2017年02月15日

新聞から得られるもの

新聞はオールドメディアの代表格といえます。紙に印刷された新聞が、自宅に配送されます。それまでにインターネットやテレビなどで速報性のあるニュースは流れてしまっています。それでも新聞を読む理由はなんでしょうか?

記事の続きを読む
2017年02月15日

木造建築のおしゃれな設計デザイン〈室内〉

前回は、モデルハウスの立地条件、外観から玄関までの美しいアプローチをご紹介しました。  今回は、収納の工夫によって作られる美しい空間や、窓から見える景色まで考慮されたこだわり窓など室内をご紹介いたします。

記事の続きを読む
2017年02月15日

特別な密接感でドキドキ…「あの人」の魅力再発見!

LINEで商品券や楽天ポイントに交換できるポイントを贈れる、 おしゃれで便利なギフトサービス「デジバナ」が、 若い世代を中心にちまたで話題になっています。 親子で。友達で。さりげなくお礼をしたいあの人へ。 贈る方ももらう方もうれしくて、 もう愛用している人も多いかもしれませんね。 その「デジバナ」で、 さらにおしゃれで斬新なサービスが登場したとか。

記事の続きを読む
2017年02月14日

批評をビジネスに応用する

文章は誰にでも書けるものです。ただ、人に伝わる文章を書くのは難しいといえるでしょう。文章をもとにした誤解は日々生じているといえます。

記事の続きを読む
2017年02月14日

30代でも脳梗塞になる?

脳梗塞といえば、年齢を重ねた人や、不摂生を繰り返した人がなる病気と思われがちです。しかし、若い人でも脳梗塞になる可能性はあります。

記事の続きを読む
2017年02月14日

社長の給料は安易に上げてはいけない!

ある社長さんからの相談その1です。 「大型受注に成功し、来期600万円くらい利益が出そうです。 税金を払いたくないので、自分の給料を50万円上げて100万円にしようと思うのですが……」 これは正解? 間違い?

記事の続きを読む
2017年02月13日

先延ばしはソンをする?

迅速な行動は大切だといわれます。しかし、めんどうくささから、つい後回しにしてしまいがちです。

記事の続きを読む
2017年02月13日

文学部は就職できない?

大学の学部別の就職事情において、文学部は就職できないといわれています。果たして本当にそうなのでしょうか?

記事の続きを読む
2017年02月13日

「いつもの習慣」を少しだけ変えれば、問題解決のステップになる

うまくいかないときは、「いつもの習慣」を少し変えてみましょう。すると、頭が切り替わり、新たな考えが浮かんでくるのです。違う土地に旅行するのもよく、問題解決のステップになり得ます。

記事の続きを読む
2017年02月12日

漏水率とは何か?

日本は水道水を蛇口から飲むことのできる数少ない国のひとつです。それには水質の管理とともに漏水率も関係しています。

記事の続きを読む
2017年02月12日

脳の容量は使われていない?

火事場の馬鹿力、という言葉があります。これは火事など緊急事態には、これまでに出なかったような力を発揮することを指します。火事場の馬鹿力は科学的に解明されつつあり、緊急時に脳のリミッターが外れることで力が出るようです。人間の脳や筋肉は普段は100%使われていないとはよく言われたフレーズです。

記事の続きを読む
2017年02月12日

アイデアは「見せない、出さない、話さない」

多くの人と共有したくなるあなたのアイデア。でも、お金を儲ける知財となると、話は別です。だれかに盗み取られてビジネスチャンスを失うのは避けたいもの。そうならないために、まずは「口にチャック」です。

記事の続きを読む
2017年02月11日

好きを仕事には幻想か?

好きなことを仕事にしたい、これは誰もが思い描く理想でしょう。けれども、そうした仕事に就ける人は限られています。さらに好きなことであっても、仕事には辛く厳しい側面もあります。

記事の続きを読む
2017年02月11日

メディアの現在形とは?

メディアは日々変化しています。少し前に当たり前だったメディアが今や空前の灯火となるさまを私たちは目の当たりにしています。いまやCDがデータに、紙の本が電子書籍へと変わりつつあります。そんな時代における、メディアの現在に向き合ったのが武田徹による『なぜアマゾンは1円で本が売れるのか: ネット時代のメディア戦争』です。

記事の続きを読む
2017年02月11日

事業承継は無形資産まで引き継いではじめて完了する

事業承継では有形資産にばかり目が向きがちですが、経営の流れを悪化させないためにも、知的財産や目に見えにくい経営資源までしっかりと後継者に引き継いでいくことが大切です。

記事の続きを読む
2017年02月10日

意識高い系は悪なのか?

意識高い系、という言葉がいわれるようになって久しいです。どちらかといえば、ネガティブ、揶揄的な意味合いでこの言葉は使われています。

記事の続きを読む
2017年02月10日

朝ナマ的議論の罪

仕事において、会議、話し合い、議論は大事な要素です。ディスカッションを繰り返すことにより、アイデアやプランが洗練されてゆき、新しい発想につながります。ですが、議論と聞いてまず思い浮かぶのは「朝まで生テレビ」のイメージではないでしょうか。論客同士が激しく意見を戦わせ、時には感情的な議論におよぶこともあります。こうしたものでは建設的な話し合いはできません。「朝まで生テレビ」の罪であるといえるでしょう。

記事の続きを読む
2017年02月10日

誰もが手軽に「かわいい」になれる時代、美は「願望」から「目標」に

今や世界共通語になりつつある「カワイイ」の母国日本。その根底には日本文化に流れる清潔さに対する強い意識があると、皮膚科のプロ・天野彰人さんは指摘します。そしてカワイイに通じる日本人の美への意識は、時代を経て大きく変化したといいます。

記事の続きを読む
2017年02月10日

「掛売り決済」にまだ頭を悩ませていませんか?

インターネットの発展はビジネススタイルを大きく変えました。 企業間電子取引(BtoB)前提だけでなく、 一般消費者向けECからBtoBに事業拡大する成功例も、 どんどん増えてきているようです。 そんな中、あちこちで聞かれるようになったのが、 掛売り決済に付随する業務負担増加の悩みです。 ITのベンチャー企業やBtoB向けのビジネスの場合、 一般的に掛売り決済のニーズが高く、どうしてもその部分に煩わしさを感じているようです。

記事の続きを読む
2017年02月09日

台湾のガーリー文化の歴史

鄭鴻生(ていこうせい)による『台湾少女、洋裁に出会う:母とミシンの60年』(紀伊国屋書店)には台湾のガーリー文化というべきものが記されています。訳者の天野健太郎は龍應台(りゅうおうたい)『台湾海峡一九四九』をはじめ台湾に関する著作の翻訳を多く手がけています。本書では、著者が、洋裁とともにあった母のオーラルヒストリーをもとに、歴史的な事情をくみあわせながら、台湾の近代化の一端をていねいに描き出しています。

記事の続きを読む
7 / 283 « 先頭 3 4 5 6 7 8 9 10 11 最後 »