本屋大賞1位!「舟を編む(三浦しをん)」のポップ集 @ ジュンク堂千日前店

人気小説作家:三浦しをんさんの最新作「船を編む」。辞書編集部がモデルという新しい切り口の作品です。そこで繰り広げられる人間関係など読ませるポイントは様々。更に、本屋大賞1位を受賞し超が付くほど話題な作品は、ポップの種類も様々。書店では、沢山のポップが並んでいます。そこで今回は、ジュンク堂千日前店のポップを紹介。丁寧に作りこまれた4つのポップを紹介します!


<語学担当イチオシ>

この作品、なんと舞台は辞書編集部なんです。新しい辞書を編むことになった編集部員たちを描いた極上のエンターテインメント作品にして、「言葉への愛」に溢れた一冊。これを読めば辞書一冊一冊にドラマを感じてしまいますよ。

「ポップ」の詳細を調べる


<辞書編集部を舞台にした小説登場>

「辞書は調べもののツール」でしかなかったあなたも、これを読めばそこにドラマを感じるようになりますよ!言葉の大切さにも気付かせてくれる今一番のオススメです!

「ポップ」の詳細を調べる


<辞書作りに人生が見えてきます!>

ベテラン、老学生、辞書編集部の人達と共に新しい辞書を編むことに。営業からの引き抜き、変人など個性的な面々の人生が、言葉になって編み上がっていく…..。言葉集め、紙作り、恋、葛藤、予算....果たして辞書は完成するのか?

「ポップ」の詳細を調べる


<言葉の面白さ、大切さ、描き出す絆…..>

新しい辞書を編むことになった辞書編集部の人々を描いたこの作品、辞書編纂プロジェクトものとしても十分な面白さを持っています。辞書を、日本語を、いえ、言葉を愛するすべての人にオススメの一冊です!

「ポップ」の詳細を調べる


話題な作品ほど沢山のポップがあります。ポップを見るのも書店を楽しむ方法の1つ。この機会に書店に足を運んでみてはいかがでしょうか?

次の記事

「丸善御茶ノ水店から贈る、心温まるオススメの小説5選!」

前の記事

「ジュンク堂千日前店が押しているライトノベル!」

    
コメント