ビジネス

ビジネスマンの為のビジネスに役立つ情報を紹介しています。会社経営に必要な知識、サラリーマンのためのキャリア設計や出世するためのポイント、ビジネスマナーや敬語のマナーなど使えるビジネススキル情報、部下を持った上司のためのマネジメントテクニック、キャズムやブルーオーシャン戦略などのマーケティング戦略、将来起業・独立をする人のためのお役立ち情報、お金持ちになるための考え方などビジネスで役立つ情報をたくさん紹介しています。

  • マッキンゼーのリサーチャーが教える、信頼できる情報を集める方法

    ビジネスにおいて重要な、「情報収集スキル」。しかし、情報を集めるといってもどこをどう探れば信頼でき尚且つ他の人と差がつく情報が手に入るのでしょうか。 マッキンゼーで数多くの情報収集をこなしてきた、プロリサーチャー上野佳恵氏が、その極意を伝授します。

  • 情報は整理するな! マッキンゼー流・情報感度を上げるテクニックとは

    優秀な人って、情報収集能力に長けていて、集めた情報をきちんと整理できている印象がありますよね。そういう人になろうと一生懸命集めた情報を整理しよう、と思いつつも日々の仕事に忙殺され情報は貯まりストレスも溜まり……という人は多いのではないでしょうか。 しかし、マ

  • 仕事のあらゆる場面で使える、マッキンゼー流「会社を調べる技術」

    新規の取引先のことを調べたり、依頼主の状況を調べたりと、就活を終え社会に出ても仕事につきまとう「企業研究」。企業を調べる、というと漠然としていますが、きちんとコツがあります。それは「ヒト・カネ・モノ」のフレームワークに沿って調べるということです。 マッキンゼ

  • 日経平均は上がっているのに、自分の持っている株は上がらない…どうして?

    私は30代も半ばに差し掛かろうとしていますが、収入面で先行きに不安がないといったらそれは嘘です。自己防衛の手段として株投資も考えないとな、と思っていますが、実は一般的に証券会社や、銀行から勧められるような株投資のテクニックには大きな誤解があるということを暴いて

  • 100ドル札はアメリカで使えない?

    アメリカの通貨はドルです。ドルには複数の紙幣が発行されています。しかし、最高額の紙幣である100ドル札はアメリカ国内では使えないと言われています。これは本当でしょうか? 使えないことはない アメリカ国内で100ドル札が使えないという話は、まった

  • ほとんどの営業マンは勘違いしている! 正しい4つの営業プロセス

    法人営業は「営業戦略」と「現場の営業」によって成り立っています。 現場の営業マンが売上を上げようと考えても営業戦略に関わることはできません。戦略は営業マネジャーが判断するものだからです。 営業マンが売上を伸ばすためにできる一番効果的なものは「現場の営業

  • ヒット商品をつくるために越えなければいけない7つの壁とは?

    これはうまくいくぞ!と思った企画だったのに、いざ商品にしてみるとなぜか売れない。「どうしてあんなにいい企画だったのに結果がついてこないんだ!」と思ったことがある人は多いのではないでしょうか。10年以上江崎グリコで「ポッキー」のブランドマネージャーを担当し、その

  • 慶應はなぜ就職に強いのか?

    慶応義塾大学は就職に強い大学として知られています。もちろん偏差値の高い難関大ということもありますが、理由はそれだけではなさそうです。慶應がなぜ就職に強いのか、理由を考えてみましょう。 三田会の強さ 慶応義塾大学の卒業生は塾員と呼ばれます。学校を

  • セロテープは特定メーカーの商品?

    セロハンテープというアイテムがあります。これらのテープは「セロテープ」と呼ばれます。しかしセロテープはニチバンの登録商標であり、特定メーカーの商品となります。 NHKでは使えない そのため、セロテープという名称はNHKでは使えないことになります

  • 高倍率な就職試験の実際のトコロ

    就職活動などで大企業を受ける場合、倍率が何百倍にもなったり、あるいは何千倍というところもあるようです。特にマスコミ関係の企業に多いようです。この高倍率というのは本当なのでしょうか? 実質倍率を見極める 高倍率の企業というのは誰もが知る企業という

  • 出版におけるゴーストライターとは?

