ビジネス

ビジネスマンの為のビジネスに役立つ情報を紹介しています。会社経営に必要な知識、サラリーマンのためのキャリア設計や出世するためのポイント、ビジネスマナーや敬語のマナーなど使えるビジネススキル情報、部下を持った上司のためのマネジメントテクニック、キャズムやブルーオーシャン戦略などのマーケティング戦略、将来起業・独立をする人のためのお役立ち情報、お金持ちになるための考え方などビジネスで役立つ情報をたくさん紹介しています。

  • 原稿用紙とペラは違う?

    原稿用紙といえば、作文の授業などで誰もが見たことがあるでしょう。原稿用紙は400字詰めです。しかし、これはマスコミでは使われることはほとんどありません。 ペラが基本 出版社や新聞社などの会社で使われる原稿用紙は、ペラと呼ばれる、200字詰めのも

  • 経営者を襲う3つの悪魔の罠

    「経営者の悩みはつきない」 とよく言われますが、 ・自らの経営に、全社員および全社員の家族の生活がかかっている ・商品やサービスに問題が起きたら社長が実名で報道されることになる ・業績好調でもボーナスが少ないと逆に社員の不満を買うことがある

  • 心が病んで引きこもりになってしまった就活生を救った「ネガポジ流就職活動」 とは?

    就職するにあたって、多くの学生が悩むのが 「会社選び」の問題です。 就職したいと選んだ会社の採用試験に落ち、 鬱になってしまう学生も少なくありません。 NPO法人「若者就職支援協会」の理事長であり、 『最悪から学ぶ 世渡りの強化書』(日本

  • 仕事のサークルノリの功罪

    仕事で、大学生のサークルのようなノリをすすめることは一般的に悪しきことといわれています。仕事の対価としてお金(給料)をもらっているのですから、きちっと進めるべきという考え方がまずあるでしょう。果たしてサークルノリというのはいいのでしょうか。悪いのでしょうか?

  • 出版志望にDTPは必須?

    本や雑誌が好きなので将来は出版社に就職したいという人はけっこういるかもしれません。現在、出版にはコンピューターが用いられています。編集にはデスクトップパブリッシングの略称でDTPと呼ばれるソフトが用いられています。出版社を志望するにあたって、FTPの知識は必須

  • 日本の花火職人は世界一?

    夏の夜空をいろどる名物といえば花火でしょう。日本の各地では花火大会が行われており夜空をいろどります。この花火を売り上げるのが花火職人の手によるものです。花火職人は日本が世界にほこる伝統芸能のひとつです。 なぜ世界一なのか いまや日本の花火職人は

  • 90年代のお笑い風景

    90年代の終わりごろには、お笑いブームが起きていました。きっかけとなったのは『ボキャブラ天国』でしょう。キャブラーと呼ばれる若手芸人たちが、さまざまなキャラクターで売りだされていました。 現役高校性コンビも さらに当時は、多くの芸人がいましたが

  • 芥川賞はどう決まる?

    お笑い芸人ピースの又吉直樹さんが、『火花』で芥川賞を受賞したことが話題となっています。お笑い芸人として初の受賞です。芥川賞は、公募制の文学賞ではありません。一体どのようにして選ばれたのでしょうか? 対象期間がある 芥川賞は、上半期は毎年12月は

  • 初めて管理職になった人が犯しがちな典型的な失敗10選

    株式会社武蔵野の代表取締役社長である小山昇さんが長年、経営者として部下を見てきて、初めて管理職になった人が必ず犯す失敗があることに気づきました。これから管理職になる人は予習として、既に管理職の人は、自分の仕事を振り返るチェックリストとして、活用してください。そ

  • 全管理職の禁煙を成功させた会社の秘密

    喫煙者は煙草を吸っている間、仕事をしていません。それなのに同じ給料をもらっているのは不公平と思ったことはありませんか? さらに、煙草を吸うと病気のリスクが高まります。 しかし、どんなに喫煙の弊害を説いても、常習性のある煙草をきっぱり断ち切らせるのは並大抵

  • 七夕ソングのすなごって?

