ビジネス

ビジネスマンの為のビジネスに役立つ情報を紹介しています。会社経営に必要な知識、サラリーマンのためのキャリア設計や出世するためのポイント、ビジネスマナーや敬語のマナーなど使えるビジネススキル情報、部下を持った上司のためのマネジメントテクニック、キャズムやブルーオーシャン戦略などのマーケティング戦略、将来起業・独立をする人のためのお役立ち情報、お金持ちになるための考え方などビジネスで役立つ情報をたくさん紹介しています。

  • 起業を科学的に読み解く

    起業を考えている人は多いでしょうが、そこには失敗のリスクがつきものです。そのため、起業を躊躇してしまうという人がほとんどでしょう。

  • トップアスリート池田信太郎が語る“一生付き合えるお客様を獲得する方法”とは?

    アスリートと営業。職種の違いを越えて通じ合うものがたくさんあります。厳しい評価にさらされ、現実と向き合い、結果を出す……。 中でも日本バドミントン界初の“プロ”プレーヤー池田信太郎氏は、自分自身で高額スポンサー企業を獲得し、現役を引退した今も支援され続ける異才。これは、まさに究極の「営業力」です。 その秘訣を経営者やリーダー層と共有する対談イベントが決定しました。

  • 『海燕』とは何か?

    現在文芸誌と呼ばれる雑誌は、五大文芸誌が中心となっています。すなわち、文藝春秋の『文学界』、新潮社の『新潮』、講談社の『群像』、集英社の『すばる』、河出書房新社の『文藝』です。このうち『文藝』は年四回の季刊となっていますが、ほかの雑誌は月刊誌です。

  • マスコミ就職読本とは何か?

    テレビや新聞、出版、あるいはラジオや広告業界などマスメディア関係の仕事はいぜんとして人気の高い職種であるといえるでしょう。しかし競争倍率が高く、毎年一定数の新入社員を募集していない企業も多いため、マスコミ就職は難易度が高いといわれています。

  • 『Quick Japan』は書籍?

    『Quick Japan』という雑誌があります。『QJ』の愛称でも知られており、90年代に創刊され、現在も続いているサブカルチャー雑誌です。版元は太田出版で、こちらもまたサブカルチャーに強い出版社として知られています。

  • iPadを使った手書き仕事術

    いまや、ほとんどの人が手書きの文章を書くことがなくなる時代となりつつあります。パソコンすら使わず、スマートフォンやタブレットのみで操作するという人もいるでしょう。しかし、そういう時代であるからこそ手書き文章の重要さも際立つというものです。

  • 無料貸本屋論争とは?

    大手出版社の文藝春秋社の社長が、2017年10月の全国図書館大会において、図書館での文庫本の貸出中止を要請し話題となりました。図書館が本を無限に貸し出すことによって、出版社の売上を下げているといった批判は常々行われてきました。これらは総称して無料貸本屋論争と呼ばれます。

  • 働き方は問題をあぶりだす

    ムダの多い働き方を効率的に変えたい、そう思う経営者は多いでしょう。さらに、ビジネスパーソン自身も、仕事のやりかたを変えたいと思いながらもルーティン的な仕事を繰り返しているという人もいるのではないでしょうか。

  • 東大が教える考える力

    宮澤正憲による『東大教養学部「考える力」の教室』(SBクリエイティブ)は、東京大学の教養学部で人気の授業「ブランドデザインスタジオ」を書籍化したものです。この授業のねらいは、教科書に書かれているような過去の出来事や知識を学ぶだけでなく、それらをもとに新しい発想をするためのヒントを獲得することです。

  • 人間の集中力の限界は?

    集中力は常に意識しますが、すぐに気が散ってしまうという人も多いでしょう。ですが、好きなことをしていると気づいたら朝になっていたなんていうこともありますよね。そんな集中力はどの程度持続するものなのでしょうか。

  • 寝ながら稼ぐ哲学

    働いた分だけお金になる、これはかねてより根強い労働感としてあるでしょう。これが重要なのは誰もが認めるところです。

  • 若者離職本の元祖は?

    若者は仕事をすぐに辞めるといわれています。「石の上にも三年」といった言葉がありますが、現状はそうではないようです。そうした若者の就職状況を悲観する元祖とされている本が城繁幸の『若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来』(光文社新書)です。

  • 指示待ちはなぜ悪い?

    指示待ち人間という言葉があります。何かをしろと言われるまで何もしない人間を指します。これは受験勉強の弊害ともいわれています。受験勉強は、この参考書を使ってこの範囲を勉強すればOKでした。そして試験に挑んで結果を出せば大丈夫だったのです。しかし仕事は決まったやり方というものがありません。もちろんマニュアルやセオリーなどは存在していますが、トライアンドエラーを繰り返し、自分なりの方法論や哲学を確立してゆくしかありません。

  • 学び直す「国語」とは?

    高校の科目を教養として学び直すブームが来ています。政治経済や現代社会は、いまの社会の仕組みを知るのに役立ちますし、世界史や倫理社会は先人たちがどういう思考をめぐらせてきたのかをアーカイブ的な知識として補完することができます。

  • 「わかる」とはどのようなことか?

    「わかりましたか?」学校に通っていたころ、あるいは塾などで先生からこう問われた経験がある人は多いでしょう。ほとんどの人はそこで「わかりました」といいますが、100%ものごとを理解している人はいないと思います。わかっていないのにわかったふりをしてしまう、これは人間の心理としてあるでしょう。それが勉強ならば後から挽回すれば良いのですが、ビジネスの場面では致命的なエラーを引き起こす原因になりかねません。

  • ひとり出版社という生き方

    現在、DIY的に新たなビジネスをはじめる人が多くなっています。従来の会社員的な働き方から、人がそれぞれにやりたいことをやり、それを世の中の需要とうまくマッチングさせていくような時代になってきているのかもしれません。

  • ノマド、本来の意味は?

    ノマドワークという言葉が定着して久しいです。IT機器を用いて、特定のオフィスではないさまざまな場所で仕事を行う人たちを指します。今ではすっかりこの意味でとられるノマドですが、本来は別の意味があります。

  • スモール起業という選択肢

    スモール起業という言葉があります。これは、今の仕事や環境を維持したまま、小さいビジネスを立ち上げて、それによって利益を増やしていくというものです。

  • お金と時間をどう手に入れる?

    今以上にお金があれば自由に過ごせるかもしれない、そうした思いをめぐらせる人は多いでしょう。それでも、自由はなかなか手に入らないものです。例えば会社をやめて自由を手に入れたとしても、そこにはお金の不安が伴います。これは人々にとって、永遠のジレンマだといえるでしょう。

  • イージーリスニングなぜ必要?

    イージーリスニングというジャンルがあります。公共空間や、商業施設などでかかっているインストゥルメンタルの音楽のことです。歯医者の待合室や、喫茶店などでかかっているのを聞いたことのある人も多いでしょう。これらはなぜ必要なのでしょうか。

2 / 92 « 先頭 1 2 3 4 5 6 最後 »