ビジネス

ビジネスマンの為のビジネスに役立つ情報を紹介しています。会社経営に必要な知識、サラリーマンのためのキャリア設計や出世するためのポイント、ビジネスマナーや敬語のマナーなど使えるビジネススキル情報、部下を持った上司のためのマネジメントテクニック、キャズムやブルーオーシャン戦略などのマーケティング戦略、将来起業・独立をする人のためのお役立ち情報、お金持ちになるための考え方などビジネスで役立つ情報をたくさん紹介しています。

  • あの業界の給料はどれくらい?

    仕事を選ぶにあたって、やりがいを選ぶか、それとも給料の高さを選ぶかは、ひとつの選択肢であるといえるでしょう。理想なのは、やりたい分野と希望の給料額がマッチングした場合ですが、大概の場合はどちらが欠けています。さらにほかの業界の給料事情はあまり知られていないものです。

  • 経費で落とせるもの、落とせないもの

    「どこまでなら経費として認められるの?」 あなたもそんなモヤモヤした疑問を感じていませんか? わかりにくい経費の基準について、ここでもう一度おさらいし、節税のチカラを身に着けておきましょう。

  • 10億円貯金の仕方

    「なんで稼げないんだろう」「どうしてうまくいかないんだろう」「なぜダメなんだろう」こんな口ぐせに気づいたら、マインドセットでポジティブ変換を。日々の根本を変えるユニークな貯金思考をご紹介します。

  • 自分を変えるPDCAノート術とは?

    自分の行動や仕事をスムーズに変えてゆくためには、コンパクトにまとめる必要があるとはよくいわれることです。例えば手帳やノートは何冊も持たずに、一冊に集約することがベターとされます。そのノートの取り方として有効な処方箋を示したものが、岡村拓朗による「自分を劇的に成長させる! PDCAノート」(フォレスト出版)です。

  • 正しいメール書けていますか?

    いまや電子メールは、ビジネスにおいて欠かせないツールとなっています。とても便利な反面、ただメールを一本投げるだけでの仕事は手抜きとみなされることもあります。

  • 仕事を「すぐやれない」理由は?

    仕事が遅れてしまう、いつもギリギリになってしまう、そんな人は多いでしょう。もっと早くやろうと思っているのに、なぜそうなってしまうのか。その原因を探っていくと、仕事を「あとまわし」にして「すぐやれない」さまがうかびあがります。なぜ、人は仕事をすぐにやれないのでしょうか?

  • 甲子園に出られる確率は?

    甲子園は、高校球児にとっては憧れの場所です。この甲子園に行ける確率はどのくらいなのでしょうか。甲子園は、春の選抜大会と、夏の大会があります。ここでは夏の大会に限って考えてみましょう。

  • 本のテーマはたったひとつあればいい

    本のテーマという宝探しをしていると、「あれも書きたい」「このことも伝えておきたい」と欲張りがちです。それよりも、たったひとつのテーマをひたすら書くほうが、はるかにうまくいくという実例をご紹介します。

  • 「ヒト、モノ、カネ」で、一番使えていないのがヒト

    経営資源の3大要素は「ヒト、モノ、カネ」と言われます。この3つの中でモノとカネを使いこなすのは、さほど難しくありません。モノやカネは、予想外の動きをすることはほとんどないからです。ところが、ヒトは…。

  • 資産運用難民から抜けだそう!

    『金持ち父さん 貧乏父さん』では、お金の話を避ける父親に代わって、主人公の「お金の教師」になってくれたのが「金持ち父さん」でした。そんな教師に出会うこともなかった、一般的な日本の家庭の子供たちは、いったいどんな大人に育っているでしょうか――?

  • 会話は空気が重要?

    ビジネスにおいて、求められるスキルのひとつがコミュニケーション能力でしょう。これは、マニュアル通りにできない要素であり、経験や慣れといったものが大きなウエイトを占めます。

  • ヤフオクのランニングコストは?

    ヤフーオークションは日本で最大級のインターネットオークションサイトです。利用している人も多いのではないでしょうか。ヤフーオークションでは買うばかりではなく商品を出品することも可能です。

  • サラリーマンが社会保険料を減らすすぐれワザ

    サラリーマンの社会保険料は給料の額で決まります。 でも、社会保険料を下げるために給料を下げるのは本末転倒ですよね。 そこで、こんなすぐれワザ節税術をご紹介します!

  • 行動にとって大事なのは、やる気か知識

    頭ではやったほうがいいとわかっているのに、なぜ行動に移さないのか…そんなジレンマを感じること、よくありますよね。無駄のない行動で結果に違いが出る、大切なヒントをお届けします。

  • 100円ショップなぜ儲かる?

    ちまたには100円ショップがあふれています。100円ショップを見ていて思い浮かぶ疑問として、どうやって利益を出しているのかというものがないでしょうか? 100円ショップはなぜ儲かっているのでしょうか。

  • 仕事の速さはメールで決まる?

    「仕事が速い」これは、ビジネスにおいてはひとつの大きな評価基準となります。もちろんそこに「仕事の質」がともなうことが絶対条件ですが、仕事は速いに越したことはありません。

  • 「半径3メートルの本」ならだれでも書ける

    名作と呼ばれる本は、著者がだれもやっていない経験を手にいれるために、人生のある時期、不眠不休の日々を送ったり、狂気の世界に身を置いたりしています。でも、そればかりが本ではないようです。

  • 目的から業務を組み立て直すSWP(戦略的人員計画)

    戦略人事の目的は「利益を生む組織と人財をデザインする」ことです。その目的を達成するためになくてはならないツールが、SWP(戦略的人員計画)です。会社の財産である「人」を最大限に活用するSWP戦略とは?

  • 金持ち父さんの6つの教え

    『金持ち父さん 貧乏父さん』の語り手である主人公は、金持ち父さんからお金について学び始めたときはまだ九歳。その後、30年にわたり金持ち父さんの教えを受け続けました。けれども、その教えとは、実はたったの6つしかなかったと言います。

  • ハラルはビジネスになる?

    飲食店は入れ替わりの激しい業界といわれています。ほとんどの飲食店が、廃業を余儀なくされています。その背景には、新規参入の障壁が低いため、簡単に競合他社に真似をされてしまうといった事業があります。そのような飲食店ビジネスにおいて、ひとつのチャンスというべき要素がハラルフードです。

4 / 84 « 先頭 1 2 3 4 5 6 7 8 最後 »