著者検印とは何か?

昔の本を手に入れて、奥付を開くと著者検印と呼ばれるものがあります。著者の名字が記されたはんこが押してあります。これは何を意味するものなのでしょうか?


著者検印とは何か?

著者検印とは、その著者が本が正規に発行されたものであるか、さらに規定の発行部数が出ているかを確認して、はんこを押したものです。明治に入ると日本の近代的な出版制度がはじまりますが、当初はまだ法整備は未熟でした。そのため、東京や大阪といった大都市で発行された書籍が、地方で勝手にコピーされて販売されるといったことが行われていました。印刷の精度などは多少落ちますが、値段が半額程度と手頃であるために、よく売れていたようです。当時は、交通網もそれほど発達していませんから、都会の本を地方で売ってもばれなかったのです。この本が正規品であると著者がお墨付きを与えたものが著者検印なのです。

部数の証明?

さらに、本というのは発行部数に応じて著者に印税が支払われます。出版社が著者に伝えた以上の部数をこっそり印刷して販売することで、利益を得るといったことをさせないために著者検印の制度が存在していました。いちおうは著者本人が確認してはんこを押すという決まりでしたが、何千部もある著作の場合は、出版社の社員などが手分けをして作業を分担するといったこともあったようです。この著者検印制度は1959年に廃止されています。そのため、昔の古本にだけ見られるオリジナルな要素になっているのです。

    
コメント