食品

  • 京都なぜ「お茶漬けで帰れ」?

    京都のいわれとして、飲食店、特にお酒を出すような店で「お茶漬けでも」と言われたら、それは「そろそろ帰ってほしい」といった意味合いだというものがあります。京都ではお茶漬けは「ぶぶ漬け」と呼ばれています。これは漬物をご飯の上に乗せてお茶をかけたものをさらさらといただくといったものですね。果たして本当にそうなのでしょうか。

  • 卵の生食は日本だけ?

    日本というのは、独自の文化というものがあります。それが時としてエキゾチシズムの対象ともなりうるわけで、クールジャパンの表象として現れてくることもありますね。それは日本の良いところでもあると言えるでしょう。さらに、日本独自の食文化というものがあります。それが卵の生食文化です。

  • ラーメンなぜ夜鳴き?

    夜に飲んだあとに食べるシメの定番といえばラーメンでしょう。カロリーなどを気にする人もいるかもしれませんが、やはり塩気の効いたスープの誘惑には弱いものです。さらに夜に食べるラーメンと言えばあっさりとした縮れ麺や細麺が多くありますので、のどごしが良いというのもありますね。こうしたラーメンは「夜鳴きラーメン」と言われることが多くあります。そもそもなぜ夜鳴きなのでしょうか。

  • ボロネーゼとミートソースの違いは?

    パスタ料理店などで、メニューとしてボロネーゼが用意されているところがあります。ひき肉とトマトソースを和えたものであり、これはミートソースと同じではないかと疑問を感じる人も多いはずです。両者にはどのような違いがあるのでしょうか。

  • ラーメンの歴史学を知る

    ラーメンというのはもはや国民的な食べ物となっています。それぞれのご当地ラーメンといったものもあれば、さらにはチェーン系で猛威をふるうラーメンもあります。さらに雑誌やテレビなどで取り上げられることによって人気が出るラーメンもあります。これはネットで言えばインフルエンサー的な存在とも言えるかもしれませんね。もうひとつ、飲食店で提供されるラーメンとは別にコンビニエンスストアやスーパーマーケットなどで販売されるインスタントラーメンもあります。こちらも日本から生まれたものであり、ラーメン文化のひとつに数えられるでしょう。

  • ウォッカの歴史を知る

    ウォッカはアルコール度数が高く、透明度も高いお酒として知られています。特にアルコール度数がほぼ100%に近いスピリタスなどはよく知られているでしょう。アルコール度数があまりにも高いので火がつくと言われているほどです。

  • ワインの味わい方を学ぶ

    ワインというのは奥が深いものだと言えますね。ワインは食事のお供としても最適なものです。このワインについて、ちょっと学んでみたいという人におすすめの一冊が小久保尊著作、山田コロイラストによる『図解 ワイン一年生 』(サンクチュアリ出版)です。

  • つけ麺大盛りはなぜ無料?

    つけ麺は、おいしい食べ物です。ラーメンよりもつけ麺の方が好きという人もいるかもしれません。つけ麺は、大体のお店においては中盛や大盛などの麺の増量が提供されています。お得だと思ってつい食べてしまう人も多いのではないでしょうか。

  • はまぐりのガソリン焼きとは?

    北朝鮮、朝鮮民主主義人民共和国にはさまざまなグルメがあります。そのひとつにハマグリのガソリン焼きがあります。作り方はとてもシンプルでありハマグリにガソリンをかけてそれをガスバーナーであぶるものです。できあがったハマグリは真っ黒に焼けていますが、中身にはプリプリの身が詰まっています。

  • 都心の空き地が超人気グルメエリアに、「AKINAI 銀座プロジェクト」が始動

    人気飲食店の数々がフードトラックで集まって、様々なメニューが日替わりで楽しめる「AKINAI 銀座プロジェクト」が、11月1日から歌舞伎座にほど近い東銀座の一角にオープンしました。

  • コーヒーの歴史を知る

    歴史というのはあらゆるアプローチが可能です。ある特定のトピックから、歴史を広げていくというのも面白い視点ですね。そうした本は、どこにどういう風な着眼点を置くかがひとつのポイントになってくると言えるでしょう。

  • 世界最古の甘味料は?

    甘い物に目がないという人は少なくないでしょう。スイーツは別腹という人もいると思います。この甘い物と人類の関わりというのは古代までさかのぼります。人類最古の甘味料と呼ばれるものがあるのをご存知でしょうか。それは現在もとても身近なものとして存在しています。

  • 甘酒のアルコール度数は?

    甘酒は、日本酒を作るときにできるもろみのしぼりかすである酒粕を煮込んで作ります。甘酒はお正月などに子供も飲んでいますが、アルコールは含まれていないのでしょうか?

  • 関西人なぜ納豆嫌い?

    納豆は日本の朝の定番とも言えるアイテムです。しかしながら、関西方面、特に大阪の人は納豆が嫌いという人が多いです。最近では納豆の消費量も増えてきているようですが、依然として全国的に比べれば消費量は少なめです。これはなぜなのでしょうか。

  • ネギトロの由来はねぎ取る?

    ネギトロは人気の寿司ネタでしょう。マグロを叩いてペースト状にして、ネギなどを添えていただくものです。お店では軍艦巻きのほか、細巻きや丼ものとして提供されることもありますね。

  • ブルーハワイの由来は?

    夏の風物詩といえばかき氷でしょう。削った氷にお好みのシロップをかけて食べるおなじみの食べ物です。さて、このかき氷のシロップには緑色のメロン味や、赤色のイチゴ味などがあります。しかし、実際に果汁は入っておらず、なんとなくそういう味がするというものが大半です。

  • カレーライスの作り方に学ぶ

    カレーライスは日本の国民食というべきものでしょう。中学校などの林間学校でカレーを作った思い出もあるかもしれません。なぜカレーなのか。それは嫌いな人がほとんどいない、大量に作るのに向いている、スパイスを用いるため食中毒の危険性を軽減できるなどのメリットがあるからだと言えます。

  • 海外で生卵は食べない?

    日本独自の食習慣として、生食文化があります。魚を生のまま捌いて食べるお刺身はもちろんのこと、生卵をそのまま食べる習慣も海外にはありません。

  • タイの日本米どこで作っている?

    タイは、東南アジアの中でも日本人が多く住む国として知られます。首都バンコクには、約4~5万人の日本人が在住していると言われています。しかし、これは日本大使館に届出を出した人数であり、定期的に出入りしている人間を含めればバンコクだけで約10万人、タイ全土ではそれ以上といわれています。

  • 鴛鴦茶とは何か?

    お茶をする時にコーヒーか紅茶かを選ぶ場面に遭遇したことがある人はいるでしょう。両者は何かひとつの選択肢のように扱われていますが、香港には鴛鴦茶という飲み物があります。えんおうちゃと書きます。これはコーヒーと紅茶を混ぜ合わせたものです。

1 / 8 1 2 3 4 5 最後 »