2018年03月31日

アニメプロデューサーになるには?

アニメは、日本が世界に誇るサブカルチャーのひとつです。さらに、アニメは今や子供向けのものばかりではありません。テレビの深夜枠では多くのアニメ作品が放送されています。

記事の続きを読む
2018年03月30日

アイデアの法則を知る

ビジネスの場面では、常に新しいプランやアイデアが求められます。そこにおいては単なる思いつきよりも、より具体的なアイデア、実現可能性の高いアイデアが求められるといえるでしょう。

記事の続きを読む
2018年03月30日

1968年を考える

2018年は、1968年から数えて50年にあたります。この1968年の日本においては、学生運動が高揚していました。さらに、この動きは日本ばかりではなく世界中に存在しています。

記事の続きを読む
2018年03月29日

100円ライターのプライド

100円ライターという言葉があります。タバコと一緒に売られている100円のライターのことではありません。これはものを書くライターを指す言葉です。100円ライターのように安い、使い捨てといった意味があり、どちらかといえば悪いイメージで使われます。しかし、自らを100円ライターと名乗り、その来歴を自伝的に記した本があります。それが岩本太郎による『炎上! 一〇〇円ライター始末記:マスコミ業界誌裏道渡世』(出版人)です。

記事の続きを読む
2018年03月29日

1日を27時間にするには?

慌ただしい生活を送っている人の中には、1日が24時間しかないのは短すぎる、感じている人もいるでしょう。1日があと数時間長ければ、などとイフの思考をした経験は誰しもあるのではないでしょうか。

記事の続きを読む
2018年03月28日

無頼系独立候補とは?

選挙は民主主義の原則として、被選挙権を満たす人ならば誰でも出馬可能です。しかしながら、誰でも出馬できるからと、多くの立候補者が乱立することを防ぐために、供託金が課されています。さらに選挙で一定の得票数が得られないと供託金が没収されるといったペナルティもあります。

記事の続きを読む
2018年03月28日

方言小説の魅力

2018年度の上半期の、第158回芥川賞を受賞した若竹千佐子の『おらおらでひとりいぐも』(河出書房新社)は、著者の出身地である岩手県の方言が生きた小説です。

記事の続きを読む
2018年03月27日

箱根駅伝をビジネスに援用する

原晋の『逆転のメソッド 箱根駅伝もビジネスも一緒です』(祥伝社新書)は、2015年に初優勝を果たし、その後2018年まで4連覇を続けている青山学院大学陸上競技部の監督です。

記事の続きを読む
2018年03月27日

冬季五輪なぜ夏季と同年開催じゃない?

2018年度の冬季五輪が韓国のピョンチャンで行われました。冬季オリンピックと夏季オリンピックは同年開催ではありません。これはなぜでしょうか。

記事の続きを読む
2018年03月26日

成熟困難社会とは何か?

あなたは、大人でしょうか、子どもでしょうか。社会的に成人といわれる年齢は20歳です。ですが、まだ学校へ通っている人も多く、働いていたとしても完全に経済的に自立しているといえばまだ微妙な年齢でしょう。親にとって子どもはいつまでも子どもであり、そのため何歳になっても大人になれたという自覚がないという人も多いのではないでしょうか。さらに晩婚化なども相まって、大人になる基準はいつなのか、大人になるとはそもそも何なのかといった問いかけもあるでしょう。

記事の続きを読む
2018年03月26日

人はなぜ「深セン」に感動してしまうのか?

26歳の若いライターが中国の深センを訪れ、その経済発展の規模に感動し、日本が完敗したと宣言する記事が話題となりました。この著者に限らず、中国の経済発展を礼賛し、対して日本の経済成長の滞りなどを引き合いに出して「だから日本はダメなのだ」と結論づける本や記事を多く目にします。人はなぜ深センに感動してしまうのでしょうか。

記事の続きを読む
2018年03月25日

自意識が邪魔をする?

オードリーの若林正恭の『完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込』 (角川文庫)は、今流行りの芸人エッセイのようでありながら、深い洞察力が生きた一冊だといえるでしょう。

記事の続きを読む
2018年03月25日

子育てと学びを考える

これからの社会は大きく変化していくといわれています。たとえば学校教育において、あと数年もすれば電子教科書が導入されるといわれており、いまは当たり前に使っている紙の教科書が、この世から消滅するのです。

記事の続きを読む
2018年03月24日

国連の公用語は何?

国際連合はアメリカのニューヨークに本部を持つ、国際組織です。世界の多くの国が参加しており、公用語としていくつかの言語が採用されています。

記事の続きを読む
2018年03月24日

故人からつむぐ文化史

芸能人や作家、政治家などの著名人が亡くなった時に、その人の来歴を振り返る追悼記事が出されることがあります。しかし、どれも線でなぞったようなものばかりであり、現在ならばウィキペディアの記述でも代用できるようなものが少なくありません。それは、常に新しいニュースが量産されており、さらには掲載されるスペースも限られているため仕方がないといえるでしょう。

記事の続きを読む
2018年03月23日

敬語表現マナーを学ぶ

ビジネスシーンにおいて敬語表現というのは重要な要素です。しかし、どれだけ気を付けていても、つい誤った言葉づかいをしてしまうこともあります。たとえ見た目などに気を遣っていたとしても、敬語表現がなっていなければ、それは見かけ倒しになってしまうでしょう。

記事の続きを読む
2018年03月23日

社員のやる気を「支援」する

社員定着率を高めるためのステップとして「理念」「体現」「信頼」について触れてきましたが、最後に、第4のステップ「支援」について触れていきましょう。社員定着率96%を実現したリハプライム代表取締役の小池修さんがいう「支援」とは、「信頼」の話に出てきた社員を指導するといったこととは少し違うようです。

記事の続きを読む
2018年03月22日

外務省の海外安全ホームページとは?

海外旅行をするにあたってチェックしておきたいサイトが、外務省の海外安全ホームページです。

記事の続きを読む
2018年03月22日

社員に信頼されるリーダーの条件

社員定着率96%を実現したリハプライム代表取締役の小池修さんが挙げる、社員が辞めない会社作りへのステップ、「理念」「体現」に続いて、3つ目は「信頼」です。社員との信頼関係を築くとはどういうことなのか、小池さんの持論から紐解いていきましょう。

記事の続きを読む
2018年03月21日

奥深き風景印の世界

インターネットのメールが普及している現在では、郵便を出す機会がめっきり減ってしまったという人も多いのではないでしょうか。しかし、届くまでにタイムラグがある分より深いメッセージを味わうことができる、郵便にはそうした魅力もあるのではないでしょうか。

記事の続きを読む
9 / 331 « 先頭 5 6 7 8 9 10 11 12 13 最後 »