ビジネス

ビジネスマンの為のビジネスに役立つ情報を紹介しています。会社経営に必要な知識、サラリーマンのためのキャリア設計や出世するためのポイント、ビジネスマナーや敬語のマナーなど使えるビジネススキル情報、部下を持った上司のためのマネジメントテクニック、キャズムやブルーオーシャン戦略などのマーケティング戦略、将来起業・独立をする人のためのお役立ち情報、お金持ちになるための考え方などビジネスで役立つ情報をたくさん紹介しています。

  • 学芸員と図書館司書の現状

    政治家の「学芸員はがん」発言を受けて、学芸員という職業に注目があつまっています。さらにネット上では図書館司書の給料の安さも問題となっています。博物館学芸員と図書館司書はともに文部科学省が設置する国家資格です。しかしながら、一方では使えない資格の代名詞であるともいわれています。それはなぜでしょうか。

  • 本を書く前のイメージがなりたい自分を「引き寄せる」

    初めて本を書く時に決めておくべき2つのイメージがあるそうです。なぜなら、本作りとは、出版によってあなたの夢を現実に変える手段だから。敏腕プロデューサーならではの、深い戦略と効果をのぞいてみましょう。

  • やる気のある会社をつくる人事戦略とは

    モチベーションには外発的動機と内発的動機の2種があります。「画期的なアイディアが出にくい」「社員同士の協力が進みにくい」「目立たないが重要な役割を果たした人が評価されにくい」…これらの澱みは、外発的動機の副作用。では、内発的動機は人財にどう作用するのでしょうか。

  • 最低限のビジネスマナーって

    ビジネスマナーに関する本はさまざまなものが出ていますが、どれから読めばいいのかわからない人も多いでしょう。そんな人におすすめなのが金森たかこ著作、西出ひろ子監修)による「入社1年目ビジネスマナーの教科書」(プレジデント社)です。

  • インカムゲインとキャピタルゲイン

    『金持ち父さん 貧乏父さん』を読んで「不労所得」を得ることの意義はわかっても、「そもそもの元手がないし、資産を増やせる見込みもない」と諦める人が大半です。多くは、資産運用にまつわるある重大な「発見」をしていないからです。

  • マナーと運の関係

    マナーは世の中を渡り歩いていくためには必須のスキルです。さらにマナーを極めていくと運気も向上するかもしれません。にわかには信じがたいテーマに挑んだものが西出ひろ子 による「運のいい人のマナー」(清流出版)です。

  • 地方再生のカギは公務員?

    地方はくたびれている、それはよく言われたことです。まちづくりや、町おこしといったものがいわれていますが、それは一部を活性化するにとどまっており、街全体をよみがえらせることはなかなか難しいともいえるでしょう。

  • 「素直」はメンターに可愛がられるポイント

    稼いでいる人たちに共通している特徴の一つは、非常に「素直」だということ。メンターの教えに「でも」を口にする人は、いつまでもうまくいかないのです。もしもあなたがメンターなら、どんな人の面倒をみたくなりますか?

  • 大学生は危険がいっぱい?

    大学生は自由だといわれています。なぜ大学生が自由なのでしょうか。親元を離れてひとり暮らしを経験する、20歳を迎えて飲酒や喫煙を自己判断で行うようにする、アルバイトなどで社会経験を積むといった要素があげられるでしょう。それでも大学生は社会的には未熟な存在です。それでも精神的には背伸びをしたい年代であるため、そんな心につけこむようなあくどい人々も存在します。

  • 就活は企業の手法を知るべし

    雇用アドバイザーの海老原嗣生による「なぜ7割のエントリーシートは読まずに捨てられるのか:人気企業の手口を知れば-就活の悩みは9割なくなる」(東洋経済新報社)は、タイトルの通り、きれいごと抜きの就活論が、企業の手口を明かすことによってあますところなく記されています。

  • アイデアと「たくらみ」の関係

    アイデアは仕事をする上で求められるスキルのひとつでしょう。アイデアは新しいもの、奇抜なものがあれば良いのですが、ほとんどは、これまでと同じような守旧的なものとなりがちです。そんなアイデアに求められる要素として「たくらみ」を提示したものが、加地倫三による「たくらむ技術」(新潮新書)です。

  • 就活は全体像を見渡すことが重要

    就職活動において求められることは情報を得ることと同時に、全体像を見渡す巨視的な視点です。どうしても目の前の採用試験に対するエントリーシート作成、面接対策、といったことに目がゆきがちですが、まずはなによりも全体像を把握することが必要でしょう。

  • 幸せな職場を作る「3つの報酬」

    ある社長さんからの相談その③です。 「今期500万円ほど利益が出そうなので、節税対策として10人の社員に50万円ずつ臨時ボーナスを出そうと思っているのですが……」 本当の喜びを教えてくれる「3つの報酬」とは?

  • 日本の農業はどうなる?

    農業と聞いて思い浮かべるイメージはどういったものでしょうか。担い手が高齢化して、若い人が参入していない業界といったイメージがまずは思い浮かべられると思います。しかしながら、農業は日々着実に進歩を遂げている分野でもあります。

  • ひと手間の努力で結果を変える1%のマーケティング

    いい本を作るためには、大きな努力よりも小さな努力の積み重ねでいいのです。きめ細やかな気くばりや思いやりが人間関係を良くするように、本作りもひと手間の努力がベストセラーを生む秘訣になるようです。

  • ビジネスのことは事業部が、会社のことは経営者が考えればよい?

    「ビジネスパートナー人事」という言葉をご存知ですか?これには2つの意味があり、1つは、事業部や部門の人事パートナーであること。もう1つは、会社のビジネスや経営者のパートナーとしての人事能力を意味します。

  • 資産と負債

    社員が持ち家を持つための融資制度をととのえている企業は、結構あるようです。こうした制度は、「持ち家=財産(資産)」という前提なのですが、実は持ち家は「負債」だというショッキングな事実をご存知ですか?

  • 大学編入という選択肢

    大学へ入ったはいいものの、その場所が思ったような場所ではなかった、もう少しランクの高い大学へ行きたい、そんな思いを抱える人は少なくありません。

  • 再確認しよう! 妻のパート年収の壁

    夫の社会保険の扶養に入っている妻。 パート収入の壁は103万円だっけ、130万円だったっけ……いくらまでなら、なにがオトク? あなたの生活にすぐに活かせる、身近な節税テクニックを専門家がレクチャーします。

  • 「他責」より「自責」がいい3つの理由

    急に雨が降ってきた。電車が遅れた。こんなアクシデントでイライラ・ムカムカしたことのある人は要注意。稼げるようにならないかもしれません。なぜなら、稼げている人の特徴の一つが、人のせいにしない自責体質だからです。

2 / 84 « 先頭 1 2 3 4 5 6 最後 »