ビジネス

ビジネスマンの為のビジネスに役立つ情報を紹介しています。会社経営に必要な知識、サラリーマンのためのキャリア設計や出世するためのポイント、ビジネスマナーや敬語のマナーなど使えるビジネススキル情報、部下を持った上司のためのマネジメントテクニック、キャズムやブルーオーシャン戦略などのマーケティング戦略、将来起業・独立をする人のためのお役立ち情報、お金持ちになるための考え方などビジネスで役立つ情報をたくさん紹介しています。

  • 池上彰が紙の新聞にこだわる理由。新聞の情報収集術

    「池上さんは、どうして紙の新聞にこだわるのですか?」 と池上彰さんは質問を受けることが、ときどきあるそうです。新聞の内容ならネット版でただで見られるし、紙だとかさばるため新聞をとらないビジネスパーソンも増えています。なぜ池上彰さんが紙の新聞にこだわるので

  • 問題解決の前に考えたい! 分析を行なう3つの目的

    ビジネスで分析による検証を行なうことは多いですよね。なぜ分析を行うのでしょうか? 分析を行う理由は問題解決を行うためです、しかし、問題解決の前に分析の目的を理解しなければ、分析の意味がなくなってしまいます。今回は、素早い問題解決を行うために知っておきたい、分析

  • iphoneはなぜ成功したのか? アップル社ならではの経営戦略

    日本だけでなく世界でも大きなシェアを誇るアップル社のiphone。なぜiphoneはここまで成功したのでしょうか? それはアップル社独特の製品開発戦略に秘密があります。 ■携帯電話のマルチボタンをシンプルにしたい iPhoneの開発で、アップル

  • なぜ「くまモン」はキャラクター利用料を無料にしたのか? 「くまモン」流マーケティング

    ゆるキャラとして大ブームを起こした熊本のゆるキャラ「くまモン」。「くまモン」はキャラクター利用料を無料にしたことで人気のきっかけを作りました。なぜ「くまモン」はキャラクター利用料を無料にしたのでしょうか? 「くまモン」流マーケティングを学びましょう。

  • 人脈形成術! どんな人間関係を築きたいかでイベントを使いわけよう!

    人とどんな人間関係を築きたいかに応じてイベントを使いわけることは重要です。次のような場を使って友達や仕事相手との交際を深めましょう。 ■人間関係を築くためのイベント活用 1. 喫茶店でコーヒーを飲む 時間をかけずに会社の外で人に会う方法です。

  • 完全主義の落とし穴!? 日本人はなぜ意思決定の決断タイミングを逃すのか

    日本人は決断がヘタと言われています。なぜなら、日本人には完全主義が多いからです。完全主義による落とし穴、「日本人がなぜ決断のタイミングを逃す」のかについて紹介します。 ■日本人が抱く決断への恐怖心 日本人の多くは決断することへの恐怖心が強すぎま

  • 「誤差」への3つの統計アプローチ

    データには「誤差」が生じます。100回やって100回必ず同じ結果になるわけではありません。この「誤差」を科学的に扱おうとしたときに考えられる統計アプローチは3つあります。 ■誤差へのアプローチ方法1 1つ目の誤差へのアプローチ方法は、実際のデー

  • 文章力を上げる「しりてが」接続詞の使用ルール。「が」問題が厄介

    日本語で「and接続詞」の代表といえば、「しりてが」です。とりわけ「が」は、「 but(逆接)」だけでなく「and(順接)」としても使われるやっかいなものです。文章力を上げる「しりてが」接続詞の使用ルールの中で厄介な「が」問題を紹介します。 「が

  • 雑誌の情報収集テクニック

    情報収集には、新聞、ネットニュース、書籍、雑誌などいろいろな媒体が存在します。特に、雑誌は有力な情報源です。関心のある特集や記事を拾い読みするだけでも、得るところがたくさんあります。雑誌の情報収集テクニックを紹介します。 経済週刊誌からの情報収集

