ビジネス

ビジネスマンの為のビジネスに役立つ情報を紹介しています。会社経営に必要な知識、サラリーマンのためのキャリア設計や出世するためのポイント、ビジネスマナーや敬語のマナーなど使えるビジネススキル情報、部下を持った上司のためのマネジメントテクニック、キャズムやブルーオーシャン戦略などのマーケティング戦略、将来起業・独立をする人のためのお役立ち情報、お金持ちになるための考え方などビジネスで役立つ情報をたくさん紹介しています。

  • 「愛」は相手のため、「不安」は自分のため

    不安の中でも、自己実現のため、つまり理想に向かうにあたって生まれる不安はOKです。でも、自分のがんばりが認められないかもしれない、などの自己防衛のための不安はNGです。相手を思って「叱る」ことは「愛」ですが、自分の感情で「怒る」ことは「不安」が原因なのです。「愛」なのか「不安」なのか、自分によく問いかけてみましょう。

  • 日本のアイデアは、全世界にさらされている

    知財を守るつもりの「特許出願」が、逆にアイデアを盗まれる原因になっていると知っていましたか? ぜひ知っておきたい「特許」の意外な事実をご紹介します。

  • 理念、習慣、資格から会社の透明資産を発見する方法

    これまで見落としていた特技や特色のなかに、会社の「透明資産」が眠っているかもしれません。それを拾い上げて強みに加えることで、経営戦略をより強固にすることができます。その見つけ方を紹介していきましょう。

  • 自分のアピールしたいことを、客観的な数字で表してみよう

    自分がどれだけがんばったのか、具体的な数字で表現してみましょう。そのうえで、これだけは誰にも負けないという、自分だけの得意なことを探して、10段階の10を目指しましょう。いつまでも受け身の姿勢では、永久に認めてもらえないかもしれません。自信をもって、胸を張って「10です」といえる分野を決めて、自分を高めましょう。

  • 伊右衛門 VS コカ・コーラの「秘密」

    お金を生んでくれるアイデア・知財は、あらゆるビジネスの核となる重要機密です。あなたのよく知る有名なあの商品、身の回りにも、それぞれの「戦略」が込められています。

  • 夢実現のため現実を見る本

    誰にも将来の夢があります。その夢に向かって努力をします。例えばお医者さんになるのが夢ならば、医学部を卒業して医師国家試験に合格しなければなりません。弁護士や、公認会計士といった資格職はもちろん、公務員も同様でしょう。夢の実現には何かしらのハードルがあるものなのです。

  • あなたの「透明資産」が見つかる3つの質問

    気づかなかった資産を発見し活用することで、経営を上向かせたり、起業したりした実例があります。「透明資産」はすべての方にとって有効な起爆剤です。では、どのようにすればこれを発見できるのでしょうか。

  • 足元から生き方を変える本?

    私たちの日常生活はほとんどが、平凡にすぎてゆくものです。朝起きて、会社や学校へ行き、帰宅後寄り道をすることもあれば、まっすぐ戻ることもあれば、そのまま眠るだけです。さらにほとんどの時間をネットに支配されているようなところもあります。そんな生き方を変えてみてはどうか、と問いかけるのが『新しい地図の見つけ方』(KADOKAWA)です。

  • 敵意には好意で返してみよう

    相手から嫌味を言われたり、批判されたりすることがありますね。そんなとき、言い返したり無視したりしても、相手の気持ちを抑えることはできません。その多くは嫉妬心や強い関心からきているので、相手の敵意には、好意で返してみましょう。自分の気持ちもぐっと軽くなるはずです。

  • 要チェック! あなたも関係する大事な財産・「知財」の基本

    なにげなく人に教えたり、ブログやSNSでシェアする機会の多い情報社会。でも、あなたのアイデア、もしかしたら大切な財産かもしれません。知財について正しく知ることは、「お金持ち」への第一歩です。

  • 国が後押しする「見えない資産」の有効活用

    経済産業省は、これまでスポットライトが当てられてこなかった小規模事業者を「日本経済を支える重要な存在」として捉え直しています。その政策の中心となるのが知的資産・知的資産経営です。

  • 相手の意見によく耳を傾け、共感するところからはじめよう

    自分の意見をアピールしたい場合、いきなりガンガンと自分の言いたいことを言うのではなく、まず相手の意見をしっかり聞き、それに共感するところから始めます。すると、相手は「自分の意見を聞いてくれるんだな」という気持ちになり、こんどはあなたの意見もよく聞いてくれるはずです。

  • なぜ中小企業では社長のキャラクターが大切なのか

    中小企業の経営においては、「会社にとって本当に必要なものはなにか」の判断を見誤らないことが重要です。経営において「なにを大切にするのか」が社長のキャラクターになり、判断のためのもの差しにもなります。

  • 孫引きはなぜよくない?

    孫引きと呼ばれる行為があります。ある文献の中で引用されていた内容を、そのまま自分の文章に引用する行為です。孫引きは良くないことと言われますが、それはなぜなのでしょうか?

  • 他人が原因で問題が発生したら、「もの」のせいにしてみよう

    誰かのミスによってよくないことが起きたとき、その人に責任を押し付けると、その人を傷つけたり関係を悪くしたりしてしまいます。そんなときは差し障りのないものに「やつあたり」をすると、フラットな状態にもどせるのです。

  • 予定稿とは何か?

    大事件などが起きた時に、新聞ではきっちりと取材がなされた紙面が出ることがあります。実質的な取材時間は1日足らずなのに、よくここまでできるものだと感心します。ですが、これはあらかじめ書かれている原稿である場合もあります。それは業界用語では予定稿と呼ばれます。

  • 編プロの種類って?

    書籍や雑誌の制作を行う会社として編集プロダクションがあります。一般的には略して編プロと呼ばれます。編プロは、会社によってその内容がさまざまに異なります。編プロへの就職を考える場合には、その会社のタイプを見極めることが必要です。

  • 経営合理化は「大切なものを活かす」発想がカギ

    中小企業が生き残っていくためには経営の合理化も必要ですが、むやみにスリム化ばかりを行っても窮屈になってしまいます。そこで必要になるのが、会社にとって本当に大切なものを活かすという考え方です。

  • 自分で自分をほめれば「がんばり」が続く

    自分で自分を肯定することは、「がんばり」のモチベーションを高め、維持するのに重要なことです。毎朝、「今日がんばること」を決めて、それが実行できたら、簡単なごほうびを自分にあげるのです。そして「いいね!」「できたね!」と言ってみましょう。

  • 社長の趣味がきっかけとなって事業展開に成功した会社

    あなた自身がまだ活用していない知的資産。それを発見して活用することで、現状は劇的に変わっていきます。 「透明資産」に気づいたことで、事業の新展開に成功した事例もあります。

1 / 76 1 2 3 4 5 最後 »