ビジネス

ビジネスマンの為のビジネスに役立つ情報を紹介しています。会社経営に必要な知識、サラリーマンのためのキャリア設計や出世するためのポイント、ビジネスマナーや敬語のマナーなど使えるビジネススキル情報、部下を持った上司のためのマネジメントテクニック、キャズムやブルーオーシャン戦略などのマーケティング戦略、将来起業・独立をする人のためのお役立ち情報、お金持ちになるための考え方などビジネスで役立つ情報をたくさん紹介しています。

  • 批評をビジネスに応用する

    文章は誰にでも書けるものです。ただ、人に伝わる文章を書くのは難しいといえるでしょう。文章をもとにした誤解は日々生じているといえます。

  • 社長の給料は安易に上げてはいけない!

    ある社長さんからの相談その1です。 「大型受注に成功し、来期600万円くらい利益が出そうです。 税金を払いたくないので、自分の給料を50万円上げて100万円にしようと思うのですが……」 これは正解? 間違い?

  • 先延ばしはソンをする?

    迅速な行動は大切だといわれます。しかし、めんどうくささから、つい後回しにしてしまいがちです。

  • 文学部は就職できない?

    大学の学部別の就職事情において、文学部は就職できないといわれています。果たして本当にそうなのでしょうか?

  • 脳の容量は使われていない?

    火事場の馬鹿力、という言葉があります。これは火事など緊急事態には、これまでに出なかったような力を発揮することを指します。火事場の馬鹿力は科学的に解明されつつあり、緊急時に脳のリミッターが外れることで力が出るようです。人間の脳や筋肉は普段は100%使われていないとはよく言われたフレーズです。

  • アイデアは「見せない、出さない、話さない」

    多くの人と共有したくなるあなたのアイデア。でも、お金を儲ける知財となると、話は別です。だれかに盗み取られてビジネスチャンスを失うのは避けたいもの。そうならないために、まずは「口にチャック」です。

  • 好きを仕事には幻想か?

    好きなことを仕事にしたい、これは誰もが思い描く理想でしょう。けれども、そうした仕事に就ける人は限られています。さらに好きなことであっても、仕事には辛く厳しい側面もあります。

  • 事業承継は無形資産まで引き継いではじめて完了する

    事業承継では有形資産にばかり目が向きがちですが、経営の流れを悪化させないためにも、知的財産や目に見えにくい経営資源までしっかりと後継者に引き継いでいくことが大切です。

  • 「掛売り決済」にまだ頭を悩ませていませんか?

    インターネットの発展はビジネススタイルを大きく変えました。 企業間電子取引(BtoB)前提だけでなく、 一般消費者向けECからBtoBに事業拡大する成功例も、 どんどん増えてきているようです。 そんな中、あちこちで聞かれるようになったのが、 掛売り決済に付随する業務負担増加の悩みです。 ITのベンチャー企業やBtoB向けのビジネスの場合、 一般的に掛売り決済のニーズが高く、どうしてもその部分に煩わしさを感じているようです。

  • 自分を高める「いい背伸び」をしてみよう

    本当にすごい人は、わざわざ背伸びをして自分を大きく見せたりはしません。しかし「残念な背伸び」ではなく、自分にとって必要な「いい背伸び」をすれば、まわりの自分を見る目も、きっと変わってくるはずです。

  • ちょっと待って! その節税対策、本当に正しいですか!?

    経営者、個人事業主、サラリーマン、主婦……。 みんな知りたい税金や社会保険料の負担減。 他の税理士さんも知らない「天使の節税術」が待望の書籍化!  知るだけで大きくトクするマネーテクニックの一部を公開します。

  • 問題解決に二億円VS200万円、どっちを選ぶ?

    お金と時間を使って「特許出願」という手段を選ぶ前に…もう一度見直してみたい本来の目的。目からウロコのわかりやすい教訓をご紹介します。

  • サービスでも数値化して達成度をはかることができる

    目標に向けてどこまで進んでいるか、あるいは達成したかどうかを客観的に理解するには、数値化が不可欠です。数値化は、サービスのように数値化が難しいものでも行うことができます。その方法を紹介しましょう。

  • コンプレックスを自分の強みに変えてしまおう

    コンプレックスを持ち続けると、自分を信頼しづらくなり、不安にもなります。薄毛のコンプレックスをネタに変えてしまった芸人や、難読症を逆手にとって人々の信頼を得たブランソン氏は、コンプレックスを自分の強みに変えてしまった素晴らしい例です。 

  • 知財でお金を生むために考えてみるべきこと

    アイデアは形になるまで誰のものでもありません。かといって特許出願やライセンスビジネスで安泰ということでもないのです。知っておきたい知財の活かし方をご紹介します。

  • 気づかなかった透明資産の活用で売上げをあげる方法

    売上げを増やしたいけれどもこれまでの方法には限界を感じ、打開策を模索している方も多いのではないでしょうか。そこで活用するべきなのが透明資産です。会社の沿革を振り返ることで、その生かし方が見えてきます。

  • セカシューの現実を見るために

    セカシューという言葉があります。日本だけではなく、世界で就職活動を試みる意味で使われています。海外旅行で訪れた国の空気が気に入ったから、得意の外国語を活かした仕事につきたい、あるいは日本はもう経済的に成長しないから、新しいフロンティアで活躍したいといった思いはさまざまでしょう。それぞれの人ごとに、セカシューへの思いがあるといえるでしょう。

  • 自分との約束を守ることから自信が生まれる

    自信はどこから生まれるのでしょうか。それは自分と交わした約束を守ることがポイントです。約束を守ることによって発言と行動の溝を少しずつ埋めることができ、だんだん自分を信頼できるようになります。

  • テープ起こしとは何か?

    出版においてテープ起こしという作業があります。地味ではありますが、出版作業を下支えする重要な作業です。

  • 「特許をたくさんもっていれば儲かる」はウソ

    世界有数のビッグカンパニー・パナソニックも「特許出願ノルマ」の落とし穴にはまってしまいました。古い日本の常識だけでは、知財を守れない時代になっているのです。

4 / 81 « 先頭 1 2 3 4 5 6 7 8 最後 »