ビジネス

  • 実践的な会議の教科書とは?

    会社員をはじめなんらかの組織に所属している人にとっては会議というのは重要な要素ではあるでしょう。ただ、会議というのは、ただ集まっているだけ、何となく話しているだけという、それが目的になってしまっているものもあるといえるでしょう。

  • 講師業のはじまりは通信講座?

    人に何かを教えるのが好きという人がいます。さらにビジネスや、あるいはプライベートなどにおいても、自分のノウハウを誰かに伝えたいと思う人は多いかもしれません。何かの講師業をしてみたい、という人はそれなりにいるのでしょうが、どのようにすればいいのかわからないという人も少なくないでしょう。例えば受験生に勉強を教えるような塾講師の仕事ならばすぐに見つかるのかもしれませんが、夢をかなえることやライフスタイルの講師となれば、やはりなかなかきっかけや、それなりの人脈やコネクションがなければ難しいのではないかと思われがちです。

  • 現金書留は日本円だけ?

    現金を郵便で送ることはできません。現金書留を利用する必要がありますが、ここでいうお金というのは日本の紙幣のみを対象としています。

  • クレジットカード作った方がいい?

    現代はカード社会です。クレジットカードをひとつくらい持っていた方がいいとはいえるでしょう。

  • グラフ誌ってなんだ?

    グラフ誌と呼ばれるものがあります。写真を主体とした大判の雑誌であり、かつては世界各国で発行されていました。グラフ誌は、通常の雑誌に比べてビジュアル的な要素が強く、海外の雑誌であっても外国語が読めなくとも雰囲気を感じ取ることができる雑誌です。海外のグラフ誌などを眺めていると、まるでこの国に旅をしているかのような感覚が得られるのも魅力です。

  • ライカビリティとはなにか?

    社会にはさまざまな能力があります。その人が持って生まれているもののほかに、その人がもともと持っているものといったものまでさまざまです。それらが気づけば能力として評価されることもあるのです。そのひとつにライカビリティがあります。これは人に選ばれる能力です。

  • 「文藝」増刷なぜすごい?

    文芸雑誌の『文藝』2019年秋季号が増刷となり話題となっています。この雑誌が増刷となったのは1933年の『文藝』創刊号以来はじめての快挙です。これは出版業界においては大きなインパクトがあったと言われています。なぜこれほどすごいのでしょうか。

  • ハッタリの流儀?

    ハッタリというのは決して良いことではないような、どちらかといえばネガティブなイメージがつきまとうのは確かでしょう。しかし、時と場合によってはハッタリをうまく活用していくことによって、自分が注目されたり、あるいは信頼度を高めたりといったこともできるのです。とき

  • 演劇は仕事になるのか?

    夢を叶える職業といえば、芸能人などのきらびやかな世界が思い浮かべられるでしょう。東京などの都市部には、そうした明日のスターを夢見て演劇活動などに精を出す舞台俳優と呼ばれる人たちがいます。さらにその舞台を作る美術や演出、脚本といった裏方の領域の仕事をこなしている人たちもいますね。この世界というのは、なかなか食えない世界であるとも言われています。

  • 会社をやめる前に身につけるべき知識とは

    会社というのはひとつの組織として成り立っています。その会社組織を出て、独立を考えている人は少なくないでしょう。いつかは独立したいといった思いがあるにせよ、そこにおいては、なかなか踏ん切りがつかないということもあるでしょうね。さらに会社をやめるということはそのまま世の中に放り出されるということになるわけですから、その先に不安を感じるのも確かでしょう。

  • フリーランスの心得とは?

    フリーライターという仕事は、かつては出版業界を主とする仕事でありましたが、現在は主にウェブでの仕事に以降しつつあると言えるでしょう。しかしながら、フリーランスでなにかしらのクリエイティブな作業に関わることがある人に関しては、そこにおいては基本的に求められるものや心構えといったものは変わっていないと言えるでしょう。むしろ、そうしたものが普遍的でなければおかしいのではないでしょうか。

  • チームワークを高めるゲームとは?

    仕事というのは一人でやるものもありますが、ほとんどはチームワークで行うものだと言えるでしょう。当然ながら、そこでどのように円滑に仕事を進めていくのかというのは、どれだけそれぞれの能力が発揮されていくのかということに加えて、仕事の息が合うのかといったことも必要ではあるでしょう。

  • すぐやれる人の習慣とは?

    仕事をすぐに片付けたいのだけれども、ついあとまわしにしてしまうという人は少なくないでしょう。こうした気質というのは、その人固有のものでもあるといえるわけで、世の中にはすぐにやれる人とやれない人の二通りがともすれば存在するわけです。それを分けるものはなんなのでしょうか。すぐにやれない人は、端的に言うならばすぐにやれるようになるのでしょうか。

  • 朝時間術とは?

    時間というのは有限なものです。流れ続けて、限りがないように見えてしまうこともありますが、実際はそうではありません。その限りある時間を使うにあたって有効とされるものが朝の活動ですね。

  • あり金は全部使うべき?

    お金というのは貯めておくのが良いこととされています。本当に給料が低いワーキングプア的な状況は別としても、貯金ゼロの若者で常にお金がない人というのは、だらしのない人ではないかといった扱いを受けてしまうことも場合によってはありますよね。それはある意味では仕方がないことであるとも思えますが、実はそうではない場合もあります。

  • 情熱で人生を変える

    人生を変えてみたいといった思いを抱いている人は多いのではないでしょうか。それはなかなか実現することができないからこそ夢のようであり、はかない願いともなりそうなものでしょう。人生を変える要素はいくつかありますが、もっとも大きなものはなんでしょうか。それは情熱というべきものなのではないでしょうか。

  • デザイン思考の先をいくものとは?

    デザインと聞いてどのようなイメージを浮かべるでしょうか。見た目においてスタイリッシュな何かといったものから、誰もが使いやすいように設計されたユニバーサルデザイン、あるいはシンプルなデザインといったものがありますね。しかしながら、日本人のデザイン感というのは、こうした見た目や使いやすさといったものに縛られすぎているところもあるにはあるでしょう。

  • 人を惹き付ける文章力とは?

    あなたは本を出すために必要な「文章力」を持っていますか? 「原稿の正しい書き方が分からない」「人を惹きつける文章が書けない」 「文章が読み手に上手く伝わらない」「自分の文章力に自信がない」 「文章が上手くまとめられない」 このような執筆のお悩みに1つでも共感された方に向けて、 6月28日(金)夜、都内某所で株式会社天才工場が主催する 文章力を鍛える講座が開催されます。

  • 図書券まだ使える?

    古い荷物を整理していたら、昔もらった図書券が出てきたといった体験をした人はいないでしょうか。図書券はいまは図書カードに取って代わられています。それでは図書券はもう使えないのかと思いきや、そんなことはありません。

  • 本の宣伝著者がすべき?

    本は売れない時代になっていると言われています。確かにそれはあるでしょう。出版業界全体がシュリンクというべき縮小化に向かっているのは間違いありません。もちろん、電子書籍といった新しいメディアに取って代わられているといったことも言えるでしょう。しかし、電子書籍が紙の本が売れなくなった分をフォローできるほど売れているかと言えば、疑問符がつきますね。

1 / 111 1 2 3 4 5 最後 »