2018年03月17日

ビザのシングルとマルチって?

海外旅行をするにあたって、査証であるビザが必要な国があります。それぞれの国のビザは、シングルやマルチといった設定がなされています。これは何を意味するものなのでしょうか。

記事の続きを読む
2018年03月17日

定着率がアップする昇給術とは?

これまで社員が辞めたくなる理由と対策について触れてきましたが、意外に感じた方も少なくないのでは?そう、おカネ、つまり給料の話が一切出てきていません。不景気が長く続いた影響もあるのか、最近の若年層は給料に対してそれほど執着がないということなのでしょうか。とは言え、社員のモチベーションを上げるのに賃金は重要な手段のはず。そのあたりの関係を考えてみましょう。

記事の続きを読む
2018年03月16日

「タテカン」とは何か?

京都大学で「タテカン」の規制をめぐって議論が起きています。京都市の景観を守る条例に違反しているとして行政指導を受けており、それに対して京都大学も設置場所の制限を検討しているというものでした。

記事の続きを読む
2018年03月16日

社員定着の大前提、待遇改善の極意とは

社員が辞めたくなる理由は、休暇の取りやすさ、人間関係、先行きへの不安の3点に集約されるというのが、驚異の定着率96%を実現したリハプライム代表取締役の小池修さんの見識。ではそれらをどう解決していくのが合理的なのか、小池さんの経験談から見ていきましょう。

記事の続きを読む
2018年03月15日

エンタイアとは何か?

オークションサイトなどで、エンタイアと呼ばれる古い手紙が出品されていることがあります。これにはどんな価値があるのでしょうか。

記事の続きを読む
2018年03月15日

イマドキ社員はなぜすぐ辞める?

「最近の新入社員はすぐ辞めてしまう」。人材不足に頭を抱える経営者からよく聞かれる言葉です。イマドキの若者の考えていることがよくわからない?昔に比べて根性がなくなった?やっかみを並べたくなる気持ちは分からないではありませんが、原因を突き止めなければ前には進めません。

記事の続きを読む
2018年03月14日

40代でシフトする働き方とは?

働き方というのは、それぞれのスタイルがあります。現在は正社員としてひとつの会社に長く務めるといった従来の働き方も価値観の転換を求められるようになってきています。そうした複雑な社会は今、これからの働き方がどうあるべきかを模索する必要があるといえるでしょう。

記事の続きを読む
2018年03月14日

逆境からの「社員定着率96%」への道

社員定着率が50%いけば上出来と言われる介護業界で、96%という驚異の実績を達成した、リハプライム代表取締役の小池修さん。しかし、この数字を実現するまでの道は決して平坦ではなく、試行錯誤の連続だったといいます。まずは成功までの道のりを見ていきましょう。

記事の続きを読む
2018年03月13日

金メダルは純金じゃない?

オリンピックなどのスポーツ競技の1位、チャンピオンが獲得できる金メダルは栄誉あるものだといえます。しかし、金メダルの物質はすべてが金というわけではありません。

記事の続きを読む
2018年03月13日

温泉の世界を知る

温泉に関するガイドブックは多く存在していますが、温泉の文化史や、温泉の効能といったミクロな部分はなかなかフォローされていません。そんな温泉にまつわるトピックを一冊にまとめた便利な本が松田忠徳による『温泉手帳 増補改訂版』(東京書籍)です。

記事の続きを読む
2018年03月12日

ボウリングブームとは何だったのか?

かつて日本は空前のボウリングブームでした。全国各地にボウリング場が作られ、連日満員だったといいます。タモリも、芸能界でデビューする前にはボウリング場の支配人をしていたこともあるようです。

記事の続きを読む
2018年03月12日

川崎とは何かを考える

川崎市は、多摩川を隔てて東京都に接する場所です。さらに横浜市とも接しています。さらに川崎は海岸線から、多摩川に沿って横に長く行政区画が伸びており、奥まったところには丘陵地帯を切り開いたニュータウンがあります。海沿いの川崎は労務者の町であり、工場地帯ですが、ニュータウンはまったく趣が異なっています。

記事の続きを読む
2018年03月11日

雑談力をきたえる

決して数値として表されるものではないし、専門的な資格があるわけではないけれども、その人にとって大きな武器となる能力はいくつかあります。そのひとつが雑談力でしょう。ビジネスなどにおいて、初めて会った相手に対し、雑談を交わせる能力というのはとても大きな力です。

記事の続きを読む
2018年03月11日

中国のリアルを知る

中国にはどういったイメージがあるでしょうか。現在の中国は安いが粗悪な製品を作る場所といった旧来のイメージから離れ、経済成長を続けています。日本へやってくる中国人観光客の「爆買い」などはあまりいいイメージがないでしょう。ですが、それは中国の一面しか見ていないともいえます。

記事の続きを読む
2018年03月10日

マスコミ業界なぜ就活早い?

就職活動において、マスコミ業界は就職活動が早い時期からはじまる業界として知られます。特にアナウンサー職に関しては、大学3年生の夏休みにアナウンスセミナーの募集をかけて、そこでめぼしい人材に内々定を出すといわれています。さらに、年が明けるとテレビ局から出版、新聞といった流れで就職活動がはじまります。そもそもマスコミ業界はなぜ就活の時期が早いのでしょうか。

記事の続きを読む
2018年03月10日

メールは考えすぎない方がいい?

メールのやりとりはビジネスはもちろん、プレイベートでも頻繁に行われています。メールは、返事のタイミングやスピードが問われることがあります。すぐに返信をすると時間をかけていないと思われ、逆に返信を遅らせているといつまで待たせるのだと不快感を与えてしまう。どのタイミングでどのようなメールを返せばいいのかは大きな悩みどころでしょう。

記事の続きを読む
2018年03月09日

タモリの四カ国語麻雀の国は?

タモリさんといえば、現在は司会者として活躍しています。しかし、かつては密室芸のやり手として知られていました。その代表的なものが四カ国麻雀です。4つの言語を使って麻雀を行うもの。果たしてどこの国の人たちが参加しているのでしょうか。

記事の続きを読む
2018年03月09日

40代からの記憶術とは?

40歳は、人生のターニングポイントであるといえるでしょう。そこまで来てしまうと、新たなチャレンジというのはしづらくなります。さらに身体機能の衰えも出てくると、いわゆる老化がはじまります。

記事の続きを読む
2018年03月08日

本のスリップ何のためにある?

書店へ行くと本に、短冊形のしおりのようなものが挟まっています。本をレジに持っていくと店員さんが、それを抜くのを目にしたことのある人は多いでしょう。本に挟まっているそれはスリップと呼ばれます。このスリップは何のためにあるのでしょうか。

記事の続きを読む
2018年03月08日

平成とは何だったのか?

平成30年を振り返る本が多く出ていますが、その中でも変わり種といえるものが森達也による『FAKEな平成史』(KADOKAWA)です。本書は平成史を振り返るにあたり、映像作家、映画監督として森達也が監督してきた作品を、各人へのインタビューとともに考えていく構成になっています。

記事の続きを読む
5 / 326 « 先頭 1 2 3 4 5 6 7 8 9 最後 »