2019年06月17日

国の制度を使いこなす

国の制度というのはさまざまに用意されています。ビジネスをはじめたいのだけれども、お金がないとなげく人に対して、補助金をはじめとする制度が多くあります。ただ、あまり利用されたくない本音があるのではないかと勘ぐってしまいたくなるほど、そうした制度というのはわかりにくくなっています。

記事の続きを読む
2019年06月17日

読書を仕事につなげるには?

読書はさまざまな体験を得られるものですが、暇な人が小説を読んでいるといった印象があるのも確かですね。確かに情報を得る手段というのは無数に広がっているわけですから、必ずしも読書とは限らないというのもあるかもしれません。

記事の続きを読む
2019年06月16日

教養としての政治学とは?

政治学とは、一見するとわかりにくい学問ですね。政治学を学んで政治家になるのかといった単純なイメージがありますが決してそうではありません。さらに政治学科というのは法学部の政治学科として設置されている一方で、政治経済学部の政治学科としても存在しています。政治は法律や経済などと密接な関連があることがわかりますね。

記事の続きを読む
2019年06月15日

ひと言の重要さ

ビジネスシーンにおいて、あいさつは重要なトピックですね。それは形通りの通りいっぺんのあいさつばかりではなく、ひと言を加えることによって大きな効果を生み出すこともあります。そのようなことについて記した本が、松本秀男による『一瞬で自分を印象づける! できる大人は「ひと言」加える』(青春出版社)です。

記事の続きを読む
2019年06月14日

スイスは重武装中立?

スイスと言えばヨーロッパの永世中立国として知られています。中立国というと、おだやかなイメージがありますが、実際はスイスの中立というのは異なります。スイスは、中立であっても重武装中立国なのです。

記事の続きを読む
2019年06月13日

自分を休ませる練習とは?

世の中を生きるにあたって余裕がないという嘆きを抱える人は多いでしょう。それは時として、大きなストレスとなって自分に襲いかかってくることもありそうです。そこにおいて、必要なものは適度に自分を休ませていくということではないでしょうか。

記事の続きを読む
2019年06月12日

本の売上なぜ初速が大事?

本の売上において初動や初速が大事であると言われています。しかしながらなぜそれほど初動が大事なのでしょうか。本というのは、生鮮食品のように放っておけば腐ってしまうというものではありません。むしろ、いつでもどこでも保存をしておいて読めるものでもありますから、いつでも読んでいいものように思えるのですが、なぜ初動が大事なのでしょうか。

記事の続きを読む
2019年06月11日

日本人が知らないお金の話とは?

日本人の周りには独自の風習や文化というものが取り巻いています。そのひとつにおいて、お金の話はあまり表立ってしてはいけないというものがありますね。それがはっきりとした契約とならないために、場合によってはトラブルを招くといったこともあるわけです。それは善し悪しでいえば、悪の方が多いのではないかと思う人もいるのではないでしょうか。

記事の続きを読む
2019年06月11日

AI労働の未来とは?

あらゆる労働から人間はAIによって解放されるとはよく言われるものですね。果たして本当にそういう未来がやってくるのでしょうか。もちろん遠い将来においてはそういった世界は実現するのかもしれませんが、それはいわゆるひとつのサイエンスフィクションの世界ではないかと思うのも実際のところでしょう。しかしながら未来はもうそこまで来ているのです。そう気づかせてくれる本がホリエモンこと堀江貴文による『僕たちはもう働かなくていい』(小学館新書)でしょう。

記事の続きを読む
2019年06月10日

説明は速さで決まる

ビジネスシーンにおいて必要とされるスキルはいくつかあります。そこにおいて、ひとつの重要なものとされているものは説明力ではないでしょうか。説明をする場面というのはどこにでも存在していますよね。外へ営業を行う場面はもちろんのことですし、あるいは社内においてもプレゼンテーションを行う機会はあるでしょう。

記事の続きを読む
2019年06月09日

話し方の損得とは?

話し方というのは、普段何気ないものではありますが、どうしてもその人の癖やら本性といったものがふいにのぞかせるものではあるでしょう。そこにあるものは、本人が意識しないレベルのものであっても、はからずもその人を現しているといったこともありますね。

記事の続きを読む
2019年06月08日

心ゆさぶる文章作用とは?

ネットの時代になって、かつてより文章を書く機会が多くなっているのは確かなのではないでしょうか。特に、ビジネスの文章といった仕事で使うものとは別の新たな文章を書く機会が多く出ているのではないかと思います。それはSNSなどで発信する日記のようなものと言ってもいいでしょう。

記事の続きを読む
2019年06月07日

投資としてのアートとは?

アートというのは、価値を定めるのが難しいものです。しかしながら、海外においては投資の対象となっていることもあります。安い値段で買った作品が高騰することで、それを売りぬくことで利益を得るものですね。それは、なんとなく後ろめたい行為のように見えますが、それが行われるからこそ、アートシーン全体が活性化していくといったこともあるでしょう。

記事の続きを読む
2019年06月06日

CD、DVDは永久メディアではない?

CDやDVDというのは、永久に保存ができるメディアだと思われがちです。しかしながら、必ずしもそうとは限りません。

記事の続きを読む
2019年06月06日

飛行機座席、窓派、通路派?

飛行機の座席において窓か通路かは2択と言えます。もうひとつ窓でも通路でもない真ん中の座席もあります。それぞれの座席にはメリットとデメリットがあると言えるでしょう。

記事の続きを読む
2019年06月05日

日本語を外から考える

日本は国際化社会を迎えると言われています。それでも日本国内においては、英語をきちっとしゃべれる人というのは少数派と言えるでしょう。その点においてはドメスティックな世界が広がっていると言われています。やはり日本というのは一億人の人口がいるわけですから、そうしたことはあるでしょうね。

記事の続きを読む
2019年06月05日

美しく生きる人のお金の作法とは?

お金というのは不思議なものです。自然と使ってしまう、気づいていたらなくなっている、といったことも少なくありませんよね。それは、なぜなのか、そもそも論を考えてみる必要もありそうです。

記事の続きを読む
2019年06月04日

目標達成のルールとは?

目標達成というのは、生活をする上で常に課題としてのしかかるものでしょう。目標を達成できている人と、できない人が生じます。そもそも目標を達成できる人はなぜできるのでしょうか。

記事の続きを読む
2019年06月04日

父権は崩壊した?

父権と呼ばれるものがあります。母性に対して対比されるような概念と言いましょうか。強力なカリスマ的なマッチョが強力な指導者として振る舞うものです。アメリカ大統領のドナルド・トランプなどが代表的でしょうか。しかし父性というのは、強引さの象徴でもあり、セクハラやパワハラなどの源泉ともされています。

記事の続きを読む
2019年06月03日

アフターデジタルはどういう時代か?

今はデジタルが社会のすみずみにまで浸透しているものでしょう。かつて、オフ会と呼ばれる言葉があり、オンラインでつながっている人が、オフラインで会うといったオンオフの切り替えといったものがありますね。ただ、今はそうした空間や時間というのは、もはや存在しないものであり、すべてがデジタルに埋め尽くされているのではないでしょうか。

記事の続きを読む
5 / 367 « 最初 1 2 3 4 5 6 7 8 9 最後 »