2019年06月22日

人を惹き付ける文章力とは?

あなたは本を出すために必要な「文章力」を持っていますか? 「原稿の正しい書き方が分からない」「人を惹きつける文章が書けない」 「文章が読み手に上手く伝わらない」「自分の文章力に自信がない」 「文章が上手くまとめられない」 このような執筆のお悩みに1つでも共感された方に向けて、 6月28日(金)夜、都内某所で株式会社天才工場が主催する 文章力を鍛える講座が開催されます。

記事の続きを読む
2019年06月21日

平成とレジェンドの死

平成の時代は31年間の歴史に幕を下ろしたわけですが、その間には多くの人が亡くなっていきました。昭和から平成という時代を駆け抜けてきた人たちと言えるでしょう。やはり、日本にとって今がひとつの時代の境目であり、節目であり区切りとなるのかもしれません。

記事の続きを読む
2019年06月21日

アイアントレインとは?

アフリカのモーリタニアにはアイアントレインと呼ばれる列車が走っています。この列車は世界一長い列車として知られています。その距離は2キロとも3キロとも言われています。2キロといえば、ひとつの駅間距離くらいありますね。私鉄沿線ならば数駅をまたがってしまうでしょう。それだけの距離の線路の上に列車がうまっているというのですから驚きです。

記事の続きを読む
2019年06月20日

経済の基礎知識を学ぶ

ビジネスにおいてはさまざまな知識が求められます。それは、当然知っているはずの一般常識といったものから、こんなことを知っているのかと驚かれるような深い知識までさまざまですね。そうしたなかで、意外と抜け落ちてしまいがちなのが、経済に関する知識でしょう。普段新聞やニュースで目にすることはあっても、それを本当に理解していると言えるかは未知数なもの、それが経済なのです。

記事の続きを読む
2019年06月20日

話がつまらない理由?

話がつまらない人というのはよくいますね。反対に、話がとても面白い人がいます。この違いはなんなのでしょうか。

記事の続きを読む
2019年06月19日

引きこもりの定義は?

引きこもりが、悪い意味でクローズアップされるのは、引きこもり状態にあったと言われる人物が何か事件を起こした時などでしょう。引きこもりとは、そもそもどのような定義がなされるのでしょうか。

記事の続きを読む
2019年06月19日

図書券まだ使える?

古い荷物を整理していたら、昔もらった図書券が出てきたといった体験をした人はいないでしょうか。図書券はいまは図書カードに取って代わられています。それでは図書券はもう使えないのかと思いきや、そんなことはありません。

記事の続きを読む
2019年06月18日

本の宣伝著者がすべき?

本は売れない時代になっていると言われています。確かにそれはあるでしょう。出版業界全体がシュリンクというべき縮小化に向かっているのは間違いありません。もちろん、電子書籍といった新しいメディアに取って代わられているといったことも言えるでしょう。しかし、電子書籍が紙の本が売れなくなった分をフォローできるほど売れているかと言えば、疑問符がつきますね。

記事の続きを読む
2019年06月18日

科学的に元気になる方法とは?

メンタルの調整というのは大事なものです。やはり気持ちの浮き沈みというのは避けては通れませんが、それが大事なプレゼンテーションとバッティングといったことになってしまえば、最大限の結果を出すパフォーマンスを行うことはできませんよね。やはり、そこにおいては、気持ちのコントロールひとつとっても自分でどのように管理をしていくのかということが重要でしょう。

記事の続きを読む
2019年06月18日

読書のルールを学ぶ

本を読むのが苦手という人は少なくありません。そうした本を読むのが苦手ということを言う人にとって、つい抱きがちな悩みというのが、本を読んでいるものの、内容が頭に入ってこないというものがあるでしょう。そうなると、途中でどこまで何を読んでいたのかということもわからなくなってしまい、大変というものですね。

記事の続きを読む
2019年06月17日

国の制度を使いこなす

国の制度というのはさまざまに用意されています。ビジネスをはじめたいのだけれども、お金がないとなげく人に対して、補助金をはじめとする制度が多くあります。ただ、あまり利用されたくない本音があるのではないかと勘ぐってしまいたくなるほど、そうした制度というのはわかりにくくなっています。

記事の続きを読む
2019年06月17日

読書を仕事につなげるには?

