ビジネス

ビジネスマンの為のビジネスに役立つ情報を紹介しています。会社経営に必要な知識、サラリーマンのためのキャリア設計や出世するためのポイント、ビジネスマナーや敬語のマナーなど使えるビジネススキル情報、部下を持った上司のためのマネジメントテクニック、キャズムやブルーオーシャン戦略などのマーケティング戦略、将来起業・独立をする人のためのお役立ち情報、お金持ちになるための考え方などビジネスで役立つ情報をたくさん紹介しています。

  • キャッチコピーの極意とは?

    キャッチコピーが求められる場所は多いでしょう。それはビジネスシーンにおいてもそうですし、プライベートでも書類を書くことはあるでしょう。キャッチコピーは、短いフレーズでしっかりと、そのすべてを言い表す技術であると言えます。身につけておいて損はない技術でしょう。

  • 未来の稼ぎ方とは?

    これからのビジネスを考えるにおいて、どういったものが新しい稼ぎ方となっていくのかを見極めるのは重要です。もちろん、人と人が相対するフェイス・トゥ・フェイスのコミュニケーションが重要といった考え方もあるでしょう。

  • アイデアを使う手段を知る

    アイデアというのは常に湧いてくるものではありません。さらにせっかく良いアイデアを思いついたとしても、それをどういったタイミングで使うかによって、その良し悪しが大きく分かれてくることはあるでしょう。アイデアというのはしかるべき時に思いつき、さらにしかるべき時に使えるようにしなければいけません。

  • やること地獄を終わらせるには?

    仕事をしていて、あれもやらなければこれもやらなければといった思いに支配されてしまう人は多いのではないでしょうか。「やることが多すぎる」といった嘆きですね。これは同じことをしていれば良いというものではないので、なかなか難しい問題です。

  • 一般的PCスキルのレベルは?

    事務職などの応募案件において、一般的なPCスキルといったものが条件に課されていることがあります。一般的といってもどのくらいなのか、というのは気になるところでしょう。例えば英語の試験ならばTOEICのように具体的なスコアで示されているものがあります。もちろんパソコンに関しても検定の類はありますが、はっきりと数値化されていることはありません。

  • Q&Aでビジネスマナーを学ぶ

    ビジネスマナーというのは、すぐに身につくものではありません。さらに、必ずしも正解がひとつしかないというわけではありません。不正解なビジネスマナーであっても、時と場合によっては大丈夫といったこともあります。そのようなファジイな内容としてビジネスマナーはあるといえるでしょう。

  • ビジネスをフレームワークで考える

    ビジネスというのはあらゆる場面において応用的なテクニックを求められることが多くあります。常に臨機応変に、目の前のトピックに立ち向かい、どのように問題を解決していくのかといったそのプロセスこそが、自分の力を見せる場所だとも言えるでしょう。

  • シンプルな3分間マネジメント術とは

    本書は部下のコントールに関する本です。部下をどのように動かしてゆけばいいのか、指導してゆけばいいのか。そこにおいて役立つものとして短い時間でケアをしてゆくための方法について記されています。伊藤守による『ひとりでも部下のいる人のための世界一シンプルなマネジメント術 3分間コーチ』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)です。

  • キーワードのネタ帳

    企画というのは常に新しいことを考えるように求められます。しかしながら、そこにおいては単なる思いつきというわけにはいきません。やはり会社員としては、それを実現に向けて自分がまず動くということも求められると言えるでしょう。そこにおいては、企画力というのは、総合的な力が求められますね。

  • スマホメモ術とは?

    メモとは仕事において重要な要素を占めるツールです。メモをすることによって新たなアイデアの源泉が生まれてくることもあるでしょう。仕事の質をキープすることはもちろん、一歩高みに行くためにもメモを取るという行為は非常に重要なのです。

  • 30代で人生を逆転させる勉強法とは?

    30代というのは一般的にはどういった年代として記録されるでしょうか。会社員生活を続けていくならば、15年ほどが経っているわけですから、何かしらの責任ある役職を任されるといったこともあるでしょう。ここから大きく人生を変えていくことというのは、一般的には難しいとされていますね。

  • すごろくノート術とは?

    夢を叶えるにあたって、本やネットでさまざまなテクニックが紹介されています。すぐに実践できるというのが魅力的ですね。ですが、中には他の人にはまねできないものもあります。その点においては、原麻衣子による『最速で夢をかなえる! すごろくノート術』 (DO BOOKS)は実用的な本だと言えるでしょう。

  • ビジネスマナーを解剖する

    ビジネスマナーは社会のさまざまな場所に設定されています。それらは、理由はわからないけれど、なんとなく決まっているからこれからもやっていくという風に理解されてしまってはいないでしょうか。しかしながらビジネスマナーというのは、きちんと裏付けがあるものなのです。

  • 『噂の眞相』の裏側を知る

    雑誌『噂の眞相』の編集発行人を務めていた岡留安則さんが、2019年1月31日に71歳で亡くなりました。『噂の眞相』といえば、反社会権力やスキャンダルなどタブーなき雑誌として1979年から2004年まで発行されていた月刊誌です。

  • ゼロ秒思考を身につける

    よく考える、とは良いこととされています。しかしながら、あまりに時間をかけると、場合によっては決断力がないといったネガティブな評価となってしまう場合もあるでしょう。やはり時と場合によっては即断ができる力というものも場合によっては求められると言えますね。

  • 遅刻はなぜダメなのか?

    遅刻は社会生活を送る上で、いけないことだとされています。特に芸能界などにおいては「トチリ」と呼ばれており、絶対にしてはいけないこととされていますが、これはなぜなのでしょうか。

  • 電話対応スキルを身につける

    ビジネススキルにおいて、あらゆる場面で求められるものが電話力ですね。いまやメールの時代とはいえ、直接、声が聞こえるコミュニケーションとしての電話は大切なものです。

  • 田中角栄に学ぶ時間術

    時間術に関する本は多く出版されています。そのどれもが、具体的なメソッドを提示するものです。しかしながら、そうした時間術に関する本に関して拭えない印象としてあるのが、堅苦しさでしょう。マニュアルといったものがあるがゆえに、堅苦しさが抜けないのかもしれません。

  • 一般常識は何を意味する?

    就職活動などで一般常識と呼ばれる問題が出されることがあります。一口に一般常識と言われても、幅広い範囲を指すものでありますから、具体的に一体何を示すのかということを疑問に思うこともあるでしょう。

  • 「夢をかなえるゾウ」を読む

    「夢を叶える」は、どの時代も魅力的な言葉として響きます。このタイトルがつけられた本の古典的なベストセラーとも言えるものが水野敬也による『夢をかなえるゾウ』(飛鳥新社)です。

1 / 108 1 2 3 4 5 最後 »