2017年02月04日

国立大入試、一期校、二期校とは?

国立大学の入学試験は現在、前期試験と後期試験にわかれています。前期試験で8割ほどの定員を取るため、前期試験に第一志望を受けることが多いようです。この国立大学の入試のシステムはかつては一期校と二期校に分かれていました。

記事の続きを読む
2017年02月04日

指紋は年齢で変わる?

デジタルカメラで撮影したピースサインから、指紋が盗まれるかもしれない、といった懸念が話題となっています。それだけ画像の技術が進歩しているということでしょう。この指紋は、その人に固有のものであるため、セキュリティのときのパスワードの代わりとなったり、あるいは犯罪捜査に使われることもあります。

記事の続きを読む
2017年02月04日

サービスでも数値化して達成度をはかることができる

目標に向けてどこまで進んでいるか、あるいは達成したかどうかを客観的に理解するには、数値化が不可欠です。数値化は、サービスのように数値化が難しいものでも行うことができます。その方法を紹介しましょう。

記事の続きを読む
2017年02月03日

お茶飲料の歴史

お茶のペットボトルといえば、いまや飲み物としてポピュラーなものです。ですが、日本におけるお茶飲料の歴史は、飲み物の歴史からみたらごく浅いものです。

記事の続きを読む
2017年02月03日

新幹線ひと駅分乗れる?

新幹線といえば、東京や大阪をはじめとする大都市間を結ぶ路線と思われています。そのため、ひと駅分だけを新幹線に乗るといった使い方はあまりイメージがわきません。ですが、実際にはそうした使われ方をしている場所もあります。

記事の続きを読む
2017年02月03日

日サロでの焼き過ぎには注意、理想の美肌の条件とは

秋田美人的な人形のような色白い肌から、南国風の小麦色の美人まで、美肌といっても価値観はそれぞれなのが日本人の肌に対する美的感覚。皮ふの専門医である天野彰人さんは医学的見地を踏まえ、理想の美肌とは何かを解説しています。

記事の続きを読む
2017年02月02日

サークラの本音本

サークルクラッシャーという言葉があります。もうネットではおなじみのものでしょう。男性主体のサークルやコミュニティの中に女性が登場することによって、恋愛関係をめぐりサークルが崩壊にいたる現象、さらにその原因となる人をサークルクラッシャーを呼びます。

記事の続きを読む
2017年02月02日

北大路公子って誰だ?

ゆるゆるとしたエッセイが読みたいけれども、何から読めばいいのかわからない、そんな人は多いでしょう。さらに、実際にページを開いてみたら、ゆるゆるを装ったスカスカなエッセイでしかなかったといった、がっかりもあります。そんな残念な気持ちにならずに、本当にゆるゆるとした気分になれるのが北大地公子です。

記事の続きを読む
2017年02月02日

脱・般若顔、アラフォー過ぎたら特に注意!

自分では普通にしているつもりなのに「なんだか不機嫌そう」「声を掛けずらい」と言われたことはありませんか? もしかしたら気がつかないうちに「般若顔」になっているのかもしれません。

記事の続きを読む
2017年02月01日

「ガキの使い」言葉の意味は?

「ガキの使い」と聞いて、思い浮かぶものは「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」でしょう。1989年の放送開始以来、30年近くにわたって続く人気番組です。当初は深夜番組としてスタートし、ダウンタウンの漫才(フリートーク)を、ひたすら流す番組でした。

記事の続きを読む
2017年02月01日

CD、DVDの文学全集?

文学全集といえば、その著者の小説のほか、エッセイや、対談などがあますところなく収録されたものといった印象があります。ですが、三島由紀夫全集は、CDとDVDがついています。

記事の続きを読む
2017年02月01日

【施工例2】地震に強い家にしたい

ここでは実際に建てられた施工例をご紹介します。  今回の施主は、65歳男性で家族4人暮らし、地震に強い家にしたいという要望で建て替えされた家です。

記事の続きを読む
2017年02月01日

愛と平和と「美味しい!」をもたらす究極のグルメとは!?

美味しいものを食べる喜びは、人類共通のしあわせの一つ。 もちろん、家族や恋人と共有できれば言うことなしですね。 けれど、こんな経験はありませんか? 「こんなに美味しいのに、どうして彼(夫)の反応はうすいの?」 「彼女(妻)は大感激しているけど、正直、どこが美味しいのかよくわからない…」 つまり、性差です。 男女で味覚に違いはあるのでしょうか?

記事の続きを読む
2017年01月31日

重量盤レコードの意味

いまや音楽業界は空前のアナログレコードブームだといえます。過去の作品がアナログ化されることもあれば、新作をアナログとして発売する例もあります。なぜここまでアナログレコードがブームとなっているのでしょうか。その背景には、配信を主体とする無形のものとなりつある音楽の世界において、ものを具体的に所有したいという欲望が出ているためといえるかもしれません。

記事の続きを読む
2017年01月31日

トランジットとストップオーバー

海外旅行へ行く際、トランジットやストップオーバーといった言葉が使われることがあります。これはどういう意味があるのでしょうか?

記事の続きを読む
2017年01月31日

コンプレックスを自分の強みに変えてしまおう

コンプレックスを持ち続けると、自分を信頼しづらくなり、不安にもなります。薄毛のコンプレックスをネタに変えてしまった芸人や、難読症を逆手にとって人々の信頼を得たブランソン氏は、コンプレックスを自分の強みに変えてしまった素晴らしい例です。 

記事の続きを読む
2017年01月30日

ヨーロッパ小国に空港は?

ヨーロッパには面積の小さな国が多くあります。これらの国に国際空港はあるのでしょうか?

記事の続きを読む
2017年01月30日

日常を味わえる本

星野博美といえば、返還前後の香港に移り住み『転がる香港に苔は生えない』(文春文庫)を上梓し、大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した作家として知られています。そのほか中国旅行に関する著作も多くあるため、星野博美は旅の人と思われがちです。ですが決してそんなことはなく「むしろ旅はあまり好きではない」と正直に告白している本が『戸越銀座でつかまえて』(朝日文庫)です。

記事の続きを読む
2017年01月30日

自分の利益よりお客様の利益を優先すれば、よい運が積み重なる

「自分が得すること」よりも「相手に損をさせない」ことを心がけると、どんどんよい運が積み重なります。これは仕事をする上でも大切で、「買って損した」「頼んで損した」と思われないように心がけましょう。

記事の続きを読む
2017年01月29日

在野研究とは何か?

何かの研究を志す場合、一般的にイメージされるものといえば大学院で学び、大学教授を目指す方法があるでしょう。さらに大学以外にも、公共機関や、あるいは一般企業などでも研究職といわれるものがあります。ですが、まったく独自に研究を続けていく手段もあります。それを在野研究と呼び、先達たちのモデルケースを紹介した著作が、荒木優太による『これからのエリック・ホッファーのために:在野研究者の生と心得』(東京書籍)です。

記事の続きを読む
4 / 278 « 先頭 1 2 3 4 5 6 7 8 最後 »