ビジネス

ビジネスマンの為のビジネスに役立つ情報を紹介しています。会社経営に必要な知識、サラリーマンのためのキャリア設計や出世するためのポイント、ビジネスマナーや敬語のマナーなど使えるビジネススキル情報、部下を持った上司のためのマネジメントテクニック、キャズムやブルーオーシャン戦略などのマーケティング戦略、将来起業・独立をする人のためのお役立ち情報、お金持ちになるための考え方などビジネスで役立つ情報をたくさん紹介しています。

  • 成功者の言葉に学ぶ

    仕事をするにあたって、ひとつの信念や哲学といったものを持つことは大切であるとされています。さらに、それが何か成功を成し遂げた人物の言葉であるならば、なおさら重みや深みを生み出すのではないでしょうか。

  • 世界最先端のマーケティングとは?

    ビジネスを展開するにあたって、マーケティングは意識すべきものでしょう。その時、もっとも重要なのは、顧客とどのように繋がるかといったポイントではないでしょうか。

  • 床屋は外科医だった?

    髪を切る場所である床屋さんの玄関には、赤色と青色のらせん状のぐるぐると回るランプがあります。あれは、実は人間の動脈と静脈を表しているといわれています。

  • サボタージュの本質を知る

    R.M.ガルフォードほかによる『アンチ・サボタージュ・マニュアル 職場防衛篇: 組織を破壊から守る9の戦術 』(北大路書房)は、サボタージュについて書かれている本です。

  • 週40時間を作る時間術

    会社員の一週間の労働時間は40時間です。これはあくまで目安であり、残業や往復の通勤時間、準備時間、休憩時間などは含まれていません。さらには、会社員同士の飲み会の付き合いなどもあるでしょう。そうなると、朝起きて会社へ行き、家へ帰ったら眠るだけという人も少なくありません。

  • 自分のことをまずは考えよう

    会社員生活を送るにあたって、周りに合わせていく協調性は必要な能力とされています。しかしながら、そうした環境においては自らの個性といったものが埋没していってしまう可能性もあります。

  • 原因と結果を意識する

    ビジネスシーンにおいて、プランを立てたのは良いが、なかなか上手くいかず、もどかしい思いをしたことのある人は少なくないでしょう。しかし、あらゆるトピックには原因と結果が存在するものです。

  • 文壇、文人とは何か?

    出版不況であるといわれて久しいですが、かつて出版はメディアの王道でした。そこでは多くの雑誌が創刊され、執筆者も多くいました。さらに、現在ではマイナーなジャンルとなってしまった文芸誌も、王道のメディアとして存在していました。

  • 教養としてのテクノロジーに学ぶ

    現代社会にはあらゆるフレーズが次々と登場しています。AI、仮想通貨、ブロックチェーンといったフレーズは、頭でなんとなく理解していたとしても、それをどう活用していけばいいのか、それによって社会がどう変わっていくのかをイメージすることはなかなか難しいのではないでしょうか。

  • 「zine」の歴史を知る

    出版物は、出版社によって発行されるものというイメージが強いです。全国に流通し書店に並べられるものに限ってはそうでしょう。しかし、現在はインターネットの発達などにより、そればかりとは限らなくなってきています。出版物は放送局などのように政府の認可はいらず、誰でもいつからでも出版社を起こすことができます。そうした自立的な精神があるのが出版の魅力です。

  • AIはどこまで優秀か?

    将来、今人間がやっている仕事のほとんどが人工知能であるAIにとってかわられるといわれています。しかしながら、本当にそのような未来がやってくるのか、現在の私たちの想像力ではなかなかイメージがしづらいのも確かでしょう。

  • 10年後の仕事を考えよう

    職業選択は若者にとって、人生のひとつの岐路であるといえるでしょう。もちろん転職といった手段もありますが、一度ある業界を選んだならば、ほぼそこに類する場所で生きてゆくことになります。

  • 没頭力をきたえよう

    この世界には情報が溢れています。さらにインターネットではあらゆる動画や読み物を無料で見ることができます。なかには違法にアップロードされたものもありますが、オリジナルのコンテンツもあります。名の知られたクリエイターや業者の作品ではなく、素人が作った何気ない作品もいいものです。しかし、これらはただ、だらだらと消費していくだけで過ぎていってしまいます。そこにあるものは虚しさではないでしょうか。

  • 編集長とデスクの違い?

    本を編集し、出版する出版社において、編集長やデスクといったポジションがあります。この両者の違いはどのようなものなのでしょうか?

  • 女性の職業を知る

    世の中には無数の職業がありますが、狭い視点にとどまっているとすべてが見えてこないこともあります。そうした時に役立つのが女性の職業研究会による『女性の職業のすべて〈2019年版〉』(啓明書房)です。

  • 時間を味方につけるには?

    人生を変えてみたいと思っている人は多いのではないでしょうか。そんなときに立ちはだかる問題は、なにからはじめればいいのかわからない、ということです。とどのつまり、選択肢の多さが無限にあるがゆえに、どこから選べばいいのか、さらにどのように処理してゆけばいいのかわからないといった問題がそこにはあるのです。

  • 逆境こそチャンスである?

    ビジネスシーンにおいて、何度も逆境に遭遇する瞬間があると思います。そこで、さらにアクセルを踏むのか、引いてみるのか、行動の選択が求められることでしょう。しかしながら、長嶋茂雄が「失敗は成功のマザー」と言うように、逆境にこそチャンスが転がっているともいえます。

  • 「まだないもの」を思いつくには?

    アイデアのアウトプットは大事な要素ですが、そこで求められるものは既視感のないものです。つまり、これまで見たことがないような斬新なアイデアが必要だということです。これは単なる思いつきとは異なり、特にビジネスシーンにおけるアイデアは、きちんとユーザーの需要と合致しているかといったところも求められるでしょう。

  • なるにはブックスとは?

    学生時代の図書室の思い出の本といえばなんでしょうか。ひとつに「なるにはブックス」はあるかもしれません。これは、職業の案内書というべきものです。お医者さんになるにはどうすればいいのか、放送記者になるにはどうすればいいのか、あるいは建築技術者になるにはどうすればいいのか、職業のなりかたや、心がまえなどが記された本です。

  • シェアの視点を獲得するには

    いま、インターネットで宣伝をするにあたって、不可欠のキーワードはシェアであるといえるでしょう。どれだけその情報をシェアしてもらい、多くの人に知ってもらえるのか。SNSはどのように情報が広まってゆくのか。そういった視点を用意した本が、天野彬による『シェアしたがる心理:SNSの情報環境を読み解く7つの視点』(宣伝会議)です。

2 / 99 « 先頭 1 2 3 4 5 6 最後 »