ビジネス

ビジネスマンの為のビジネスに役立つ情報を紹介しています。会社経営に必要な知識、サラリーマンのためのキャリア設計や出世するためのポイント、ビジネスマナーや敬語のマナーなど使えるビジネススキル情報、部下を持った上司のためのマネジメントテクニック、キャズムやブルーオーシャン戦略などのマーケティング戦略、将来起業・独立をする人のためのお役立ち情報、お金持ちになるための考え方などビジネスで役立つ情報をたくさん紹介しています。

  • お買い得な国家資格、いりませんか?

    大切な知財を守り、活かして、お金を生みだしてくれる知財コミュニケーション力。ビジネス界で大注目されている知財コミュニケーターへの道をご紹介します。

  • 自分の価値は自分では絶対にわからない

    すばらしい自己実現の手段、出版。でも、いったい何を書いたらいいのでしょう。自分に本を書く価値があるとは思えない……その考え、本当に正しいですか? 伝わる力の威力がわかる出版事例をご紹介します。

  • 放送作家はアイデア勝負

    放送作家はテレビやラジオの企画を考えたり、台本を書く仕事です。放送作家の仕事はアイデア勝負といわれています。さらに100本企画を出して1本採用されるかどうかといった厳しい世界です。常にアイデアのアウトプットが求められる世界だといえるでしょう。

  • ブラック企業は多すぎる?

    フリーライターの小林拓矢による著書「早大を出た僕が入った3つの企業は、すべてブラックでした」(講談社)は著者が経験した3つのブラック企業の実体験が記されています。

  • 賞罰は何を書く?

    履歴書やエントリーシートなどに賞罰を書く欄があります。ここには何を書けば良いのでしょうか?

  • せどりは儲かる?

    せどりという仕事があります。もともと古本業界の用語で、プレミアがついているが安い古本を探し、それを他の業者に転売することで利ざやを稼ぐ方法です。かつてはせどりのために全国を行脚する人間もいたといわれていますが、現在はネット空間でも行われています。さらに書籍だけでなく、ほかの商品も安く仕入れて高く売る転売一般の行為について、せどりと呼ばれています。

  • 目からウロコの節税裏ワザ

    複雑でわかりにくい社会保険料と税金の計算法。 だからこそ、専門家だけが知る節税の裏ワザがありました。 目からウロコのフィナンシャルテクニックを惜しげなく公開します。 全国の社長さんに耳より情報です!

  • お金の稼ぎ方は学校では教えてくれない

    どんな職業でも、稼いでいる人はいるのです。だから、「この職業だから稼げない」ということはありません。仕事技術と稼ぎ方は別物です。学校では教えてくれないお金の稼ぎ方を、正しく学んでみませんか?

  • 既卒フリーターは不利なのか?

    日本の就職市場は、新卒一発勝負が重要だといわれています。そこで就職に失敗すれば、挽回するのは難しいといわれています。働き方の多様化は進んでいるとはいえ、そうした傾向はいまだあるといえるでしょう。

  • 好きなことを続けるために

    本好きにとって憧れの仕事といえば、古本屋でしょう。本に囲まれつつ、さらに本好きな客たちとふれあいながら、ゆったりと過ごしてゆく。決して儲かる仕事ではないだろうけれども、自分が暮らせる分には問題ない。そうした古本屋の世界に憧れを抱いている人は森岡督行「荒野の古本屋」(晶文社)をおすすめします。

  • ビジネス書のガイド本

    ビジネス書は、人気のジャンルです。日々、膨大な量が出版されています。これだけの多量のビジネス書を見ると、どれから読めば良いのか迷ってしまうかもしれません。そんなビジネス書のガイド本といえる本が、大杉潤「入社3年目までの仕事の悩みに、ビジネス書10000冊から答えを見つけました」(キノブックス)です。

  • ノーベル賞の裏に、知財コミュニケーション力あり

    私たちの身近にも、そしてノーベル賞という一大栄誉の陰にも!  iPS細胞の特許にまつわる、知られざる知財戦略の感動ドラマをご紹介します。

  • 何かを教えるとき、人は一番幸せを感じる

    どんな情報媒体より最も情報価値が高い「本」。本を出したい夢の根底にあるのは、深い幸福感への欲求です。人生の価値を高める自己実現の成り立ちとは? 一生に一冊は本を書くべき理由に迫ります。

  • 2040年のビジネスモデルは?

    近い将来、人間の仕事がやらなければいけない仕事はほとんど消滅するといわれています。例えば、医者に行って薬をもらうという行為ですら、コンピューターが熱を測り、その他のデータを取り体調に応じて薬を出す、といったことに置き換わるかもしれません。

  • ビジネスマンは大学教授を目指せる?

    大学教授になるには、一般的には大学院を出て、博士論文を提出し博士号を取得する必要があります。あくまでもこれは一般的な方法です。

  • 新聞雑誌から知識を得る方法

    新聞や雑誌は、インターネットに比べれば古いメディアだといわれています。だらだらとこれらのメディアを読み続けるのは、ともすれば「時間のムダ」とも思われがちです。しかし、古いメディアには、それはそれで良さがあります。

  • 社長の給料を下げる4つのメリット

    ある社長さんからの相談その2です。 「どうやら社員たちが『社長の給料が高すぎる!』と不満のよう。やはり私の給料を下げたほうがいいのでしょうか?」 さて、「天使の節税術」が出した明解な答えとは?

  • 日本一になりたいなら安売りするな

    もしも、あなたが「たくさんお金を稼ぎたい」と考えた時、いちばん高い値段で勝負できる人になれますか?「私にはそんな価値はない」と尻込みしてしまうのではないでしょうか。けれども、自分を安売りすることは誰のためにもならないのです。

  • ハードニュースとソフトニュース

    テレビ番組や、新聞、雑誌などのメディアでニュースをチェックする人は多いでしょう。そのニュースもハードニュースと、ソフトニュースとわけられます。

  • コカ・コーラとは真逆の戦略を取った伊右衛門の狙い

    レシピ秘密厳守のコカ・コーラに対して、オープン・クローズ戦略で勝利した伊右衛門。ビジネス成功の裏に隠された頭脳戦をご紹介します。

2 / 81 « 先頭 1 2 3 4 5 6 最後 »