ビジネス

ビジネスマンの為のビジネスに役立つ情報を紹介しています。会社経営に必要な知識、サラリーマンのためのキャリア設計や出世するためのポイント、ビジネスマナーや敬語のマナーなど使えるビジネススキル情報、部下を持った上司のためのマネジメントテクニック、キャズムやブルーオーシャン戦略などのマーケティング戦略、将来起業・独立をする人のためのお役立ち情報、お金持ちになるための考え方などビジネスで役立つ情報をたくさん紹介しています。

  • 畳の縁なぜ踏んではダメ?

    畳の縁は踏んではいけない場所とされています。こうした和室におけるマナーというのはあまり知られなくなってきています。そもそも、なぜ畳の縁を踏んではいけないのでしょうか。

  • 青空文庫なぜできた?

    青空文庫は、作者の著作権が消滅したテキストファイルを無料でダウンロードできるサイトです。現在はアプリとしても存在しますが、スマートフォンができる以前から、シンプルなテキストを入手できるサイトとして存在していました。

  • 実話誌の「実話」って?

    実話誌と呼ばれるジャンルがあります。主に男性向けの雑誌であり、エロい記事が載っていたり、アウトロー関連の記事が載っていたりと盛りだくさんの内容です。中でも特に実話誌のメインコンテンツといえるものが、芸能ゴシップです。実話誌に載っている芸能ニュースは、本当かよと思うものも少なくありません。少なくとも実話ではないのではないか、そんな印象を持つ人も多いでしょう。

  • 歯医者と医者なぜ別?

    素朴な疑問として、歯医者と医者の区分があります。身体の中で、なぜ歯だけが別なのでしょうか。養成過程も歯学部と医学部に分かれています。歯学部の卒業者は歯科医師の国家試験を受験でき、また、医学部の卒業者は医師になるための国家試験を受験できます。双方を兼ねた方が便利ではないかと思うのですが、これはなぜなのでしょうか。

  • 紙文具とは何か?

    普段、日常的に使っている文房具。それを自分のオリジナルなものにできたらどうだろうかと思ったことのある人は多いでしょう。ちょっとした工夫ひとつで、オリジナルな文房具は作れます。それを使えば、仕事や勉強がはかどることは必至でしょう。

  • 敬語きちっと使えている?

    敬語表現は、きちっと使えているようでいて、実は間違っているということが多いものです。あらためてビジネスマナーの基本中の基本である敬語表現を学び直してみてはいかがでしょうか。

  • ライターはどう稼ぐ?

    現在、文章を書いてお金を稼ぐライターの仕事の幅は広がっているといえます。かつてならば雑誌や書籍などの出版分野に活躍の場が限られていましたが、いまはインターネット上に無数に書く場所があります。少なくとも対価を求めない場合ならば、ブログなどでいつでも発表できるといえるでしょう。それが場合によってはいくばくかのお金を生み出すこともあります。とはいっても、アルバイトをした方がいいのではないかといった格安のお金しかないのも現状です。ライターは誰でもすぐになれるがなかなか稼げない職種としてとらえられているといえるでしょう。

  • メールの文面を気をつけよう

    メールというのはとても便利なツールです。その分、文面ひとつとってしまうと相手をいらっとされてしまうこともあります。フランクに書いてしまえば馴れ馴れしいと思われてしまいますし、一方であくまでもていねいに書くことを心がけたとしても慇懃無礼なイメージを持たれてしまいかねません。ベストな電子メールの送り方というのは実のところ大変難しいと言わざるをえないでしょう。

  • ビジネスメールのマナーは?

    仕事においてメールをやりとりする機会は多いでしょう。そこで、忘れがちなのがビジネスメールにおいてもマナーがあるという点です。友人とのラインのメッセージ交換ならばフランクな言葉遣いも可能でしょうし、どちらからともなく返信をしないといったこともOKです。しかしながらビジネスメールにおいてはそういうわけにはいきません。

  • ウェブには戦略が必要

    いまやウェブを広告媒体として利用することに異論はないでしょう。ほとんどの企業がウェブを持ち、そこで自社の宣伝活動を行っています。しかしながら、広告としてのウェブはほとんど見られない、といった現状もあります。ネットCMがたびたび炎上していますが、あれは炎上という形でも注目されないと、誰も見られないといった事情もあるようです。

  • 日本最初のフリーライターは?

