2017年08月17日

英語の表現力は相手と場面

英語を勉強している人は多いでしょう。英語の表現力を高めるひとつのテクニックとして、相手と場面による使い分けがあります。これは日本語を考えてみればわかりやすいですね。目上の相手や初対面の人に対してはていねいな言葉や敬語を使いますし、友人や家族などフランクな心通う関係ではタメ口を使いますよね。英語には敬語表現はありませんが、ていねいな言葉づかいやくだけた言葉づかいはあります。そんな英語の極意を知ることができる良書が、高橋朋子による『相手と場面で使い分ける 英語表現ハンドブック』 です。

記事の続きを読む
2017年08月16日

永山則夫とは誰か?

2017年からさかのぼること20年前、1997年に一人の死刑囚の刑が執行されました。永山則夫、48歳でした。

記事の続きを読む
2017年08月16日

ワインの奥深さを知る

お酒はちょっとしたシチュエーションで飲むならば楽しいものです。その時、ただ飲むだけでなく、お酒をめぐる背景を知ることによって、より深く味わえる側面もあるでしょう。もちろん、うんちくオヤジのようになってしまうのは考えものですが、食を味わうにあたってある程度の予備知識は必要だといえるかもしれません。

記事の続きを読む
2017年08月15日

レイヴとは何か?

90年代の後半から00年代のはじめにかけてレイヴがブームとなりました。レイヴとは、野外で音楽に乗せて自由に踊るパーティーやイベントのことです。レイブ会場は、海辺やあるいは山奥のキャンプ場など、自然と近しい場所でした。

記事の続きを読む
2017年08月15日

ビジネス書の著者になる

ビジネス書は出版業界の中で人気の高いジャンルです。日々、多くの書籍が出版されています。ビジネス書の中でも人気があるテーマとしては、ハウツーもの、メソッドものがあるといえるでしょう。時間の使い方や、仕事の進め方、あるいはパソコンやスマホなどのデジタルガジェットの活用術など、多くの分野があります。誰しも自分なりの法則や、仕事の進め方といったものがあるでしょう。そういう観点から考えてみれば、実は、ビジネス書は誰でも一冊の本が書ける可能性があります。

記事の続きを読む
2017年08月14日

ブログ運営とマネタイズ

インターネットの規模が大きくなり、ブログ運営だけで収入がまかなえるマネタイズが可能となりつつあります。そんなことは一部の人気ブロガーだけの利益ではないかと思うかもしれません。しかし、今やネットでのマネタイズは、ノウハウさえあれば誰でも可能です。

記事の続きを読む
2017年08月14日

チューペットの歴史は?

夏の風物詩といえば、アイスキャンディーでしょう。したたるしずくを気にしながら、時間との折り合いを見ながら食べる懐かしの食品です。さらに、チューペットも懐かしの食べ物でしょう。凍らせたポリエチレンの詰め物を真ん中からパキっと割って食べるアイスです。片方には、ジュースとして飲むための細い管があり、そこにたまった液体を惜しむように吸い込んだ思い出は、誰しもあることでしょう。

記事の続きを読む
2017年08月13日

ストレッチの重要さ

肩こりや眼精疲労・腰痛などは現代人とは切っても切れない関係でしょう。デスクワークなどによって首の位置が固定されるため、どうしても肩こりを招きやすいのです。

記事の続きを読む
2017年08月13日

20世紀の歴史を知る

「歴史に学ぶ」という言い方があります。歴史は繰り返すという言葉も常套句でしょう。歴史の勉強というと大学入試の日本史のような退屈な暗記作業を思い浮かべるかもしれません。しかしながら、歴史の内実はきわめてダイナミックなものです。ましてや、私たちの現在に直接繋がっている20世紀史ならなおさらでしょう。

記事の続きを読む
2017年08月12日

おばあちゃんの名前なぜカタカナ?

