ビジネス

ビジネスマンの為のビジネスに役立つ情報を紹介しています。会社経営に必要な知識、サラリーマンのためのキャリア設計や出世するためのポイント、ビジネスマナーや敬語のマナーなど使えるビジネススキル情報、部下を持った上司のためのマネジメントテクニック、キャズムやブルーオーシャン戦略などのマーケティング戦略、将来起業・独立をする人のためのお役立ち情報、お金持ちになるための考え方などビジネスで役立つ情報をたくさん紹介しています。

  • 就活は全体像を見渡すことが重要

    就職活動において求められることは情報を得ることと同時に、全体像を見渡す巨視的な視点です。どうしても目の前の採用試験に対するエントリーシート作成、面接対策、といったことに目がゆきがちですが、まずはなによりも全体像を把握することが必要でしょう。

  • 幸せな職場を作る「3つの報酬」

    ある社長さんからの相談その③です。 「今期500万円ほど利益が出そうなので、節税対策として10人の社員に50万円ずつ臨時ボーナスを出そうと思っているのですが……」 本当の喜びを教えてくれる「3つの報酬」とは?

  • 日本の農業はどうなる?

    農業と聞いて思い浮かべるイメージはどういったものでしょうか。担い手が高齢化して、若い人が参入していない業界といったイメージがまずは思い浮かべられると思います。しかしながら、農業は日々着実に進歩を遂げている分野でもあります。

  • ひと手間の努力で結果を変える1%のマーケティング

    いい本を作るためには、大きな努力よりも小さな努力の積み重ねでいいのです。きめ細やかな気くばりや思いやりが人間関係を良くするように、本作りもひと手間の努力がベストセラーを生む秘訣になるようです。

  • ビジネスのことは事業部が、会社のことは経営者が考えればよい?

    「ビジネスパートナー人事」という言葉をご存知ですか?これには2つの意味があり、1つは、事業部や部門の人事パートナーであること。もう1つは、会社のビジネスや経営者のパートナーとしての人事能力を意味します。

  • 資産と負債

    社員が持ち家を持つための融資制度をととのえている企業は、結構あるようです。こうした制度は、「持ち家=財産(資産)」という前提なのですが、実は持ち家は「負債」だというショッキングな事実をご存知ですか?

  • 大学編入という選択肢

    大学へ入ったはいいものの、その場所が思ったような場所ではなかった、もう少しランクの高い大学へ行きたい、そんな思いを抱える人は少なくありません。

  • 再確認しよう! 妻のパート年収の壁

    夫の社会保険の扶養に入っている妻。 パート収入の壁は103万円だっけ、130万円だったっけ……いくらまでなら、なにがオトク? あなたの生活にすぐに活かせる、身近な節税テクニックを専門家がレクチャーします。

  • 「他責」より「自責」がいい3つの理由

    急に雨が降ってきた。電車が遅れた。こんなアクシデントでイライラ・ムカムカしたことのある人は要注意。稼げるようにならないかもしれません。なぜなら、稼げている人の特徴の一つが、人のせいにしない自責体質だからです。

  • 図書館の指定管理者って?

    図書館は無料で本が借りられる便利な場所です。図書の中でも、人気の高い小説はもちろん最近はマンガ本の貸出も行っています。さらに、CDやDVDの貸出を行っているところもあり、まさに至れり尽くせりといえるでしょう。図書館、特に私たちになじみの深い公共図書館は、行政機関によって運営されています。

  • 商売は立地戦略が勝負?

    立地戦略という言葉があります。これは、商売をするにあたって、どの場所を選ぶかを考える重要な指針になります。例えばコンビニエンスストアやファミリーレストランを出店するにあたって、車の流れや人の流れを考えることはきわめて重要です。さらに競合店舗がどこにあるのかも見極めなければいけません。

  • 身につけたいビジネス速読術

    本を読んでみたいけれども時間がない、あるいは読もうとしてもすぐに飽きてしまう、途中から読むとそれまでの内容が頭に入ってこない、そうした読書の悩みを抱えた人は多いかもしれません。そんな人におすすめなのが、速読術です。

  • マニュアルを柔軟に使いこなす

    マニュアルといえば、融通のきかないものと誤解されがちです。しかしながら、反対に考えてみればマニュアルほど効率のいいものもありません。実際に、マニュアルを徹底している企業ほど業績を伸ばしていると見る向きもあります。

  • 資料作りはポイント勝負

    新入社員が任される仕事のひとつとして、会議における資料作りがあるでしょう。資料作りで、その人のセンスが問われるといっても過言ではありません。

  • 肩書はわかりづらい?

    弘兼憲史による名作漫画「課長島耕作」は、順調に出世を重ね、部長、乗務、専務、社長、会長までなっています。これはかつての日本企業における一般的な出世コースというべきものでした。

  • 語彙力で一歩リードしよう

    語彙力はビジネスにおいては大切な要素です。タメ口が出てしまう、幼稚な言葉使いをしてしまう、同じフレーズを繰り返してしまう、そうしたことを繰り返していると、相手から信頼を失いかねません。

  • 「作家脳」になるための2つの方法

    素材がぐんぐん集まる「アンテナの立て方」と「集めた情報の価値を高める方法」とは、いったいどんな方法なのでしょうか。本を書く上で欠かせない「作家脳の作り方」を具体的に解説。目からウロコです!

  • 人事を数字でエンジニアリングする「ジンジニアリング」

    戦略的人事は、数字をよりどころにして事実をベースに判断しなければなりません。企業が生き抜くための構造改革は、斬新な人事から生み出すしかないのです。「人事」と「エンジニアリング」をかけあわせた「ジンジニアリング」とは?

  • お金持ちになるには、お金を働かせる

    「お金の話をするのは、はしたない」「ガツガツとお金を儲けるのは良くない」「お金は汚いもの」などと言っていても、お金がなければ人は生活できません。生きてはいけません。お金持ちになる目からウロコの意識改革をしませんか?

  • 男性社員を5日休ませたら60万円もらえる!?

    結婚した男性社員に、待望の赤ちゃんが。 ぜひ会社として何かお祝いをしたいと思う社長さんも多いのではないでしょうか。 自腹でお祝い金? プレゼント? ちょっと待って。その前に、国の助成金制度をご存知ですか?

5 / 86 « 先頭 1 2 3 4 5 6 7 8 9 最後 »