ビジネス

ビジネスマンの為のビジネスに役立つ情報を紹介しています。会社経営に必要な知識、サラリーマンのためのキャリア設計や出世するためのポイント、ビジネスマナーや敬語のマナーなど使えるビジネススキル情報、部下を持った上司のためのマネジメントテクニック、キャズムやブルーオーシャン戦略などのマーケティング戦略、将来起業・独立をする人のためのお役立ち情報、お金持ちになるための考え方などビジネスで役立つ情報をたくさん紹介しています。

  • 印僑の成功の秘訣は「ジュガール」?? 『大富豪インド人のビリオネア思考』講演会特集後編

    2012年11月21日に丸善・丸の内本店で『大富豪インド人のビリオネア思考』(フォレスト出版)刊行記念の著者サチン・チョードリーさんによる講演&サイン会が行われました。前編では、著者であるサチン・チョードリーさんやビリオネア思考についてご紹介しましたが、後編で

  • 企画をより面白くするために暗記必須の公式とは

    頭の中では面白かったアイディアが、企画書に落とし込んでみると色あせて見える……そんな経験はありませんか? ヒット作を手掛けてきた企画のプロたちは、どのような方式でアイディアをブラッシュアップしているのでしょうか。今回は、『しかけ人たちの企画術』の中から、フジテ

  • 「常に高い評価を受ける人」が何を心がけているのか? 出世に役立つ「評価される技術」

    あなたの周りにも上司や同僚から、常に高い評価を受けている人はいませんか? 周りからの信頼も厚く、早いうちに出世するような人は、普段どんなことをしているのでしょうか。そこで今回は「常に評価が高い人」が心がけている出世に役立つ「評価される技術」をご紹介します。

  • プレゼンテーションがうまくいかないのは「説明力」のせいだった!

    会議やプレゼンテーションと、毎日のように人前で発表する場がありますね。「うまくいった」と自分では思っても、よい結果が出ないということもしばしばあるでしょう。その理由は「説明力」にあったのです。伝わるプレゼンテーションにするには、説明力をどう使えばいいのでしょう

  • あなたの漢字力はいくら? 『漢字王』で漢字力を身につけろ!

    不思議なもので漢字は使っていないと、どんどん忘れていってしまいます。思い出せずにひらがなで書いてしまった経験もあるのではないのでしょうか。けれども、意識しないと漢字をパソコンで打ち込んでも自分で書く機会は減ってしまいがち。そこで今回は漢字の学習にも役立つ漢字を

  • 大富豪インド人のビリオネア思考とは? 『大富豪インド人のビリオネア思考』講演会特集前編

    2012年11月21日に丸善・丸の内本店で行われた『大富豪インド人のビリオネア思考』(フォレスト出版)刊行記念の著者サチン・チョードリーさんによる講演&サイン会に取材してきました。刊行後、一ヶ月で三万部も突破した話題の書籍の中でも紹介されている大富豪(ビリオネ

  • 決断せずにはいられない。なぜ現代日本でディベートが「意思決定」の役に立つのか?

    経済は右肩下がり、政治も迷走、追い打ちをかけるような震災。若者にとって、希望はもとから存在しなかったのではないでしょうか。ですが、この世に生を受けた以上生き抜かなければなりません。得るために何を捨てるのか、決断する機会がますます増える現代では決断することが武器

  • 「お客様=神様」だと思っているクレーマーを対応するには

    お店側がホスピタリティのあるべき姿として掲げてた「お客様は神様」が、いつからかお客様が自分を神様だと感じるための言葉となっています。自分のことを神様だと勘違いしているお客様は、当然のようにクレームをするモンスター客と化してしまいます。そんなクレームに追われた時

  • カフェでしか仕事ができない病? ノマドワーカーの末期

    企業という組織に縛られず、かっこいい働き方として話題になったノマドワーカー。しかし、ノマドワーカーになることで起きやすい病があります。それが、「カフェでしか仕事ができない病」と言われる病気です。今回は、この恐ろしい「カフェでしか仕事ができない病」がどんな病なの

