2019年11月08日

国会図書館なぜ18歳以上?

国立国会図書館は、日本随一の蔵書数を誇る場所です。特に散逸しやすい昔の新聞や雑誌といったものを比較的網羅しているため、まとめた調べ物があるという人には便利な施設だといえるでしょう。しかし、国会図書館には利用制限があり満18歳以上でなければいけません。

記事の続きを読む
2019年11月07日

7日間で最強メンタルを作る

自分のメンタルをどうにかして変えてみたいといった人はいるでしょう。なぜか、仕事をする上や日常生活をする上においては、そうしたメンタルが邪魔となることもありますからね。しかしながらこうしたメンタルというのは、うまく作り上げることもできるのです。

記事の続きを読む
2019年11月06日

心がつながるのが怖い?

現在の人は孤立を深めているといわれています。寂しさをかかえていながらも、それは、どこかつながりたいといった思いがある。それであるとしても、なかなかうまくいくことがないといったジレンマがあるといえるでしょう。

記事の続きを読む
2019年11月04日

天才と発達障害の関係は?

発達障害というのは何らかのネガティブなイメージがともないます。しかしながら、一方においてはそれが特殊な能力として開花することもあるとはよくいわれていることですね。それが実際にあったものであると鮮やかに証明しているのが、岩波明による『天才と発達障害』(文春新書) です。

記事の続きを読む
2019年11月03日

放送作家見習いが減っている?

放送作家になるためには、学歴や資格はいりません。まずは業界にもぐりこんで見習い期間を経て、そこから企画だしの手伝いなどを行って作家として独り立ちしてゆくといったパターンがこれまではありました。しかし、この放送作家見習いというポジションや、志望者は減りつつあるようです。

記事の続きを読む
2019年11月02日

繊細さんのための本

繊細な人というのがいます。これは良いこととされているのですが、社会生活を送っていく上においては、場合によってはデメリットとなることもあります。それはやはりあるものとしては、人よりも気づくことが多すぎてかえって気になってしまうといったところがあるでしょう。

記事の続きを読む
2019年11月01日

教育格差を考える

教育というのは日本においては三大義務のひとつに数えられます。教育を受ける権利であり、保護者にとっては受けさせる義務となっています。この義務教育というのは小学校の6年間と中学校の3年間とさだめられています。教科書も無料で支給されます。さらにほとんどの人はその先の高校へ進学することがほとんどです。

記事の続きを読む
2019年10月31日

横田空域ってなんだ?

日本はいまだにアメリカの属国なのではないかといったものはよく議論にあがるトピックですね。日本の各地に米軍基地があり、それを日本が「思いやり予算」で負担しているといった事実がそうした言葉を呼び寄せるのでしょう。しかしながら、実際にそれを感じさせる事実が横田空域です。

記事の続きを読む
2019年10月30日

考えるということとは何か?

よく考えてものを言え、とはよくいわれる言葉ではありますね。そこにおいては、やはり案が得るということがいかに重要であるかはわかるでしょう。しかし、そもそも考えるとはどういったことなのでしょうか。考えていると、考えていないの境目にはどういったものがあるのでしょうか。

記事の続きを読む
2019年10月29日

人生がうまくいく思考術とは?

人生というのは山あり谷ありとはよくいわれたものですが、実際のところはむしろ谷しかないのではないかと疑問に思う人もいるかもしれません。そのような感慨を抱かざるを得ないほど、なかなかうまくはいかないもんだなと思いて、一人ごちるといったひともいるのではないでしょうか。

記事の続きを読む
2019年10月28日

1993年の冷夏とは?

梅雨がなかなか明けない年というのがあります。2019年はまさにそうした年だといえるでしょう。しかしながら、過去には梅雨がまったく明けなかった年というのがありました。それは1993年の冷夏です。

記事の続きを読む
2019年10月27日

ミニペットボトルの歴史とは?

