2019年07月05日

世界の果てで気づく言葉とは?

旅というのは人にどのような効果をもたらすのでしょうか。それは、それまでにない価値観だと言えるでしょう。旅に出ていなければ気づかないことがそこにはたくさんあります。

記事の続きを読む
2019年07月05日

罪悪感をなくすには?

自分を責めてしまう人がいます。裏を返せば、それだけ責任感が強いとも言えますが、場合によっては、あれもこれも抱え込んでしまい、最後は追い詰められてしまうといったこともあるでしょう。

記事の続きを読む
2019年07月04日

1979年に何があった?

年代で振り返る企画というのは面白いものです。あの時何があったのかといった縦のラインの思考とともに、横に広げることで同時代的な何かを導き出すことができるからです。

記事の続きを読む
2019年07月04日

感情リセットの大切さ

感情のコントロールというのは、誰もができるようでいて、なかなかうまくいかないというものがあるでしょう。普段怒りっぽい人、逆に怒りっぽくない人といった、それぞれの感情は時としてビジネスや人間関係に影響を及ぼすことが必至です。場合によっては損をすることがあるでしょう。それは大体において怒ってしまったことを後悔するといったところにも繋がりますよね。

記事の続きを読む
2019年07月03日

武器としての世論調査とは?

世論調査というものがあります。ニュース番組などにおいてよく出てくるものですね。内閣支持率や、あるいは消費税増税の是非といったものまでありますね。それは世の中の意見を何かしらの方法で反映したものだと思われがちですが、実際はどうなのでしょうか。

記事の続きを読む
2019年07月03日

ロックフェスは無理をしない?

ロックフェスティバルといえば、夏の恒例行事でしょう。伝統あるフジロックフェスティバルや、ロックインジャパンフェスティバルのほか、日本各地でオリジナルのロックフェスが開催されています。そこにおいては、毎年楽しみにしているフェスがあるという人もいるでしょう。

記事の続きを読む
2019年07月02日

なんとなく卒業しない大学生活とは?

大学生の人や、かつて大学に通っていた人に共通する感覚として「なんとなく」というがあるのではないでしょうか。いまや大学進学率は50%を越えています。そこにあるものは、ただなんとなく大学に通い、なんとなく卒業し、なんとなく就職するといったものです。いわば社会に流されているような感覚があることは確かでしょう。

記事の続きを読む
2019年07月02日

ニュースの裏側を知る

ニュース番組というのは、日々放送されているものです。そのため、気をつけていないと、あっという間に目の前を流れていってしまうものです。ニュース番組がどのように作られているのか、さらには、そのニュース番組を形作る情報といったものはどのように生まれ、整理されているのかといった部分が気になる人もいるのではないでしょうか。

記事の続きを読む
2019年07月01日

平成とは何だったのか

平成が終わるにあたって、平成をふりかえる書物が多く出ました。そのなかでも、平成を皇室や天皇に注目して記された本が原武史による『平成の終焉:退位と天皇・皇后』(岩波新書)です。

記事の続きを読む
2019年06月30日

オートリバース機能がなくなる?

ある世代の人以上にとってはカセットテープなおなじみのメディアでしょう。A面とB面といった区分けや、さらに編集も比較的用意であるため、オリジナルテープを作った思い出もあるかもしれません。

記事の続きを読む
2019年06月29日

サークル本来の意味は?

サークルと呼ばれる集まりがあります。大学などの同好会などを指すものや、あるいはネットで集まった人を指すこともあります。これは本来どういった意味があるのでしょうか?

記事の続きを読む
2019年06月28日

放送作家と構成作家の違いとは?

放送作家や構成作家と呼ばれる職業があります。テレビやラジオ番組で、企画のアイデアを考えたり、番組の進行台本を執筆したりといった仕事がイメージされます。単に作家とだけ呼ばれることもありますが、放送作家と構成作家の両者にはどのような違いがあるのでしょうか。

記事の続きを読む
2019年06月27日

南鳥島なぜマーカス島?

日本で一番東にある島といえば南鳥島ですね。こちらの島にはマーカス島という別名があります。これはなぜでしょうか。

記事の続きを読む
2019年06月27日

朝8時までの習慣に注目する

早起きは三文の得といった言葉は昔から言われているものですね。それはあながち間違ったものではないと言えるでしょう。それでも、朝というのは何時に起きればいいのでしょうか。3時や4時ということになればストイックすぎるといったことにもなるでしょう。新聞配達か僧侶のようにもなってしまいがちです。それでは5時6時ではどうでしょうか。それくらいの時間に起きている人はいるにはいますが、そこにおいては、標準的すぎるがゆえの問題といったものもありそうです。

記事の続きを読む
2019年06月26日

あり金は全部使うべき?

お金というのは貯めておくのが良いこととされています。本当に給料が低いワーキングプア的な状況は別としても、貯金ゼロの若者で常にお金がない人というのは、だらしのない人ではないかといった扱いを受けてしまうことも場合によってはありますよね。それはある意味では仕方がないことであるとも思えますが、実はそうではない場合もあります。

記事の続きを読む
2019年06月25日

マツコの悩みとは?

マツコ・デラックスはいまやテレビで見ない日はない有名タレントです。ある番組ではマツコ・デラックスが推薦した商品の売上が上がるなんてことも言われているほどです。これはテレビ的にはとてもレアな人材と言えるのではないでしょうか。これほどの影響力のある人は他にいません。

記事の続きを読む
2019年06月24日

ハゲワシと少女とは?

報道というのは、決定的瞬間を切り取るものです。そこでは、ありのままの現実が映し出されています。そこから、人の心を動かすこともあれば、時には政治を動かすこともあります。それほど報道というのは、影響力が大きなものだと言えるでしょう。

記事の続きを読む
2019年06月24日

情熱で人生を変える

人生を変えてみたいといった思いを抱いている人は多いのではないでしょうか。それはなかなか実現することができないからこそ夢のようであり、はかない願いともなりそうなものでしょう。人生を変える要素はいくつかありますが、もっとも大きなものはなんでしょうか。それは情熱というべきものなのではないでしょうか。

記事の続きを読む
2019年06月23日

日本の若者は海外でさまよう?

人生を変えてみようと、海外留学に挑戦しようとする人は多いでしょう。ただ、それは考えてであって、実際に実行に移す人というのは少ないかもしれません。それでも実行できただけで偉いとも思われるかもしれませんが、加藤恵津子による『「自分探し」の移民たち:カナダ・バンクーバー、さまよう日本の若者』(彩流社)を読むと、また違った感慨を持つと言えるでしょう。

記事の続きを読む
2019年06月22日

デザイン思考の先をいくものとは?

デザインと聞いてどのようなイメージを浮かべるでしょうか。見た目においてスタイリッシュな何かといったものから、誰もが使いやすいように設計されたユニバーサルデザイン、あるいはシンプルなデザインといったものがありますね。しかしながら、日本人のデザイン感というのは、こうした見た目や使いやすさといったものに縛られすぎているところもあるにはあるでしょう。

記事の続きを読む
7 / 370 « 最初 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 最後 »