ビジネス

ビジネスマンの為のビジネスに役立つ情報を紹介しています。会社経営に必要な知識、サラリーマンのためのキャリア設計や出世するためのポイント、ビジネスマナーや敬語のマナーなど使えるビジネススキル情報、部下を持った上司のためのマネジメントテクニック、キャズムやブルーオーシャン戦略などのマーケティング戦略、将来起業・独立をする人のためのお役立ち情報、お金持ちになるための考え方などビジネスで役立つ情報をたくさん紹介しています。

  • 相手のがんばりを認めることが自分のアピールにつながる

    自分のことをアピールしたい、がんばりをわかってもらいたい、と思うときは、まず自分のことより、相手のがんばりを認めるのが効果的です。すると、相手もあなたのがんばりに気づいて、あなたを気遣ってくれるようになるものです。

  • 初期投資ゼロで開業する方法!?

    現在開業している飲食店で利益が出ているのは、 なんと3割だけという統計が出ています。 つまり、7割の店が赤字なのです。 (TKCの調査) これから開業しようとしている人にとっては、 これは衝撃的な数字ではないでしょうか? 開業している個人店の7割は、 開業後3年以内に廃業している というデータもあります。 飲食店など新しいお店を開業し、 運営する際にかかるコストの内訳は 照明・冷蔵庫・空調だけで約55%を占めています。 (資源エネルギー庁の集計) たとえ無事に開業できたとしても、 オープン後のコスト管理によって、 その店が存続できるかできないかは、 大きく変わってくるといえるでしょう。 そんな中、初期投資ゼロで しかも消費電力を抑え、 コストダウンしつつ CO2も削減できる! というサービスが話題になっています。 それが「ネクシィーズ・ゼロ」です。

  • 誰もが持っているのに見落としがちな「透明資産」とは

    他者から見れば素晴らしい技術や経験やノウハウであっても、自分では使えないと思い込んでいることがあります。しかし、このような知的資産を見直し活用すれば、事業を躍進させる起爆剤となるのです。

  • 「たまごっち」は20歳

    90年代にはさまざまなアイテムが流行しましたが、そのひとつが社会現象になるほどの人気を誇るたまごっちです。ブームから20年たった2016年11月23日にたまごっち20th Anniversary mix ver.(たまごっちみくす)が発売されました。

  • アピールは、はっきり口に出さずに、それとなく伝えよう

    自分ががんばっていることを相手に伝えたいときは、ストレートな言葉よりも、自然にがんばっていることがわかるような状況をつくるほうが、より強くアピールできるのです。言葉で補おうとするのは、自分に自信がないからです

  • マジシャンなぜ怪しい?

    マジシャンという職業があります。テレビに出ている有名なマジシャンといえば、ミスターマリック、マギー司郎、さらにマギー司郎の弟子であるマギー審司、あるいはナポレオンズといった人たちがよく知られているでしょう。最近ではセロといった人もいます。これらのマジシャンの風貌というのは、はっきり言ってしまえば怪しいものです。どこかうさんくささも伴います。なぜ、マジシャンの風貌は怪しいのでしょうか?

  • テレビ番組のリサーチャーって?

    テレビ番組を制作するにあたってはリサーチャーという仕事が、縁の下を支えています。リサーチャーとはいったいどういう仕事なのでしょうか?

  • 「アピール=やみくもに主張すること」ではない

    上司にアピールするとき、あなたはどのようにしますか。自分がどんなにがんばったのかを、一生懸命に一方的に話すことがアピールだと思っていませんか。でも、これは大きな誤りなのです。

  • 会社の歴史を背負うクラッカー

    「あたり前田のクラッカー」は日本でももっともベーシックなダジャレのひとつであるといえるでしょう。もともとこのフレーズは、『てなもんや三度笠』の中において藤田まことがCMで発したフレーズとして話題となりました。前田のクラッカーは、大阪の菓子メーカーである前田製菓が販売している商品であり、番組のスポンサーであったために出演者がCMに出ていたというわけです。

  • 私って、実はみんなに理解されてないの?

    自分では一生懸命がんばっているつもりでも、他の人には意外と理解されていないものです。人はびっくりするほど他人に関心がないのです。それは、髪型を変えたことにみんなが気づいてくれなかったり、芸能人のスキャンダルがすぐに忘れられたりすることからもわかりますね。

  • ミスゼロ、手間減、効率UPの次世代型クラウドシステムとは?

    ファイルをクラウドに保管することで、 いつでもどこでも仕事ができる時代になってきました。 しかし、クラウドに機密情報を保管するのは、 情報漏えいが怖いですよね。 そこで注目されているのが、 次世代型のクラウドシステムです。

  • 残業自慢はお粗末か?

    電通の女子社員が長時間の残業を受けて、うつ病を発症し自殺したことが労災認定を受けたニュースが話題となっています。最盛期には月100時間を超える残業を強いられていたといわれています。 残業自慢? それを受けて、「大手広告代理店なのだからそれくらい

  • 海外医学部という道

    いまは、進路選択の多様化がすすんでいます。そのひとつして海外の医学部進学というものがあります。 日本の医師になる条件 日本で医師になる場合には医学部に進学して、医師国家試験に合格しなければなりません。医師国家試験の合格率はそれなりに高いのですが

  • 最大の相続対策は「後継者の育成」である

    経営者の高齢化に伴い、 「後継者を誰にするか」 という事業承継の問題は、 中小企業の存続を左右する重要な問題。 本日は、そんな事業承継の事例を数多く記した書籍 『覚醒せよ!後継者』 ~事業承継・後継者育成の記録~ 野呂敏彦著(日経

  • 品川駅とサイン魔の話

    東海道新幹線の品川駅には、ある目的を持った人たちがいるといわれています。それは芸能人や有名人のサインをもらい、それを集める人たちです。彼らは特定の芸能人のファンというわけではありません。とりあえず、見たことがあるような人たちに片っぱしから声をかけています。なぜ

  • 西サハラとは何か?

    世界地図を見ていると、アフリカ大陸の西、モロッコの下に西サハラと呼ばれる場所があります。この場所は、国としては明示されていません。西サハラとは一体なんなのでしょうか。 モロッコが領有を主張 もともとアフリカ大陸の大部分はヨーロッパの諸国によって

  • 新聞休刊日なぜ横並び?

    日本の新聞には休刊日という制度があります。大体、月に1度程度の割合で、月曜日が休刊になることが多いです。特徴的なのはすべての新聞社がいっせいに休むということです。これはなぜでしょうか。 横並び体質 単純な商売原理の話をすれば、ほかの新聞が休刊日

  • 近藤紘一とは誰か?

    近藤紘一というジャーナリストがいました。産経新聞の記者として、国際報道にたずさわり、インドシナ屋を自称し、ベトナム戦争の取材などで活躍しました。ベトナム戦争のクライマックスともいえるサイゴン陥落にも立ち会っています。 豊富な著作 近藤紘一はジャ

  • 持ち込みは仕事に繋がる?

    ライターなどフリーランスの活動を行う人にとって仕事を獲得する手段として持ち込みがあります。ですが、この持ち込みというのは、あまり仕事につながらないといわれています。それはなぜでしょうか? ライターに限っての実例をあげてみましょう。 ミスマッチが起

  • 何歳までが新人?

    純文学の新人に与えられる三島由紀夫賞を80歳の、蓮實重彦さんが受賞したことが話題となっています。果たして新人と言える年齢は何歳なのでしょうか。 25歳までが新人? 一般的にストレートで高校を卒業する年齢は18歳となります。ここで就職する人もいま

2 / 76 « 先頭 1 2 3 4 5 6 最後 »