飲み物は今はペットボトル入りのものが主流ではあるでしょう。いつでも開けしめ可能なペットボトルはとても便利なものだといえます。カバンの中にしのばせるといったこともできるでしょう。しかしながら、このペットボトル、500ミリリットル以下のミニペットボトルというべきものは、昔からあったわけではありません。

記事の続きを読む
2019年10月24日

怒らないためにどうすればいい?

アンガーマネジメントと呼ばれるものがあるのはよく知られているのではないでしょうか。いわば怒りのコントロールというべきものである。もちろん怒りというのは人間本来が持ちうる感情の一つであり、かなり原始的な感情を持ちうるものでもあろう。それゆえに怒りを発露しないことには、内部へ貯め込むことになり、それはやがてマグマとなりて、外へ放出されることによって、甚大な被害をおよぼす想像力というものがあるがゆえに、怒りというのは、良きものであり、あるいは正当な感情の発露であるともいわれます。

記事の続きを読む
2019年10月23日

ナリワイの作り方とは?

ナリワイと呼ばれる言葉があります。感じで書けば生業ですね。せいぎょうとも読めます。生きる仕事といった意味として取ってもらって良いでしょう。

記事の続きを読む
2019年10月22日

人生を変えるノート術とは?

現在はデジタルガジェットが多く普及しています。しかしながら、そこにおいて大切なものとされるのが手書きの力ではないでしょうか。それをどのように活用していくかによって、人生を変えるといった体験になることもあるのです。

記事の続きを読む
2019年10月21日

8センチシングルなくなった理由は?

世の中にあふれているあらゆるものから、その人の世代がおのずとわかってしまうという現象はあるでしょう。ある世代以上にはおなじみであっても、ある世代以下にはまったく知られていないといったものがあります。そのひとつが8センチCDでしょう。

記事の続きを読む
2019年10月21日

ダメなのび太が描く未来

「ドラえもん」のストーリーのほとんどは、“ダメなのび太”が軸になって展開していています。しょっちゅうジャイアンたちにいじめられ、怠け者グセもあり勉強もできないのび太くんは、ドラえもんが出してくれるひみつ道具の力を借りて問題を解決します。しかし、そのあとは調子に乗って道具を壊してしまったり悪用してしまったり、のび太くん自身に不利益がかぶってくるというオチで話が終わります。このワンパターンというべき展開には、私たちに向けた大事な課題が隠されていることにお気づきでしょうか?

記事の続きを読む
2019年10月20日

1日3時間だけ働く方法

働く時間というのはどのように意識されるでしょうか。やはり労働基準法といった法律に基づいて一日8時間から9時間といった印象があるかもしれません。そこから往復の通勤時間や準備時間、それに睡眠時間を加えるとするならば仕事が1日のうち3分の1、その他が3分の1、睡眠が3分の1といった、といったところになるのではないでしょうか。しかしながら、そこにおいては労働時間を短くすればより充実した生活を送れるのではないかといったひとつのシュミレーションがうかびあがります。

記事の続きを読む
2019年10月20日

テクノロジーに善悪論は無意味

テクノロジーの進化の歴史は、ポジティブな側面ばかりではありませんでした。しかし、悪名高きアドルフ・ヒトラーは、独裁を敷く一方で国民車フォルクスワーゲンを作らせ、それがドイツの自動車産業発展のきっかけになったのは知られるところです。きっかけは何であれ、生み出されたテクノロジーを人々のために有益に使うか否かは人類自らの意思にかかっている。それは現代でも未来でも変わらないでしょう。

記事の続きを読む
2019年10月19日

対話のデザインとは?

対話というのは、ビジネスシーンばかりではなく、プライベートなどにおいても大切なものとされています。ちょっとした誤解なども対話によって解けていくといったこともあるでしょう。

記事の続きを読む
2 / 372 « 最初 1 2 3 4 5 6 最後 »