    7月といえば七夕も季節です。笹の葉に願い事をかかげた思い出は誰もがあるでしょう。この季節に歌われる童謡が「七夕さま」でしょう。誰もが口ずさめる歌ですが、中には意味不明の歌詞が出てきます。 きんぎんすなごって? 「七夕さま」の歌で「きんぎ

  • デキる人は指導役に向かない理由

    デキるエリート社員はえてして若手の指導役に向きません。むしろ若いときにはパッとしなかった上司のほうが、指導役として適任であることが多いものです。理由は3つあります。その理由を株式会社武蔵野の代表取締役社長である小山昇さんの新刊「小山昇の失敗は蜜の味 デキる社長

  • リクルートスーツはなぜ地味なのか?

    この季節、街角にはリクルートスーツに身をまとった学生たちの姿をよく目にします。彼らは就職活動の最中なのでしょう。リクルートスーツに、革靴に、ぺたんこのビジネスバッグという、セオリーとも言える格好があります。リクルートスーツは正直いって地味です。なぜ、リクルート

  • コミュ障のダメ営業マンから外資系企業の社長になれた理由

    「コミュ障」という言葉が生まれて久しいですが、「雑談力」や「聞く力」という本が売れているように、世の中にはコミュニケーションで悩む、もしくは、もっとコミュニケーション上手になりたい!という人が多いようです。 『カーネギーの「人を動かす」から学んだ自分と他

  • 日本一長い苗字は何文字?

    日本人の氏名は、通常苗字と名前で成り立っています。苗字の文字数は、1文字、2文字、3文字あたりが主流であると言えるでしょう。これよりも長い苗字だと、何文字になるでしょうか? 4文字はあるだろうか? 4文字の苗字というのは、思いつく限り

  • 放送作家になる方法

    放送作家という仕事があります。テレビ番組を見ると最後に流れるテロップの最初の部分に「構成」というクレジットがあります。ここに記載される人たちが放送作家です。放送作家は基本的にフリーランスの立場であり、毎年新卒募集がかけられているわけではありません。放送作家には

  • こんな億万長者の話も信用してはいけない? ゼロが2つ多い人の話は参考にしてはいけない理由

    世の中には信用できるかどうかは別として、成功本や成功のコツがあふれています。しかし、その中でも注意して欲しいポイントがあります。それはゼロが2つ多い人の話は参考にしてはいけないということです。その理由を「小山昇の失敗は蜜の味 デキる社長の失敗術」より紹介します

  • リ〇ナビ・マ〇ナビだけじゃない! 既卒・第二新卒の就活とは

    就職活動まっさかりですが、既卒・第二新卒の方々、進捗はいかがですか?「一年くらい就職浪人しててもなんとかなるでしょ」「既卒だけど新卒と同じナビサイトしか使ってない」という人、案外多いのではないでしょうか。しかし、既卒・第二新卒の就活は、新卒とは全く違うと考えな

  • なぜ武蔵野の本社はみすぼらしいのか?

    会社の本社は新築物件やおしゃれさが重視されることも増えてきました。しかし、武蔵野という会社では「あえて」本社はみすぼらしくしています。その理由について株式会社武蔵野の代表取締役社長である小山昇さんに聞きました。 成功者と見られた途端に嫌われる

  • コンビニの客単価はいくら?

    コンビニは現代人にとってみれば、切っても切れないものであると言えるでしょう。24時間365日開いているという場所は、我々をひきつけてやみません。これからの季節は買物をしなくとも、ただ涼みに行くということもあるでしょう。このコンビニでは、客単価はどのくらいに設定

4 / 76 « 先頭 1 2 3 4 5 6 7 8 最後 »