2017年07月21日

エスペラント語とは何か?

世界共通言語は何かと訊かれて、ほとんどの人は英語と答えるかもしれません。しかし英語以外にも、世界共通言語とされるものがあります。それがエスペラント語です。

記事の続きを読む
2017年07月20日

NHKはなぜ渋谷にある?

東京のテレビ局は、ほとんどが港区に存在しています。日本テレビは汐留、フジテレビは台場、TBSは赤坂、テレビ朝日とテレビ東京は六本木と民放はすべて港区にあります。対してNHKは渋谷の代々木公園のそばに本部があります。これはなぜでしょうか。

記事の続きを読む
2017年07月20日

10万円札なぜ作られない?

日常生活の疑問として、日本の高額紙幣はなぜ1万円なのかという問いがあるでしょう。1万円以上の買物をすることもときにはあります。そんな時に10万円札や、5万円札があれば便利だと思ったことはないでしょうか。1000万円の買物をする時に、1万円札ならば1000枚用意しないといけませんが、10万円札ならば100枚で済みます。便利ではないかと思うかもしれませんが、そこには落とし穴があります。

記事の続きを読む
2017年07月19日

雑誌のリニューアルはネガティブ?

雑誌を長く読んでいると、リニューアルがなされるときがあります。これまでとは違ったテイストの特集が組まれたり、新しい連載が始まったり、あるいは判型やデザインが変わることもあります。雑誌のリニューアルはどのようなタイミングで行われるのでしょうか。

記事の続きを読む
2017年07月19日

本棚へこだわってみる

あなたは本棚をどのように活用しているでしょうか。雑誌や本を適当に入れている。お気に入りのマンガ本はきっちりと並べてある。あるいは本棚に並べるほど本を持っていない。さまざまな事業があるでしょうが、本棚はいわばその人の頭の中のアウトプットでもあるといえるでしょう。

記事の続きを読む
2017年07月18日

文系と理系の歴史は?

日本の場合、大学進学にあたり文系と理系を区別します。しかし、このことが学問の範囲を狭めているのではないかと批判もなされています。近年では学際系と呼ばれる、文系と理系が融合したような学問も増えています。

記事の続きを読む
2017年07月18日

太宰治賞ってなんだ?

文学の新人賞は各出版社が行っています。その中で、すこしマイナーな存在が太宰治賞です。筑摩書房が1964年に設立した文学賞ですが、途中中断を挟んで、1998年から再開された文学賞です。

記事の続きを読む
2017年07月17日

そうめんレシピを使いこなす

忙しいビジネスパーソンや学生にとって、食事をめぐる問題は案外やっかいなものです。外食で済ませてしまおうと思っても栄養は偏りがちです。かといって自炊をする時間はない。そんな人におすすめなのが、そうめんを使ったレシピです。

記事の続きを読む
2017年07月17日

スイカに塩は世界にもある?

夏の風物詩といえばスイカでしょう。このスイカには塩をかけると甘みが増すといわれています。これは対比効果と呼ばれるものです。さらに、甘みを引き締めて、しっかりとした味にする効果もありますね。このスイカに塩のような食べ方は世界にも存在します。

記事の続きを読む
2017年07月16日

日本が嫌なら独立しよう?

日本はもうこれ以上経済発展をすることはない。下流社会が進むことによって平等な日本は存在しない。そうしたいわれは、昔からありますが、近年ますますその傾向が強まってきているのは確かでしょう。

記事の続きを読む
2017年07月16日

社会調査のウソを見抜く

インターネットや、あるいはテレビ、新聞などで、社会調査の結果が紹介されることは多くあります。よく知られているものとしては内閣支持率の推移などがあげられるでしょう。しかし、こうしたデータの中には、ウソが多分に含まれていることもあるのです。そのウソは、明らかなウソというよりは、社会調査の方法論によって巧妙に仕組まれたものです。

記事の続きを読む
2017年07月15日

口コミの法則を知るべし

商品を売ったり、あるいは事業を宣伝するにあたって重要視されているものが口コミです。お金をかけて広告を制作するよりも、確実に届けたい層に情報を届けることができる手法、それが口コミです。

記事の続きを読む
2017年07月15日

海外の会社員生活はギャップ多し?

日本企業は世界各地に進出しています。そのため、海外勤務を命ぜられることもあるでしょう。その場合、苦労するのは現地で採用した社員とのキャルチャーギャップの違いです。下川裕治による「本社はわかってくれない: 東南アジア駐在員はつらいよ」(講談社現代新書) には、そんな現地駐在員たちのトホホな事情が記されています。

記事の続きを読む
2017年07月14日

ロスジェネの痛みを知る

2000年代前半にロスジェネという言葉が取りざたされました。これはロストジェネレーションの略称です。物心がつくころにバブルが崩壊し、長引く平成不況を体験し、大学へ進学したは良いが、そこも就職氷河期にぶちあたる。すべての場所において希望を欠いた人たちといった扱われ方をされました。

記事の続きを読む
2017年07月14日

梅雨は日本以外にもある?

6月から7月は、日本は梅雨の季節となります。じめじめとした気候が続き、洗濯物もなかなか乾かないので不快な思いをする人も多いでしょう。この梅雨は、日本だけのものなのでしょうか?

記事の続きを読む
2017年07月13日

ひらめきや直感は大事?

ビジネスや、勉強、あるいは人生の選択などにおいては良く悩むことが大切だといわれます。確かに、長く考えることによって、堅実な結論が出る側面はあるでしょう。しかしながら、ひらめきや直感といったものも、ある意味では正しいこともあるのです。

記事の続きを読む
2017年07月13日

本は過去・未来につながる唯一の手段

本は読むものという固定観念をリセットすれば、今よりさらにすばらしい人生が開けるのかもしれません。一冊の本は、時間と空間を超えてだれかの胸に届きます。それは、これから生まれてくる人たちかもしれないのです。

記事の続きを読む
2017年07月12日

世界のエリートは何を読む?

日本はガラパゴス社会だといわれます。日本の常識が世界の非常識であり、さらに日本でしか通用しない価値観もあります。相手への気づかいや、はっきりとNOを言わない態度などは日本独自のものでしょう。それは日本らしさとして評価される一方で、奇妙な風習と見られることもあります。日本の立ち位置が独自の場所にあることは確かでしょう。

記事の続きを読む
2017年07月12日

会社と自分の関係

会社に縛られる生き方はしたくない。自由に生きたい、そんな思いを抱えた人は多いでしょう。しかしながら、会社員で無くなることはデメリットもあります。会社が責任をかぶってくれていたものが、すべて自分にのしかかってくるのです。

記事の続きを読む
2017年07月11日

本当は怖いドッヂボール

ドッヂボールといえば、小学校時代に誰もがやった経験があるのではないでしょうか。顔面セーフや、5回以上のパス回し禁止といったルールがある一方で、相手チームの内野の人間を一人残らず当てるというゲームのルールは、なかなか恐ろしいものがあります。

記事の続きを読む
4 / 300 « 先頭 1 2 3 4 5 6 7 8 最後 »