ビジネス

  • 対話のデザインとは?

    対話というのは、ビジネスシーンばかりではなく、プライベートなどにおいても大切なものとされています。ちょっとした誤解なども対話によって解けていくといったこともあるでしょう。

  • 作家も漫画家もAIで変わる

    AIを始めテクノロジーの進化により、これまで当たり前だった仕事の多くが今後数十年の間に消えていくだろうという予測がさかんに言われています。既に、昭和にはどこでも見かけた切符を切る駅員の姿は、タッチ&ゴーで通過する自動改札に取って代わりました。このような単純作業の分野は次々と機械化が進んでいますが、その波は人間でないと不可能と思われてたクリエイティブな分野にも及ぼうとしています。

  • 問い続ける力とは?

    自分で考えなさい、というのはよくいわれる言葉ですね。自分で考えるということは思考をクリアにすることでもあり、さらに思考力を鍛えるということにもなります。ひいては自分自身の成長をうながすというのが、そのいわれではあるでしょう。

  • 時をかける技術も実現間近?

    もうこの世にいない人にもう一度会えたらーー。一昔前ならかなわぬ願いと思われていたことが、技術の進化によって体験できるまでになっていることをご存知でしょうか。まさに夢の実現と思える一方で、「そんなことをして大丈夫なの?」と不安を感じる声も聞かれる“デジタルヒューマン技術”ですが、そこには多くの可能性が秘められています。

  • 妄想レッスンの強みとは?

    現実へ向き合うというのは、なかなかつらいものがあります。そうしたときには、あえて知らないということもひとつの選択肢としてあるのではないでしょうか。もちろん仕事上、知っておくべき情報といったものがありますが、それ意外はジャンクなものではないのでしょうか。知らなくてもよいことを知りすぎていることによってメンタルを病んでしまうといったことも場合によってはありそうです。

  • 商習慣の変化は意外と年月がかかる

    テクノロジーの凄まじい進化が広がる21世紀ですが、登場したばかりの商品やサービスが今すぐに世の中に溶け込めるほどスムーズには行かないのが現実でもあります。テクノロジーを使いこなす人間がそれらを受け入れ、広く浸透するには20〜30年はかかるものです。その理由は、人間が“思い込み”に支配されているからなのです。

  • 習慣を考える

    習慣というものはどういったとらえかたがなされているでしょうか。いつも同じことの繰り返しはつまらないから、たまには刺激的なことを求めるべきといった風に、マンネリであり平凡でありつまらないものとされてはいないでしょうか。しかしながら、この習慣というのは、人間の生活に根付いているものであり、それ自身を形つくるものであることはあまり知られていません。

  • ゆとり・さとり世代に学ぶ

    つめこみ・スパルタ教育が染み付いている昭和世代のおじさんからすると、ゆとり世代やさとり世代の言動に違和感を持つことも少なくないかもしれません。しかし、平成生まれの彼らの身の回りには、物心をついた頃からインターネットや携帯電話など昭和にはなかったテクノロジーに囲まれ、当たり前のように使いこなしています。いわばひみつ道具使いのプロ。旧世代のおじさんは彼らから学ぶべきことが多いはずです。

  • 引き寄せの音とは?

    世の中には、人生がうまく回るように引き寄せる人たちがいます。眼の前の運命をうまく引き寄せていくわけですね。それは、その人がもともと強運の持ち主なのでしょうか。あるいは人知れず、類まれなる努力家として活躍しているのでしょうか。

  • “妄想力”が富を生む時代

    これからの時代、お金持ちになれるのは妄想力が強い人と言えるかもしれません。今や日本文化を象徴する存在となった漫画やアニメを生み出す仕事をしている人はその代表的な存在です。「まんが=子供のもの」と蔑まれた時代はとっくに終わりました。逆に、「ONE PIECE」の作者・尾田栄一郎氏を始め超人気漫画を生み出したクリエイターは、今の子どもたちにとって収入面も含めてあこがれの職業として認知されています。ほかにも、妄想力を強みに豊かさを手に入れる方法が、テクノロジーの進化とともに次々と出現しているのです。

  • 悩みに答える哲学とは?

