2018年03月03日

図書館の除籍図書狙い目?

電気通信大学の図書館が、除籍図書を1冊100円で販売し話題となりました。図書館の除籍図書は、思わぬ掘り出しものに出会える場所として知られています。

記事の続きを読む
2018年03月03日

新書は原稿用紙何枚分?

新書本は依然としてブーム中であるといえます。出版不況の中にあって新書の発行点数は膨大なものとなっています。ところで新書とは、原稿用紙でどのくらいの枚数があるのでしょうか。

記事の続きを読む
2018年03月02日

新しい経済のルールとは?

これからの社会は、大きな変化を見せるでしょう。佐藤航陽による『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』(幻冬舎)は、仮想通貨やファンテック、シェアリングエコノミー、経済評価といった新しいビジネスのキーワードを網羅した本です。

記事の続きを読む
2018年03月02日

篠原ともえと「ココロノウサギ」

篠原ともえといえば、現在はファッション関係の仕事もこなすなどマルチな活躍を見せるタレントとして知られています。しかし、デビュー当時は現在のような落ち着いた雰囲気とは真逆の、危うさを持っている人でもありました。

記事の続きを読む
2018年03月01日

雑誌「TRANSIT」の魅力

旅行をテーマとするカルチャー雑誌といってまず思い浮かべるものは「TRANSIT」(講談社)ではないでしょうか。旅行雑誌の概念を変えた雑誌ともいえる「TRANSIT」は、そもそも何が新しかったのでしょうか。

記事の続きを読む
2018年03月01日

歌詞からふりかえるアーティストの半生

戸川純による『戸川純全歌詞解説集:疾風怒濤ときどき晴れ』(Pヴァイン)は、デビュー35周年を迎える戸川純が、自らの作詞した歌詞からアーティスト半生を振り返るユニークな本です。

記事の続きを読む
2018年02月28日

行動経済学を漫画で学ぶ

行動経済学は、最近流行りの言葉です。人はなぜ商品を買うのか。そのそもそもの理由が明らかになればビジネスは上手くいくでしょう。しかしながら、行動経済学は人間の深い原理にも関係しているため、すべてがマニュアル通りというわけにはいきません。

記事の続きを読む
2018年02月28日

エッセイストとしての小林紀晴

小林紀晴は写真家として知られています。故郷の長野県の諏訪地方を舞台とした御柱祭などを長年撮り続けてきた人物です。さらに90年代には会社をやめてアジアを旅し、そこで知り合った若者たちの姿を追った「アジアン・ジャパニーズ」シリーズでも知られました。

記事の続きを読む
2018年02月27日

学習する組織とは?

会社という組織はどうしても、効率化が滞りがちなところがあります。成長を志向しないといってもいいでしょう。会社をはじめとした組織の発展に必要なものは、学習を続けることではないでしょうか。

記事の続きを読む
2018年02月27日

芥川賞は新人賞?

第158回芥川賞が発表され、若竹千佐子による『おらおらでひとりいぐも』(河出書房新社)と、石井遊佳による『百年泥』(文藝春秋)が受賞して話題となっています。この2人は、小説の新人賞の受賞作がそのまま芥川賞の候補になり、受賞に至りました。

記事の続きを読む
2018年02月26日

マインドセットとは何か?

マインドセットという言葉があります。日本語にわかりやすく言い換えると「やればできる」「気の持ちよう」といった言葉につながるのではないでしょうか。キャロル・S・ドゥエック著作、今西康子翻訳による『マインドセット「やればできる! 」の研究』(草思社)は成功心理学の古典というべき本です。

記事の続きを読む
2018年02月26日

セクハラ、パワハラの法律相談

職場においてセクハラ、パワハラ、マタハラなどは日常的に起こりうる問題です。職場という限定された空間で起こるだけに、問題解決に及び腰になっているうちに、うやむやにされてしまったり、あるいはさらにハードなハラスメントを受けるといったこともあります。そういった目に遭ってしまった時に重要なのは、問題が大きくなる前に先手を打つことではないでしょうか。

記事の続きを読む
2018年02月25日

おじさんとは何かを知る本?

世の中にはたくさんのおじさんがいます。おじさんたちは年齢は大人でありますが、なかには精神がまだ幼い人たちもいます。それでいてお金や権力は持っているので、それを盾に若い女性に無茶振りをしてくることもしばしばです。そんなおじさんたちの姿をセクハラやパワハラといった言葉でまとめてしまわずに、ユーモラスに描いた本が鈴木涼美による『おじさんメモリアル』(扶桑社)です。

記事の続きを読む
2018年02月25日

WEB文章の書き方

文章を書く機会というのはあらゆる場面で生まれますが、現在ではネット、WEBに書くための文章を用意する必要に迫られることもあるでしょう。WEB用の文章というのは、紙に書いてアウトプットする文章とは書き方が大きくことなってきます。場合によっては、WEBに載せる文章次第でアクセス数などが大きく異なってくることもあります。

記事の続きを読む
2018年02月24日

SEOライティングを学ぶ

いまやライティングの仕事の主戦場は、本や雑誌などの紙のメディアから、インターネットに移っているといえるでしょう。そんな状況において、身につけておきたいテクニックとしてSEOライティングがあります。

記事の続きを読む
2018年02月24日

2040年代には何がある?

2020年が近づいてきました。そうなると、かつては遠い未来のことと思えていた2030年や2040年も、よりリアリティのあるものとなってきます。なぜならば、今生まれた子どもたちが成人して社会へ出るのが2040年代となるからです。

記事の続きを読む
2018年02月23日

80年代とはなんだったのか?

1980年代というと、もう遠い昔の話のようにも思えます。しかし、いまだにテレビや出版などのマスメディアで活躍している人たちは、いわゆる80年代に学生時代を送り、90年代に世の中に出てきた人たちが大半です。いってしまえば、時代は30年もの間変わっていないのです。

記事の続きを読む
2018年02月23日

1分間ノート術に学ぶ

ノートに関する著作は多く出版されています。そのほとんどがノートを常に持ち歩き、そこで逐一アイデアなどを書き込んでいくことの重要さが記されています。しかし忙しい現代人にとっては、そうしたノート術は実践したいと思っても、なかなか実行へ移せないというのが実際のところでしょう。

記事の続きを読む
2018年02月22日

旅館ファミコン覚えてる?

アラフォー世代にとって懐かしいアイテムのひとつに旅館ファミコンがあるでしょう。場末の旅館などに置かれていたもので、100円玉をいれると10分から15分程度のゲームを遊べるというものです。あらかじめ15種類ほどのゲームが用意されており、通称旅館ファミコンと呼ばれていました。

記事の続きを読む
2018年02月22日

脳の重さはどのくらい?

肩こりなどがひどい時に「脳が重いから」といった冗談が口をついて出る時があります。そもそも素朴な疑問として、脳の重さはどのくらいなのでしょうか。

記事の続きを読む
6 / 325 « 先頭 2 3 4 5 6 7 8 9 10 最後 »