ビジネス

ビジネスマンの為のビジネスに役立つ情報を紹介しています。会社経営に必要な知識、サラリーマンのためのキャリア設計や出世するためのポイント、ビジネスマナーや敬語のマナーなど使えるビジネススキル情報、部下を持った上司のためのマネジメントテクニック、キャズムやブルーオーシャン戦略などのマーケティング戦略、将来起業・独立をする人のためのお役立ち情報、お金持ちになるための考え方などビジネスで役立つ情報をたくさん紹介しています。

  • 『金持ち父さん 貧乏父さん』を読んでもお金持ちにはなれない!?

    日本で300万部、全世界で2800万部の大ベストセラー『金持ち父さん、貧乏父さん』ロバート・キヨサキ著(筑摩書房刊)を、読んだことがありますか?発売から10年、名著といわれるこの本ですが、現実に私たちがお金持ちになることができるのでしょうか。

  • ホンダとサムスンメソッド、どう違う?

    サムスンは世界的に名の知られた韓国企業でしょう。韓国の大学生にとってサムスンは人気企業です。倍率も高く、サムスンに入るための予備校まであるほどです。

  • 出版就職の実用本

    出版業界は昔も今も人気産業のひとつです。なにより本が好きで、本に関わる仕事がしたい、そうした人は一定数いるでしょう。一方で出版社は採用人数が少なく、狭き門となっています。

  • 「R25」とはなんだったのか?

    リクルートが提供するサービス「R25」が2017年3月末をもって終了しました。20代後半から、30代始め、社会人となり5年目のころ、そろそろ新人とも言われないような世代へ向けたサービスであり、2004年から2015年にかけては週刊(のちに隔週刊)のフリーペーパーを発行していたことも話題となりました。「R25」とは何だったのかあらためて考えてみましょう。

  • 「ある程度儲かったら法人化」も大間違い!

    フリーランスが増えている昨今。 個人事業主が会社を作って法人化する「法人成り」は、したほうがトクなのでしょうか、ソンなのでしょうか?多くの個人事業主の疑問や不安に、「天使の節税術」が名答します。

  • 稼げるようになるための4段階

    もしも、あなたがこれまでいろいろやってきたにもかかわらず、稼げていない現実があるとしたら、やり方が間違っていた可能性が高いといえます。稼げるようになるための4つの段階をセルフチェックしてみましょう。

  • ラーメン二郎と経営学

    ラーメン二郎は、ドカ盛かつ、濃厚な背脂を堪能できるラーメン店として人気があります。本店は、三田の慶應義塾大学そばにあります。常に行列が絶えない店として知られています。

  • 質問力の重要さ

    「何か質問はありますか」こうした問いかけは契約をする時、あるいは就職などの面接を受ける時に、必ずといっていいほどされるものです。そこで「特にありません」と答えてしまうのが良いのか、あるいは何か良い一言を言うのが良いのか、答えは当然後者になるでしょう。それでも、どうでもいい質問はかえってマイナスの評価を受けかねません。そうして見ると質問力は重要なスキルだとわかるでしょう。

  • Q思考とは何か?

    仕事や勉強をする上で、シンプルな思考は求められる能力です。あれもこれもとゴテゴテと思考をめぐらせていると、堂々めぐりになってしまいます。

  • お買い得な国家資格、いりませんか?

    大切な知財を守り、活かして、お金を生みだしてくれる知財コミュニケーション力。ビジネス界で大注目されている知財コミュニケーターへの道をご紹介します。

  • 自分の価値は自分では絶対にわからない

    すばらしい自己実現の手段、出版。でも、いったい何を書いたらいいのでしょう。自分に本を書く価値があるとは思えない……その考え、本当に正しいですか? 伝わる力の威力がわかる出版事例をご紹介します。

  • 放送作家はアイデア勝負

    放送作家はテレビやラジオの企画を考えたり、台本を書く仕事です。放送作家の仕事はアイデア勝負といわれています。さらに100本企画を出して1本採用されるかどうかといった厳しい世界です。常にアイデアのアウトプットが求められる世界だといえるでしょう。

  • ブラック企業は多すぎる?

    フリーライターの小林拓矢による著書「早大を出た僕が入った3つの企業は、すべてブラックでした」(講談社)は著者が経験した3つのブラック企業の実体験が記されています。

  • 賞罰は何を書く?

    履歴書やエントリーシートなどに賞罰を書く欄があります。ここには何を書けば良いのでしょうか?

  • せどりは儲かる?

    せどりという仕事があります。もともと古本業界の用語で、プレミアがついているが安い古本を探し、それを他の業者に転売することで利ざやを稼ぐ方法です。かつてはせどりのために全国を行脚する人間もいたといわれていますが、現在はネット空間でも行われています。さらに書籍だけでなく、ほかの商品も安く仕入れて高く売る転売一般の行為について、せどりと呼ばれています。

  • 目からウロコの節税裏ワザ

    複雑でわかりにくい社会保険料と税金の計算法。 だからこそ、専門家だけが知る節税の裏ワザがありました。 目からウロコのフィナンシャルテクニックを惜しげなく公開します。 全国の社長さんに耳より情報です!

  • お金の稼ぎ方は学校では教えてくれない

    どんな職業でも、稼いでいる人はいるのです。だから、「この職業だから稼げない」ということはありません。仕事技術と稼ぎ方は別物です。学校では教えてくれないお金の稼ぎ方を、正しく学んでみませんか?

  • 既卒フリーターは不利なのか?

    日本の就職市場は、新卒一発勝負が重要だといわれています。そこで就職に失敗すれば、挽回するのは難しいといわれています。働き方の多様化は進んでいるとはいえ、そうした傾向はいまだあるといえるでしょう。

  • 好きなことを続けるために

    本好きにとって憧れの仕事といえば、古本屋でしょう。本に囲まれつつ、さらに本好きな客たちとふれあいながら、ゆったりと過ごしてゆく。決して儲かる仕事ではないだろうけれども、自分が暮らせる分には問題ない。そうした古本屋の世界に憧れを抱いている人は森岡督行「荒野の古本屋」(晶文社)をおすすめします。

  • ビジネス書のガイド本

    ビジネス書は、人気のジャンルです。日々、膨大な量が出版されています。これだけの多量のビジネス書を見ると、どれから読めば良いのか迷ってしまうかもしれません。そんなビジネス書のガイド本といえる本が、大杉潤「入社3年目までの仕事の悩みに、ビジネス書10000冊から答えを見つけました」(キノブックス)です。

1 / 80 1 2 3 4 5 最後 »