    人間というのはさまざまな悩みがあります。生きてゆく上での悩みはもちろんのこと、将来どうすればいいのか、あるいはそもそもなぜ自分はここにいるのかといった悩みもりますね。このような悩みというのは、じぶんだけの悩みといったことであると思われがちですが、そうではありません。人生相談企画などにふれてみればおわかりの通り、人の悩みというのはいくつかのパターンに分けられるようなものとして類型化されているといえるでしょう。

  • 新たな価値を生み出す人とは

    テクノロジーの急速な進化に伴って、これまでの価値観が次々と書き換えられつつあります。それは21世紀の今に限らず、古くから絶えず繰り返されてきたことです。最初は斬新と思われていた画期的な発明品も、誰もがその便利さを知り、広く使われるようになってしまえば、自ずと価値観は変わっていきます。そんな価値観の変化を知り、柔軟な発想ができる人こそが、誰も知らない新たな価値を生み出すのです。

  • ドラえもん時代を先取り

    藤子・F・不二雄さん原作の「ドラえもん」が誕生したのは、大阪で万博が開かれた1970年のこと。それから50年後の今、「あんなこといいな、できたらいいな」な夢を叶えてくれるドラえもんのひみつ道具の中には、既に現実化しているものが結構あることをご存知でしょうか。ドラえもんがやってきた22世紀の技術を100年も先取りするほどに、テクノロジーが凄まじい速さで進化を続けている中、私たちは次々と現実化するひみつ道具をどううまく活用できるかが、新たな価値観を生み出すカギとなるはずです。

  • キャッシュレス社会で勝ち組になる、近未来への必読書

    先ごろ、日本のお札の肖像が新しくなることが発表され大きな話題になりました。そんな中で、「これが最後のお札の顔になるかも」という声も一部に聞かれます。一体それってどういうこと?お金の概念が大きく変わりつつある時代をわかりやすく解説するのが、『いま知っておきたい「みらいのお金」の話』という一冊です。著者は元衆議院議員で松田政策研究所代表の松田学さん。経済政策やサイバーセキュリティーの分野に精通し、関連の著書を多数書いています。

  • 仕事が終わらない理由とは?

    仕事が目の前に山積みであり、なかなか終わらない、片付けられないといった悩みを抱えている人は少なくないでしょう。もちろん仕事があるだけ、ありがたいと思えというのはひとつの法則ではあるのですが、それでも仕事が山積みのままというのはどうにも気分が悪いものですね。なんとかして仕事を片付けられないかと逡巡することしきりです。

  • 共感マネジメントの作り方とは?

    ビジネスシーンにおいては感情がさまざまな重要なファクターとなります。感情的な対立というものが一方であるかといえば、共感によってチームがひとつにまとまるといったこともあるでしょう。このように感情というのは使い方次第で大きく内容を変えていくものだとわかります。

  • 10秒スイッチを大事にする

    運命というのは、それぞれの人の中にあります。この運命というのは、自分次第で変えることもできる、そこにはやはり気の持ちようといったところもある、そうした励ましが得られる本が佐藤由美子著作、しまだたかひろイラストによる『シンクロちゃん:一瞬で人生を変える「10秒スイッチ」の法則』(フォレスト出版)です。

  • 企画のメモ術とは?

    仕事において、必要なスキルはさまざまなにありますが、そのひとつとして企画力があるといえるでしょう。特に民間企業では、自分の給料分くらいは自分で稼ぐべきといったものがありますよね。そこにおいては、自分で稼ぐきっかけを作るための企画力は必要なものです。

  • 30代と人生の法則とは?

    あの時、ああしていればよかったといった後悔を持つことは誰しもあるでしょう。しかしながら、その後悔というのは、よくよく見てゆけばある種のパターンにはまっていることもあります。それならば、そのあたりについてきっちりと事前情報を得ていれば、新しい人生も開けてくるということがあるのではないでしょうか。

  • 仕事ごっこしていない?

    仕事をしたつもりになってしまう現象というのはありますね。ただなんとなくパソコンの前に座っているだけで実は何も仕事をしていないといった体験は誰しもあるでしょう。そうしたものは仕事ではなく、ある意味では厳しい言葉を用いるとするならば「仕事ごっこ」なのではないでしょうか。

1 / 112 1 2 3 4 5 最後 »