ビジネス

ビジネスマンの為のビジネスに役立つ情報を紹介しています。会社経営に必要な知識、サラリーマンのためのキャリア設計や出世するためのポイント、ビジネスマナーや敬語のマナーなど使えるビジネススキル情報、部下を持った上司のためのマネジメントテクニック、キャズムやブルーオーシャン戦略などのマーケティング戦略、将来起業・独立をする人のためのお役立ち情報、お金持ちになるための考え方などビジネスで役立つ情報をたくさん紹介しています。

  • 自販機本とは何か?

    現在、雑誌は出版社が雑誌コードを取得し、それを印刷し、取次会社を通して配本されています。もちろん、自分たちで雑誌を作って書店に配本する方法や、ネット通販で売るとった方法もありますが、何万部もの雑誌を流通させるためには取次を通るのが一般的です。ですが、かつてはこれとは異なる流通経路がありました。それが自販機本です。

  • 介護の現場で何が起きている?

    介護産業は、日本が超高齢化社会をむかえるにあたって、ますます需要が高まる産業のひとつです。しかしながら、同時に慢性的な人材不足も指摘されているため、一筋縄ではいかない業界です。

  • 言語聴覚士はどんな仕事?

    将来、どんな仕事をするのかを考えるにあたり、人の役に立ちたい、社会との関わりを持ちたいと思う人は多いでしょう。もうひとつ、これからの社会においてどのような需要があるのか、需要は増えていくのかという点も仕事選びにおいては重要です。

  • 評論家、批評家の全体像を知る

    世の中には評論家や批評家と呼ばれる人がいます。文学作品をはじめ、音楽作品、映画作品などを題材に、世の中を論じるようなスタンスを取る人たちです。テレビに出ている人もいますが、ほとんどが本を出したり雑誌に寄稿しています。なかには大学教授の肩書を別に持っている人もいます。そんな評論家、批評家をカタログ的に紹介した本が永江朗による『批評の事情』『新・批評の事情』(ちくま文庫)です。

  • 校閲記者に文章を学ぶ

    仕事や学校などで、文章を書く機会は多いでしょう。しかし、なかなか思うような文章が書けない、もどかしい思いを抱えている人はいるでしょう。書こうとする意思はもちろんあるし、材料は十分にある、時間も余裕がある、それなのに文章が書けない理由はなんだろうか。そんな人におすすめなのが前田安正『マジ文章書けないんだけど:朝日新聞ベテラン校閲記者が教える一生モノの文章術』(大和書房)です。

  • 書評の深みを知る

    書評と呼ばれる行為があります。英語だとブックレビューとなるでしょうか。本の内容を紹介したり、感想を述べたりするものです。書評は文章を書く上で訓練となります。

  • 雑誌のリニューアルはネガティブ?

    雑誌を長く読んでいると、リニューアルがなされるときがあります。これまでとは違ったテイストの特集が組まれたり、新しい連載が始まったり、あるいは判型やデザインが変わることもあります。雑誌のリニューアルはどのようなタイミングで行われるのでしょうか。

  • 太宰治賞ってなんだ?

    文学の新人賞は各出版社が行っています。その中で、すこしマイナーな存在が太宰治賞です。筑摩書房が1964年に設立した文学賞ですが、途中中断を挟んで、1998年から再開された文学賞です。

  • 日本が嫌なら独立しよう?

    日本はもうこれ以上経済発展をすることはない。下流社会が進むことによって平等な日本は存在しない。そうしたいわれは、昔からありますが、近年ますますその傾向が強まってきているのは確かでしょう。

  • 口コミの法則を知るべし

    商品を売ったり、あるいは事業を宣伝するにあたって重要視されているものが口コミです。お金をかけて広告を制作するよりも、確実に届けたい層に情報を届けることができる手法、それが口コミです。

  • 海外の会社員生活はギャップ多し?

    日本企業は世界各地に進出しています。そのため、海外勤務を命ぜられることもあるでしょう。その場合、苦労するのは現地で採用した社員とのキャルチャーギャップの違いです。下川裕治による「本社はわかってくれない: 東南アジア駐在員はつらいよ」(講談社現代新書) には、そんな現地駐在員たちのトホホな事情が記されています。

  • ロスジェネの痛みを知る

    2000年代前半にロスジェネという言葉が取りざたされました。これはロストジェネレーションの略称です。物心がつくころにバブルが崩壊し、長引く平成不況を体験し、大学へ進学したは良いが、そこも就職氷河期にぶちあたる。すべての場所において希望を欠いた人たちといった扱われ方をされました。

  • 本は過去・未来につながる唯一の手段

    本は読むものという固定観念をリセットすれば、今よりさらにすばらしい人生が開けるのかもしれません。一冊の本は、時間と空間を超えてだれかの胸に届きます。それは、これから生まれてくる人たちかもしれないのです。

  • 世界のエリートは何を読む?

    日本はガラパゴス社会だといわれます。日本の常識が世界の非常識であり、さらに日本でしか通用しない価値観もあります。相手への気づかいや、はっきりとNOを言わない態度などは日本独自のものでしょう。それは日本らしさとして評価される一方で、奇妙な風習と見られることもあります。日本の立ち位置が独自の場所にあることは確かでしょう。

  • 会社と自分の関係

    会社に縛られる生き方はしたくない。自由に生きたい、そんな思いを抱えた人は多いでしょう。しかしながら、会社員で無くなることはデメリットもあります。会社が責任をかぶってくれていたものが、すべて自分にのしかかってくるのです。

  • メモ力で差を付けろ

    ビジネスにおいて、求められるスキルはあらゆる方面に存在します。営業力、コミュニケーション能力、外国語能力、マーティング能力、さまざまな能力がありますが、ないがしろにされがちなのが基本的なスキルです。基礎を達成しないままに、あらゆる応用を試そうとすれば失敗することは必至です。

  • 企画はシンプルに

    仕事において企画力は大切な要素です。企画において大切なものは「ひと言。」で決まる。そう述べるのが石田章洋による「企画は、ひと言。」( 日本能率協会マネジメントセンター )です。

  • 地方にいる作家は「小さなクジラ」になろう

    本を書きたい気持ちはあるけれど、東京に住んでいる人の話だとあきらめていませんか? 地方在住でも本を出す夢を叶えた人はたくさんいます。地方発のベストセラーもあります。最初の一歩の踏み出し方をのぞいてみましょう。

  • 少額資金でできる不動産投資

    金利の低い今はお金を借りるにはチャンスです。「てこの原理」を使うことを「レバレッジをかける」といいます。少額の自己資金でも始められ、レバレッジ効果で資産を増やせるのが不動産投資です。実例を元にイメージをつかんでみましょう。

  • 文字はデザインである?

    世界にはさまざまな文字があります。海外旅行をした時などに、まったく読めない文字に遭遇した経験は誰もがあるでしょう。中国の漢字や、あるいはアルファベットならば、なんとか意味を取ることができるかもしれません。しかしながら、タイ文字や、あるいは韓国のハングルなどは、読めない人にとってはまったくちんぷんかんぷんです。一方で、その文字のデザインや造形に惹かれる人もいるかもしれません。

1 / 86 1 2 3 4 5 最後 »