ビジネス

ビジネスマンの為のビジネスに役立つ情報を紹介しています。会社経営に必要な知識、サラリーマンのためのキャリア設計や出世するためのポイント、ビジネスマナーや敬語のマナーなど使えるビジネススキル情報、部下を持った上司のためのマネジメントテクニック、キャズムやブルーオーシャン戦略などのマーケティング戦略、将来起業・独立をする人のためのお役立ち情報、お金持ちになるための考え方などビジネスで役立つ情報をたくさん紹介しています。

  • マスコミ業界なぜ就活早い?

    就職活動において、マスコミ業界は就職活動が早い時期からはじまる業界として知られます。特にアナウンサー職に関しては、大学3年生の夏休みにアナウンスセミナーの募集をかけて、そこでめぼしい人材に内々定を出すといわれています。さらに、年が明けるとテレビ局から出版、新聞といった流れで就職活動がはじまります。そもそもマスコミ業界はなぜ就活の時期が早いのでしょうか。

  • メールは考えすぎない方がいい?

    メールのやりとりはビジネスはもちろん、プレイベートでも頻繁に行われています。メールは、返事のタイミングやスピードが問われることがあります。すぐに返信をすると時間をかけていないと思われ、逆に返信を遅らせているといつまで待たせるのだと不快感を与えてしまう。どのタイミングでどのようなメールを返せばいいのかは大きな悩みどころでしょう。

  • 本のスリップ何のためにある?

    書店へ行くと本に、短冊形のしおりのようなものが挟まっています。本をレジに持っていくと店員さんが、それを抜くのを目にしたことのある人は多いでしょう。本に挟まっているそれはスリップと呼ばれます。このスリップは何のためにあるのでしょうか。

  • 短いメールに気を使う

    ビジネスにおいてメールのやりとりは頻繁に行われています。そこで注意しなければならないのはメールの長さと内容でしょう。だらだらとどうでもいいことを書き連ねるのはいけませんし、かといって一言だけのメールというのも考えものです。メールにはバランスが求められているといえるでしょう。

  • 数学的思考を身につける

    文化系の出身者にとって数学的思考というものは苦手とする分野のひとつです。「自分は文系なので」というフレーズが口をついて出ることがありますが、それを言い訳にしてはいないでしょうか。逆に考えてみるならば、数学的思考を少しでも身につければ、それは将来に対して大きなスキルとなる可能性を秘めています。

  • 新書は原稿用紙何枚分?

    新書本は依然としてブーム中であるといえます。出版不況の中にあって新書の発行点数は膨大なものとなっています。ところで新書とは、原稿用紙でどのくらいの枚数があるのでしょうか。

  • 新しい経済のルールとは?

    これからの社会は、大きな変化を見せるでしょう。佐藤航陽による『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』(幻冬舎)は、仮想通貨やファンテック、シェアリングエコノミー、経済評価といった新しいビジネスのキーワードを網羅した本です。

  • 行動経済学を漫画で学ぶ

    行動経済学は、最近流行りの言葉です。人はなぜ商品を買うのか。そのそもそもの理由が明らかになればビジネスは上手くいくでしょう。しかしながら、行動経済学は人間の深い原理にも関係しているため、すべてがマニュアル通りというわけにはいきません。

  • 学習する組織とは?

    会社という組織はどうしても、効率化が滞りがちなところがあります。成長を志向しないといってもいいでしょう。会社をはじめとした組織の発展に必要なものは、学習を続けることではないでしょうか。

  • マインドセットとは何か?

    マインドセットという言葉があります。日本語にわかりやすく言い換えると「やればできる」「気の持ちよう」といった言葉につながるのではないでしょうか。キャロル・S・ドゥエック著作、今西康子翻訳による『マインドセット「やればできる! 」の研究』(草思社)は成功心理学の古典というべき本です。

  • WEB文章の書き方

    文章を書く機会というのはあらゆる場面で生まれますが、現在ではネット、WEBに書くための文章を用意する必要に迫られることもあるでしょう。WEB用の文章というのは、紙に書いてアウトプットする文章とは書き方が大きくことなってきます。場合によっては、WEBに載せる文章次第でアクセス数などが大きく異なってくることもあります。

  • SEOライティングを学ぶ

    いまやライティングの仕事の主戦場は、本や雑誌などの紙のメディアから、インターネットに移っているといえるでしょう。そんな状況において、身につけておきたいテクニックとしてSEOライティングがあります。

  • 1分間ノート術に学ぶ

    ノートに関する著作は多く出版されています。そのほとんどがノートを常に持ち歩き、そこで逐一アイデアなどを書き込んでいくことの重要さが記されています。しかし忙しい現代人にとっては、そうしたノート術は実践したいと思っても、なかなか実行へ移せないというのが実際のところでしょう。

  • 調べて書く技術とは?

    ライティングをするためには、書く内容がなければいけません。つまり、アウトプットとインプットの関係ですね。

  • 石の上にも~、なぜ「三年」?

    「石の上にも三年」よく使われることわざです。これは、石の上であっても三年も座っていれば最初は冷たいが、自分の体温で暖かくなってくる。さらに、最初は居心地が悪くてもだんだんと慣れてくるものだといった意味で使われますね。

  • 手書きメモの重要さ

    今、紙とペンと持ち歩いている人はどのくらいいるのでしょうか。ちょっとメモがしたい時はスマホで済ませているという人も多いかもしれません。しかし、重要なのは手書きのメモをいかに活用してゆくかという点です。

  • 資料作成はデッドラインを使え?

    ビジネスにおいて会議用の資料作りは、新人に与えられる仕事のひとつです。もちろん、会議で資料にほとんど目が通されないということもありますが、その一方で資料から思わぬアイデアが生まれることもあります。

  • 資料デザインは見やすさ勝負

    資料作りにおいて重要となる要素はなんでしょうか。どういった情報が書き込まれているのか、有益な情報が存在しているのかといったことはもちろん重要ではあるのですが、その情報をどう見せていくかがもっとも肝要であるといえるでしょう。いわば見やすさ重視の資料術というわけですね。

  • すぐやる人のノート術とは?

    つい仕事を後回しにしてしまう、そんな人は多いでしょう。すぐやる、は言葉ではわかっていても、なかなか実行に移せないものです。

  • コンテンツ業界のからくりは?

    ネット関係の仕事の中でも、コンテンツにまつわる仕事を志望する人は多いでしょう。しかし、コンテンツ業界ほど、日々移り変わりが激しい世界はありません。そんな業界の最新動向を知ることができる本が、中野明による『図解入門業界研究 最新コンテンツ業界の動向とカラクリがよくわかる本[第3版]』(秀和システム)です。

4 / 99 « 先頭 1 2 3 4 5 6 7 8 最後 »