ビジネス

ビジネスマンの為のビジネスに役立つ情報を紹介しています。会社経営に必要な知識、サラリーマンのためのキャリア設計や出世するためのポイント、ビジネスマナーや敬語のマナーなど使えるビジネススキル情報、部下を持った上司のためのマネジメントテクニック、キャズムやブルーオーシャン戦略などのマーケティング戦略、将来起業・独立をする人のためのお役立ち情報、お金持ちになるための考え方などビジネスで役立つ情報をたくさん紹介しています。

  • 面接は心をつかむ必要がある?

    就職活動の面接はどのように定義されるでしょうか。話を盛って相手をいかに騙すのかといったドライな見方をする人もいれば、誠心誠意自分をアピールする場だととらえる人もいます。いずれも当てはまっていますが、間違っているともいえるでしょう。

  • 仕事の9割は月曜に終える?

    月曜日といえば、ブルーマンデーという英語のフレーズもあるとおり、誰にとっても切ない、憂鬱なものです。前日の日曜日の切なさを現す「サザエさん症候群」といった言葉もよく知られています。

  • 書きたい本、書ける本が見つかる5つの輪

    自分ではおっちょこちょいだと思っていても、周りにはしっかり者だと頼られていたり、自信のないことを褒められたり……そんな経験はありませんか? 一度とことん自分を客観視すると、真の本のテーマも見えてきます。

  • 給料を上げるために人事と社員がやるべきこと

    経営人事の視点から見ると、「経営者は理念」「人事は組織と人財デザイン」「社員は会社を通じた社会貢献」が大切です。そして、個人の視点では、給料の存在が大きくあります。給料と人件費を両立させるためには、SWP戦略をどう使えばよいのでしょうか。

  • お金を増やす方法は「預ける」より「貸す」

    「ソーシャルレンディング」をご存じでしょうか。ひと言でいうと、ウェブ上で、お金を「借りたい人」と「貸したい人」の仲介をする金融サービスです。これからの社会を潤す、まったく新しい「お金を増やす方法」を学んでみませんか?

  • お客様にとっての「一流」を提供する

    値上げによるお客さま離れの不安はつきものです。けれども、安い値段のままではブランディングができません。そこで、値上げをしてもお客さまが離れていくことはないという、一流化のメソッドをご紹介します。

  • 昔の新聞は売れる?

    新聞といえば毎日溜まっていくものであり、定期的に古紙回収に出すものと相場が決まっています。しかしながらある程度年代が経過すると売り物となります。どんな新聞が売り物となるのでしょうか。

  • 働きアリ文化は人事部が変えられる!?

    昭和の高度経済成長期には「働きアリ」「モーレツ社員」が美徳とされました。しかし、状況がすっかり変化した現在でも「働きアリ」モードで働いている人がたくさんいます。労働生産性を高める時間の使い方の意識改革が求められているのです。

  • あなたが人生をかけて達成したいことは?

    いい本を書くことが、自分も読者も幸せにしてくれる……そんな素敵な未来へ歩き出すために、欠かせないこととは何でしょうか。出版を成功させるノウハウは、そのまま人生充実のテクニックにも通じるようです。

  • 金貸しと金借りが世の中を潤す

    世間では、どんなに親しい人でもお金の貸し借りはしないほうがいい、と言います。金貸しにはダークなイメージもあります。しかし、お金も元々は「モノ」だったのです。ここでお金の歴史をひもといてみましょう。

  • 面接力はアウトプットで鍛える

    就職活動において面接は重要な要素です。いくら書類選考の評価が高く、筆記試験の結果が良いといっても、面接の結果が悪いと、場合によっては悪い方に作用することもあります。

  • テレ東力を意識せよ

    テレビ東京といえば、かつてはテレビ番外地、視聴率番外地といわれた場所です。しかしながら近年は、低予算、誰も見ていない、といったネガティブな要素を逆手にとった個性派の番組を多く手がけることで知られています。そのさまは、ビジネスモデルとして注目すべきものがるといえるでしょう。

  • プロフィールで専門家としてブランディング

    あなたの前に順番待ちのお客様が行列を作っていたら…嬉しいですね。そのためにやることは、ターゲットを絞ること。あなたの専門家としてのブランドを一気に高める、とっておきの方法をお伝えします。

  • 知っておきたい本作りの3つのルール

    自由に何でも好きなことを書いてしまうと、せっかくの本の寿命を縮めてしまいます。あなたの本が多くの人に長く愛されるために、知っておきたい本作りの3つのルールをご紹介します。

  • 人事部が会社の労働生産性を2倍にする

    日本は経済大国…耳慣れた言葉ですね。しかし内情は、日本のGDPの総量は大きいものの、1人当たりGDPと時間当たり生産性の両方が、他国に比べて低くなっているのです。労働生産性を高めるSWP戦略の効果を具体的にお伝えします。

  • お金持ちになれない本当の理由

    あなたがお金持ちになれない本当の理由は、なんだと思いますか?なぜ、キャピタルゲイン中心の資産運用だと、今の日本ではお金持ちになれないのでしょうか。複雑に感じる経済の基礎知識について、わかりやすくお伝えします。

  • プロ野球で統計を学ぶ

    統計と統計学に関する知識はビジネススキルとして求められるものです。統計の知識があることによって、これまで感覚的にとらえていたものが数字として把握できるようにならいます。

  • 適正と内定の関係

    世の中にはあらゆる仕事があります。当然その仕事の内容は異なります。さらに、それぞれの仕事において適性があります。適正をみあやまると、仕事を楽しむことができません。

  • お客様が離れていかない値上げの仕方とは?

    稼げるようになるための近道は、ズバリ「自分のいるマーケットでいちばん高い値段をつけること」です。たったこれだけで簡単に売上を上げることができます。お客様が離れていかない具体的な値上げ方法をお教えします。

  • 高校数学に立ち返る仕事術

    社会人に求められるスキルとして、高校卒業までの教養があります。これは大学で学ぶ一般教養の基礎となるものであり、すっかり忘れてしまっていますが、その技術を身につけていれば仕事や就職活動で役立つこともあるのです。例えば高校の数学の知識は、就職時に課せられるSPI試験対策ともなりますし、あるいは統計の知識はビジネスプランを立てるのに役立ちます。

1 / 84 1 2 3 4 5 最後 »