読書はさまざまな体験を得られるものですが、暇な人が小説を読んでいるといった印象があるのも確かですね。確かに情報を得る手段というのは無数に広がっているわけですから、必ずしも読書とは限らないというのもあるかもしれません。

記事の続きを読む
2019年06月16日

教養としての政治学とは?

政治学とは、一見するとわかりにくい学問ですね。政治学を学んで政治家になるのかといった単純なイメージがありますが決してそうではありません。さらに政治学科というのは法学部の政治学科として設置されている一方で、政治経済学部の政治学科としても存在しています。政治は法律や経済などと密接な関連があることがわかりますね。

記事の続きを読む
2019年06月15日

ひと言の重要さ

ビジネスシーンにおいて、あいさつは重要なトピックですね。それは形通りの通りいっぺんのあいさつばかりではなく、ひと言を加えることによって大きな効果を生み出すこともあります。そのようなことについて記した本が、松本秀男による『一瞬で自分を印象づける! できる大人は「ひと言」加える』(青春出版社)です。

記事の続きを読む
2019年06月14日

スイスは重武装中立?

スイスと言えばヨーロッパの永世中立国として知られています。中立国というと、おだやかなイメージがありますが、実際はスイスの中立というのは異なります。スイスは、中立であっても重武装中立国なのです。

記事の続きを読む
2019年06月13日

自分を休ませる練習とは?

世の中を生きるにあたって余裕がないという嘆きを抱える人は多いでしょう。それは時として、大きなストレスとなって自分に襲いかかってくることもありそうです。そこにおいて、必要なものは適度に自分を休ませていくということではないでしょうか。

記事の続きを読む
2019年06月12日

本の売上なぜ初速が大事?

本の売上において初動や初速が大事であると言われています。しかしながらなぜそれほど初動が大事なのでしょうか。本というのは、生鮮食品のように放っておけば腐ってしまうというものではありません。むしろ、いつでもどこでも保存をしておいて読めるものでもありますから、いつでも読んでいいものように思えるのですが、なぜ初動が大事なのでしょうか。

記事の続きを読む
2019年06月11日

日本人が知らないお金の話とは?

日本人の周りには独自の風習や文化というものが取り巻いています。そのひとつにおいて、お金の話はあまり表立ってしてはいけないというものがありますね。それがはっきりとした契約とならないために、場合によってはトラブルを招くといったこともあるわけです。それは善し悪しでいえば、悪の方が多いのではないかと思う人もいるのではないでしょうか。

記事の続きを読む
2019年06月11日

AI労働の未来とは?

あらゆる労働から人間はAIによって解放されるとはよく言われるものですね。果たして本当にそういう未来がやってくるのでしょうか。もちろん遠い将来においてはそういった世界は実現するのかもしれませんが、それはいわゆるひとつのサイエンスフィクションの世界ではないかと思うのも実際のところでしょう。しかしながら未来はもうそこまで来ているのです。そう気づかせてくれる本がホリエモンこと堀江貴文による『僕たちはもう働かなくていい』(小学館新書)でしょう。

記事の続きを読む
2019年06月10日

説明は速さで決まる

ビジネスシーンにおいて必要とされるスキルはいくつかあります。そこにおいて、ひとつの重要なものとされているものは説明力ではないでしょうか。説明をする場面というのはどこにでも存在していますよね。外へ営業を行う場面はもちろんのことですし、あるいは社内においてもプレゼンテーションを行う機会はあるでしょう。

記事の続きを読む
8 / 370 « 最初 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 最後 »