ビジネス

ビジネスマンの為のビジネスに役立つ情報を紹介しています。会社経営に必要な知識、サラリーマンのためのキャリア設計や出世するためのポイント、ビジネスマナーや敬語のマナーなど使えるビジネススキル情報、部下を持った上司のためのマネジメントテクニック、キャズムやブルーオーシャン戦略などのマーケティング戦略、将来起業・独立をする人のためのお役立ち情報、お金持ちになるための考え方などビジネスで役立つ情報をたくさん紹介しています。

  • アニメプロデューサーになるには?

    アニメは、日本が世界に誇るサブカルチャーのひとつです。さらに、アニメは今や子供向けのものばかりではありません。テレビの深夜枠では多くのアニメ作品が放送されています。

  • アイデアの法則を知る

    ビジネスの場面では、常に新しいプランやアイデアが求められます。そこにおいては単なる思いつきよりも、より具体的なアイデア、実現可能性の高いアイデアが求められるといえるでしょう。

  • 100円ライターのプライド

    100円ライターという言葉があります。タバコと一緒に売られている100円のライターのことではありません。これはものを書くライターを指す言葉です。100円ライターのように安い、使い捨てといった意味があり、どちらかといえば悪いイメージで使われます。しかし、自らを100円ライターと名乗り、その来歴を自伝的に記した本があります。それが岩本太郎による『炎上! 一〇〇円ライター始末記:マスコミ業界誌裏道渡世』(出版人)です。

  • 1日を27時間にするには?

    慌ただしい生活を送っている人の中には、1日が24時間しかないのは短すぎる、感じている人もいるでしょう。1日があと数時間長ければ、などとイフの思考をした経験は誰しもあるのではないでしょうか。

  • 箱根駅伝をビジネスに援用する

    原晋の『逆転のメソッド 箱根駅伝もビジネスも一緒です』(祥伝社新書)は、2015年に初優勝を果たし、その後2018年まで4連覇を続けている青山学院大学陸上競技部の監督です。

  • 国連の公用語は何?

    国際連合はアメリカのニューヨークに本部を持つ、国際組織です。世界の多くの国が参加しており、公用語としていくつかの言語が採用されています。

  • 敬語表現マナーを学ぶ

    ビジネスシーンにおいて敬語表現というのは重要な要素です。しかし、どれだけ気を付けていても、つい誤った言葉づかいをしてしまうこともあります。たとえ見た目などに気を遣っていたとしても、敬語表現がなっていなければ、それは見かけ倒しになってしまうでしょう。

  • 社員のやる気を「支援」する

    社員定着率を高めるためのステップとして「理念」「体現」「信頼」について触れてきましたが、最後に、第4のステップ「支援」について触れていきましょう。社員定着率96%を実現したリハプライム代表取締役の小池修さんがいう「支援」とは、「信頼」の話に出てきた社員を指導するといったこととは少し違うようです。

  • 社員に信頼されるリーダーの条件

    社員定着率96%を実現したリハプライム代表取締役の小池修さんが挙げる、社員が辞めない会社作りへのステップ、「理念」「体現」に続いて、3つ目は「信頼」です。社員との信頼関係を築くとはどういうことなのか、小池さんの持論から紐解いていきましょう。

  • リーダーの「体現」が理念を浸透させる

    理念とは会社そのものだと強調する、社員定着率96%を達成したリハプライム代表取締役の小池修さん。さらに理念が看板倒れで終わっては身も蓋もありません。リーダー自ら率先して理念を体現し、社員全員に浸透させていくことが肝心です。そのために何をするべきか。小池さんの会社が実践している方法に迫ってみましょう。

  • 会社は「理念」ででてきている

    経営理念とは創業時に抱いた「こんな会社を創りたい」「こんな会社にしたい」 という思いを言葉にしたもの。でも、リハプライム代表取締役の小池修さんは「経営理念は額に入れて社長室に飾ってあるだけではだめ」と強調します。理念を実践するとはどういうことか。掘り下げてみてみましょう。

  • 理念を浸透させる一つの方法

    「理念」は掲げているだけでは意味はなく、社員に浸透させることで初めて生きてくると、社員定着率96%を実現したリハプライム代表取締役の小池修さんは言います。では、理念を浸透させるのに不可欠なこととは何か。小池さんは「リーダー自らが率先して体現すること」が不可欠だと明言しています。

  • 社員定着率を上げる理念とは

    社員の定着率を上げるには待遇改善が大前提というのが、社員定着率96%を実現したリハプライム代表取締役の小池修さんの持論。しかし、定着率を100%に近づけていくためにはそれだけでは不十分だと、小池さんは言います。重要なのは4つのステップだと言うのですが、一体どんなことなのでしょうか。

  • 定着率がアップする昇給術とは?

    これまで社員が辞めたくなる理由と対策について触れてきましたが、意外に感じた方も少なくないのでは?そう、おカネ、つまり給料の話が一切出てきていません。不景気が長く続いた影響もあるのか、最近の若年層は給料に対してそれほど執着がないということなのでしょうか。とは言え、社員のモチベーションを上げるのに賃金は重要な手段のはず。そのあたりの関係を考えてみましょう。

  • 社員定着の大前提、待遇改善の極意とは

    社員が辞めたくなる理由は、休暇の取りやすさ、人間関係、先行きへの不安の3点に集約されるというのが、驚異の定着率96%を実現したリハプライム代表取締役の小池修さんの見識。ではそれらをどう解決していくのが合理的なのか、小池さんの経験談から見ていきましょう。

  • エンタイアとは何か?

    オークションサイトなどで、エンタイアと呼ばれる古い手紙が出品されていることがあります。これにはどんな価値があるのでしょうか。

  • イマドキ社員はなぜすぐ辞める?

    「最近の新入社員はすぐ辞めてしまう」。人材不足に頭を抱える経営者からよく聞かれる言葉です。イマドキの若者の考えていることがよくわからない?昔に比べて根性がなくなった?やっかみを並べたくなる気持ちは分からないではありませんが、原因を突き止めなければ前には進めません。

  • 40代でシフトする働き方とは?

    働き方というのは、それぞれのスタイルがあります。現在は正社員としてひとつの会社に長く務めるといった従来の働き方も価値観の転換を求められるようになってきています。そうした複雑な社会は今、これからの働き方がどうあるべきかを模索する必要があるといえるでしょう。

  • 逆境からの「社員定着率96%」への道

    社員定着率が50%いけば上出来と言われる介護業界で、96%という驚異の実績を達成した、リハプライム代表取締役の小池修さん。しかし、この数字を実現するまでの道は決して平坦ではなく、試行錯誤の連続だったといいます。まずは成功までの道のりを見ていきましょう。

  • 雑談力をきたえる

    決して数値として表されるものではないし、専門的な資格があるわけではないけれども、その人にとって大きな武器となる能力はいくつかあります。そのひとつが雑談力でしょう。ビジネスなどにおいて、初めて会った相手に対し、雑談を交わせる能力というのはとても大きな力です。

3 / 99 « 先頭 1 2 3 4 5 6 7 最後 »