ビジネス

ビジネスマンの為のビジネスに役立つ情報を紹介しています。会社経営に必要な知識、サラリーマンのためのキャリア設計や出世するためのポイント、ビジネスマナーや敬語のマナーなど使えるビジネススキル情報、部下を持った上司のためのマネジメントテクニック、キャズムやブルーオーシャン戦略などのマーケティング戦略、将来起業・独立をする人のためのお役立ち情報、お金持ちになるための考え方などビジネスで役立つ情報をたくさん紹介しています。

  • アイデアは醸成が命

    アイデアは、仕事をする上で重要な要素です。いかに新しいものを創造していくのか、また、どのようなひらめきを形にしていくのかといったことが問われていきます。

  • 履歴書の空白期間なぜ不利?

    履歴書を書く場合、職歴や学歴において空白の期間を作ってはいけないとよく言われます。場合によっては選考で不利にはたらく可能性があるからです。それではなぜ、履歴書の空白期間が不利になってしまうのでしょうか。

  • 方眼ノートの活用術

    スマホやタブレットが普及したことで、メモ書きもそういったデジタルガジェットで行い、ペーパーレスをすすめている人は多いでしょう。しかしながら、自分の考えなどをきちんと手で書き出すことによって記憶や思考が定着するのも事実です。

  • 専業主婦と就職の関係

    専業主婦をしていて子育ても一段落したため、アルバイトやパートタイマーではなく再びフルタイムで働きたいという思いがある人は多いでしょう。それでも、専業主婦の期間がブランクとなってしまうのも事実です。しかし、専業主婦のクリエイティブな経験を活かして就職を成し遂げた人がいます。しかも新しい職場は、タイの首都バンコクにある小学校のカフェテリア、日本風にいえば「給食のおばちゃん」です。薄井シンシアによる『専業主婦が就職するまでにやっておくべき8つのこと』(KADOKAWA)は著者の実体験に基づいた、専業主婦から再び働くようになった女性のストーリーです。

  • 生産性向上の秘訣は?

    会社員生活を送るにあたって、ほとんどの仕事はチームワークで行われています。もちろん、個人の裁量でできる部分もあるのですが、それも全体の仕事の進捗に貢献する必要があります。それぞれがまったく一人で完結できる仕事というのはまずないでしょう。

  • 職歴の定義は?

    履歴書を書く時に、職歴の欄に何を書くかで悩んでいる人は多いでしょう。職歴とは一般に正社員、契約社員、派遣社員などの社員としての仕事歴を記すものです。アルバイトや自営業などの経験を書くべきかどうかは意見が分かれるところです。

  • 書籍編集者の平均ノルマは?

    本を作る編集者の仕事にあこがれる人は多いでしょう。しかし本作りといっても、定義はあいまいでとても広いす。言ってしまえば本作りにまつわるすべての業務が仕事であるといえるでしょう。著者の候補者と親交を深めるためにお酒を飲みに行く、図書館や書店で最新の動向をリサーチするといった作業も編集者の仕事にふくまれます。

  • 残業削減は業績が伸びる?

    会社員を経験した人ならば残業の効率の悪さは誰もが知るところでしょう。時間を区切って仕事をしない分、だらだらとしたものになりがちです。さらに、上司の指示や確認を仰がなければならないけれども当事者がそこにいないという場合も少なくありません。結局のところ残業でやることといえば、その場で自分の裁量ですすめることができるだけの作業です。

  • 客員教授とは何か?

    テレビを見ていると、客員教授の肩書がある人物が多く登場します。これは、一般的な大学教授とはどう違うのでしょうか。

  • 選挙は究極の営業だ! 都議会議員「おときた俊」から営業術を学ぶ講演会

    営業マン必聴!! “最後は自分が選ばれる”“98%のNOはYESに変わる”ーーその方法を披露するのは政界屈指の注目度を誇る、おときた俊(しゅん)都議会議員です。 政治家も営業マンも究極の商材は“自分”です。SNSを活用したセルフブランディング術、自分とチームのモチベーションUP術、NOをYESに変える術、そしてリピーターを生むコミュニケーション術。 これらが一夜で手に入る営業セミナーが開かれます。

  • 課程博士と論文博士とは?

