2018年01月10日

時間がすべての経営資源を支配する

どんなに身分の高い人も、様々な分野で成功している人も、そしてまだ成功を得る前の私たちも、1日に流れている時間は同じ24時間です。この平等に与えられた枠をいかに有効に使うか。逆に言えばいかにムダを生まないかが自分を進化させるカギと言えるでしょう。

記事の続きを読む
2018年01月09日

「バンコクナイツ」の作り方

2017年の話題の映画のひとつといえば『バンコクナイツ』でしょう。映画制作集団、空族による、タイの首都バンコクからメコン川を挟む国境の町ノンカイ、そしてラオスのバンビエンと東南アジアを無尽にかけまわる180分をこえる超大作です。

記事の続きを読む
2018年01月09日

バブル時代の当事者話

バブルとはいまからすれば遠い時代の言葉です。お笑い芸人の平野ノラが、バブリーな格好でネタを披露しているのも、すでにお笑いのネタの対象となるほど遠い時代の話となってしまったからだといえるでしょう。

記事の続きを読む
2018年01月08日

ネット検索に頼らない人物調査

仕事や勉強などにおいて、人物の調査をすることがあります。検索エンジンにその名前を打ち込めば情報が出て来るでしょう。しかし、外国人の場合は、スペルの読み方に複数の方法があるため、うまく検索できないこともあります。誤変換予測などでフォローされることもありますが、完全ではありません。そんな時に役立つのが『西洋人物レファランス事典』(日外アソシエーツ)です。政治外交軍事編と経済産業編、美術編、音楽編など幅広いジャンルにわたって編纂がなされていますのでまずはジャンルから絞り込んで、そこから名前へ至るといった検索が可能です。事典に載るような人物だけでも、これだけ多くの人がいることには驚きでしょう。世界は広い、さらに西洋の歴史の深さを思い知らされます。

記事の続きを読む
2018年01月08日

トラベラーズノートとは何か?

デジタルが普及した現在にあっても、手帳は役立つツールです。デジタルガジェットを取り出して入力するよりも、さっとメモができる便利なツールだからでしょう。

記事の続きを読む
2018年01月07日

ひらめきを起こすには?

あらゆる場面において、ひらめきは重要だといわれています。これまでと同じようなことやものをだらだらと続けるよりも確実なひらめきひとつで人生が劇的に変わることもあるでしょう。

記事の続きを読む
2018年01月07日

タイ旅行をきわめる本

タイは人気の観光地のひとつです。タイは日本の1.7倍の国土を持ち、さまざまな顔があります。世界有数の大都市であるバンコクから、タイの京都と呼ばれるチェンマイ、あるいはパタヤやプーケットといったリゾート地まで、さまざまなスタイルで楽しめるのがタイ旅行の魅力だといえるでしょう。

記事の続きを読む
2018年01月06日

ストレスと折り合いをつけるには?

星野博美は『転がる香港に苔は生えない』(文春文庫)において大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した人物として知られています。そのため紀行作家の印象もあるのですが、エッセイ集『今日はヒョウ柄を着る日』(岩波書店)を読むとその前提は崩れます。

記事の続きを読む
2018年01月06日

じゃがたらとはどこか?

じゃがたらという言葉があります。少し日本のロックに詳しい人ならば、ロックバンドのJAGATARA(じゃがたら)を思い浮かべるでしょう。じゃがたらとは地名なんです。

記事の続きを読む
2018年01月05日

ゲルゲットショッキングセンターとは何か?

受験勉強の合間などにラジオ番組を聴いて育った世代は、現在のアラサー以上の方には多いでしょう。思い出の番組がそれぞれにあると思いますが「ゲルゲットショッキングセンター」も人気番組のひとつでした。

記事の続きを読む
2018年01月05日

アルゴリズム思考術に学ぶ

思考術の本はさまざまなものが出ていますが、すぐにでも応用できるものが少ないのが実際のところです。それは精神論に比重を置いて書かれていたり、あるいは高度な内容であるとかそういったものです。

記事の続きを読む
2018年01月04日

「M1グランプリ」なぜできた?

毎年12月の恒例番組となっているものが『M1グランプリ』(テレビ朝日系)です。漫才の日本一のコンビを決定するレースであり、素人参加者もエントリー可能です。かつてはコンビ結成10年目までとされていました(現在は15年に拡大)。この番組はなぜできたのでしょうか。

記事の続きを読む
2018年01月04日

漫画雑誌は赤字?

出版不況といわれて久しいですが、それ以前から雑誌、特に漫画雑誌は赤字だといわれてきました。にも関わらず、なぜ現在のビジネスモデルが維持できているのかというと、連載作品をコミックス化しその売り上げによって維持しています。いわば漫画雑誌は、人気コミックス作品を並べたカタログのようなものといえばいいでしょう。

記事の続きを読む
2018年01月04日

写植とは何か?

現在ではほとんど使われることがなくなりましたが、かつて写植というものがありました。写真植字の略称です。写真植字とは、文字を印画紙やフィルムに焼き付けたものを指します。長らくテレビ番組のテロップなどに使われていました。

記事の続きを読む
2018年01月03日

放送作家は楽しい?

放送作家というとどういったイメージがあるでしょうか。テレビ番組の企画を考える人、あるいは台本を書く人。ラジオを聞く人ならおわかりの通り、ひとりで喋るパーソナリティーの向こう側で笑い声をあげる人といったそれぞれのイメージがあるでしょう。ですが、そんな放送作家の実態はなかなかわからないものです。

記事の続きを読む
2018年01月03日

文筆家とライターの違い

文筆家を名乗る人たちがいます。これは従来のライターとはどう違うのでしょうか。

記事の続きを読む
2018年01月02日

風呂なし物件はお得?

ひとり暮らしを始めるにあたって物件探しにはさまざまな条件が課せられます。そこでひとつの選択肢となるのが風呂の有無でしょう。ほとんどの人が風呂あり、もしくはシャワーありの物件を選ぶと思いますが、風呂なし物件には案外お得な要素があります。

記事の続きを読む
2018年01月02日

博士号取り消されるとどうなる?

東京大学で、過去に博士号が授与された論文に他者の著作物からの不適切な引用があったとして、博士号の取り消しがなされました。東大で博士号が取り消されるのはこれで6人目となります。

記事の続きを読む
2018年01月01日

特定有人国境離島地域とは?

日本国内には特定有人国境離島地域と呼ばれる場所があります。なんだか仰々しい名前ですが、一体どこが当てはまるのでしょうか?

記事の続きを読む
2018年01月01日

都道府県格差はある?

近年、格差社会がいわれるようになりましたが、これは住んでいる場所によってもあるようです。確かに東京などの都市部ならば家賃が高いところと低いところ、子どもを育てるのにふさわしい場所とそうではない場所があります。ならば県単位ではどうなのでしょうか。そんな疑問に応えてくれる本が、木原誠太郎による『47都道府県格差』 (幻冬舎新書) です。

記事の続きを読む
5 / 319 « 先頭 1 2 3 4 5 6 7 8 9 最後 »