ビジネス

ビジネスマンの為のビジネスに役立つ情報を紹介しています。会社経営に必要な知識、サラリーマンのためのキャリア設計や出世するためのポイント、ビジネスマナーや敬語のマナーなど使えるビジネススキル情報、部下を持った上司のためのマネジメントテクニック、キャズムやブルーオーシャン戦略などのマーケティング戦略、将来起業・独立をする人のためのお役立ち情報、お金持ちになるための考え方などビジネスで役立つ情報をたくさん紹介しています。

  • 場づくりの教科書とは?

    世の中にはあらゆるコミュニケーション手段が溢れています。特にインターネット空間のなかにおいては、なんでもそこだけで完結してしまう傾向がありますね。その分、人と人のつながりの意識が希薄になってしまいなのではないでしょうか。

  • ミドルリーダーのための時間術とは?

    時間術に関する本はさまざまなものが出ています。そのどれもが自分のための時間をどう使うかといったことに主題が置かれています。確かにそれは、多くの人にとって重要なテーマです。しかしながら、ある程度年齢を重ねてくるともうひとつの時間術というものも重要になってくるのは確かでしょう。それが中間管理職などによる他人のための時間術、部下のための時間術です。

  • 段取りノート術とは?

    大人の発達障害が取りざたされて久しいです。ものが片づけられない、順序よく進められない、すぐに忘れてしまう、といったものですね。そうしたときに必要なものはしっかりと書き留めておくことではないでしょうか。確認が重要というわけですね。

  • 考える前に動け

    よく、考え込んで動けずに立ち止まってしまう人がいます。確かにそういう時があるのは仕方ないと言えるかもしれません。しかしながら、その時間だけ確実に損をしているのは確かでしょう。

  • 夢を叶える方法を学ぶ

    夢を叶える方法というのは誰しも知りたいものです。しかし、身も蓋もないことを言ってしまえば、誰かがすでにやったことは夢を叶える方法として正しいものなのでしょうか。誰がやってしまったということが夢を叶えるにあたっては障壁になってしまうような気がします。

  • 夢をかなえる時間の使い方とは?

    夢を叶えるにあたって、必要なものは効率的な時間の使い方ではないでしょうか。なによりも時間は有限でありますので、そこにおいては、時間をどのように使ってゆくかが夢を叶えるための重要なキーポイントではないかと思います。

  • 文庫本なぜ安い?

    文庫本は読書好きにとっては重要なアイテムですね。サイズが小さいためかさばることがありませんし、値段も単行本に比べると安めになっています。もともと単行本から文庫本化までのペースは3年ほどが目安とされてきましたが、最近は1~2年で文庫化される作品も多くなってきています。さらに、最初から文庫版オリジナルとして出版されるものもあります。

  • 就活ジプシーとは何か?

    就活に関しては毎年さまざまな新語が生まれています。そのひとつとして就活ジプシーなるものがあります。これはいったいどのようなものなのでしょうか。

  • 最高品質の会議とは?

    会議とはビジネスシーンにおいては欠かせない要素です。その会議というのは、常にだらだらとしたものになりがちです。ともすれば、それは世間一般的に見た場合に非効率ということにもなりかねませんよね。

  • テレビ業界は悪夢?

    テレビ業界というのは、ブラックな労働環境がデフォルトであると言われています。夢を見て入ったとしても、そうした業界の惨状を目の当たりにして挫折してしまうといった話も聞かないわけではありません。

  • 小さく勝つ方法とは?

    世の中にはあらゆるビジネスチャンスが転がっています。それをなんとかものにしたい、成功をつかみとりたいという人は多いでしょう。しかしながら、そのすべてがうまくいくとは限りません。場合によっては失敗のリスクもつきまとうのは確かでしょう。

  • 決断は3秒で決める

    決断というのはさまざまな場所で迫られます。重要な決断の場合は時間をかけて判断するというのもひとつの手でしょう。しかしながらもうひとつ、即決という選択もあります。人生の岐路に立たさせるようなものは別としてもビジネスシーンなどにおいては即決というのは、ある意味では重要な要素だといえるかもしれません。

  • 夢を叶える魔法を引き寄せるには?

    夢を叶える、これはふんわりとした言葉ですが、とても重要な言葉でもあるでしょうね。夢に向かって邁進したとしても、必ずしも夢が叶うわけではない。この残酷な事実と折り合いをつけながらどのように生きていくかがキーポイントになると言えるでしょう。

  • リーダーシップのスキルとは?

    リーダーシップという言葉があります。人をまとめて、率いていく能力ですね。これは生まれ持った能力のように思われがちですが、決してそんなことはありません。リーダーシップはビジネススキルのひとつであり、そこにおいては誰もが引き伸ばすことができるのです。

  • 残業を考える

    残業とは日本独特の働き方と言われています。特に残業代の出ない、俗に言うサービス残業はよく知られていますね。残業というのは、本当に必要なものなのか。「働き方改革」が叫ばれていますが、実際のところはどうであるのか。そのような問いかけをしている本が、中原淳とパーソナル総合研究所による『残業学 明日からどう働くか、どう働いてもらうのか?』(光文社新書) です。

  • メモの魔力とは?

    仕事においてもっとも重要なポイントとはなんでしょうか。そこにおいては、やるべきことをやる、さらにはミスをしないといったシンプルな要素が生きてきます。そのようなことは簡単にできるようでいて、なかなか実践ができないものです。そこにおいて重要なのはメモ力というべきものでしょう。

  • オフィスの効率化は夢をかなえる?

    仕事術に関する本は多く出ていますね。そこにおいてはコミュニケーションに主軸が置かれたものが多くあります。それはやはり仕事というのはフェイストゥーフェイスのコミュニケーションの中から生まれていくものであるといった基本があるためでしょう。確かにその傾向はあるかもしれません。しかしながら、もうひとつの要因として周囲の環境も関わってくるのではないでしょうか。

  • 褒め活、社会を作る

    今の世の中はすべてダメ出しで溢れていると言われています。確かにネットを除いてみるとあらゆる文句が溢れていますね。もっと良いところを見つけられないものかと呆れてしまうでしょう。

  • 部下を成功させるコミュニケーション技法とは?

    世の中にはコミュニケーションに関する本が多く出版されています。そのどれもが、自らの成功を前提としているものが多いです。しかし、ビジネスシーンにおいては自分が上司となって部下の成功を促すシーンもあるでしょう。その時、どうすればいいのか迷ってしまうことも多いです。やはり、自分で成功することはたやすくても、他人を成功させるのは、それはそれで難しさが伴うのではないでしょうか。

  • 夢や目標なしで成功するには?

    何かの成功を目指すメソッドにおいて基本として掲げられるものとして、大きな目標を持ち夢や成功へ向かって進むことが掲げられています。しかしながら、それはある意味においてはベターすぎる選択と言えますし、最終的に夢や目標が達成できなかった場合のフォローといったものがありません。

3 / 109 « 先頭 1 2 3 4 5 6 7 最後 »