    博士号は、大学などの研究者になるには必須の資格です。博士号は大学院の博士課程に在学し、博士論文審査に合格することで授与されます。一方で出身大学や、在籍していた大学院とは別の学校から博士号を授与されている人もいます。この違いは何でしょうか?

  • 「のろま」をやっつけるには?

    あとでやろう、いましなくてもいいや、そうしてあらゆる作業をあとまわしにしていませんか。今はよくても、それはのちのち大きな負債となって立ちはだかってきます。〆切りの直前になって「なんでもっと早くやらなかったのか」と後悔したことがある人は多いでしょう。

  • ダイヤの原石どう輝かす?

    ものの例えとして「ダイヤの原石」という言葉があります。これは、いまは即戦力ではないけれども磨けば光る、将来は大物になるといった意味合いで使われますね。そもそも、ダイヤの原石はどのように光り輝くダイヤモンドとなるのでしょうか。

  • サバティカルとは何か?

    サバティカルと呼ばれる休み方があります。これは長期勤務者に対し、1ヶ月から1年程度の休暇を与えるものです。サバティカルの語源は6日働いたあと、7日目は安息日とする旧約聖書のラテン語に由来します。

  • コロコロコミック何歳まで読んでた?

    現在、大人のコロコロコミックとして立ち上がった『コロコロアニキ』(小学館)が人気です。誰もが幼少期に『コロコロコミック』に夢中になったことがあるでしょう。『ドラえもん』『キテレツ大百科』といった藤子・F・不二雄作品はもとより、小林よしのりの『おぼっちゃまくん』なども社会現象となりました。漫画作品だけでなく、ミニ四駆やけん玉やバーコードバトラーといった「ホビー」系の記事も充実していました。

  • 科学的な方法で夢を叶える! 噂の「ゴールドビジョン®」とは?

    夢をかなえる=ゴールを実現する。これを可能にする「魔法の杖」は存在します。 その「魔法の杖」ですが、魔法や奇跡ではなく、いわゆる引き寄せでもない、認知科学をベースとした確実かつ劇的な方法があるのです。 それが噂の「ゴールドビジョン®」。10月14日土曜日に開催されるセミナーでは、さらにシンプルに、効果的に進化したプログラムが世界初公開されます。

  • 2022年の働き方は?

    将来、今ある仕事がなくなるとはよくいわれています。あらゆる仕事がコンピューターやロボットに取って代わられるため、人間が活動する余地が少なくなるといった未来論ですね。しかしながら、そうした状況にはなかなか想像力がおよびません。

  • 文学全集、なぜ配本バラバラ?

    文学全集が出版される時、1巻から配本されずに、ランダムに配本が行われることがあります。これはなぜでしょうか。

  • 地頭力を鍛えよ

    地頭が良いとはよく言われる言葉です。地頭の良さは、仕事の出来にも影響します。仕事というのはこれまでの受験勉強やテストなどと違って、はっきりとした正解はありません。むしろトライアンドエラーを繰り返していく場所です。そんな時に生きてくるものが地頭の良さなのです。

  • 質問力を鍛えてみよう

    質問力は、あらゆる場面で役立つスキルです。しかし、講演会の最後の質疑応答などでは、自分のことばかりを語ったり、あるいは、講演の内容とまるで関係ないことを訊くような人がいます。そうした人たちとは別に、何か質問をしたいのだけれども、最後は何を言っているのかわからなくなってしまうグダグダとした展開に陥るものもありますね。

3 / 92 « 先頭 1 2 3 4 5 6 7 最後 »