今、ジュンク堂千日前店が押しているライトノベルをピックアップ!

「ジュンク堂 × ビーカイブ」企画、今回は大阪のジュンク堂千日前店とのコラボレーションです。大阪の難波にあるジュンク堂千日駅前店のポップはどれも手が込んでいてカラフル。本を手に取りたくなるようなポップばかりです。今回はその中から、今話題のライトノベルをピックアップ!ソフトカバー、ハードカバー問わず5冊紹介します。

1. 「黒揚羽の夏」

<ジュヴナイル × 幻想ホラー × ミステリー> 両親の離婚協議の間、田舎へ預けられることになった3人の兄妹。行方不明だった女の子の死体を発見したことから、強気な地元の終いと共にその真相を調べることに...。すると、60年前にも同じような事件があったことがわかり...。 「黒揚羽の夏」のポップを見る!

2. 「サクラコアトミカ」

<ボーイ・ミーツ・ガール ファンタジー> 「サクラコの美しさが世界を滅ぼす」、その言葉通り、彼女の美しさによって超兵器は作られる。囚われ、兵器のエネルギーとして分解されるのを待つ美貌の姫君サクラコと、監視する'造られた最強'の少年ナギの物語。 「サクラコアトミカ」のポップを見る!

3. 「法石姫−クロイハナトナクシタナマエ−」

<胸を熱くするヒーローの物語は好きか?> 2010年5月にガンのためこの世を去った、ラノベ界で最も熱い作品を書く作家の一人、大迫純一。彼の最後の作品がこの「法石姫」。中身は大迫作品の真骨頂とも言えるド直球の変身ヒーローもの。ストーリーの熱さ、続きが読めない悲しさに泣ける! 「法石姫−クロイハナトナクシタナマエ−」のポップを見る!  

4. 「クズがみるみるそれなりになるカマタリさん式モテ入門」

<デデーン「アウトー」でバック・トゥ・ザ・昨日!?> 未来から来たという少女カマタリさんに脅かされ、主人公は日本を救う羽目に...。そのために、美人三姉妹の誰かと恋愛しろ!?しかもゲンドウを誤ったらデデーン「アウトー」でふりだしに...。クズがみるみるそれなりになる「カマタリさん式」モテ入門! 「クズがみるみるそれなりになるカマタリさん式モテ入門」のポップを見る!

5. 「のうりん」

<意外とリアルな描写は必見! > アクセルとブレーキ...かと思ったら、やっぱりアクセルの農業高校ラブコメディ!!...いや、アクセルとターボボタンかも...。方言幼馴染み、眼鏡美少年、謎の転校生などなど、トラブル満載ノベル! 「のうりん」のポップを見る! 今回は関西のジュンク堂から、今話題のライトノベルを紹介してきました。バラエティに富んだストーリーが魅力のライトノベル、内容の堅い本に疲れた時にいかがでしょうか。 次の記事「本屋大賞1位!「舟を編む(三浦しをん)」のポップ集」 前の記事「ジュンク堂新宿書店員が本当に売りたいと思っていた芸術書5冊」