おばあちゃんの名前は、ひらがなやカタカナ、特にカタカタ二文字の人が多くいます。これはなぜでしょうか。ひらがなの場合は現在でも、そうした名前を持つ人がいますが、カタカタは非常に珍しい存在です。

記事の続きを読む
2017年08月12日

エリートと美意識

これまで経営というのは、分析、論理、理性に重心が置かれてきたが、これからのビジネスにおいて必要なものは美意識、それを敷衍すれば直感と感性である、そうした斬新な提案をしているのが山口周による『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?~経営における「アート」と「サイエンス」』(光文社新書)です。

記事の続きを読む
2017年08月11日

『GON!』とは何か

今やネット上には、フェイクニュースやジャンクなニュースがあふれているといえます。その中から正しい情報を見きわめるだけでもひとつの能力がいるといえるでしょう。一方でフェイクニュースやジャンクニュースそのものには深い味わいがあるのも確かです。もちろん意図的な悪意を持って配信されたニュースは問題外でしょうが、ユーモアのあるニュースは歓迎されるべきでしょう。

記事の続きを読む
2017年08月11日

シンプルな人生相談の味わい

人生相談はその人の悩みの本質がわかります。はたからみれば、なぜこんなことで悩んでいるかと思っても、その人にとっては切実な問題であります。さらに、こうした悩み相談は、それを向ける時点でその人の中で答えが見つかっている、あるいはほしい答えを求めているといったこともあるでしょう。そのため、人生相談の味わいは、回答者のユーモアやセンスにあるといえます。

記事の続きを読む
2017年08月10日

放送作家と小説家なぜ兼業?

放送作家はテレビやラジオなどの企画を立てたり、台本を執筆する仕事です。放送メディアの発達とともにあらわれた仕事だといえます。この放送作家は、初期に活躍していた人物は、のちに小説家となる人が多くいます。野坂昭如、永六輔、青島幸男などが代表的でしょう。さらには藤本義一や、井上ひさしなども放送作家と作家を兼業していた人物として知られます。さらには34歳で亡くなった純文学作家の山川方夫も放送台本を執筆していました。なぜ、彼らは放送作家兼小説家というべき存在になったのでしょうか。

記事の続きを読む
2017年08月10日

片付けられない原因は?

部屋を片付けられない人は、時間をうまく調整できなかったり、仕事をためこんでしまったりと、あらゆる場面のマネジメントができないことが多くあります。なんとかしたいと思っているのに、自分は思うようにできない、そのようなもどかしい思いをしたことはありませんか。

記事の続きを読む
2017年08月09日

日本は縮小しているのか?

日本はかつてに比べて豊かな国ではなくなったとはよくいわれています。底が抜けたという言葉も使われますね。日本はこの先どうなってゆくのだろうか。その未来に向き合った本が『縮小ニッポンの衝撃』 (講談社現代新書) です。本書はNHKスペシャルとして放送されたものを新書化したものです。データに基づく解説ばかりではなく、日本の今に向き合ったルポルタージュの形も取られています。

記事の続きを読む
2017年08月09日

「東京」と「東亰」の違いとは?

古い東京の地図を読むと「東亰」の文字が記されていることがあります。これは「とうきょう」ではなく「とうけい」と読みます。明治の初期から、20年代まで用いられていました。

記事の続きを読む
2017年08月08日

短冊形CD覚えてる?

いまや音楽は、CDではなくダウンロードで聴くメディアとなりつたります。さらに、ダウンロードではなくオンラインでストリーミングで聴くメディアとしての側面も持つようになりました。

記事の続きを読む
2017年08月08日

大学の集中講義って?

大学では単位制が取られています。それぞれの授業の単位を取得し、所定の単位数に達すれば卒業が可能となります。卒業論文が課されているところは、別途論文審査への合格も求められます。

記事の続きを読む
2017年08月07日

自分探しの果てに何がある?

自分探しの一貫として世界を旅する若者は多くいます。ほとんどの人は安全に戻ってくるのですが、なかには旅先で事件や事故に遭遇し命を落とす人もいます。下川裕治による『香田証生さんはなぜ殺されたのか』(新潮社)にはそんな一人の若者の軌跡が描かれています。

記事の続きを読む
8 / 307 « 先頭 4 5 6 7 8 9 10 11 12 最後 »