ビジネススキル

  • グダグダ会議を変えるには?

    会議というのはビジネスシーンにおいて重要な要素でしょう。しかしながら、その中において、グダグダになってしまうことも確かです。とりあえず集まってみたはいいのだけれども、場合によってはなかなか議論が前へ進まないといったこともあるでしょう。

  • 時間術を図解で知る

    時間術に関する本は多く出ています。しかしながら、どれも実践可能なものかといえば疑問符がつきます。すぐにでもできるものが欲しい。もっと言ってしまえば、時間術に関する本を読む時間も惜しい、もしくはない、忙しいという人もいるでしょう。そうした人におすすめなのが安田正による『面白いほど役に立つ 図解 超一流の時間力』(日本文芸社)です。

  • わかりやすい表現のコツとは?

    今は誰もが表現することが容易い時代となっています。情報発信なども簡単にできると言えるでしょう。しかしながら、そうした表現があふれている時代であるがゆえに、わかりづらい表現、洗練されていない表現が溢れているのもひとつの現実です。

  • アウトプットの方法とは?

    学びにはインプットとアウトプットがあります。どちらが欠けても成立しません。では、学んだことを発信するアウトプットはどのようにすべきなのか。どういったアウトプットがベストなのか。それを解説した本が樺沢紫苑による『学びを結果に変えるアウトプット大全』(サンクチュアリ出版)です。

  • 人がうごくコンテンツとは?

    コンテンツ作りはビジネスシーンにおいて大切な要素とされています。インターネットのメディアなどは、その枠を作ることは比較的容易にできますが、そこに魅力的なコンテンツを作り上げるのはなかなか難しいといったこともあるでしょう。

  • 一流の気くばり力とは?

    ビジネスシーンにおいて求められるスキルは様々ありますが、その中のひとつとして気くばり力があると言えるでしょう。この気くばりというのは、あまりに恭しくやってしまうと味気ないものになってしまいます。さりげなく気くばりをしてこそ、一流であると言えるでしょう。

  • まわりに良い影響を与えるには?

    ほとんどの仕事は、チームで行われます。それは個人だけの力でなんとかなるものではありません。そのチームワークを作り上げるのに大切なものが「まわりにいい影響を与えるか」どうかではないでしょうか。どうしても自分一人でできることというのは限界があります。それゆえに、まわりとの影響を良い具合に与え、与えられることによって、うまく回っていくということもあるでしょう。

  • やりたいことを全部やる時間術とは?

    やりたいことがあれもこれもとあるけれども、なかなかうまくいかないといったもどかしい思いを抱えている人は多いのではないでしょうか。そこにおいては、本当にやりたいことを整理してひとつひとつ諦めてゆくことを余儀なくされている人もいるかもしれません。

  • 文学的、芸術的はほめ言葉?

    文学的や芸術的といった言葉があります。これはどういった場合に使われるでしょうか。もちろん良い意味に使われることもあるのですが、場合によっては、といってもほとんどの場合は、あまり良い意味で使われないのではないでしょうか。

  • 恥をかかない文章術とは?

    文章術において最も大切なものはなんでしょうか。自分だけのオリジナリティがある表現でしょうか。あるいは込み入ったことを書いていないシンプルな表現なのでしょうか。それは時と場合によって異なってきますよね。いわゆる、その場に応じたベストな文章が求められるというわけです。

  • 伝わるプレゼンとは何か?

    ビジネスシーンばかりではなく、大学の授業などでもプレゼンテーションの場は用意されています。そこで相手に伝わる上手なプレゼンできるかどうかが成功につながる鍵といっても過言ではないでしょう。

  • 小冊子にまとめる術

    営業や、転職・就職活動などにおいて自社や自分の強みをアピールする時にはどういった手段が使われるでしょうか。直接アピールする手段はもちろんのこと、現在はSNSを積極的に活用している人も多いのではないでしょうか。

  • 時間術を図解で把握

    時間術に関する本は様々出ていますが、そのどれもが文字による説明をメインとするものです。しかし、時間というのは、もっと見えないものであり、感覚的に把握するものだと思いませんか。

  • アイデアは落書きから生まれる?

    なにか新しいアイデアを構想しているのだけれども、なかなか上手くいかないといった人は多いでしょう。アイデアは散歩をするときや、あるいはトイレの中で生まれるといったことを言う人もいますね。アイデアは人それぞれ、様々な場所で唐突に生まれてくるとも言えるでしょう。

  • 質問型営業とはなにか?

    営業というのは、様々な方法があります。それでもある程度のセオリーにのっとった営業をすることがベターであることには違いありません。そうした中で先例となる営業方式に学ぶというのもひとつの方法ではあるでしょう。

  • 放送作家に雑談力を学ぶ

    雑談力というのはないがしろにされがちですが、実はとても重要なスキルです。相手との微妙な間をもたせながら、なおかつ退屈をさせないといった能力はなかなか身につけられるものではありません。

  • 営業術の基礎を学ぶ

    営業はビジネスにおいて基本中の基本でしょう。ほとんどの会社員は営業職を経験しますし、営業の素養がある人間は好意的に受け止められる会社が多いです。会社員でなくフリーランスで活動するにあたってはさらに営業力が必要になります。自分の実力があればいつか評価されるのだ、という漫然とした考えは、少し思い上がりであると言えるでしょう。

  • 引っ越しに学ぶ時間管理術

    時間管理というのは考えていても上手くいかないことがほとんどです。もっと先に準備をしておけば良かったと後悔した経験は誰しもあるものでしょう。

  • 性格別、接客交渉アップ法とは

    当たり前ですが、店員には気が弱い人もいれば、強い人もいます。お客がもたらす無理難題は、そんな性格に関わらず降りかかってきます。強気の店員が弱気の店員より対処力に長けているかと言うと必ずしもそうではないと「ワンランク上の『接客交渉術』」の著者・宮田寿志さんは指摘しています。どちらにせよ、接客のための交渉力は必要不可欠であり、さらに宮田さんが繰り返す「演技の徹底」が求められるとも言っています。

  • お客を怒らせるNGワード(その2)

    お客に腰を低くして応対するのは接客業の基本中の基本。とは言え、店員も人間ですから、疲れていたり、お客の態度によっては、その基本を忘れてしまったり、常に意識できているとは限りません。でも、こういうときこそ、不意に出る言葉でお客を激怒させてしまう恐れが高くなるものです。特に気をつけないといけないのが、お客を小バカにしてしまう言い方です。

3 / 28 « 最初 1 2 3 4 5 6 7 最後 »