2017年11月15日

無料貸本屋論争とは?

大手出版社の文藝春秋社の社長が、2017年10月の全国図書館大会において、図書館での文庫本の貸出中止を要請し話題となりました。図書館が本を無限に貸し出すことによって、出版社の売上を下げているといった批判は常々行われてきました。これらは総称して無料貸本屋論争と呼ばれます。

記事の続きを読む
2017年11月14日

飛行機乗り遅れたらどうなる?

旅行や出張などにおいて飛行機を利用する人は多いでしょう。飛行機に乗るには飛行場へ行く必要がありますが、出発時間の数時間前には着いている必要があります。それでいてチェックインのあとに飛行機が遅れて待たされるといったパターンもあります。タカをくくっていると飛行機に乗り遅れてしまうこともあります。その場合、どうなってしまうのでしょうか。

記事の続きを読む
2017年11月14日

被選挙権なぜ選挙権とズレ

かつて選挙権は20歳以上とされていましたが、2016年から18歳へ引き下げが行われました。一方で、選挙に出馬が可能となる被選挙権は、衆議院議員が25歳以上、参議院議員が30歳以上とされています。そのほか、都道府県県会議員、市区町村議会議員、市区町村長は25歳以上、都道府県知事は30歳以上と定められています。選挙権と被選挙権の間にズレがあるのはなぜなのでしょうか。

記事の続きを読む
2017年11月13日

燃え殻小説の魅力とは?

燃え殻による『ボクたちはみんな大人になれなかった』(新潮社)がベストセラーとなっています。この小説の魅力とは何なのでしょうか。

記事の続きを読む
2017年11月13日

働き方は問題をあぶりだす

ムダの多い働き方を効率的に変えたい、そう思う経営者は多いでしょう。さらに、ビジネスパーソン自身も、仕事のやりかたを変えたいと思いながらもルーティン的な仕事を繰り返しているという人もいるのではないでしょうか。

記事の続きを読む
2017年11月12日

東大が教える考える力

宮澤正憲による『東大教養学部「考える力」の教室』(SBクリエイティブ)は、東京大学の教養学部で人気の授業「ブランドデザインスタジオ」を書籍化したものです。この授業のねらいは、教科書に書かれているような過去の出来事や知識を学ぶだけでなく、それらをもとに新しい発想をするためのヒントを獲得することです。

記事の続きを読む
2017年11月12日

大学のゼミ選びの基準は?

大学にはゼミナールと呼ばれる授業があります。これは少人数の勉強会であり、基本的に主催する教員の名前を冠して「○○ゼミ」と呼ばれます。大学の授業においてゼミナールは重要な位置を占めるといっていいでしょう。

記事の続きを読む
2017年11月11日

息は何度から白くなる?

冬場に吐いた息が白くなることがあります。白い息を見ると、寒い季節になったのだなと視覚的に知覚できます。この息が白くなるのは果たして何度からなのでしょうか。

記事の続きを読む
2017年11月11日

選挙のゼロ票確認とは?

選挙にはさまざまなルールがあります。そのひとつに「ゼロ票確認」があります。これはどのようなものなのでしょうか。

記事の続きを読む
2017年11月10日

人間の集中力の限界は?

集中力は常に意識しますが、すぐに気が散ってしまうという人も多いでしょう。ですが、好きなことをしていると気づいたら朝になっていたなんていうこともありますよね。そんな集中力はどの程度持続するものなのでしょうか。

記事の続きを読む
2017年11月10日

寝ながら稼ぐ哲学

働いた分だけお金になる、これはかねてより根強い労働感としてあるでしょう。これが重要なのは誰もが認めるところです。

記事の続きを読む
2017年11月09日

若者離職本の元祖は?

若者は仕事をすぐに辞めるといわれています。「石の上にも三年」といった言葉がありますが、現状はそうではないようです。そうした若者の就職状況を悲観する元祖とされている本が城繁幸の『若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来』(光文社新書)です。

記事の続きを読む
2017年11月09日

指示待ちはなぜ悪い?

指示待ち人間という言葉があります。何かをしろと言われるまで何もしない人間を指します。これは受験勉強の弊害ともいわれています。受験勉強は、この参考書を使ってこの範囲を勉強すればOKでした。そして試験に挑んで結果を出せば大丈夫だったのです。しかし仕事は決まったやり方というものがありません。もちろんマニュアルやセオリーなどは存在していますが、トライアンドエラーを繰り返し、自分なりの方法論や哲学を確立してゆくしかありません。

記事の続きを読む
2017年11月08日

座高検査廃止の理由とは?

学校空間には、いつの間にか消えてしまったものが多くあります。その一つが座高検査です。椅子のような検査装置に座って、頭の上にスケールを当てて座高の高さを図るものです。しかし、2016年からこの座高検査は廃止されています。

記事の続きを読む
2017年11月08日

埼玉長野10キロのキス

埼玉県はまわりを陸地に囲まれた海なし県として知られています。一体どの県に囲まれているのでしょうか。群馬県、栃木県、茨城県の北関東のほか、千葉県、東京都と接しており、さらに山梨県とも接しています。

記事の続きを読む
2017年11月07日

「君たちはどう生きるか」の世界

永遠のベストセラーのひとつに吉野源三郎の『君たちはどう生きるか』があります。大学を出た青年が、少年にさまざまな教えを差し向ける話です。そこに取り込まれている内容は社会とは何か、貧困はなぜ起こるのか、格差を無くすにはどうすればよいのか、教養を学ぶ意義は何なのか、といったものです。

記事の続きを読む
2017年11月07日

泣ける「ハガキ職人」小説

ハガキ職人と呼ばれる人たちがいます。主にラジオの深夜番組や、雑誌の投稿コーナーなどにネタを送る人たちを指しています。なかにはプロの構成作家として活躍する人たちもいます。

記事の続きを読む
2017年11月06日

学び直す「国語」とは?

高校の科目を教養として学び直すブームが来ています。政治経済や現代社会は、いまの社会の仕組みを知るのに役立ちますし、世界史や倫理社会は先人たちがどういう思考をめぐらせてきたのかをアーカイブ的な知識として補完することができます。

記事の続きを読む
2017年11月05日

海外で働く理想と現実

日本を飛び出して海外で働いてみたい、そんな思いを持つ人がいます。その理由は何でしょうか。日本は息苦しい、日本はこれ以上の経済成長が望めない、自分を高めてみたいなど、さまざまでしょう。もちろん、ポジティブな理由であれば良いのですが、それが単なる逃避である場合も少なくありません。

記事の続きを読む
2017年11月05日

「わかる」とはどのようなことか?

「わかりましたか?」学校に通っていたころ、あるいは塾などで先生からこう問われた経験がある人は多いでしょう。ほとんどの人はそこで「わかりました」といいますが、100%ものごとを理解している人はいないと思います。わかっていないのにわかったふりをしてしまう、これは人間の心理としてあるでしょう。それが勉強ならば後から挽回すれば良いのですが、ビジネスの場面では致命的なエラーを引き起こす原因になりかねません。

記事の続きを読む
4 / 312 « 先頭 1 2 3 4 5 6 7 8 最後 »