  • 「自分でやってしまえば早く終わるし、ラク」……それってできないマネージャーの病気です。

    部下がいるにもかかわらず、自分で全てやってしまった方が早く終わるし、煩雑さがなくなる……そんなことをしてはいませんか? 仕事ができる30代の新人リーダーに多いこの状態。もはや「自分でやった方が早い病」です。そこで今回は「自分でやった方が早い病」の治し方をご紹介

  • 時流を掴むビジネスマンがコッソリやっている情報収集術

    常に変化し続けている現代で、ビジネスマンが生き残っていくためには時流をいち早く、そして的確に掴むことが求められています。けれども、変化のスピードが特に早い昨今、忙しさに忙殺されてしまうビジネスマンも多いはず…。そこで今回は時流を掴むビジネスマンがやっている情報

  • "ステマ"を見破れ! ネット社会を生き抜くための情報リテラシー

    消費者に宣伝と気付かれずに宣伝行為を行うステルスマーケティング、通称ステマという言葉が、使われるようになってきた昨今。最近では芸能人がペニーオークションをブログ上でステマしたということで大きく話題になりました。けれども、ネット社会ではステマは気付かれずに行われ

  • 悔しい思いをしたことがあるのでは? イヤなやつほど成功する理由

    「人の意見は聞かないわ、気に入らない奴は罵倒して、批判を受けると激怒する」……そんなナルシスト的なイヤな人間が、あなたの身の回りにもいるかと思います。ですが、そんなナルシストでも、なぜか成功する人間もいます。なぜなのでしょうか。 ■ナルシストにも

  • 謝罪というピンチはビジネスチャンスだと思え!

    「取引先に謝罪しに行かねばならない」……ビジネスマンなら誰しもが経験したことがあるはずです。謝罪をしなければならないということは自分たちに非があったということなので、決して良い思いをするものではありません。けれども、謝罪というピンチは対応次第では、チャンスでも

  • 世渡り上手がてほどく!! 出世に役立つ5つのテクニック

    ここ20年不況が続いている日本。かつてのように、仕事を続けていれば上手い感じに世の中が渡れるだろうという時代は既に過ぎ去ってしまいました。現代においては自分でチャンスを作り、勝ち取っていくことが必要です。今回は世渡り上手から仕事をする上で頭に入れておくべき5つ

  • 就活中の学生に知ってほしい。生き残る4人、滅びる2人。

    「ゆとり」「バブルを知らない」という今の20代を象徴する言葉。「忘れ去られた20年」とも言われ、日本が元気な姿を見たことがない今の若者はこれからどうやって生きていけば良いのでしょうか。非常で残酷な日本社会を生き残る21世紀の人材像を紹介します。

  • 明快で論理的な文章を書きたかったらクイズ文を書け!

    文章を書くにあたって論理的な文章を書くことを心がけたいものですよね。けれども、どうやって書いたら論理的で明快な文章になるのでしょうか。そこで今回は、論理的でない人でも簡単に論理的な文章を書ける方法を紹介します。 ■文章はクイズ文で書け 文章

  • これからのビジネスパーソンに求められる5つの力とは

    激動の時代を迎え、ビジネスマンはこれまで以上に実力を求められるようになりました。そんな中で、価値を発揮できるビジネスマンになるために、いったいどのような力が必要とされるのでしょうか。そこで今回はこれからのビジネスマンに求められる5つの力を、現役放送作家で、会社

  • 人の心を掴んで離さないキャッチコピーの作り方とは?

    私たちの生活の周りにはキャッチコピーが溢れ、最近では映画「アベンジャーズ」のキャッチコピー「日本よ、これが映画だ」が話題となりました。良いキャッチコピーとは不思議なもので、心の奥底に残るもの。けれども、いざキャッチコピーをつけるとなると難しく雲をつかむようなも

  • 「総選挙=AKB48」と定義を変えた「秋元康」。次世代のヒット商品を見つける3つの秘密

    「総選挙と言えば、自民党でも民主党でもなく、AKB48を思い浮かべるようになるよ」 5年前のあなただったら想像できるでしょうか? 今から5年後のことや、これからどんなアーティストが求められるか、どんな楽曲や動画の視聴スタイルが一般的になるか、わかっている