  • 日常生活で戦略的思考を養う2つの方法

    日本人に欠けている「分析力」や「概念を創り出す能力」を養うにはどうすればよいでしょうか? 日常生活で戦略的思考を養なう2つの方法を紹介します。 1. 新聞やネット情報を意識的に制限しよう 1つめは新聞やネットからの情報を意識的に制限してみること

  • 感動の源泉「イノセンス」がディズニーの魔法の秘密だった

    「あなたができるすべてをしてあげなさい。そして、できる限りきれいにしなさい」 「子どものために映画をつくったのではない、誰の心にもある子どもの心のためにつくったのだ」 ウォルト・ディズニーはこう述べています。青春の夢のすべてをかけたディズニーランド。デ

  • あなたの会社をダメにするオワコン経営戦略

    ブルーオーシャン戦略、レッドオーシャン戦略、ランチェスター戦略、ロングテール戦略、フリー戦略などビジネスにはたくさんの戦略が存在します。あなたの会社をダメにするオワコン経営戦略を紹介します。 ■使ってはいけない! オワコン経営戦略 オワコン経営

  • 「ビッグデータ」という言葉が流行る理由「統計解析の重要性」

    ここ最近「ビッグデータ」という言葉がビジネス上で流行っています。一体なぜ「ビッグデータ」という言葉が流行ったのでしょうか? ■ビジネスのプロセスを変えたIT ITはビジネスのプロセスの多くを変えました。商品の仕入れ、在庫、販売といった記録はほと

  • スティーブ・ジョブズが教えてくれたビジネスで大切なこと

    アップルの名経営者であった亡スティーブ・ジョブズ。iphoneに代表されるイノベーションの数々は記憶に新しいですね。そんなスティーブ・ジョブズが教えてくれたビジネスで大切な事を紹介します。 ■幸運のアクシデントを起こそう イノベーションは人が廊

  • なぜ天才棋士「羽生善治」は一瞬で打ち手を絞り込めるのか? 将棋と仮説思考

    プロ棋士である「羽生善治」は稀代の天才棋士です。仮にビジネスの世界に進んでいたとしても、かなりの確率で成功を収めるでしょう。それは「羽生善治」が仮説思考の達人だからです。 ■「羽生善治」の意思決定力 「羽生善治」の棋風はオールラウンドで幅広い戦

  • 流通業は農耕民族!? 欠品・売れ筋商品管理が経営戦略のポイント

    コンビニやスーパー、デパートなど様々な小売店が存在します。買物をするとき、いつもある商品がなかったり、売り切れていたらそのお店に行く気がなくなりますよね? 流通業では欠品・売れ筋商品管理が経営戦略のポイントとなるのです。 ■小売店は売れ筋の欠品を

  • 日本企業がアメリカと差がついた理由は「若手社員の経営経験」

    バブル崩壊、サブプライム問題と日本企業はアメリカ企業と大きな差が生じてしまいました。なぜ、日本企業はここまで弱くなってしまったのでしょうか? 日本企業がアメリカと差がついた理由は「若手社員の経営経験」の差にあります。 ■日本企業がアメリカと差がつ

  • 物事を続けるために大切なのは計画すること。続けるための時間管理術

    物事を続けるために大切なことは計画することです。最初に計画を立てることによって、その計画通りにことを進めれば、あれこれ考えねばならない時間が少なくなるため、結果的に身心に良い影響を及ぼします。続けるための時間管理術を紹介します。 人は計画通りにい

  • 本屋ではいつもとは5メートル離れた場所へ行こう! アイデアが生まれるのは寄り道にあった!

    街へ出たら、いつもとは違う行動をとることも重要です。書店に行ったら、いつも自分が立ち寄る書棚から5メートル離れた場所にあるものを1冊買うことをおすすめします。なぜなら、アイデアが生まれるのは寄り道にあるからです。 ■無意識の自分のテリトリー 人

  • 人脈づくりの達人「ビル・クリントン」 政治への野心と人脈づくりの才能

    元アメリカ合衆国大統領のビル・クリントンは人脈づくりの才能の持ち主です。ビル・クリントンはどのように政治に役立つ人脈を作ったのでしょうか? ■クリントンの人脈術「会った人全ての名前をカードに書き込む」 1968年、元アメリカ合衆国大統領のビル・