ビジネス

ビジネスマンの為のビジネスに役立つ情報を紹介しています。会社経営に必要な知識、サラリーマンのためのキャリア設計や出世するためのポイント、ビジネスマナーや敬語のマナーなど使えるビジネススキル情報、部下を持った上司のためのマネジメントテクニック、キャズムやブルーオーシャン戦略などのマーケティング戦略、将来起業・独立をする人のためのお役立ち情報、お金持ちになるための考え方などビジネスで役立つ情報をたくさん紹介しています。

  • 自営業の老後はどうなる?

    現在、会社員ではない新しい働き方に注目が集まっています。フリーランスや、ノマドワークなどがそれでしょう。そうした自営業の仕事で気になるのは、やはり老後の不安です。

  • 40歳からの働き方は?

    40歳は、人生の折り返し地点であり、不惑の年ともいわれています。ここからは人生を大きく変えることはできないといえるでしょう。それと同時に老化もはじまってくるため、これまでのようなバリバリとした働き方ができなくなります。

  • 先延ばしをノート一冊でなくす

    仕事や勉強において、先延ばしにしてしまうのは誰もがやってしまいがちなことでしょう。メールを一本送る、電話を一本かける、そんな小さなことでもおっくうに思い先延ばしにしているうちに、どんどん仕事の進みが後ろへずれこんでしまいます。先延ばしはして良いことはありません。漬物のように放置しておけば味が深まるということはないのです。

  • 集中力は状態として作り出す

    集中しなければと思っても、なかなか気が散ってしまってできないという人は多いでしょう。仕事においても、勉強においても、集中するということはひとつの大きな作業のようにとらえられています。

  • 手帳術で人生を変える

    スマートフォンやタブレットをはじめITガジェットが充実した現在、アナログの手帳は時代遅れのように見えます。しかし、ぱっと開いてすぐに文章を書き込める手帳は便利なものです。さらに手帳は、つねに身近に持ち歩くことで、自分の思考の遍歴や、アイデアのアウトプットにも役立つといえるでしょう。

  • 写真週刊誌の歴史は?

    写真週刊誌というジャンルがあります。現在は光文社の『FLASH』と、講談社の『FRIDAY』の2誌のみが発行されています。特に『FRIDAY』は、芸能人の熱愛スキャンダル写真などを多く掲載することで知られ、「フライデーされる」といった動詞表現も生まれました。

  • 明日、豊洲で開催!「友達5000人芸人」カラテカ入江から人脈術と営業を学ぶ講演会

    お笑いコンビ・カラテカの入江慎也氏は、芸人の枠から飛び出し、経営者としても躍進を続けています。そんな入江氏が明日、「営業」×「お笑い」をテーマにしたセミナーに登場します。 スペシャル対談のお相手は、25歳で営業代行会社を設立し、5年で年商90億円超えを達成した高橋英樹氏です。 セミナーは、東京・豊洲のNBF豊洲キャナルフロントで開催。業界トップ経営者と人脈をつくる仕事術がたっぷり学べます。

  • 健康管理とビジネスの関係

    ビジネスマンにおいてもっとも大切な要素は健康管理でしょう。健康管理は、自分でできる範囲の内容が相当数あります。仕事で最大のパフォーマンスを発揮するためには、健康管理がしっかりとなされた体が重要だと言えるでしょう。

  • 次世代のWEB広告配信サービス、Adplaceとは?

    インターネット広告はもはやスタンダードなものとなりつつあります。しかし、WEB広告には「手間がかかる割に効果が薄い」といった声も聞こえます。これは広告を出す側と、受け取る側のミスマッチが原因といえます。そうした問題を解決する次世代の広告運用サービスとしてAdplace(アドプレイス)が登場しました。

  • メモには潜在意識が宿る?

    アイデアや自分の思考を整理したいけれども、なかなかうまくいかないという人は多いでしょう。そういう人はすべて頭の中で考えているため、思考がこんがらがってしまっているのかもしれません。そんな人におすすめなのは、まずは書き出してみることです。そうすることによって、これまで見えてこなかったものが見えてくる、そんな瞬間が訪れることでしょう。

  • 友達は5000人以上! 驚異の「人脈力」を持つカラテカ入江から営業術を学ぶ講演会

    人脈を武器に本業の芸人としてだけでなく経営者としても活躍する、お笑いコンビ・カラテカの入江慎也氏。9月29日金曜日に東京・豊洲で開催される1日限りのセミナーに登場します。 テーマは「営業」×「お笑い」。25歳で営業代行会社を設立し、5年で年商90億円超えを達成した高橋英樹氏とのスペシャル対談で、一生使える営業の極意、人脈のつくり方を教えます。

  • 頭がいい人の仕事術

    頭の良し悪しは、単に勉強ができる・できないではありません。仕事においては、きちんと相手のことを考えて行動できているか、目先の予想ができているかといったポイントが重視されます。

  • 誰でもできることからはじめる

    ビジネスをやるうえで、人としてのパーソナリティの向上は欠かせない要素です。自分みがきという言葉でも言い換えられるでしょう。しかしながら、いきなり英会話にチャレンジしたり、あるいは異業種交流会に顔を出したりといったことをしても、なかなかうまくいかないものです。もっと、基本に立ち返って考える必要があるでしょう。誰でもできることをやっていないのではないか、そうした目の向け方は重要です。

  • 親等の数え方

    冠婚葬祭などで遠い親戚の人と会うことがあります。その人とは血がつながっているのか、あるいはいないのか。それを知る上で必要なとらえ方として「親等」があります。

  • 出版の「新社」って?

    出版社の中には新社と名前がつくものがあります。代表的なところだと河出書房新社、中央公論新社があるでしょう。これらの出版社は倒産を経験しています。そのあとに、あらたな会社を興したということで「新社」の名前がつけられているのです。

  • 仕事ができるようになるには

    仕事ができる・できないは、会社員をする上でひとつの重要なジャッジとなります。仕事ができる人は出世ができる、給料があがる、そういった常識はあるでしょう。しかし、この「仕事ができる」という言葉ほどあいまいなものはありません。さらにどうすれば仕事ができるようになるのかについてもよくわからない人も多いのではないでしょうか。

  • 出版社コードとは何か?

    本や雑誌を出している出版社には、出版社コードと呼ばれる数字が割り振られています。もし出版社の名前がわからなくても、出版社コードがわかれば出版社名を知ることができます。

  • 仕事で必要なコミュニケーション力とは?

    コミュニケーション力はあらゆる場面で役立ちますし、大切な要素だといわれています。しかしながら、仕事に本当に役に立つコミュニケーションと、役に立たないコミュニケーションがあることも確かでしょう。

  • 行動は早いに越したことはない?

    仕事をする上で、つい後回しにしてしまいがちなものもあるでしょう。明日できることは今日しない、といったことをしているうちにタスクがたまってしまい、目先の作業量に辟易としてしまう。そんな経験は誰しもあるでしょう。

  • 元祖文章うまい芸人は?

    近年、お笑い芸人が小説やエッセイを記すことは珍しくありません。芥川賞を受賞したピースの又吉直樹などの例はよく知られているでしょう。

4 / 92 « 先頭 1 2 3 4 5 6 7 8 最後 »