ビジネススキル

  • 田中角栄に学ぶ時間術

    時間術に関する本は多く出版されています。そのどれもが、具体的なメソッドを提示するものです。しかしながら、そうした時間術に関する本に関して拭えない印象としてあるのが、堅苦しさでしょう。マニュアルといったものがあるがゆえに、堅苦しさが抜けないのかもしれません。

  • ミドルリーダーのための時間術とは?

    時間術に関する本はさまざまなものが出ています。そのどれもが自分のための時間をどう使うかといったことに主題が置かれています。確かにそれは、多くの人にとって重要なテーマです。しかしながら、ある程度年齢を重ねてくるともうひとつの時間術というものも重要になってくるのは確かでしょう。それが中間管理職などによる他人のための時間術、部下のための時間術です。

  • 最高品質の会議とは?

    会議とはビジネスシーンにおいては欠かせない要素です。その会議というのは、常にだらだらとしたものになりがちです。ともすれば、それは世間一般的に見た場合に非効率ということにもなりかねませんよね。

  • 決断は3秒で決める

    決断というのはさまざまな場所で迫られます。重要な決断の場合は時間をかけて判断するというのもひとつの手でしょう。しかしながらもうひとつ、即決という選択もあります。人生の岐路に立たさせるようなものは別としてもビジネスシーンなどにおいては即決というのは、ある意味では重要な要素だといえるかもしれません。

  • リーダーシップのスキルとは?

    リーダーシップという言葉があります。人をまとめて、率いていく能力ですね。これは生まれ持った能力のように思われがちですが、決してそんなことはありません。リーダーシップはビジネススキルのひとつであり、そこにおいては誰もが引き伸ばすことができるのです。

  • 褒め活、社会を作る

    今の世の中はすべてダメ出しで溢れていると言われています。確かにネットを除いてみるとあらゆる文句が溢れていますね。もっと良いところを見つけられないものかと呆れてしまうでしょう。

  • 部下を成功させるコミュニケーション技法とは?

    世の中にはコミュニケーションに関する本が多く出版されています。そのどれもが、自らの成功を前提としているものが多いです。しかし、ビジネスシーンにおいては自分が上司となって部下の成功を促すシーンもあるでしょう。その時、どうすればいいのか迷ってしまうことも多いです。やはり、自分で成功することはたやすくても、他人を成功させるのは、それはそれで難しさが伴うのではないでしょうか。

  • 話し合いはどう進める?

    何かを提案する時、あるいはトラブルが起きて話し合いとなった時にどのようなプロセスで進めていけばよいのでしょうか。そこに関しては色々と気になる部分がある人も多いでしょう。このプロセスを一歩間違えるととんでもないことになってしまうこともあるからです。いわばトラブル防止のためにどうすればいいのかということですね。

  • 営業レターに学ぶ

    ビジネスシーンにおいて手紙を書く機会は少なくなってきています。ほとんどの場合においてメールにおけるあいさつに代わっていると言えるでしょう。しかしながら、そのような時代であるからこそ、レター、手紙の大切さというのは際立ってくるものもあるのではないでしょうか。

  • 先送りしない整理術とは?

    明日やれることは今日しない、というのはひとつのやり方としてはあってもいいものかもしれませんが、それが、あとあと大きなデメリットとなることは少なくないでしょう。

  • バカと付き合ってはいけない?

    キングコングの西野亮廣とホリエモンこと堀江貴文による『バカとつき合うな』(徳間書店)はセンセーショナルなタイトルの本です。しかしながら、本書にはこれからの社会を生き抜くための賢い知恵を得るヒントというべきものが多く詰まっています。

  • 20時間でやれることは?

    ビジネスのスキルアップ、あるいは勉強などにおいて時間がないと嘆いている人は多いでしょう。仕事において必要となる新しい技術を身につけたいのだが、なかなかうまくいかないという人もいるかもしれません。

  • 400字からの文章レッスン

    文章をうまく書きたいのだけれども、なかなか思うようにいかない。そのような悩みを抱えている人は少なくないでしょう。しっかりとインプットをしているにも関わらず、それをうまくアウトプットできない。そこにおいて原因とされるものはなんなのでしょうか。もともとのセンスのなさなのでしょうか。

  • 素直さこそ武器である?

    ビジネスシーンあるいは、生活全般において大切なものはどこにあるでしょうか。ひとつ「素直さ」というものがキーワードになると言えます。誰しも頭では理解していたとしても、なかなかうまくできない。それこそ素直になれないという人が多いでしょう。

  • 刺さる言葉を見つける

    「全米が泣いた」これは、映画の宣伝の常套句であると言えます。しかしながら、本当に全米が泣いているのか、疑問に感じてしまうのも確かでしょう。しかし、このキャッチコピーはもはや伝説、レジェンドの域に達しています。

  • 企画書は手描き一枚が良い

    ビジネスシーンなどにおいて企画書の提出が求められることは多いでしょう。その企画書にはどういう要素が必要なのでしょうか。なによりも大切なのは短い文量の中でいかにわかりやすく伝わる要素を入れることができるかではないでしょうか。

  • 伝わる仕組みとは?

    なかなか自分の思いが伝わらない。仕事において伝達していた事項が、まったく伝わっていなかった、といったことはよくあるでしょう。かなり重要な要素ですが、どうすればいいのかわからないという人が多いのではないでしょうか。

  • 時間内に結果を出すには?

    仕事を振られたけれども、時間がなくて断ろうとした、あるいはきちんと成果が出せなかった時に時間がなかったことを言い訳にしてしまったという経験は誰しもあるのではないでしょうか。

  • 怠け者の時間術とは?

    時間のコントロール、スケジューリングに関する本は多く出ています。時間管理には何が大切かということがきちんと記されています。しかしながら、その内容を細かく見ていくと、その人自身にしか有効ではない処方箋といった印象を受けるものも少なくありません。どのようなものかといえば、この人は本やアドバイスがあってもなくても時間コントロールができるのだろうなと思わせるものです。

  • 三八広告とは何か?

    三八広告と呼ばれるものがあります。読みはサムヤツといいます。これはいったいどのようなタイプの広告なのでしょうか。

2 / 28 « 最初 1 2 3 4 5 6 最後 »