2017年01月04日

足元から生き方を変える本?

私たちの日常生活はほとんどが、平凡にすぎてゆくものです。朝起きて、会社や学校へ行き、帰宅後寄り道をすることもあれば、まっすぐ戻ることもあれば、そのまま眠るだけです。さらにほとんどの時間をネットに支配されているようなところもあります。そんな生き方を変えてみてはどうか、と問いかけるのが『新しい地図の見つけ方』(KADOKAWA)です。

記事の続きを読む
2017年01月04日

コレクションの衝動とは?

何かものを集めている人にとって、最後の1ピースが埋まらないもどかしさといったらありません。コミックスをそろえていて最後の1冊が足りない。それを手に入れるにはいくら金を積んでも良い、といった衝動にとらわれるときもあるでしょう。そんな感情を記されたものが、とみさわ昭人『無限の本棚:手放す時代の蒐集論 』(アスペクト)です。

記事の続きを読む
2017年01月04日

90年代とJポップの関係がわかる本

現在、音楽を聴く行為は、どのような手段を用いて行われているのでしょうか。かつてはレコードだったものがCDに取って代わられ、それが配信やダウンロードとなり、いまは常時接続でストリーミングで流すサービスが登場しています。

記事の続きを読む
2017年01月04日

「夏は涼しく冬は暖かい、快適に過ごせる家」の条件は?

「夏は涼しく冬は暖かい家」の望みを叶える基礎となるのが、高断熱・高気密の工法です。  今回は、高断熱や高気密について考えていきます。  良い断熱材選びはコストより性能や耐久性で選びましょう。

記事の続きを読む
2017年01月03日

テレビバラエティの黄金時代とは?

1990年はテレビバラエティの黄金時代だといえるでしょう。ダウンタウン、ウッチャンナンチャンといったお笑い第三世代の番組がはじまり、さらにナインティナインや爆笑問題、くりぃむしちゅー、ネプチューンといった次の世代が現れました。そんな時代の熱狂を記した本が『1989年のテレビっ子』(双葉社)です。著者の戸部田誠は、もともとてれびのスキマ名義で、バラエティ番組のウォッチャーとしてブログを開設しており、ネットでは名の知れた人でした。

記事の続きを読む
2017年01月03日

新書には何が書かれている?

新書はいまや書店の一大ジャンルであるといえるでしょう。岩波新書、講談社現代新書、中公新書、ちくま新書といった伝統的な新書に大して新しい新書レーベルが次々と誕生しています。そうした新書ブームの火付け役となったのが光文社新書です。公認会計士の山田真哉による『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』や、人事コンサルタントの城繁幸による『若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来』といった、タイトルが目を惹くベストセラーを多く連発しています。

記事の続きを読む
2017年01月03日

敵意には好意で返してみよう

相手から嫌味を言われたり、批判されたりすることがありますね。そんなとき、言い返したり無視したりしても、相手の気持ちを抑えることはできません。その多くは嫉妬心や強い関心からきているので、相手の敵意には、好意で返してみましょう。自分の気持ちもぐっと軽くなるはずです。

記事の続きを読む
2017年01月02日

『メルマ旬報』の世界

浅草キッドの水道橋博士が発行する『メルマ旬報』(ブックスタンド)は、日本最大級の文字量を誇るメルマガとして知られています。「大人のコロコロコミック」「子どもの文藝春秋」を標榜する特大ボリュームで、月3回の配信が行われています。これだけの分量がありながら月500円(税込)の値段で購読できるお得なメルマガです。

記事の続きを読む
2017年01月02日

博物館美術館なぜ月曜休み?

博物館や美術館は月曜を休館日としているところが多くあります。これはなぜでしょうか。さらにかつては公共図書館でも月曜日が休館日のところが多くありました。これはなぜでしょうか。

記事の続きを読む
2017年01月02日

身の回りを、好きなもので埋め尽くす

いらないものを処分した後は、「ほんとうに好きなものしか、身の回りに置かない」と決めましょう。ものを大切にすると、好循環が生まれ、大好きなものたちは、よいエネルギーを発し、あなたを応援してくれます。

記事の続きを読む
2017年01月01日

海外旅行はマニュアル?自己流?

海外旅行をするにあたって、そのスタイルの選び方は悩みどころです。ガイドブックの通りに動くと、どこへいっても日本人がいますし、さらに観光地価格となります。一方でガイドブックを一歩外れると、とたんに現地の人の暮らしが見えるようなところがあります。ですが、観光客が踏み入れない場所は治安の問題なども生じますので、どちらを選ぶかはその人次第でしょう。

記事の続きを読む
2017年01月01日

「文春砲」でも書けないもの

2016年で世間の話題を集めたものといえば「文春砲」でしょう。『週刊文春』(文藝春秋)が、さまざまなスクープを連発したのです。

記事の続きを読む
2017年01月01日

要チェック! あなたも関係する大事な財産・「知財」の基本

なにげなく人に教えたり、ブログやSNSでシェアする機会の多い情報社会。でも、あなたのアイデア、もしかしたら大切な財産かもしれません。知財について正しく知ることは、「お金持ち」への第一歩です。

記事の続きを読む
2016年12月31日

文庫本は知識の宝?

基本的には単行本として刊行されたものが、数年してから文庫におさめられます。年数は3年が基準とされていましたが、近年はそのペースが早まっています。さらに、文庫版オリジナルの書籍も登場しています。

記事の続きを読む
2016年12月31日

不幸の手紙とは何か?

かつて、日本では不幸の手紙なるものが流行したことがあります。これは、インターネットに出回っているチェーンメールの原型というべきものです。

記事の続きを読む
2016年12月31日

国が後押しする「見えない資産」の有効活用

経済産業省は、これまでスポットライトが当てられてこなかった小規模事業者を「日本経済を支える重要な存在」として捉え直しています。その政策の中心となるのが知的資産・知的資産経営です。

記事の続きを読む
2016年12月30日

東京以外は全国ネット?

テレビ番組は、東京のテレビ局が作り全国にネット配信されているものと思われています。ですが全国を見渡してみると、東京以外は全国ネットというべき番組が多くあります。

記事の続きを読む
2016年12月30日

SMAP解説本のオススメは?

2016年の後半は、SMAP解散をめぐって右往左往した年だといえるでしょう。SMAP解散をめぐっては多くの関連本が出されましたが、その中でも注目作なのが「SMAPは終わらない:国民的グループが乗り越える矢野利裕「社会のしがらみ」(垣内出版)でしょう。本書の刊行月は2016年8月です。SMAP解散が正式に発表される前、解散騒動に揺れていた時に発表されたものです。

記事の続きを読む
2016年12月30日

なぜ誰もが優しくなるのか、ワガママ美人が認められるワケとは?

美人でいることで様々なお得があると強調する海老名皮ふ科クリニック院長の天野彰人さん。ここでは2つの状況を例に、なぜ美人だけが優遇されてしまうのかを掘り下げて語っています。

記事の続きを読む
2016年12月29日

映画のエンドロール最後まで見る?

映画を見るにあたって、好みが別れる要素としてエンドロールを最後まで見るべきか否かというものがあるでしょう。エンドロールを最後まで見る派、見ない派、どちらにも言い分がありますので、整理してみましょう。

記事の続きを読む
3 / 272 « 先頭 1 2 3 4 5 6 7 最後 »