ビジネス

ビジネスマンの為のビジネスに役立つ情報を紹介しています。会社経営に必要な知識、サラリーマンのためのキャリア設計や出世するためのポイント、ビジネスマナーや敬語のマナーなど使えるビジネススキル情報、部下を持った上司のためのマネジメントテクニック、キャズムやブルーオーシャン戦略などのマーケティング戦略、将来起業・独立をする人のためのお役立ち情報、お金持ちになるための考え方などビジネスで役立つ情報をたくさん紹介しています。

  • 大人の時間割を作ろう

    仕事をする上で、時間のコントロールが思うようにいかなかったことのある人は多いでしょう。なぜ、それができないのか。できるようにするにはどうすればいいのか。人々にとって深刻な悩みとなっていますが、実は簡単に解決できるのです。

  • 会社が進化するための本質とは

    会社を経営するにも、その本質を見極めなければなりません。その例として、私たちにとって最も身近で、直接的に関わり、しかも切実な事案について考えてみましょう。

  • 対談はどう喋っている?

    雑誌、特に文芸誌や論壇誌とよばれる雑誌の企画では対談がよく行われています。対談では、両者が初対面であったり、あるいは久しぶりの対面であったりと、旧知の間柄というよりは、ふだん会わない人同士が会って、何か新しい話題を探るといった趣のものが多くありますね。

  • 「お客様」の本質を見極める

    消費者の行動様式は時代に応じて大きく変化します。「消費は美徳」と呼ばれた昭和40年代には、新しい商品は作れば作るほど飛ぶように売れていきました。しかし、デフレという言葉が定着した平成以降、生半可な考えで新商品を出したところで消費者はそう簡単には踊りません。時代の変化を見逃さず、消費者の動きを的確に捉えるには、「お客様の本質」を見極めないといけません。

  • ジョブズの「持たざる経営」とは

    画期的なパーソナルコンピュータ、Macintoshや、携帯電話の概念を突き崩したiPhoneでエレクトロニクス業界に革命をもたらしたAppleの創業者・スティーブ・ジョブズも、小さな会社を世界一に育て上げた人物です。ジョブズがやってのけた「持たざる経営」とは何か?改めて見ていきたいと思います。

  • 仕事には密度が大事

    ビジネスパーソンにとって、労働時間とパフォーマンスは比例しないものです。むしろ、長時間の労働が効率の低下をまねくことは誰もが承知でしょう。徹夜で仕事などと張り切っていても実際はダラダラしているだけ、というようなこともあります。

  • 「世界のトヨタ」創業者の冒険

    日本最大の企業にして世界の自動車業界に君臨する、トヨタ自動車を知らない人はいないでしょう。でも、その始まりは、今の規模からは想像がつかないほど苦難の連続でした。まだ世間が自動車の素晴らしさを認識すらしていなかったなかで、大冒険に打って出た創業者・豊田喜一郎はどのように会社を軌道に載せたのでしょうか。

  • 「普通の人たちの力」で世界一に

    一代で世界最大の小売業、ウォルマート・ストアーズを築き上げた、サム・ウォルトン。彼のユニークさは、「どこにでもいるような普通の人たちの力」だけで、誰にもできなかったことを成し遂げた点にあります。「今はまだ小さな会社」の経営者のみなさんにとって、ぜひお手本としたいその方法とは何か。大変気になることでしょう。

  • 公務員試験なぜ無料?

    公務員試験の受験料は無料です。応募条件を満たしていれば、誰でも出願可能です。さらに成績が開示されるとあって、無料の模擬試験のような感覚で公務員試験を受ける人たちもいます。その分、試験を行う側は、会場を用意する必要などがあり、負担がかかります。にも関わらず、公務員試験はなぜ無料なのでしょうか。

  • 人間の本性が歴史を作る

    歴史とは、人間の本性が織りなした結果と言っていいかもしれません。人間の本質とは、何百年経てもそう大きく変わるものではありません。だからこそ、歴史に学ぶ価値があるのではないでしょうか。

  • 限られた経営資源をフル回転させる

    「まだ小さな会社」が持つ経営資源は決して多くありません。でも、これらを最大限効率よく回転させることで、大企業にも匹敵する力を発揮する可能性は十分あります。そのことは、日本の歴史から学ぶことができます。

  • 活版印刷とは何か?

    毎号、遊べる楽しいふろくが付いてくることで知られる学研の『大人の科学マガジン』シリーズにおける『小さな活版印刷機』が話題となっています。しかし、活版印刷といっても今の若い人にはなじみがないものではないでしょうか。

  • 「常識」が会社の進化を邪魔する

    インターネットもなかった昭和の時代とは違い、状況は凄まじい勢いで変化を続けています。1年前まで常識だったことがもう通用しなかったり、センスが古いとされることも珍しくありません。ずっと続けていたからと言って、一つの習慣にとらわればかりいると、進化の足を引っ張ることになりかねません。

  • 道に迷った者だけが本当の近道を見つける

    偉大な業績を築いたリーダーたちが歩んだ道は、決して平坦ではありませんでした。どちらかと言えば、道に迷い、悩み苦しみ、回り道を繰り返しながら、それでも決して諦めることをせず、成功への道を見出したケースがほとんどです。言い換えれば、諦めの悪さこそが成功の条件と言えるかもしれません。

  • ミスをしない人の脳は?

    仕事においてミスはつきものです。大概の場合は、その場でカバーが可能なものですが、中には取り返しのつかないようなミスもあり、それは時として大問題となってしまいます。そんなミスはなぜ生じてしまうのでしょうか。

  • 時間がすべての経営資源を支配する

    どんなに身分の高い人も、様々な分野で成功している人も、そしてまだ成功を得る前の私たちも、1日に流れている時間は同じ24時間です。この平等に与えられた枠をいかに有効に使うか。逆に言えばいかにムダを生まないかが自分を進化させるカギと言えるでしょう。

  • ひらめきを起こすには?

    あらゆる場面において、ひらめきは重要だといわれています。これまでと同じようなことやものをだらだらと続けるよりも確実なひらめきひとつで人生が劇的に変わることもあるでしょう。

  • アルゴリズム思考術に学ぶ

    思考術の本はさまざまなものが出ていますが、すぐにでも応用できるものが少ないのが実際のところです。それは精神論に比重を置いて書かれていたり、あるいは高度な内容であるとかそういったものです。

  • 漫画雑誌は赤字?

    出版不況といわれて久しいですが、それ以前から雑誌、特に漫画雑誌は赤字だといわれてきました。にも関わらず、なぜ現在のビジネスモデルが維持できているのかというと、連載作品をコミックス化しその売り上げによって維持しています。いわば漫画雑誌は、人気コミックス作品を並べたカタログのようなものといえばいいでしょう。

  • 放送作家は楽しい?

    放送作家というとどういったイメージがあるでしょうか。テレビ番組の企画を考える人、あるいは台本を書く人。ラジオを聞く人ならおわかりの通り、ひとりで喋るパーソナリティーの向こう側で笑い声をあげる人といったそれぞれのイメージがあるでしょう。ですが、そんな放送作家の実態はなかなかわからないものです。

1 / 94 1 2 3 4 5 最後 »