ビジネス

ビジネスマンの為のビジネスに役立つ情報を紹介しています。会社経営に必要な知識、サラリーマンのためのキャリア設計や出世するためのポイント、ビジネスマナーや敬語のマナーなど使えるビジネススキル情報、部下を持った上司のためのマネジメントテクニック、キャズムやブルーオーシャン戦略などのマーケティング戦略、将来起業・独立をする人のためのお役立ち情報、お金持ちになるための考え方などビジネスで役立つ情報をたくさん紹介しています。

  • 「コロンブスの卵」とはなにか?

    ものの例えで、コロンブスの卵というものがあります。これは何を意味する言葉なのでしょうか。

  • ゲームクリエイターになるには

    ゲームが好きで、将来はゲームに関わる仕事がしたいという人は多いのではないでしょうか。しかしながら、ゲーム業界は多種多様な職種があるだけに、どこを目指せばいいのかわからないという人も多いでしょう。さらにゲームメーカーの求人募集などを見ると専門的なソフトの操作スキルが求められるなど、いわばスペシャリスト募集であり、未経験者はどこから入り込めばいいのか迷ってしまう人も多いでしょう。

  • 夢をかなえるノート術とは?

    夢は誰しもが持っているものでしょう。夢をかなえるためにはどうすればいいのか、そうした本は多く出ています。しかし、それらは方法論であって、夢をかなえるにはどうすれば良いのか、あるいはこうすれば夢がかなうとはっきり明言してくれません。

  • 21世紀の生き方とは?

    ビジネスをする上で、未来志向は大事でしょう。これからの社会をどう生きてゆくのかという問いです。

  • 批評の現代史を知る

    批評というジャンルがあります。文学作品はもとより、映画や音楽などさまざまな文化的な事象を対象として、著者の考え方を述べるものです。学術的な論文とも異なりますし、単なる身辺雑記とも異なります。いわば知的なエッセイといった位置づけの文章が批評といえるでしょう。批評はその書き手の人の個性や思考が色濃くにじみ出ます。当然、時代を経るごとに論調に変化が現れることもあります。

  • 「日本一の朝礼」をつくった男のリーダー育成論とは

    「日本一の朝礼」という独特の人材育成手法で内外から注目される、居酒屋「てっぺん」の創業者・大嶋啓介さんを迎えてのイベントが、2月13日に開催されます。テーマは「叶った夢の叶え方」。現状の枠を遥かに飛び越えた成長を決意している経営者の皆さんに、ビジネスを加速する極意を伝授します。

  • 考えるとは何なのか

    仕事をしていると「よく考えろ」と指摘されることがあります。「考えていない」という批判もあるでしょう。しかし、そもそも「考える」とはどのようなことなのでしょうか。ぱっとアイデアがひらめくこともあれば、時間をかけても考えがまとまらないこともあります。そのような考えをめぐって、堂々巡りを繰り返している人にとっておすすめなのが細谷功による『考える練習帳』(ダイヤモンド社)です。

  • 広辞苑と国語辞典の違いは?

    2018年1月に、岩波書店発行の『広辞苑』第七版が発行され話題となっています。前回の発行が2008年の第六版ですから、およそ10年ぶりの刊行となります。

  • ビジネスにおける1on1とは?

    ビジネスシーンにおいて注目されている社内コミュニケーションの方法があります。それが1on1です。つまりは1対1でコミュニケーションを行うということになります。

  • コミュニケーションデザインとは?

    マーケティングの世界では、さまざまな新しい概念が登場してきます。その中でついに知られるようになったものとしてコミュニケーションデザインがあるでしょう。なんとなく、言葉のイメージとしては理解できるのですが、実際のところはどのようなものかなかなかわかりにくい。それがコミュニケーションデザインの実際のところといえるかもしれません。

  • 「WIRED」とは何か?

    「WIRED」(ワイアード)という雑誌がありました。アメリカで1993年に創刊された雑誌で、日本版は1994年から1998年まで京都の同朋舎から発行されていました。編集長は「こばへん」こと小林弘人です。その後、2011年にコンデナスト・JAPANより「WIRED」がふたたび復刊されますが、2017年12月号で休刊しています。

  • 問題解決にはツールを使え

    ビジネスシーンなどにおいて問題にぶち当たることは多いでしょう。そこでは、とりあえずぶつかってみるといったことはあまり推奨されません。ビジネスにおいてそうした動きをすることは損をするのが確実であるからです。

  • 留年と浪人、どちらが不利?

    大学へストレートで入学する場合、日本ならば高校を卒業した18歳が一般的です。その後4年間通い、22歳での卒業となります。しかし、浪人や留年を重ねるとその分卒業時の年齢が上がってゆきます。新卒で就職する場合は25歳がリミットともいわれていますが、そこにおいて気になるのが留年と浪人はどちらが不利に扱われるかという点でしょう。

  • 経営者の本質とは

    これまで、「経営の本質」「お客様の本質」「人間の本質」と、会社経営に関わる要素の本質について触れてきましたが、最後は「経営者」本人の本質を考えてみましょう。

  • 知的生産術をプロに学ぶ

    日々の生活の中で知的な生産活動を目指すことは、ビジネスパーソンにとってはいわば必須の作業ともいえるでしょう。時間を無駄にしないことがなによりも重要なのです。

  • 人間の本質とは

    人間の本質を知ることは、経営者にとって最も大切なことと言っていいでしょう。会社業務は、社員の育成から取引先の人々との付き合い、商品に対するお客様の心理など、全て人とのかかわり合いに通じています。正しい回答を導くのは容易ではないですが、人の本質を見極め続けることこそが経営者にとってのライフワークと言ってもいいのかもしれません。

  • お客様の本質を見極める

    モノを買うお客様の気持ちほど、デリケートなものはないと言っていいでしょう。特に多くの情報が飛び交う今の時代、お客様の購買意欲は意外な要素で大きく代わってしまいがちです。その動きをどう捉えればいいのでしょうか。

  • 大人の時間割を作ろう

    仕事をする上で、時間のコントロールが思うようにいかなかったことのある人は多いでしょう。なぜ、それができないのか。できるようにするにはどうすればいいのか。人々にとって深刻な悩みとなっていますが、実は簡単に解決できるのです。

  • 会社が進化するための本質とは

    会社を経営するにも、その本質を見極めなければなりません。その例として、私たちにとって最も身近で、直接的に関わり、しかも切実な事案について考えてみましょう。

  • 対談はどう喋っている?

    雑誌、特に文芸誌や論壇誌とよばれる雑誌の企画では対談がよく行われています。対談では、両者が初対面であったり、あるいは久しぶりの対面であったりと、旧知の間柄というよりは、ふだん会わない人同士が会って、何か新しい話題を探るといった趣のものが多くありますね。

5 / 99 « 先頭 1 2 3 4 5 6 7 8 9 最後 »