ビジネス

ビジネスマンの為のビジネスに役立つ情報を紹介しています。会社経営に必要な知識、サラリーマンのためのキャリア設計や出世するためのポイント、ビジネスマナーや敬語のマナーなど使えるビジネススキル情報、部下を持った上司のためのマネジメントテクニック、キャズムやブルーオーシャン戦略などのマーケティング戦略、将来起業・独立をする人のためのお役立ち情報、お金持ちになるための考え方などビジネスで役立つ情報をたくさん紹介しています。

  • ビジネスと写真とイメージの関係

    ほとんどの日本の企業はウェブサイトを持っています。ですが、ニュースサイトなどと比べて、企業サイトに定期的にアクセスしている人は少ないでしょう。その理由を考えていくと「地味」「面白くない」といった、当たり前の感想が浮かぶのではないでしょうか。

  • ロングテールのビジネス活用

    ロングテールという言葉があります。インターネットの世界においてはすっかり定着した言葉であるといえるでしょう。

  • 夢は見るもの? いいえ「叶えるもの」です!

    一度でいいから自分の本を出せたらな……。だれもが思う夢ですね。「その夢をなぜ実現しないのですか?」と語る日本一の出版プロデューサーが、出版までのノウハウを具体的に解説。難しくない本作りをご紹介します。

  • あのカタカナ略語の意味は?

    インターネットではさまざまなカタカナ用語、アルファベット略語が飛び交っています。それらの言葉の意味について、検索すれば出てきますが、それでは深く理解することができません。

  • 熱い情熱に目覚める特別な夜……フラメンコが教えてくれる大人のカッコよさ

    「共感と共調」に毒気を抜かれた、今の日本社会。 どこへ行ってもゆるすぎてつまらないという声も聞こえてきます。 そう、人はもっと熱い気持ちを隠し持っているはずなのですから。 スペイン発祥のフラメンコは、大人ならではの情熱を目覚めさせてくれる、 成熟した音楽と踊りの伝統芸能です。 そんなフラメンコが、今、じわじわと注目を集めているのだとか。 心を揺さぶる早弾きギターの音色、 魅惑的なダンサーの生命力……。 たしかに、洗練されたカッコ良さにあふれていそうですね! いったいどこで、どんなふうにフラメンコに出逢えるのでしょうか。

  • どうしても法人税はイヤ…それならこの手!

    法人税を納める前に、やっぱり会社のための経費を増やしたい。 そんな経営者の強い味方を、「天使の節税」専門家にしっかり教えてもらえます。 一気に240万円の経費を生み出す最善の方法とは?

  • 航空業界に入るには?

    航空業界はいまだ花形の職業だといえるでしょう。世界をまたにかけて活躍するパイロットや、客室乗務員などにあこがれる人は多いでしょう。ですが、あこがれだけでは夢に結びつきません。航空業界に入るにはどうすればいいのか。そのエッセンスをまとめた本が『航空業界就職ガイドブック2018』(イカロス・ムック)です。

  • 企画力には思いやりが重要?

    仕事をする上で、必要なものは企画力発想力だといわれます。それらを鍛えるための書籍は多く出ていますが、そもそも企画力に必要なものはなんなのか。そこを根本までさかのぼって考えられる本が小山薫堂編著による『社会を動かす企画術』(中公新書ラクレ)です。

  • 適正年収とスローライフ

    諸説ありますが適正年収は、年齢に15万円をかけたものといわれています。25歳ならば、375万円、30歳ならば450万円、40歳ならば600万円となります。いまどきこれだけの年収をもらっている人はかなり限られてくるのではないでしょうか。そうした社会において、もうひとつのありかたが、あくせくしない生き方、スローライフです。

  • ポッキーが半世紀も勝ち続けている理由

    知財で最大限の効果を得るオープン・クローズ戦略。その戦略で半世紀も勝ち抜いているポッキーの秘密に迫ります。

  • 「メンタツ」は使えるか?

    就職活動に関しては、さまざまな書籍が出ています。毎年、最新年度版が発行されているベストセラーシリーズもあります。その一つが中谷彰宏による『面接の達人』シリーズ(ダイヤモンド社)でしょう。「メンタツ」の略称でも知られています。この本は使えるという人もいれば、内容がほとんど変わっていないので使えないという人もいます。果たしてどちらなのでしょうか?

  • 経営革新をしなければ事業承継はうまくいかない

    中小企業の事業承継は、経営革新を起こせるようにして引き継ぐことが肝心です。有形・無形資産を後継者にまるごと譲り渡すだけでは、うまくいかなくなるのが事業承継なのです。

  • 新しい働き方の地図の本

    いまや、働く場所は限定されない時代だといえるでしょう。毎朝、通勤列車に乗って会社へ行く時代は古いと言われて久しいです。ですが、いまだに日本は大都市の一極集中があり、正社員信仰も根強くあります。果たして本当にそうなのか。米田智彦による『いきたい場所で生きる 僕らの時代の移住地図』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)では、新しい時代の労働感を示しています。

  • 会社員はムダが多い?

    忙しいという言葉を口にしている人は多いでしょう。ですが、その忙しさの内容とはどういうものでしょうか? 本当に忙しいのでしょうか? そんな素朴な疑問を解き明かしたものがホリエモンこと堀江貴文による新書『99%の会社はいらない』(ベスト新書)です。

  • 「法人税が高い」は、かつての思いこみ!?

    「会社の利益を自分の給料にすれば、利益ゼロになる」という法人税対策。 それは本当なのでしょうか? 安直に利益を動かす前に、知っておきたい大切な事実。 600万円の利益を例にして、わかりやすくご紹介します。

  • 日本人の働き方はヤバい?

    日本人は勤勉だといわれます。朝きっちりと起きて満員電車に揺られて会社へ向かい、残業をこなし終電近くで帰宅して翌朝も出勤してゆく。さらに会社の人間との酒やレジャーを通じたコミュニケーションも欠かさない。しかし、そこで本音は決して言わない。そうした働き方は、ごく当たり前のこととして受け入れられていますが、外国から見れば異常に映ることもあります。

  • アイデアの「絶対領域」で勝利をつかめ!

    アイデアを守るだけでなく、攻めに転じるための一手があります。それは、いちばん魅力的な部分だけを見せることで、あなたのアイデアの価値が最大限に高まる戦略です。

  • ビジネスにも使えるKJ法とは?

    何か面白いアイデアや、奇抜な発想を形にしたいと思う人は多くします。しかしながら、ほとんどが、どこかで見たようなアイデア、無難なプランに落ち着きがちです。創造的な思考をめぐらせるためには、新しい方法論を用いる必要があります。その一つとしてKJ法があります。

  • 事業承継を成功させるポイントは早期の検討

    日本の中小企業は、施設だけでなく、人材においても交替の時期を迎えており、事業承継が大きなテーマとなっています。有形資産に加え無形資産も存続させていくためには、早期から承継を検討していくことが重要です。

  • 年収に見る中央値と平均値

    日本人の平均年収は年々右肩下がりだといわれています。これは社会構造の変化によるものです。国税庁の統計によれば、日本人の平均年収は、性別、職種、年代に関係なく調べると、およそ414万円といわれています(2015年9月発表)。これは少ないと感じるでしょうか。それとも多いと感じるでしょうか?

3 / 81 « 先頭 1 2 3 4 5 6 7 最後 »