2018年01月30日

ムダにならない勉強法とは?

勉強法に関する本は多く出版されています。しかし、そのほとんどが方法を紹介するためのもので、そのまま自分が即座に真似できるのかといえば疑問符がつきます。その勉強法は結果としてムダになっていることになりますね。

記事の続きを読む
2018年01月29日

ムーカタとは何か?

タイ料理といえば思い浮かべるものはなんでしょうか。スープのトムヤンクンや、日本でいうチキンライスのようなカオマンガイなどが思い浮かべられるでしょう。屋台でも気軽に食べることができます。そんな数あるタイ料理の中で、ぜひとも体験してもらいたいものが、ムーカタです。

記事の続きを読む
2018年01月29日

ビジネスにおける1on1とは?

ビジネスシーンにおいて注目されている社内コミュニケーションの方法があります。それが1on1です。つまりは1対1でコミュニケーションを行うということになります。

記事の続きを読む
2018年01月28日

どこにも入国しない海外旅行可能?

海外旅行へ行く場合、日本の空港でパスポートの出国スタンプを押されます。その後、旅行先に入国し、出国のスタンプを押されて日本へ戻ってきます。そこで帰国のスタンプが押されます。そこでひとつの疑問が浮かびます。日本を出国し、どこへも入国せずに帰国することは可能なのかという問いです。

記事の続きを読む
2018年01月28日

セミリンガルとは何か?

英語が自由に話せたらといった思いを抱く人は少なくないでしょう。最低限の意思疎通はできたとしても、自分の考えを明確に伝えることができない、そんなもどかしい思いがそこにはあります。

記事の続きを読む
2018年01月27日

コミュニケーションデザインとは?

マーケティングの世界では、さまざまな新しい概念が登場してきます。その中でついに知られるようになったものとしてコミュニケーションデザインがあるでしょう。なんとなく、言葉のイメージとしては理解できるのですが、実際のところはどのようなものかなかなかわかりにくい。それがコミュニケーションデザインの実際のところといえるかもしれません。

記事の続きを読む
2018年01月27日

エンブレム問題を問い直す

2015年に発表された東京オリンピック、パラリンピックのエンブレムがパクリであるか否かといったエンブレム問題は記憶に新しいでしょう。なぜ、こうした問題が起きてしまったのか。その問いに向き合った本が加島卓による『オリンピック・デザイン・マーケティング: エンブレム問題からオープンデザインヘ』(河出書房新社)です。

記事の続きを読む
2018年01月26日

「WIRED」とは何か?

「WIRED」(ワイアード)という雑誌がありました。アメリカで1993年に創刊された雑誌で、日本版は1994年から1998年まで京都の同朋舎から発行されていました。編集長は「こばへん」こと小林弘人です。その後、2011年にコンデナスト・JAPANより「WIRED」がふたたび復刊されますが、2017年12月号で休刊しています。

記事の続きを読む
2018年01月26日

EUの公用語は?

EUこと欧州連合は、通貨が同じユーロを使用しており、さらにEU内での国間移動は自由にすることができます。ただし、イギリスなど入国審査を個別に課している国もあります。

記事の続きを読む
2018年01月25日

2分の1成人式とは何か?

1月は成人式のシーズンとして知られています。20歳になった記念として各地の地方自治体が主宰するイベントが行われます。一方で、最近では2分の1成人式という行事が小学校で行われています。20歳の2分の1、つまり10歳になった記念の行事として行われます。ハーフ成人式、半成人式、十歳式といった呼ばれ方もしていますが、内容は同じです。

記事の続きを読む
2018年01月24日

問題解決にはツールを使え

ビジネスシーンなどにおいて問題にぶち当たることは多いでしょう。そこでは、とりあえずぶつかってみるといったことはあまり推奨されません。ビジネスにおいてそうした動きをすることは損をするのが確実であるからです。

記事の続きを読む
2018年01月24日

未来学者に予測技術を学ぶ

未来が予測できたならば、すべてうまくいくのにと考えることは誰しもあるでしょう。これは決して夢想ではありません。ある程度のメソッドに基づけば未来予測も不可能ではないのです。

記事の続きを読む
2018年01月24日

留年と浪人、どちらが不利?

大学へストレートで入学する場合、日本ならば高校を卒業した18歳が一般的です。その後4年間通い、22歳での卒業となります。しかし、浪人や留年を重ねるとその分卒業時の年齢が上がってゆきます。新卒で就職する場合は25歳がリミットともいわれていますが、そこにおいて気になるのが留年と浪人はどちらが不利に扱われるかという点でしょう。

記事の続きを読む
2018年01月23日

忘年会の歴史は?

12月は忘年会シーズンです。忘年会の次には新年会もあります。このシーズンはお財布の出費が多いといえるでしょう。そもそも忘年会という文化はどのようにしてはじまったのでしょうか。

記事の続きを読む
2018年01月23日

独学を極めてみよう

なにか新しい物事を学ぶとき、学校へ行く、特定の師匠へつくというスタイルはもっともオーソドックスな方法です。一方で、時間もお金もないという人は独学という手段もあります。しかし、独学は自己流の変な癖がついてしまうおそれがあるといったリスクを孕んでいるため、敬遠されがちな傾向もあります。ただ、独学がすべて悪いというわけではありません。

記事の続きを読む
2018年01月22日

電脳と脳筋って?

中国語のフレーズは、漢字で構成されていますので、中国語がわからなくとも日本人ならばなんとなく意味がわかります。そんな中国語の単語の中には、そのものズバリな表現がなされているものが多くあります。

記事の続きを読む
2018年01月22日

経営者の本質とは

これまで、「経営の本質」「お客様の本質」「人間の本質」と、会社経営に関わる要素の本質について触れてきましたが、最後は「経営者」本人の本質を考えてみましょう。

記事の続きを読む
2018年01月21日

知的生産術をプロに学ぶ

日々の生活の中で知的な生産活動を目指すことは、ビジネスパーソンにとってはいわば必須の作業ともいえるでしょう。時間を無駄にしないことがなによりも重要なのです。

記事の続きを読む
2018年01月21日

人間の本質とは

人間の本質を知ることは、経営者にとって最も大切なことと言っていいでしょう。会社業務は、社員の育成から取引先の人々との付き合い、商品に対するお客様の心理など、全て人とのかかわり合いに通じています。正しい回答を導くのは容易ではないですが、人の本質を見極め続けることこそが経営者にとってのライフワークと言ってもいいのかもしれません。

記事の続きを読む
2018年01月20日

男女の結婚年齢なぜ違う?

現在、日本の民法では婚姻が可能な年齢が、男性は18歳以上、女性は16歳以上と定められています。ただし未成年の婚姻の場合は親の同意書が必要となっています。なぜ男女で2歳の年齢差が生じているのでしょうか。

記事の続きを読む
3 / 319 « 先頭 1 2 3 4 5 6 7 最後 »