ビジネス

  • ラクして早い仕事術とは?

    仕事はつらいものである。これは先入観のひとつと言えるでしょう。仕事はつらく厳しく、それが結果につながるというのがひとつの考え方としてあるのは認めましょう。しかしながら、仕事というのは膨大なタスクを処理していくわけですから、それぞれの仕事をどの程度効率よくこなすかに注目が集まっているとも言えるでしょう。

  • アメリカの仕事に「引き継ぎ」はない?

    日本の会社には引き継ぎと呼ばれる制度があります。会社をやめる場合、それまでレギュラー的に持っていた仕事を、後任者に引き継ぐというものですね。例えば取引先への連絡先や伝達事項といったものが相当します。しかし、これは日本独自に近いシステムであり、アメリカにはそのような制度がないと言われています。なぜ、アメリカの会社には引き継ぎがないのでしょう。

  • 正しい判断をくだすには?

    人間というのは常に思い込みをしてしまう生き物です。そんなことはないと言っても、固定観念にとらわれてしまっている人は多いでしょう。人はみな時と場合によって真実を見誤ってしまうことがあります。そのような愚かな間違いを犯さないようにするためにはどうすればいいのでしょうか。

  • 最強の人脈術とは?

    ビジネスをこなしていくうえで役立つのが人脈です。この人脈というのは一朝一夕に築けるものではありません。さらに人脈はお互いの信頼関係によって成り立っているものでもありますから、お金で買えるというものでもありません。

  • 手書きメモの理由とは?

    現在はデジタルガジェットが普及しており、手書きのノートとペンを持っていないという人もいるでしょう。ちょっとしたことでもスマホを使ってメモを取れば十分という風になっていまう。利便性を追求すると確かにそれは有効と言えるかもしれません。しかしながら、手書きには手書きならではのメリットがあるのです。

  • お金を無理せず稼ぐには?

    お金は欲しいものですが、常に出ていってしまうものですね。それはお金をどうとらえていくのかといったことにもつながっていきます。そもそもお金を稼ぐことは辛い道のりなのでしょうか。いえ、楽しんで稼げるに越したことはないですよね。

  • 働き方の哲学とは?

    働くということはどういうことなのでしょうか。自分の生活の糧を得るためというのがまずあげられるでしょう。しかし、こうした考え方というのはただ惰性で仕事をしているだけということにも繋がりかねませんよね。いわば仕事というのはやりがいが必要なのではないでしょうか。

  • 人望が集まる人の考え方とは?

    人望がある人とない人がいます。この違いはどういったものでしょうか。仕事ができるから、良い学歴を持っているから、そうした理由はあくまで副次的なものにすぎません。人望がある人というのはどういう考え方をしているのでしょうか。それに向き合ってみることで、見えてくるものがあると言えるでしょう。

  • 働く女子の時間のルールとは?

    時間というのは有限なものです。この限りある時間をどのように使うかによって、仕事の効率が違ってくるといったこともあるでしょう。

  • 古本屋はもうからない?

    本好きや雑誌好きの人にとっては、いつかは古本屋を開いてみたいと思う人もいるかもしれません。しかしながら、古本屋をやるにあたって覚悟が必要なのは、それほど儲かる商売ではないということですね。商売をする目的というのは人それぞれにあるでしょう。そこにおいて儲けたいというのも立派な動機のひとつです。それを叶えるにあたって、自分の目指す分野は妥当であるのか。いちど立ち止まって考えて見る必要はあると言えるでしょう。

  • 宝くじはギャンブル?

    ギャンブルと言えばどういったものを思い浮かべるでしょうか。パチンコやスロット、あるいは競馬や競輪、競艇といったものがまず思い浮かびますね。ただ、もうひとつメジャーなギャンブルがあります。それが宝くじです。

  • キータッチを静かにするには?

    パソコンのタイピング音は、現代社会の新たなストレスの因子と言えるかもしれません。当然ながらパソコンなどの電子機器はかつてはなかったものですから、それは現代特有の問題となっているのでしょう。

  • キャッチコピーの極意とは?

    キャッチコピーが求められる場所は多いでしょう。それはビジネスシーンにおいてもそうですし、プライベートでも書類を書くことはあるでしょう。キャッチコピーは、短いフレーズでしっかりと、そのすべてを言い表す技術であると言えます。身につけておいて損はない技術でしょう。

  • 未来の稼ぎ方とは?

    これからのビジネスを考えるにおいて、どういったものが新しい稼ぎ方となっていくのかを見極めるのは重要です。もちろん、人と人が相対するフェイス・トゥ・フェイスのコミュニケーションが重要といった考え方もあるでしょう。

  • アイデアを使う手段を知る

    アイデアというのは常に湧いてくるものではありません。さらにせっかく良いアイデアを思いついたとしても、それをどういったタイミングで使うかによって、その良し悪しが大きく分かれてくることはあるでしょう。アイデアというのはしかるべき時に思いつき、さらにしかるべき時に使えるようにしなければいけません。

  • やること地獄を終わらせるには?

    仕事をしていて、あれもやらなければこれもやらなければといった思いに支配されてしまう人は多いのではないでしょうか。「やることが多すぎる」といった嘆きですね。これは同じことをしていれば良いというものではないので、なかなか難しい問題です。

  • 一般的PCスキルのレベルは?

    事務職などの応募案件において、一般的なPCスキルといったものが条件に課されていることがあります。一般的といってもどのくらいなのか、というのは気になるところでしょう。例えば英語の試験ならばTOEICのように具体的なスコアで示されているものがあります。もちろんパソコンに関しても検定の類はありますが、はっきりと数値化されていることはありません。

  • Q&Aでビジネスマナーを学ぶ

    ビジネスマナーというのは、すぐに身につくものではありません。さらに、必ずしも正解がひとつしかないというわけではありません。不正解なビジネスマナーであっても、時と場合によっては大丈夫といったこともあります。そのようなファジイな内容としてビジネスマナーはあるといえるでしょう。

  • ビジネスをフレームワークで考える

    ビジネスというのはあらゆる場面において応用的なテクニックを求められることが多くあります。常に臨機応変に、目の前のトピックに立ち向かい、どのように問題を解決していくのかといったそのプロセスこそが、自分の力を見せる場所だとも言えるでしょう。

  • シンプルな3分間マネジメント術とは

    本書は部下のコントールに関する本です。部下をどのように動かしてゆけばいいのか、指導してゆけばいいのか。そこにおいて役立つものとして短い時間でケアをしてゆくための方法について記されています。伊藤守による『ひとりでも部下のいる人のための世界一シンプルなマネジメント術 3分間コーチ』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)です。

4 / 111 « 最初 1 2 3 4 5 6 7 8 最後 »