ビジネス

ビジネスマンの為のビジネスに役立つ情報を紹介しています。会社経営に必要な知識、サラリーマンのためのキャリア設計や出世するためのポイント、ビジネスマナーや敬語のマナーなど使えるビジネススキル情報、部下を持った上司のためのマネジメントテクニック、キャズムやブルーオーシャン戦略などのマーケティング戦略、将来起業・独立をする人のためのお役立ち情報、お金持ちになるための考え方などビジネスで役立つ情報をたくさん紹介しています。

  • 会社員はムダが多い?

    忙しいという言葉を口にしている人は多いでしょう。ですが、その忙しさの内容とはどういうものでしょうか? 本当に忙しいのでしょうか? そんな素朴な疑問を解き明かしたものがホリエモンこと堀江貴文による新書『99%の会社はいらない』(ベスト新書)です。

  • 「法人税が高い」は、かつての思いこみ!?

    「会社の利益を自分の給料にすれば、利益ゼロになる」という法人税対策。 それは本当なのでしょうか? 安直に利益を動かす前に、知っておきたい大切な事実。 600万円の利益を例にして、わかりやすくご紹介します。

  • 日本人の働き方はヤバい?

    日本人は勤勉だといわれます。朝きっちりと起きて満員電車に揺られて会社へ向かい、残業をこなし終電近くで帰宅して翌朝も出勤してゆく。さらに会社の人間との酒やレジャーを通じたコミュニケーションも欠かさない。しかし、そこで本音は決して言わない。そうした働き方は、ごく当たり前のこととして受け入れられていますが、外国から見れば異常に映ることもあります。

  • アイデアの「絶対領域」で勝利をつかめ!

    アイデアを守るだけでなく、攻めに転じるための一手があります。それは、いちばん魅力的な部分だけを見せることで、あなたのアイデアの価値が最大限に高まる戦略です。

  • ビジネスにも使えるKJ法とは?

    何か面白いアイデアや、奇抜な発想を形にしたいと思う人は多くします。しかしながら、ほとんどが、どこかで見たようなアイデア、無難なプランに落ち着きがちです。創造的な思考をめぐらせるためには、新しい方法論を用いる必要があります。その一つとしてKJ法があります。

  • 事業承継を成功させるポイントは早期の検討

    日本の中小企業は、施設だけでなく、人材においても交替の時期を迎えており、事業承継が大きなテーマとなっています。有形資産に加え無形資産も存続させていくためには、早期から承継を検討していくことが重要です。

  • 年収に見る中央値と平均値

    日本人の平均年収は年々右肩下がりだといわれています。これは社会構造の変化によるものです。国税庁の統計によれば、日本人の平均年収は、性別、職種、年代に関係なく調べると、およそ414万円といわれています(2015年9月発表)。これは少ないと感じるでしょうか。それとも多いと感じるでしょうか?

  • 批評をビジネスに応用する

    文章は誰にでも書けるものです。ただ、人に伝わる文章を書くのは難しいといえるでしょう。文章をもとにした誤解は日々生じているといえます。

  • 社長の給料は安易に上げてはいけない!

    ある社長さんからの相談その1です。 「大型受注に成功し、来期600万円くらい利益が出そうです。 税金を払いたくないので、自分の給料を50万円上げて100万円にしようと思うのですが……」 これは正解? 間違い?

  • 先延ばしはソンをする?

    迅速な行動は大切だといわれます。しかし、めんどうくささから、つい後回しにしてしまいがちです。

  • 文学部は就職できない?

    大学の学部別の就職事情において、文学部は就職できないといわれています。果たして本当にそうなのでしょうか?

  • 脳の容量は使われていない?

    火事場の馬鹿力、という言葉があります。これは火事など緊急事態には、これまでに出なかったような力を発揮することを指します。火事場の馬鹿力は科学的に解明されつつあり、緊急時に脳のリミッターが外れることで力が出るようです。人間の脳や筋肉は普段は100%使われていないとはよく言われたフレーズです。

  • アイデアは「見せない、出さない、話さない」

    多くの人と共有したくなるあなたのアイデア。でも、お金を儲ける知財となると、話は別です。だれかに盗み取られてビジネスチャンスを失うのは避けたいもの。そうならないために、まずは「口にチャック」です。

  • 好きを仕事には幻想か?

    好きなことを仕事にしたい、これは誰もが思い描く理想でしょう。けれども、そうした仕事に就ける人は限られています。さらに好きなことであっても、仕事には辛く厳しい側面もあります。

  • 事業承継は無形資産まで引き継いではじめて完了する

    事業承継では有形資産にばかり目が向きがちですが、経営の流れを悪化させないためにも、知的財産や目に見えにくい経営資源までしっかりと後継者に引き継いでいくことが大切です。

  • 「掛売り決済」にまだ頭を悩ませていませんか?

    インターネットの発展はビジネススタイルを大きく変えました。 企業間電子取引(BtoB)前提だけでなく、 一般消費者向けECからBtoBに事業拡大する成功例も、 どんどん増えてきているようです。 そんな中、あちこちで聞かれるようになったのが、 掛売り決済に付随する業務負担増加の悩みです。 ITのベンチャー企業やBtoB向けのビジネスの場合、 一般的に掛売り決済のニーズが高く、どうしてもその部分に煩わしさを感じているようです。

  • 自分を高める「いい背伸び」をしてみよう

    本当にすごい人は、わざわざ背伸びをして自分を大きく見せたりはしません。しかし「残念な背伸び」ではなく、自分にとって必要な「いい背伸び」をすれば、まわりの自分を見る目も、きっと変わってくるはずです。

  • ちょっと待って! その節税対策、本当に正しいですか!?

    経営者、個人事業主、サラリーマン、主婦……。 みんな知りたい税金や社会保険料の負担減。 他の税理士さんも知らない「天使の節税術」が待望の書籍化!  知るだけで大きくトクするマネーテクニックの一部を公開します。

  • 問題解決に二億円VS200万円、どっちを選ぶ?

    お金と時間を使って「特許出願」という手段を選ぶ前に…もう一度見直してみたい本来の目的。目からウロコのわかりやすい教訓をご紹介します。

  • サービスでも数値化して達成度をはかることができる

    目標に向けてどこまで進んでいるか、あるいは達成したかどうかを客観的に理解するには、数値化が不可欠です。数値化は、サービスのように数値化が難しいものでも行うことができます。その方法を紹介しましょう。

1 / 78 1 2 3 4 5 最後 »