ビジネス

  • 魔法のコンパスに学ぶ

    新しい生き方というのはいろいろと提示されています。特に、今の時代は会社員的な生き方に限定されないライフスタイルといったものが生まれつつあるのも確かでしょう。

  • 常識の99%はウソ?

    これは常識だから、といったことはよく使われる言葉ですね。しかしながら、果たして本当にそうなのだろうかといった疑問が浮かんだりしますよね。そもそも常識ってなんなのだろうといった根本的な疑問が浮かんでは消えるといったこともあるでしょう。

  • 仕事に追われない仕事術とは?

    仕事に追われている人というのは、あらゆる場所にいると言えるでしょう。最終的に追い詰められてしまうといったところもありますね。やはり仕事に追い詰められると生産効率が悪くなるというのも確かでしょう。そこにおいて理想的なものは仕事に追われないように仕事をするか、いかにそれを求めていくかということになりますが、これはある意味ではなかなか無理な相談とも言えるかもしれません。

  • 2割集中の仕事術

    仕事において集中せよ、というのはひとつの命題となっています。そこにおいては、気を抜けないといったことも言われていますが、決してそればかりとは限りません。仕事というのは、集中するときとしない時をうまい具合にバランスよく配置していくのが重要だと言えるでしょう。そこにおいては、仕事をどう捉えていくかということをまずは考えるべきでしょう。

  • キャッシュレス社会で勝ち組になる、近未来への必読書

    先ごろ、日本のお札の肖像が新しくなることが発表され大きな話題となりました。そんな中で、「これが最後のお札の顔になるかも」という声も一部に聞かれます。一体それってどういうこと?お金の概念が大きく変わりつつある時代をわかりやすく解説するのが、『いま知っておきたい「みらいのお金」の話』という一冊です。著者は元衆議院議員で松田政策研究所代表の松田学さん。経済政策やサイバーセキュリティーの分野に精通し、関連の著書を多数書いています。

  • 生産性の仕組みとは?

    仕事において重要な要素として生産性があります。ただ机の上に座っているだけで仕事をしたつもりになってしまっているといった人がいますね。いわゆる生産効率が悪いといった言い方もできるでしょう。これはけっこうやっかいなものでもありますね。一見すると、仕事を何かしているように見えても、実は何もしていないといったことになりかねないからです。

  • パソコン仕事を10倍早める方法

    パソコン作業というのはもはやビジネスシーンにおいては必須のものとなっています。そこにおいては、パソコンをどのように扱っていくのかといったことが、仕事ができるできないに直結していくとも言えるでしょう。これはシンプルでベーシックなものでありながら、確実なテーゼでもあります。

  • 食事マナーを学び直す

    食事マナーというのは、なかなかあなどれないものです。両親のしつけなどで厳しくされてきたという場合では ないと、実は意外と間違ったマナーで食事してしまっているといったこともあるからですね。

  • マジシャンの心理戦略に学ぶ

    相手の心理をうまく読んでいくことは、ビジネスなどにおいて求められるスキルのひとつとなっています。それさえわかっていればきっと最強になれるのに、なかなうまくいかないもんだなといった嘆きを抱えている人もいるのではないでしょうか。

  • ビジネスマナーと整理術を身につける

    ビジネススキルというものは、多くの分野にわたっています。そこでないがしろにされがちなのがビジネスマナーでしょう。なんとなく感覚的に把握しているという人はいても、それがどのような根拠でビジネスマナーとなっているのかといったことについては、なかなか思いをめぐらせる人というのは少ないのではないでしょうか。

  • ポジ出し社会を作るには

    ダメ出しという言葉があります。欠点や失敗などを指摘するものですね。お笑い芸人などがネタ見せで欠点を指摘されるといったことに使われることが多くありますね。しかしながら、そればかりではなくネット社会ではちょっとした揚げ足取りのようなものにもダメ出しは使われていると言えるでしょう。いわば、現在の日本というのはダメ出し社会であるとも言えます。

  • 意識しない力とは何か?

    本番に弱い、あがり症である、ついケアレスをしてしまう、そうした部分に悩みを抱えている人は多いでしょう。なぜ、そうしてしまうのか。それはやはり意識の度合いが強すぎるとも言えますね。そこにおいて求められているのは意識しない力ではないでしょうか。

  • 小商い暮らしをする

    ビジネスを自分ではじめてみたいと考えている人は少なくないでしょう。どこか自由なイメージがあるのも確かです。もちろん思ったようにはいかないといった場合もあるでしょうが、会社員的なストレスを感じることありませんので、そういった部分を重んじたい人にとっては向いているビジネスと言えるかもしれません。

  • 先まわり仕事術とは?

    仕事をなんとか早く終わらせたいけれども、つい後回しにしてしまうという人は多いでしょう。仕事というのは先方とのコミュニケーションによって起こるものであり、いわば待ちの状態になることもあると言えます。しかし、それは本当に待機しているだけで良いのでしょうか。その時間は実は無駄ということにもならないでしょうか。

  • 華僑の思考法則に学ぶ

    華僑と呼ばれる人たちがいます。世界各地に散らばった中国にルーツを持つ人たちのことですね。華僑というのはどういったイメージがあるでしょうか。そのひとつにお金持ちというものがあります。それは、自分たちがマイノリティとして生きるにあたって、お金を持っておけば安心という生き方もあるのですが、お金を貯めていくため、作っていくための思考があるのも確かでしょう。

  • 中高生からの論文入門とは?

    論理的な文章というのは、なかなかすぐには書けないものです。年齢を重ねたからといって、すぐに書けるというわけでもありません。そこにおいては、どういったものが重要となるのか。その部分をベーシックな部分から解説した本が小笠原喜康、片岡則夫著作による『中高生からの論文入門』 (講談社現代新書)です。中高生向けとは銘打っているものの、内容は大人向けのものとまったく同じものです。それでありますから、論理的な文章を書いてみたいが、まずはどう書けばいいのかわからないという人にとっては、まず手にとっておくべきおすすめする本であると言えますね。

  • 自分の頭で考えるには

    指示待ち人間と呼ばれる人たちがいます。仕事で何かを指示されるまで動けない人たちですね。これは一般企業においてはあまりよくないこととされています。ただ、やはり仕事というのは勉強と違って、目の前にあるはっきりとしたものというよりは不定形なものを扱うわけですから、ある意味では仕方がないとも言えるでしょう。

  • 自己肯定感を高める

    仕事やプライベートなど、さまざまな困難が人の前には立ちはだかります。それをどのように乗り越えていくのか、さらにはちょっとしたことでも動じないようなメンタルを作り上げていくにはどうすればいいのか、そこは生きていく上では大きなポイントであると言えるでしょう。なによりも大事なキーワードこそが自己肯定感です。Feeling positive

  • 月3万円からのスモールビジネス

    スモールビジネスは何かと話題になっています。しかしながら、スモールビジネスは人気や知名度があったとしてもなかなか実行に移す人がいないのは確かでしょう。その理由として、身も蓋もない話ではありますが、大して儲からないといったものもあるでしょう。しかしながら視点を変えてみれば、そのビジネスの醍醐味や、違った視点といったものがおのずと見えてくるでしょう。

  • 号外なぜ高値で取引?

    2019年4月1日に新元号が発表されました。これを報じた新聞号外がネットオークションなどで高値で取引されています。これはなぜでしょうか。

1 / 109 1 2 3 4 5 最後 »