ビジネス

ビジネスマンの為のビジネスに役立つ情報を紹介しています。会社経営に必要な知識、サラリーマンのためのキャリア設計や出世するためのポイント、ビジネスマナーや敬語のマナーなど使えるビジネススキル情報、部下を持った上司のためのマネジメントテクニック、キャズムやブルーオーシャン戦略などのマーケティング戦略、将来起業・独立をする人のためのお役立ち情報、お金持ちになるための考え方などビジネスで役立つ情報をたくさん紹介しています。

  • 質問型営業とはなにか?

    営業というのは、様々な方法があります。それでもある程度のセオリーにのっとった営業をすることがベターであることには違いありません。そうした中で先例となる営業方式に学ぶというのもひとつの方法ではあるでしょう。

  • 放送作家に雑談力を学ぶ

    雑談力というのはないがしろにされがちですが、実はとても重要なスキルです。相手との微妙な間をもたせながら、なおかつ退屈をさせないといった能力はなかなか身につけられるものではありません。

  • 奥深き獣医の世界

    獣医師というとなかなか馴染みのない世界ですが、私たちの生活において欠かせない存在だと言えます。獣医というと、猫や犬を見る動物病院の先生といったイメージを思い浮かべるでしょう。それはやはり、身近にあるのが動物病院だからだと言えます。しかし、実際の獣医師の世界は、牛や豚などの家畜全般に関わる仕事を行っているもっと幅広いものなのです。

  • 0円で生きるには?

    今の世の中、お金をまったく使わずに生きていくことは、かなり難しいと言えるでしょう。それでも、これまで当たり前に使っていたものにお金を使わず、仲間内で回していくといった新しい価値観も台頭しつつあるのは確かでしょう。むしろ、それは新しい価値観というよりも、かつては当たり前にあったものがお金に取って代わられてしまったのではないか。そのような根本的な問いかけを記したものが鶴見済による『0円で生きる: 小さくても豊かな経済の作り方』(新潮社)です。

  • 未来のお金とは?

    お金という概念は、これからもなくなっていくことはないでしょう。しかしながら、その形は現金ばかりとは限りません。仮想通貨などもひとつのお金だと言えるでしょう。

  • 転職の思考法とは?

    会社に務める人ならば転職を意識することはあるでしょう。その時に、実際に転職をする人もいれば、その前段階でとどまっている人もいます。転職にはリスクがつきものです。転職先では仕事のタスクが増えてしまうこともあれば、年収が下がってしまうこともあります。しかしながら、転職にはリスクがあるということは既に常識になっていると言えるでしょう。

  • 省エネルックとはなにか?

    日本ではこれまでに様々なものが流行り、あるいは廃れてきました。流行を目指したものの、ほとんど定着しないまま消えてしまったものもあります。その一つが省エネルックでしょう。

  • 最短距離のキャリア形成とは

    将来的に何かをしたいといった目標を漠然と抱いている人は多いのではないでしょうか。しかしながら、そこに至るまでの回路をうまく作れず、もやもやとしたままの人もいると思います。

  • プレイングマネージャのノート術とは?

    プレイングマネージャーとは、プロ野球をはじめとして、スポーツの世界ではよく耳にする言葉です。文字通り、現場の選手として働きながら、同時に監督しての立場もこなすというものです。これはスポーツだと特段注目されますが、一般の社会において同じような立場にある人は少なくないでしょう。

  • ブランド人のなり方とは?

    会社員的な生き方は息苦しい。何か新しいことをしたい。フリーランスになって活躍したいといった思いを抱く人は多いでしょう。しかしながら、それは一考すべきです。あなたがフリーランスになったとして、すぐに仕事が舞い込む存在になれるでしょうか。何の身元保証もないあなたに仕事を発注したくなる魅力がなければ、それが成し遂げられることはないでしょう。

  • 思考のためのノート術とは?

    ノート術に関する本はさまざまなものが出版されています。そこにあるものは、パソコンやスマートフォン、あるいはタブレットなどのデジタルガジェットにおいてないがしろにされがちなアナログな思考を用いようとするものが多いでしょう。言葉を書き出すことによって思考がクリアになっていくといったことも言われています。

  • お金と暮らしの関係を考える

    生きていくためには、お金が必要です。しかしながら、そのお金に関しての価値観は人それぞれでしょう。生きていくための最低限のお金があればいいという人もいれば、もっと良い暮らしがしたいのでお金がたくさん欲しいという人もいるでしょう。

  • 深く考えるノート術とは?

    ノート術に関する本は多く出ていますが、そのどれもがテクニックの紹介に重きがおかれています。もちろんそれはそれで大切なのですが、そこに欠けているものはノートを書くことに対する考え方、ある種の哲学というべきものではないでしょうか。

  • 自転車操業どんな意味?

    会社の経営において、自転車操業と呼ばれる言葉があります。これは資金の借り入れと返済とを繰り返しながら行う経営を指しています。なぜ自転車操業と呼ばれるようになったのでしょうか。

  • 営業術の基礎を学ぶ

    営業はビジネスにおいて基本中の基本でしょう。ほとんどの会社員は営業職を経験しますし、営業の素養がある人間は好意的に受け止められる会社が多いです。会社員でなくフリーランスで活動するにあたってはさらに営業力が必要になります。自分の実力があればいつか評価されるのだ、という漫然とした考えは、少し思い上がりであると言えるでしょう。

  • 引っ越しに学ぶ時間管理術

    時間管理というのは考えていても上手くいかないことがほとんどです。もっと先に準備をしておけば良かったと後悔した経験は誰しもあるものでしょう。

  • マナーやスキルの前の学びって?

    新入社員のためのマナーなどを記したメソッド本は多く出ています。そのどれもがマニュアルに特化したような内容になっています。言ってしまえば紋切り方です。載っている言葉をそのままに覚えて実行していけばもっともらしい形はできるのですが、本当に「勉強」をしたことになるのかといえば疑問符がつきます。

  • タスク管理のメモ術

    あれもこれもしなければいけない。ああどうしよう、何もできないといった状態、いわゆるデフォルトな状態になってしまった経験は誰しもあるのではないでしょうか。それがストレスとなり、さらに仕事の効率が下がっていくという悪循環に陥ってしまうことも多いと言えるでしょう。

  • 性格別、接客交渉アップ法とは

    当たり前ですが、店員には気が弱い人もいれば、強い人もいます。お客がもたらす無理難題は、そんな性格に関わらず降りかかってきます。強気の店員が弱気の店員より対処力に長けているかと言うと必ずしもそうではないと「ワンランク上の『接客交渉術』」の著者・宮田寿志さんは指摘しています。どちらにせよ、接客のための交渉力は必要不可欠であり、さらに宮田さんが繰り返す「演技の徹底」が求められるとも言っています。

  • お客を怒らせるNGワード(その2)

    お客に腰を低くして応対するのは接客業の基本中の基本。とは言え、店員も人間ですから、疲れていたり、お客の態度によっては、その基本を忘れてしまったり、常に意識できているとは限りません。でも、こういうときこそ、不意に出る言葉でお客を激怒させてしまう恐れが高くなるものです。特に気をつけないといけないのが、お客を小バカにしてしまう言い方です。

4 / 105 « 先頭 1 2 3 4 5 6 7 8 最後 »