まれでした。しかし、紀伊藩で数々の改革を成功させて名君と呼ばれ、鳴り物入りで将軍になった人物です。そんな彼は後世に「享保の改革」と呼ばれる一連の政治改革を断行

記事の続きを読む
2012年10月23日

あの超有名企業はどこで利益を出しているの? 意外と知らないビジネスモデル

人はなぜ仕事をするのでしょうか?その理由の1つには「お金を稼ぐ」があります。なぜか日本で「お金」に関するトピックを話すことは敬遠されがち。対価の報酬としてのお金、家族を養うためのお金、夢をつかむためのお金。非常に分かりやすい指標です。ですが、日本に限らず世界の

記事の続きを読む
2012年10月23日

ドイツに行ったら飲みたいビール8選-2012年最後のオクトーバーフェストが東京ドームにやってくるって

秋を通り越し一気に冬が到来した2012年。10月も後半戦となり肌寒い日が続いています。けれども、そんな寒さも吹き飛ばすイベントが12月にあります。その名もオクトーバーフェスト@東京ドーム。今や説明不要のドイツビールの祭典が2012年の締めに東京ドームにやってき

記事の続きを読む
2012年10月23日

世論調査より圧倒的に正しい「一般意志2.0」

アメリカもお隣の中国も韓国も、そして我が国日本もそろそろ選挙シーズン。今回も民主的に選ばれることでしょう。ところで、民主主義と言われると浮かんでくるのは「議論」と「多数決」。私たちは何かと議論し尽くしたほうが良い結果になると考えがちではないでしょうか。ですが、

記事の続きを読む
2012年10月22日

柳川一件で失脚した重臣の読み違い

江戸時代初期、「柳川一件」と呼ばれる事件が起きました。これは対馬藩宗家の家老で、対馬という島の「外」に所領を持っていた柳川家の独立画策が、外交問題にさえ発展するような大問題となったものであり、非常に興味深いものです。 ●外交で活躍した柳川家 柳川家がど

記事の続きを読む
2012年10月22日

なぜ東京駅に再び赤レンガが戻ってきたのか

2012年10月1日にオープンした東京駅丸の内にある「赤レンガ駅舎」。駅舎をスクリーンにしたCGショーが話題を呼びました。一方で、この春に開業した「渋谷ヒカリエ」も好調な様子。渋谷に活気をもたらす新たなエンジンとして期待されています。今、かつて仕込まれた都市計

記事の続きを読む
2012年10月21日

あなたの耳は本当に聞こえているか。聞こえるふりをしていないか

65歳の4人に1人が難聴といわれる日本。20歳をピークに聴力の低下がはじまるのですが、実は聴力の低下は防げる、ということをご存じでしょうか。聴力の低下は単なる老化現象ではなく、「騒音」と「動脈硬化」の二つが関係しています。つまり、聴力の低下とは、生活習慣による

記事の続きを読む
2012年10月21日

なぜ人は仕事を先送りしてしまうのか? 自分を変える3つの方法

人間は締め切りが間近に迫ったものに対して、普段では考えられないほどの集中力を発揮します。学生時代はレポートや課題をギリギリまでやらず、なんとか仕上げていた方は多いのではないでしょうか。毎回、毎回、この集中力がいつも出せればいいのですが思うようにはいきません。今

記事の続きを読む