    作曲家の佐村河内守氏の楽曲のほとんどをゴーストライターとして作成していたとして新垣隆氏が告白した騒動は世間に衝撃を与えました。これによりゴーストライターという言葉がいちやく有名になった印象があります。しかし、音楽界にかぎらず出版界においてもゴーストライターは存

  • マネージャーなら知っておきたい! 部下にスケジュールを守らせる3つの方法

    マネージャー、とくにプロジェクトマネジャーはスケジュールに厳しい人でないと務まりませんが、他のメンバーはいつも余裕をもってスケジュールを考えているものです。天候不順、事故、品質不良、自分自身の体調不良などが起きたことを見込んで、個々が余裕をもってスケジュールを

  • 当てはまったら社会人失格!? スケジュールを守れない人の6つのパターン

    「アイツの仕事が遅いせいでプロジェクトがちっとも進まない」「時間にルーズな部下の尻拭いで今日も残業」など、スケジュールを守れない人に振り回されている人、多いのではないでしょうか。今回は長年、建設業界でプロジェクト・マネージャーとして活躍し、現在は建設業を中心と

  • なぜ一流のビジネスマンは朝4時起きなのか? 仕事効率が劇的に上がる朝の2つのルール

    「早起きは三文の徳」とは昔から伝えられていますよね。早起きをして朝から活動してみようとは思うものの、結局二度寝をしてしまったり、だらだらと布団の中で過ごしてしまったりするという経験があるのではないでしょうか。 朝の時間は夜の時間に比べて、だれにも邪魔をさ

  • お金を貯めてるだけじゃ増えません! 一流の人が実践している3つのお金の習慣

    毎日一生懸命働いて、月に一度会社から払われる給料。サラリーマンは毎月の給料は一定だけれども、自分が使っていくお金は変わっていきます。だからこそ、お金の使い道は大事になっていきますよね。 日本には「死に金」「生き金」という表現があります。生きたお金とは価値

  • 一流の人は内臓も残業しない

    春といえば歓送迎会のシーズンですね。 退職する上司や異動する同僚の送別会が終わったと思えば、すぐに新入社員の歓迎会。二日酔いの朝、なんとなくむかむかしている胃に朝食を流し込み、昼は時間がないからコンビニのおにぎりでササッとすます。せめて夜くらいはゆっくり

  • 仕事が「できる」か「できない」かは、見た目で判断されている

    「第一印象が大切だ」という話は、よく耳にすると思います。 相手に与えた第一印象が時間の経過とともに変わることはありますが、相手の記憶の奥底には残ってしまいます。そして、その第一印象を完全に拭うことはできないのです。 だからこそ、一流と呼ばれるビジネスマンは

  • 裸の王様ならぬ、裸のリーダーになっていませんか。

    「面倒をみていた部下が辞めてしまった」「同僚にグループから抜けたいと言われた」なんて、自分はよかれと思ってやっていたことなのに、他人から認められないことってありませんか。 自分なりに一生懸命仕事していた手前、「相手との相性が悪かったかな……」なんて責任転

  • コピー代を安くあげる方法

    コピーはとても便利なツールですが、1枚10円のコピーも枚数が増えるごとにけっこうな値段になってしまうのが困りものです。オフィスのコピー機でも、1枚につきいくらかのコストはかかっています。わずかな金額でも累積してゆけば大きなものになってしまいます。そんなコピーを

  • 不機嫌ぞろいの月曜を明るくするマンデー・モーニング・メール

    休み明けの月曜の朝は、誰でも憂鬱なもの。月曜日の自殺がもっとも多いという統計データもあるくらい気分がブルーになるのが月曜日。会社では、あからさまに不機嫌オーラを発している人も珍しくありません。 そんな月曜日に限って週のはじめということもあり、朝からメール

5 / 76 « 先頭 1 2 3 4 5 6 7 8 9 最後 »