極限状態、人は人を食べる?

人は極限状態になると理性のリミッターがはずれて信じられない暴挙に出るとはよく言われた言葉です。ですが、ほとんどの人はその極限状態に陥ることはありません。平和とされる日本ならばなおさらでしょう。


長い旅

人は極限状態にどうなってしまうのか、その問いに立ち向かったのが角幡唯介による長編ノンフィクション『漂流』(新潮社)です。著者はチベットの秘境や、GPSを持たない北極探検などを記す冒険家として知られます。海よりも山の人です。そんな彼がなぜ海を対象に取材をはじめたのか。何もない大海原は秘境と同義であり、自己との対話を余儀なくされる場所と規定するためでしょう。

種明かしがされている

本書は、1994年に太平洋上を37日間漂流した末、奇跡的に救出された日本人船長を著者が訪ねるところから始まります。いくつかの雑誌インタビューには応えているものの、その全容がはっきりと語られることはありませんでした。特に漂流中、フィリピン人船員が日本人船長を襲って食べようとした、という記述に着目し、その真実を確かめようとします。著者は、船長の電話番号を入手し連絡を取ります。すると船長の妻から信じられない事実を告げられます。救出後日本へ戻った彼は、8年後に再び航海へ出て、そのまま行方不明となったのです。著者が取材を試みた時点で、2度目の行方不明から10年以上は経っています。すでに生存は絶望視されているといっても良いでしょう。しかし、妻はどこかで生きているのではと楽観的な言葉を発し、まわりの漁師仲間は、行方不明になる人間は珍しくないのか無関心な態度を示します。本来ならば、ここで終わってしまう話なのですが、著者は海をめぐる重厚なノンフィクションを書き始めます。

生存者の証言

著者が注目するのは船長の生まれ育った場所です。宮古島に隣接する伊良部島の佐良浜集落は、古来より遠洋漁業を伝統的に行ってきた場所でした。こうした漁業の歴史がひとつ描かれます。さらにフィリピンへ飛び、37日間の漂流を日本人船長とともに過ごした人間を探し当て証言を得てゆきます。そして究極の問い、果たして本当に人が人を食べようとしたのか、その答えを探ります。謎解きのように楽しめる本だといえるでしょう。

    
コメント