2017年03月16日

自分の価値は自分では絶対にわからない

すばらしい自己実現の手段、出版。でも、いったい何を書いたらいいのでしょう。自分に本を書く価値があるとは思えない……その考え、本当に正しいですか? 伝わる力の威力がわかる出版事例をご紹介します。

記事の続きを読む
2017年03月16日

「フルサト」作りという考え方

実家がある人は、いざとなれば実家へ戻ればいい、そんないわれは昔からあります。その一方で、都会からいきなり田舎や、島といった場所へ移住し自然派の暮らしをはじめる人もいます。そうした思い切りにコミットできない、そんな大部分の人に向けた良書といえるものが伊藤洋志とphaによる「フルサトをつくる: 帰れば食うに困らない場所を持つ暮らし方」(東京書籍)です。

記事の続きを読む
2017年03月16日

放送作家はアイデア勝負

放送作家はテレビやラジオの企画を考えたり、台本を書く仕事です。放送作家の仕事はアイデア勝負といわれています。さらに100本企画を出して1本採用されるかどうかといった厳しい世界です。常にアイデアのアウトプットが求められる世界だといえるでしょう。

記事の続きを読む
2017年03月15日

ブラック企業は多すぎる?

フリーライターの小林拓矢による著書「早大を出た僕が入った3つの企業は、すべてブラックでした」(講談社)は著者が経験した3つのブラック企業の実体験が記されています。

記事の続きを読む
2017年03月15日

村上春樹新作なぜ人気?

村上春樹の新作小説「騎士団長殺し」が売れています。2017年2月24日に、「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」が同時発売となりました。深夜営業の書店では夜12時を回ると同時に発売が行われるところもありました。そこに長蛇の列ができるさまが報道されることもあります。村上春樹ほど新作が出る度に高い人気を誇っている作家はいません。これはなぜでしょうか?

記事の続きを読む
2017年03月15日

土地、お金、知識なしでも始められる戸建て投資

これから10年20年と安定した需要が見込める戸建て賃貸投資。それにしても、「自分には縁がない…」と感じていませんか?土地や自己資金がないサラリーマンでも可能だというその理由に迫ります。

記事の続きを読む
2017年03月14日

賞罰は何を書く?

履歴書やエントリーシートなどに賞罰を書く欄があります。ここには何を書けば良いのでしょうか?

記事の続きを読む
2017年03月14日

せどりは儲かる?

せどりという仕事があります。もともと古本業界の用語で、プレミアがついているが安い古本を探し、それを他の業者に転売することで利ざやを稼ぐ方法です。かつてはせどりのために全国を行脚する人間もいたといわれていますが、現在はネット空間でも行われています。さらに書籍だけでなく、ほかの商品も安く仕入れて高く売る転売一般の行為について、せどりと呼ばれています。

記事の続きを読む
2017年03月14日

目からウロコの節税裏ワザ

複雑でわかりにくい社会保険料と税金の計算法。 だからこそ、専門家だけが知る節税の裏ワザがありました。 目からウロコのフィナンシャルテクニックを惜しげなく公開します。 全国の社長さんに耳より情報です!

記事の続きを読む
2017年03月13日

お金の稼ぎ方は学校では教えてくれない

どんな職業でも、稼いでいる人はいるのです。だから、「この職業だから稼げない」ということはありません。仕事技術と稼ぎ方は別物です。学校では教えてくれないお金の稼ぎ方を、正しく学んでみませんか?

記事の続きを読む
2017年03月13日

既卒フリーターは不利なのか?

日本の就職市場は、新卒一発勝負が重要だといわれています。そこで就職に失敗すれば、挽回するのは難しいといわれています。働き方の多様化は進んでいるとはいえ、そうした傾向はいまだあるといえるでしょう。

記事の続きを読む
2017年03月13日

オセロはメイドインジャパン?

オセロゲームは、白と黒のコマを用いたシンプルながら奥の深いゲームです。このゲームは伝統があるようでいて、実は歴史は浅いものです。しかも日本人によって発明されたものなのです。

記事の続きを読む
2017年03月13日

自分のルーツや自分のアンテナで集めた情報から、ほんとうの自分に出会う

「ほんとうの自分って何?」と思い、自分自身を知るためのアンテナを立てれば、自分に有益な情報が集まります。また、親や先祖がやっていたこと、好きだったことを探れば、気づかなかった自分に出会えるかもしれません。

記事の続きを読む
2017年03月12日

好きなことを続けるために

本好きにとって憧れの仕事といえば、古本屋でしょう。本に囲まれつつ、さらに本好きな客たちとふれあいながら、ゆったりと過ごしてゆく。決して儲かる仕事ではないだろうけれども、自分が暮らせる分には問題ない。そうした古本屋の世界に憧れを抱いている人は森岡督行「荒野の古本屋」(晶文社)をおすすめします。

記事の続きを読む
2017年03月12日

ビジネス書のガイド本

ビジネス書は、人気のジャンルです。日々、膨大な量が出版されています。これだけの多量のビジネス書を見ると、どれから読めば良いのか迷ってしまうかもしれません。そんなビジネス書のガイド本といえる本が、大杉潤「入社3年目までの仕事の悩みに、ビジネス書10000冊から答えを見つけました」(キノブックス)です。

記事の続きを読む
2017年03月12日

ノーベル賞の裏に、知財コミュニケーション力あり

私たちの身近にも、そしてノーベル賞という一大栄誉の陰にも!  iPS細胞の特許にまつわる、知られざる知財戦略の感動ドラマをご紹介します。

記事の続きを読む
2017年03月11日

メイクアップの盛り過ぎは肌の負担に

スキンケアとは「高機能の化粧品を使うこと」だと考えていませんか?けれど、そうした一般的な美肌の常識こそが肌トラブルを招いているのです。美容皮膚科医が教える本当の美肌のしくみをしっかり学んでいきましょう。

記事の続きを読む
2017年03月11日

就活もSNS活用の時代

SNSは日本に広く普及しています。フェイスブック、ツイッター、LINEは3大SNSといって良いでしょう。このSNSは、うまく活用すればとても便利なツールなのですが、その一方で炎上や晒し上げなどが、日常的に行われています。そうしたSNSの負の側面ではない、生活を充実させるための活用法を考えてみましょう。

記事の続きを読む
2017年03月11日

意外と怖い親子共依存

共依存という言葉があります。自分が特定の相手との関係にとらわれている状態をいいます。例えばある人をお世話しているとして、その人におせっかいを焼かないことには気がすまない状態、それは相手が自分にお世話をされることで依存しているのはもちろん、自分も相手に依存していることになります。こうした共依存は親しい関係、恋人間、友人間、親子間などで起こりえます。

記事の続きを読む
3 / 283 « 先頭 1 2 3 4 5 6 7 最後 »