    フリーライターは文章で生計を成り立たせる人をいいます。かつてフリーライターの主戦場は雑誌や書籍などの紙媒体でしたが、現在はインターネット上で文書を書くフリーライターも多いでしょう。

  • 食べ方を気にしてみよう

    人間の印象は初対面で決まってしまい、そこから拭うことは難しいといわれています。それは確かにあるでしょう。さらに、その人のふとした言葉づかいや所作などが見られていることもあります。身だしなみや髪型をしっかりとしていても、意外なところでボロが出てしまうことも多いでしょう。その一つが「食べ方」です。

  • 光文社新書の入門書

    光文社新書は現代の新書ブームの火付け役となったレーベルです。これまでは、中高年のサラリーマン向けの書籍シリーズ、カッパ・ブックスなどで知られた光文社が、若者から、女性などに幅広く読まれる新書レーベルに生まれ変わりました。

  • 個性的な作家の日記

    日記は、その人の生活の様子や人となりがわかる貴重な記録です。エッセイなどで身辺雑記が語られることはありますが、日記だとほぼ毎日の記録が記されているので、背景を知ることができます。さらに作家の場合は、創作の秘訣のようなものもうかがえるでしょう。

  • ビジネス書の著者になる

    ビジネス書は出版業界の中で人気の高いジャンルです。日々、多くの書籍が出版されています。ビジネス書の中でも人気があるテーマとしては、ハウツーもの、メソッドものがあるといえるでしょう。時間の使い方や、仕事の進め方、あるいはパソコンやスマホなどのデジタルガジェットの活用術など、多くの分野があります。誰しも自分なりの法則や、仕事の進め方といったものがあるでしょう。そういう観点から考えてみれば、実は、ビジネス書は誰でも一冊の本が書ける可能性があります。

  • ブログ運営とマネタイズ

    インターネットの規模が大きくなり、ブログ運営だけで収入がまかなえるマネタイズが可能となりつつあります。そんなことは一部の人気ブロガーだけの利益ではないかと思うかもしれません。しかし、今やネットでのマネタイズは、ノウハウさえあれば誰でも可能です。

  • エリートと美意識

    これまで経営というのは、分析、論理、理性に重心が置かれてきたが、これからのビジネスにおいて必要なものは美意識、それを敷衍すれば直感と感性である、そうした斬新な提案をしているのが山口周による『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?~経営における「アート」と「サイエンス」』(光文社新書)です。

  • 『GON!』とは何か

    今やネット上には、フェイクニュースやジャンクなニュースがあふれているといえます。その中から正しい情報を見きわめるだけでもひとつの能力がいるといえるでしょう。一方でフェイクニュースやジャンクニュースそのものには深い味わいがあるのも確かです。もちろん意図的な悪意を持って配信されたニュースは問題外でしょうが、ユーモアのあるニュースは歓迎されるべきでしょう。

  • 放送作家と小説家なぜ兼業?

    放送作家はテレビやラジオなどの企画を立てたり、台本を執筆する仕事です。放送メディアの発達とともにあらわれた仕事だといえます。この放送作家は、初期に活躍していた人物は、のちに小説家となる人が多くいます。野坂昭如、永六輔、青島幸男などが代表的でしょう。さらには藤本義一や、井上ひさしなども放送作家と作家を兼業していた人物として知られます。さらには34歳で亡くなった純文学作家の山川方夫も放送台本を執筆していました。なぜ、彼らは放送作家兼小説家というべき存在になったのでしょうか。

  • 盛った面接回答はアリ?

    就職試験をはじめ面接試験を受ける時、内容を盛った経験は誰しもあるでしょう。その時は感情はどんなものがあるでしょうか。多少のウソならばばれないから大丈夫だろうという安心感なのか、盛った部分をツッコまれたらどうしようという不安もあるでしょう。

2 / 88 « 先頭 1 2 3 4 5 6 最後 »