ビジネス

  • 現金その場限りとは?

    お金のやりとりをするのに、今ではオンラインによる決済なども増えてきているといえるでしょう。そのため100万円のお金を扱うのに、本当にお金を見るといったことがないのも確かでしょう。

  • 人生が変わる時間術とは?

    時間というのは大切なものです。なによりも有限なものでもありますから、その時間をどのように使うかによって、その後の人生の生き方や、あるいは自分がどれだけ幸福になれるのかといったことも変わっていくのだといえるでしょう。そこにおいては時間を制するものだけが、ほかのすべての人生のトピックを制することもできるのだといった当たり前の教訓めいたものを得ることができるということもあるかもしれません。

  • 本は文化であり、どう守るのか

    本というのは過去の叡智が記された貴重なものです。そこにおいては、文化が生起するための条件があるともいえるでしょう。本をそなえた図書館は民主主義のインフラであるという考え方もありますね。その本を破壊する人は文化の破壊ともなりうるのです。これは大げさなことではありません。それだけ知識や情報というのは大切なものであり、それを守り抜くことは大変な努力がいるものなのです。

  • 本はどのように売られているか?

    本や雑誌をどこで買っているでしょうか。最近ではインターネット上にある通信販売サイトで、という人も多いのではないでしょうか。しかしながら、かつては本は書店で買うものでした。

  • 直感と論理をつなぐ思考とは?

    思いつきというのは、悪いことのように思われがちです。特にビジネスシーンにおいては、最終的に責任をおわなければいけないものですから、ただ思いつきを垂れ流しているだけではダメだと思われがちですね。

  • 自己肯定感の教科書とは?

    よりよく生きるにあたっては、さまざまな要素が複合的に絡んでいるものではありますが、なによりも必要なものは自己肯定感ではないでしょうか。この自己肯定感がなければ、最後の最後に自分はもうダメだと思ってしまうこともないでしょう。

  • 放送作家見習いが減っている?

    放送作家になるためには、学歴や資格はいりません。まずは業界にもぐりこんで見習い期間を経て、そこから企画だしの手伝いなどを行って作家として独り立ちしてゆくといったパターンがこれまではありました。しかし、この放送作家見習いというポジションや、志望者は減りつつあるようです。

  • 考えるということとは何か?

    よく考えてものを言え、とはよくいわれる言葉ではありますね。そこにおいては、やはり案が得るということがいかに重要であるかはわかるでしょう。しかし、そもそも考えるとはどういったことなのでしょうか。考えていると、考えていないの境目にはどういったものがあるのでしょうか。

  • 人生がうまくいく思考術とは?

    人生というのは山あり谷ありとはよくいわれたものですが、実際のところはむしろ谷しかないのではないかと疑問に思う人もいるかもしれません。そのような感慨を抱かざるを得ないほど、なかなかうまくはいかないもんだなと思いて、一人ごちるといったひともいるのではないでしょうか。

  • 人生を変えるノート術とは?

    現在はデジタルガジェットが多く普及しています。しかしながら、そこにおいて大切なものとされるのが手書きの力ではないでしょうか。それをどのように活用していくかによって、人生を変えるといった体験になることもあるのです。

  • ダメなのび太が描く未来

    「ドラえもん」のストーリーのほとんどは、“ダメなのび太”が軸になって展開していています。しょっちゅうジャイアンたちにいじめられ、怠け者グセもあり勉強もできないのび太くんは、ドラえもんが出してくれるひみつ道具の力を借りて問題を解決します。しかし、そのあとは調子に乗って道具を壊してしまったり悪用してしまったり、のび太くん自身に不利益がかぶってくるというオチで話が終わります。このワンパターンというべき展開には、私たちに向けた大事な課題が隠されていることにお気づきでしょうか?

  • 1日3時間だけ働く方法

    働く時間というのはどのように意識されるでしょうか。やはり労働基準法といった法律に基づいて一日8時間から9時間といった印象があるかもしれません。そこから往復の通勤時間や準備時間、それに睡眠時間を加えるとするならば仕事が1日のうち3分の1、その他が3分の1、睡眠が3分の1といった、といったところになるのではないでしょうか。しかしながら、そこにおいては労働時間を短くすればより充実した生活を送れるのではないかといったひとつのシュミレーションがうかびあがります。

  • テクノロジーに善悪論は無意味

    テクノロジーの進化の歴史は、ポジティブな側面ばかりではありませんでした。しかし、悪名高きアドルフ・ヒトラーは、独裁を敷く一方で国民車フォルクスワーゲンを作らせ、それがドイツの自動車産業発展のきっかけになったのは知られるところです。きっかけは何であれ、生み出されたテクノロジーを人々のために有益に使うか否かは人類自らの意思にかかっている。それは現代でも未来でも変わらないでしょう。

  • 対話のデザインとは?

    対話というのは、ビジネスシーンばかりではなく、プライベートなどにおいても大切なものとされています。ちょっとした誤解なども対話によって解けていくといったこともあるでしょう。

  • ドラえもんに学ぶAI活用術

    AIの著しい進化で、人間の仕事が奪われるのではないかと恐れる声は少なくありません。しかし、AIによって人間が悩んだり、余計なことを考えたりしなくなれば、心身とも健康になり、日々の生活は今よりずっと豊かになるでしょう。その先には、恐れを凌駕する世界が待っているかもしれません。

  • 問い続ける力とは?

    自分で考えなさい、というのはよくいわれる言葉ですね。自分で考えるということは思考をクリアにすることでもあり、さらに思考力を鍛えるということにもなります。ひいては自分自身の成長をうながすというのが、そのいわれではあるでしょう。

  • 作家も漫画家もAIで変わる

    AIを始めテクノロジーの進化により、これまで当たり前だった仕事の多くが今後数十年の間に消えていくだろうという予測がさかんに言われています。既に、昭和にはどこでも見かけた切符を切る駅員の姿は、タッチ&ゴーで通過する自動改札に取って代わりました。このような単純作業の分野は次々と機械化が進んでいますが、その波は人間でないと不可能と思われてたクリエイティブな分野にも及ぼうとしています。

  • 妄想レッスンの強みとは?

    現実へ向き合うというのは、なかなかつらいものがあります。そうしたときには、あえて知らないということもひとつの選択肢としてあるのではないでしょうか。もちろん仕事上、知っておくべき情報といったものがありますが、それ意外はジャンクなものではないのでしょうか。知らなくてもよいことを知りすぎていることによってメンタルを病んでしまうといったことも場合によってはありそうです。

  • 時をかける技術も実現間近?

    もうこの世にいない人にもう一度会えたらーー。一昔前ならかなわぬ願いと思われていたことが、技術の進化によって体験できるまでになっていることをご存知でしょうか。まさに夢の実現と思える一方で、「そんなことをして大丈夫なの?」と不安を感じる声も聞かれる“デジタルヒューマン技術”ですが、そこには多くの可能性が秘められています。

  • 習慣を考える

    習慣というものはどういったとらえかたがなされているでしょうか。いつも同じことの繰り返しはつまらないから、たまには刺激的なことを求めるべきといった風に、マンネリであり平凡でありつまらないものとされてはいないでしょうか。しかしながら、この習慣というのは、人間の生活に根付いているものであり、それ自身を形つくるものであることはあまり知られていません。

1 / 113 1 2 3 4 5 最後 »