ビジネス

ビジネスマンの為のビジネスに役立つ情報を紹介しています。会社経営に必要な知識、サラリーマンのためのキャリア設計や出世するためのポイント、ビジネスマナーや敬語のマナーなど使えるビジネススキル情報、部下を持った上司のためのマネジメントテクニック、キャズムやブルーオーシャン戦略などのマーケティング戦略、将来起業・独立をする人のためのお役立ち情報、お金持ちになるための考え方などビジネスで役立つ情報をたくさん紹介しています。

  • 社長のメモ術に学ぶ

    誰かの成功体験に学ぶことは決して無駄ではありません。それが一冊の本となっているならば、なおさらでしょう。

  • 時間術と勉強効率の関係

    時間を作るのは大変だといわれています。それは確かにそうでしょう。特に就職をして仕事を持ってからとなると、仕事以外の時間を確保するのは非常に困難です。それでもスキルアップや年収アップを目指す場合には勉強が必要となりますよね。

  • 三色ボールペンを活用せよ

    情報の整理にはさまざまな方法が用いられています。本を読んでいて大事なところにマーカーでラインを引く人も多いでしょう。しかし、これでは本を読むときにチカチカとして目が痛いといったこともあります。そんな時に役立つのが三色ボールペンです。

  • 裁量労働制は危険?

    働き方改革の一環として、裁量労働制の拡大が行われようとしています。これを、定額働かせ放題につながるのではないかと警鐘を鳴らす本が今野晴貴と野崎量による『裁量労働制はなぜ危険か:「働き方改革」の闇』(岩波書店)です。

  • フリーランスの壁は40歳?

    自由業としてフリーランスの形で仕事を続けてゆきたい。そうした思いを持つ人はいるでしょう。収入は不安定でありながらも、完全に実力主義の世界であるので、評価されればその分収入にもつながっていきます。しかし、それはフリーランスのひとつの理想論としてはありますが、実際のところはどうでしょうか。

  • ビジネスを集合知に学ぶ

    ビジネスのやり方は百人いれば百通りのスタイルがあるといいます。それは確かにそうでしょう。ただし、その中においてもある程度のセオリーは存在します。ピンチになった時、どういった行動を取るのが一番ベストな選択肢なのか。そういった疑問に答えてくれる本がマイナビ学生の窓口フレッシャーズ監修による『万人に聞く! 仕事・職場の「みんなはどうしてる?」大会議』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)です。

  • ビジネスの着こなしの基本をマスターする

    ビジネスシーンにおいて必要なスキルはたくさんありますが、その中で慣れが求められるものとして着こなしがあるでしょう。春先に研修をはじめたばかりの新入社員が、スーツを着こなせていないように見えるのはなぜでしょうか。まだ着慣れていないからです。そのうち慣れていくと、着こなしは自然とできるようになるものです。

  • バイト体験を笑い飛ばす

    ほとんどの人は、アルバイトをした経験があるでしょう。そのアルバイトはどのようなものだったでしょうか。中には若気の至りで許されるわけではありませんが、不義理をはたらいて辞めてしまった人もいるかもしれません。そんな経験がある人でも、ある程度年齢を重ねた今ならば誰かに迷惑をかけたとわかりますが、当時は自分のことしか考えていなかったでしょう。

  • ノートで頭脳を整理する

    頭の良し悪しは、持って生まれたものなのでしょうか。頭の良さを図る上で必要なものは、情報をどのように受け取り、整理しているかといった点があげられるでしょう。

  • 貧乏けずりはなぜダメ?

    エンピツを両側から削って使うことを「貧乏けずり」と言います。地域によっては「泥棒けずり」とも言うようです。いずれにせよ、あまり良いこととはされていません。しかし、エンピツを最後まで使い切るために両側から削ることはあってもよさそうです。さらに、エンピツの芯が折れてしまった時、削るよりもくるっと回して反対を使う方が効率が良いようにも思えます。

  • 伝わる文章を書くには?

    日本語にはあまいな表現が多くあります。それは相手にそれとなく意思を伝える手段でもありますが、イエスかノーかをはっきりとしない姿勢はビジネスシーンにおいて、時にトラブルとなることもあります。それはもとをたどれば、文章でしっかりと案件を伝えていないといったことにもなるのです。

  • 中学地理の知識をとらえなおす

    ビジネスシーンにおいて教養、知識は重要な要素といえます。ふとした時に教養のなさを露呈してしまうことがあっては、場合によっては相手に失礼になってしまうでしょう。この教養は、難しい知識を持っているから良いというわけではありません。実のところ、義務教育の範囲内の知識で十分だということもあるのです。

  • 大人の語彙力とは?

    会話をしている中で語彙力が試されることがあります。無理をして難しい言葉を使うのは、少し中二病的なイメージがありますが、反対に、ふとした時に幼い言葉使いがでてしまうのは問題だといえるでしょう。

  • 自分の強みを紙一枚で見つける

    自分の強みは何かと訊かれたときに、即答できる人は少ないでしょう。何かしらのウィークポイントはあったとしても、強みを大きくアピールできる人は少ないのではないでしょうか。就職活動などで自己アピールを求められることは多いですが、それは面接のため無理やり導き出した答えであることも少なくありません。

  • 犬食いなぜダメ?

    食事のマナーにおいて、犬食いはよくないこととされています。犬食いとは、食事の際に屈んで体をお皿に持っていくように食べる姿勢です。日本人の食事のマナーとしてはタブーだといわれていますが、どうしていけないのでしょうか。

  • ビジネスのプラットフォームを知る

    今、ビジネスの舞台は大きな変化を遂げています。数年前に当たり前だったビジネスモデルが、現在の進化したビジネスの現場では通用しないといったことも多くあります。

  • ドラッカーの時間管理術に学ぶ

    時間術に関する本は多くのものが存在します。自分自身をしっかりと管理するためのものから、あるいはノートなどのツールを用いるものまでさまざまな時間術の本が出ています。その背景にあるものは、それだけ時間術が奥深いものであり、時間をうまく使うことができない人が多いことを表しているでしょう。

  • スピード文章術の心得は?

    仕事において、文章を書く機会は多いといえるでしょう。企画書などはその一例といえるかもしれません。そんな文章を書く作業に時間をかけすぎてはいないでしょうか。あるいはあまりにも時間がなさすぎて、ついほかの文章を使い回してしまうといったこともあるでしょう。しかし、そうした悩みはそもそも文章を素早く書くことができれば解決できるのです。

  • 動画化するビジネスモデル

    YouTuberが、ひとつの職業として認知されて久しいでしょう。小学生のなりたい職業ランキングにYouTuberが登場し、世間に衝撃を与えたのも記憶として新しいです。しかしながら、b芸能人などがブームに乗っかってYouTuberを始めてみたものの、動画の再生収入がごくわずかなものでしかないといったトホホな実態話も見られます。

  • 属さない勇気を持とう

    どこかへ所属するというのは、人にとって安心材料です。これは学校や会社といった社会的な組織であっても良いですし、家族や友人などの共同体のほか、地域の趣味のサークルやコミュニティなども含まれます。多くの人がどこかに所属する一方で、どこにも所属のない人が珍しがられるのは、日本という国の特徴だといえるでしょう。

1 / 99 1 2 3 4 5 最後 »