2016年12月29日

編集後記の楽しみ

雑誌にはさまざまなコンテンツがつまっています。特集ページがあり、連載ページがあり、さらに広告ページといったものも、後世からしてみれば貴重な文化史的な記録となります。たとえばその当時の音楽雑誌を開けば、どういった作品が新作として出ているのか、あるいはどういう音楽が流行っていたのかといったことがわかります。

記事の続きを読む
2016年12月29日

健康・美肌のためには頭と身体の声をしっかり聞こう

健康や美肌のためにいつ何を食べるのかはとても大事なこと。でもどうしたらバランスよく身体に必要な栄養をとることができるのでしょうか。

記事の続きを読む
2016年12月28日

脱脂粉乳はまずい?

脱脂粉乳という飲み物があります。牛乳から乳脂肪分を除去したものから水分を取り除き、粉末状にしたものを、さらに水で溶いた飲みものです。

記事の続きを読む
2016年12月28日

社会はエヴァ化している?

2016年は、アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の放送終了から20年目となります。ファンの間では「エヴァ」の通称で知られています。

記事の続きを読む
2016年12月28日

後悔しらずの「家づくりノート」を作りましょう

家を建てた方の8〜9割が「満足していない」という調査結果。住んではじめてわかるものから、家族の成長や変化と理由はさまざま。  今回はよくある不満の中身と、リフォームや失敗しない建て替えのコツをご紹介します。

記事の続きを読む
2016年12月27日

論文のIMRAD型とは?

このシーズンになると、ネットをにぎわす言葉が「論文がやばい」といったものです。卒業論文、修士論文、博士論文、いずれも描き上げなければ学校を卒業できません。全然書いていない、構成がめちゃくちゃ、といった弱音が吐かれています。ですが、論文は基本の形を守ればおのずと書けるものです。

記事の続きを読む
2016年12月27日

『深夜特急』なぜ読み継がれる?

旅行記は現在も過去も人気のジャンルのひとつでしょう。ですが、旅行記のほとんどは、著者の主観が強いことが多く、その人にとってハマるかどうかは未知数です。これは世代、時代の問題でもあるでしょう。あるいは年代を経ると情報が古びてしまったりして、実践的な読み方はできなくなります。そんな栄枯盛衰のはげしい旅行記の中で読み継がれている本があります。それが沢木耕太郎による『深夜特急』シリーズです。

記事の続きを読む
2016年12月27日

相手の意見によく耳を傾け、共感するところからはじめよう

自分の意見をアピールしたい場合、いきなりガンガンと自分の言いたいことを言うのではなく、まず相手の意見をしっかり聞き、それに共感するところから始めます。すると、相手は「自分の意見を聞いてくれるんだな」という気持ちになり、こんどはあなたの意見もよく聞いてくれるはずです。

記事の続きを読む
2016年12月26日

やりたいこととバイトの関係

岩波書店編集部による「私の『貧乏物語』これからの希望をみつけるために」(岩波書店)は作家、ライター、政治家、大学教授などさまざまなバックグラウンドを持つ著者が、自分自身の貧乏体験について述懐した本です。

記事の続きを読む
2016年12月26日

韓国旅行英語通じる?

お隣の国、韓国を旅行するにあたって不安になるのが言葉の問題です。韓国の文字、ハングルが読めないと、言葉だけで何とかしなければなりません。そんな時、役に立ちそうなのが英語ですが、韓国は英語は通じるのでしょうか?

記事の続きを読む
2016年12月26日

いらないものを処分してスッキリさせれば、運はよくなる

運をよくするために、まず、家にある不要なものを片付けましょう。ものを片付け、環境をよい状態に整えることで、環境が人生をよい方向に向ける後押しをしてくれるからです。

記事の続きを読む
2016年12月25日

音楽の98年世代とは何か?

音楽においては、さまざまなくくりがあります。そのひとつとして1998年世代という呼ばれ方があります。これは、1998年前後にデビュー、もしくはブレイクを果たしたミュージシャンをさします。

記事の続きを読む
2016年12月25日

赤本の歴史は?

受験シーズンに活躍する書籍といえば赤本でしょう。世界思想社数学社が発行する大学ごとの過去問が掲載された書籍です。過去問とともに、傾向と対策や、大学の簡単な紹介も掲載されており、その大学のエッセンスがつまっているといえるでしょう。大型書店などには全国の大学の赤本がズラリと並んでいますが、そのさまは圧巻です。

記事の続きを読む
2016年12月25日

休養中のナイナイ岡村を救った女性

女優の酒井若菜による対談集『酒井若菜と8人の男たち』(キノブックス)が話題です。 対談の相手はジョビジョバのリーダーであり、現在は俳優、脚本家とマルチな活躍を見せるマギー、タレントにしてミュージシャンのユースケ・サンタマリア、お笑い芸人の板尾創路、サンボマスターの山口隆、俳優の佐藤隆太、バナナマンの日村勇紀、ナインティナインの岡村隆史、浅草キッドの水道橋博士という8名のメンバーです。さらにそれぞれのメンバーにまつわるエッセイを酒井若菜自身が書き下ろしています。

記事の続きを読む
2016年12月24日

小説家の世界はつらい?

小説家は憧れる人が多い職業です。文学の新人賞などには数千通の応募があります。それだけ潜在的に作家になりたいと思っている人が多いのでしょう。

記事の続きを読む
2016年12月24日

東南アジアのバッテリーとは?

東南アジアのバッテリーと呼ばれる国があります。それがラオスです。ラオスは、海を持たない内陸国であり、国土の70%が高原や山岳地帯となっています。

記事の続きを読む
2016年12月24日

なぜ中小企業では社長のキャラクターが大切なのか

中小企業の経営においては、「会社にとって本当に必要なものはなにか」の判断を見誤らないことが重要です。経営において「なにを大切にするのか」が社長のキャラクターになり、判断のためのもの差しにもなります。

記事の続きを読む
2016年12月23日

韓国のクリスマスは休日?

年の瀬となり、街はクリスマスモードになりつつあります。ラジオでも、テレビでもあらゆるメディアではクリスマスソングが流れています。これほど盛り上がっているクリスマスですが、日本では休日となっていません。ですが、お隣の韓国ではこの日は休日となっています。

記事の続きを読む
2016年12月23日

更新されるナムジュン・パイク

2016年は、ビデオアーティストとして知られるナムジュン・パイクの没後10年の年にあたります。そのため、東京のワタリウム美術館では大規模な回顧展が行われました。その展示会図録として『ナムジュン・パイク:2020年笑っているのは誰 ?+?=??』(平凡社)が作られました。

記事の続きを読む
2016年12月23日

孫引きはなぜよくない?

孫引きと呼ばれる行為があります。ある文献の中で引用されていた内容を、そのまま自分の文章に引用する行為です。孫引きは良くないことと言われますが、それはなぜなのでしょうか?

記事の続きを読む
4 / 272 « 先頭 1 2 3 4 5 6 7 8 最後 »