2019年02月26日

ワインの味わい方を学ぶ

ワインというのは奥が深いものだと言えますね。ワインは食事のお供としても最適なものです。このワインについて、ちょっと学んでみたいという人におすすめの一冊が小久保尊著作、山田コロイラストによる『図解 ワイン一年生 』(サンクチュアリ出版)です。

記事の続きを読む
2019年02月25日

スマホメモ術とは?

メモとは仕事において重要な要素を占めるツールです。メモをすることによって新たなアイデアの源泉が生まれてくることもあるでしょう。仕事の質をキープすることはもちろん、一歩高みに行くためにもメモを取るという行為は非常に重要なのです。

記事の続きを読む
2019年02月25日

大学入試は平等?

大学入試のシーズンになると、いつも巻き起こるのが大学入試に意味があるのかといった問題です。難しい英単語や英語長文などの問題をこなしたとしても、英語がスマートに話せる日本人がいないといったことですね。さらに、受験で得た知識が社会に出てから何の役にも立たない、さらに大学の授業ですら役に立たないといったこともあります。果たして本当にそうなのでしょうか。

記事の続きを読む
2019年02月24日

30代で人生を逆転させる勉強法とは?

30代というのは一般的にはどういった年代として記録されるでしょうか。会社員生活を続けていくならば、15年ほどが経っているわけですから、何かしらの責任ある役職を任されるといったこともあるでしょう。ここから大きく人生を変えていくことというのは、一般的には難しいとされていますね。

記事の続きを読む
2019年02月24日

やわらかく反論の極意とは?

仕事などをしている中で、意見が対立することはよくあります。そこではっきりと言ってしまうとカドが立つ。しかしながら、そこで言われっぱなしというのも考えものである、といった状態に陥る時は多いでしょう。これは誰しもが経験することですね。そうしたときに役立つスキルとして、やわらかい反論があります。

記事の続きを読む
2019年02月23日

樹木希林の言葉に学ぶ

2018年に亡くなった女優の樹木希林さんは、さまざまな名言を残しています。そうした言葉から学ぶことはあるでしょう。それは先人の言葉であるとともに、何かを成し遂げた人の言葉でもあると言えます。

記事の続きを読む
2019年02月23日

「つげ義春日記」の魅力とは?

つげ義春といえば「ねじ式」「紅い花」「李さん一家」などの作品で知られる漫画家です。描きこまれた世界と、言葉少な気なセリフ回しは文学的とも形容されます。これはつげ自身が川崎長太郎をはじめとする私小説を愛読していたことが作風に表れているとも言えるでしょう。

記事の続きを読む
2019年02月22日

すごろくノート術とは?

夢を叶えるにあたって、本やネットでさまざまなテクニックが紹介されています。すぐに実践できるというのが魅力的ですね。ですが、中には他の人にはまねできないものもあります。その点においては、原麻衣子による『最速で夢をかなえる! すごろくノート術』 (DO BOOKS)は実用的な本だと言えるでしょう。

記事の続きを読む
2019年02月22日

ビジネスマナーを解剖する

ビジネスマナーは社会のさまざまな場所に設定されています。それらは、理由はわからないけれど、なんとなく決まっているからこれからもやっていくという風に理解されてしまってはいないでしょうか。しかしながらビジネスマナーというのは、きちんと裏付けがあるものなのです。

記事の続きを読む
2019年02月21日

人類の未来は明るい?

人類の未来が暗いとは常に言われています。人口爆発や環境破壊といったものが叫ばれているためですね。しかしながら、考えようによって人類の未来は明るいと言うこともできるでしょう。そういう問いかけを行っているのがヨハンノルベリ著作、山形浩生翻訳による『進歩:人類の未来が明るい10の理由 』(晶文社)です。

記事の続きを読む
2019年02月21日

『噂の眞相』の裏側を知る

雑誌『噂の眞相』の編集発行人を務めていた岡留安則さんが、2019年1月31日に71歳で亡くなりました。『噂の眞相』といえば、反社会権力やスキャンダルなどタブーなき雑誌として1979年から2004年まで発行されていた月刊誌です。

記事の続きを読む
2019年02月21日

首都移転議論の候補地は?

首都移転は常に議論の俎上に載せられるテーマです。現在の首都である東京への一極集中が問題視されているためです。この首都はどこへ移転すべきと議論されているのでしょうか。

記事の続きを読む
2019年02月20日

ゼロ秒思考を身につける

よく考える、とは良いこととされています。しかしながら、あまりに時間をかけると、場合によっては決断力がないといったネガティブな評価となってしまう場合もあるでしょう。やはり時と場合によっては即断ができる力というものも場合によっては求められると言えますね。

記事の続きを読む
2019年02月20日

伝わるレポートの書き方とは?

大学生になると、これまでとは違い、レポートの課題が出されることが多くなります。このレポートというのは非常に厄介な存在です。論文まで格式張ったものではないにせよ、単なる感想文といった類のものでもありません。わかるようでわからない、レポートとはどういったものなのでしょうか。

記事の続きを読む
2019年02月19日

遅刻はなぜダメなのか?

遅刻は社会生活を送る上で、いけないことだとされています。特に芸能界などにおいては「トチリ」と呼ばれており、絶対にしてはいけないこととされていますが、これはなぜなのでしょうか。

記事の続きを読む
2019年02月19日

事件を風化させないために

1985年の日航ジャンボ機墜落事故は、日本の航空史上の中でも凄惨な事故のひとつとされています。この航空機事故にはさまざまな謎が存在することで知られています。もっとも大きな謎は夕方遅くに墜落したのち、救助活動が翌朝になるまで行われなかった点でしょう。墜落場所の特定に困難を要したというのが表向きの理由ですが、すでに墜落直後に米軍が墜落地点を特定していたことがわかっています。

記事の続きを読む
2019年02月18日

猫に生き方を学ぶ

ネコ好きな人にとってはもはや常識と言えるものですが、ネコというのはとにかく自由な存在です。好きな場所へ行き、眠い時にはそのまま眠る、そうした生き方がうらやましいと思う人も多いでしょう。そんなネコは、わがままな存在なのでしょうか。いいえ、自ら自由な生き方を選んでいるとも言えます。そのようなネコの生き方に学べる本として、ステファン・ガルニエ著、吉田裕美翻訳による『猫はためらわずにノンと言う』 (ダイヤモンド社)があります。

記事の続きを読む
2019年02月18日

電話対応スキルを身につける

ビジネススキルにおいて、あらゆる場面で求められるものが電話力ですね。いまやメールの時代とはいえ、直接、声が聞こえるコミュニケーションとしての電話は大切なものです。

記事の続きを読む
2019年02月17日

田中角栄に学ぶ時間術

時間術に関する本は多く出版されています。そのどれもが、具体的なメソッドを提示するものです。しかしながら、そうした時間術に関する本に関して拭えない印象としてあるのが、堅苦しさでしょう。マニュアルといったものがあるがゆえに、堅苦しさが抜けないのかもしれません。

記事の続きを読む
2019年02月17日

一般常識は何を意味する?

就職活動などで一般常識と呼ばれる問題が出されることがあります。一口に一般常識と言われても、幅広い範囲を指すものでありますから、具体的に一体何を示すのかということを疑問に思うこともあるでしょう。

記事の続きを読む
3 / 356 « 先頭 1 2 3 4 5 6 7 最後 »