ビジネス

ビジネスマンの為のビジネスに役立つ情報を紹介しています。会社経営に必要な知識、サラリーマンのためのキャリア設計や出世するためのポイント、ビジネスマナーや敬語のマナーなど使えるビジネススキル情報、部下を持った上司のためのマネジメントテクニック、キャズムやブルーオーシャン戦略などのマーケティング戦略、将来起業・独立をする人のためのお役立ち情報、お金持ちになるための考え方などビジネスで役立つ情報をたくさん紹介しています。

  • 三八広告とは何か?

    三八広告と呼ばれるものがあります。読みはサムヤツといいます。これはいったいどのようなタイプの広告なのでしょうか。

  • はしゃぎながら夢をかなえる方法は?

    夢を叶えるにあたって、どのような態度がベストなのでしょうか。それは夢に向かってがむしゃらに働くといったことがひとつあげられるでしょう。しかしながら、そうした時にいかにもつらそうな思いを抱えているようであっては、なかなかうまい具合にいかないこともあります。

  • テンプレートで書類を作る

    仕事において書類を作る機会は多いでしょう。これは数をこなしてなんぼといったものもありますね。そうした時に役立つのがテンプレートです。

  • シンプルなのにうまくいく方法とは

    上手くいく方法がないものかと悩む人は多いでしょう。そうした時に陥りがちなのは、思考がどんどんループしていってしまい、最後は複雑になってしまうものです。しかし、こうした時に重要なのは、いかにシンプルに考えていくかといった引き算の思考ではないでしょうか。そうしたことによって、すっと見えてくるものがあるのではないでしょうか。

  • グダグダ会議を変えるには?

    会議というのはビジネスシーンにおいて重要な要素でしょう。しかしながら、その中において、グダグダになってしまうことも確かです。とりあえず集まってみたはいいのだけれども、場合によってはなかなか議論が前へ進まないといったこともあるでしょう。

  • はじめての新書とは?

    岩波書店のPR雑誌『図書』の臨時増刊号として、「はじめての新書」特集が話題となっています。はじめての新書には、多くの著者がおすすめの新書を取り上げています。

  • 学割はなぜある?

    学割という制度があります。学生証を提示すると博物館や映画館などの料金が割引になるというものです。飲食店などにおいても学生証の提示によって、値引きやトッピング無料などのサービスが受けられることがあります。この学割というのはなぜあるのでしょうか?

  • 振り返り手帳術とは

    手帳術やノート術に関する本は多く出版されていますが、そのどれもが著者独自のノウハウを記したものとなっています。そのため、自分にぴったり合うこともあるのですが、場合によってはしっくりこない部分があるということも多いのではないでしょうか。

  • 自分の最高値を見つけよう

    自分の最高値はどこにあるのでしょうか。もっと自分は評価されても良いはずだというもどかしい思いを抱えている人は多いかもしれません。確かにあなたには力があるのかもしれませんが、それに世間は気づいていないだけ、といったこともあるでしょう。自分の最高値をどのように把握して売り込むのかといったことは重要です。

  • 時間術を図解で知る

    時間術に関する本は多く出ています。しかしながら、どれも実践可能なものかといえば疑問符がつきます。すぐにでもできるものが欲しい。もっと言ってしまえば、時間術に関する本を読む時間も惜しい、もしくはない、忙しいという人もいるでしょう。そうした人におすすめなのが安田正による『面白いほど役に立つ 図解 超一流の時間力』(日本文芸社)です。

  • わかりやすい表現のコツとは?

    今は誰もが表現することが容易い時代となっています。情報発信なども簡単にできると言えるでしょう。しかしながら、そうした表現があふれている時代であるがゆえに、わかりづらい表現、洗練されていない表現が溢れているのもひとつの現実です。

  • アウトプットの方法とは?

    学びにはインプットとアウトプットがあります。どちらが欠けても成立しません。では、学んだことを発信するアウトプットはどのようにすべきなのか。どういったアウトプットがベストなのか。それを解説した本が樺沢紫苑による『学びを結果に変えるアウトプット大全』(サンクチュアリ出版)です。

  • 人がうごくコンテンツとは?

    コンテンツ作りはビジネスシーンにおいて大切な要素とされています。インターネットのメディアなどは、その枠を作ることは比較的容易にできますが、そこに魅力的なコンテンツを作り上げるのはなかなか難しいといったこともあるでしょう。

  • 一流の気くばり力とは?

    ビジネスシーンにおいて求められるスキルは様々ありますが、その中のひとつとして気くばり力があると言えるでしょう。この気くばりというのは、あまりに恭しくやってしまうと味気ないものになってしまいます。さりげなく気くばりをしてこそ、一流であると言えるでしょう。

  • 高杉弾とは誰か?

    高杉弾という人物がいます。知る人ぞ知る伝説の編集者ですが、目立った活動は行っていません。高杉弾は、自動販売機を通して売られる自販機本の編集者として知られることになります。この手の本ではアダルト系の本がメインなのですが、買う人は当然中身を見られませんので、裸のページをいくらか載せておけば、あとはいくらでも好きに編集できるメリットがありました。そうして誕生したのが『Jam』『HEAVEN』という雑誌であり、高杉は初代編集長を務めました。

  • すぐメモする習慣とは?

    学生時代でも、社会人になっても、メモを取る機会というのは一定数あります。堀宏史による『すぐメモする人がうまくいく』(自由国民社)は、そんな時に役立つメモ術を改めて見直した本です。

  • 未来を作る優先順位とは?

    あらゆる作業には優先順位が求められます。それをどのようにこなしていくかによって、その後の結果が大きく変わっていくとも言えるでしょう。

  • まわりに良い影響を与えるには?

    ほとんどの仕事は、チームで行われます。それは個人だけの力でなんとかなるものではありません。そのチームワークを作り上げるのに大切なものが「まわりにいい影響を与えるか」どうかではないでしょうか。どうしても自分一人でできることというのは限界があります。それゆえに、まわりとの影響を良い具合に与え、与えられることによって、うまく回っていくということもあるでしょう。

  • やりたいことを全部やる時間術とは?

    やりたいことがあれもこれもとあるけれども、なかなかうまくいかないといったもどかしい思いを抱えている人は多いのではないでしょうか。そこにおいては、本当にやりたいことを整理してひとつひとつ諦めてゆくことを余儀なくされている人もいるかもしれません。

  • 無職の定義は?

    無職という言葉はさまざまな意味で使われます。実際に収入があったとしても「無職みたいなもの」といった物言いがなされることもありますが、そもそも無職の定義とはどのようなものなのでしょうか。

2 / 105 « 先頭 1 2 3 4 5 6 最後 »