ビジネススキル

  • リーダーの「体現」が理念を浸透させる

    理念とは会社そのものだと強調する、社員定着率96%を達成したリハプライム代表取締役の小池修さん。さらに理念が看板倒れで終わっては身も蓋もありません。リーダー自ら率先して理念を体現し、社員全員に浸透させていくことが肝心です。そのために何をするべきか。小池さんの会社が実践している方法に迫ってみましょう。

  • 会社は「理念」ででてきている

    経営理念とは創業時に抱いた「こんな会社を創りたい」「こんな会社にしたい」 という思いを言葉にしたもの。でも、リハプライム代表取締役の小池修さんは「経営理念は額に入れて社長室に飾ってあるだけではだめ」と強調します。理念を実践するとはどういうことか。掘り下げてみてみましょう。

  • 理念を浸透させる一つの方法

    「理念」は掲げているだけでは意味はなく、社員に浸透させることで初めて生きてくると、社員定着率96%を実現したリハプライム代表取締役の小池修さんは言います。では、理念を浸透させるのに不可欠なこととは何か。小池さんは「リーダー自らが率先して体現すること」が不可欠だと明言しています。

  • 社員定着率を上げる理念とは

    社員の定着率を上げるには待遇改善が大前提というのが、社員定着率96%を実現したリハプライム代表取締役の小池修さんの持論。しかし、定着率を100%に近づけていくためにはそれだけでは不十分だと、小池さんは言います。重要なのは4つのステップだと言うのですが、一体どんなことなのでしょうか。

  • 定着率がアップする昇給術とは?

    これまで社員が辞めたくなる理由と対策について触れてきましたが、意外に感じた方も少なくないのでは?そう、おカネ、つまり給料の話が一切出てきていません。不景気が長く続いた影響もあるのか、最近の若年層は給料に対してそれほど執着がないということなのでしょうか。とは言え、社員のモチベーションを上げるのに賃金は重要な手段のはず。そのあたりの関係を考えてみましょう。

  • 社員定着の大前提、待遇改善の極意とは

    社員が辞めたくなる理由は、休暇の取りやすさ、人間関係、先行きへの不安の3点に集約されるというのが、驚異の定着率96%を実現したリハプライム代表取締役の小池修さんの見識。ではそれらをどう解決していくのが合理的なのか、小池さんの経験談から見ていきましょう。

  • イマドキ社員はなぜすぐ辞める?

    「最近の新入社員はすぐ辞めてしまう」。人材不足に頭を抱える経営者からよく聞かれる言葉です。イマドキの若者の考えていることがよくわからない?昔に比べて根性がなくなった?やっかみを並べたくなる気持ちは分からないではありませんが、原因を突き止めなければ前には進めません。

  • 逆境からの「社員定着率96%」への道

    社員定着率が50%いけば上出来と言われる介護業界で、96%という驚異の実績を達成した、リハプライム代表取締役の小池修さん。しかし、この数字を実現するまでの道は決して平坦ではなく、試行錯誤の連続だったといいます。まずは成功までの道のりを見ていきましょう。

  • 雑談力をきたえる

    決して数値として表されるものではないし、専門的な資格があるわけではないけれども、その人にとって大きな武器となる能力はいくつかあります。そのひとつが雑談力でしょう。ビジネスなどにおいて、初めて会った相手に対し、雑談を交わせる能力というのはとても大きな力です。

  • 数学的思考を身につける

    文化系の出身者にとって数学的思考というものは苦手とする分野のひとつです。「自分は文系なので」というフレーズが口をついて出ることがありますが、それを言い訳にしてはいないでしょうか。逆に考えてみるならば、数学的思考を少しでも身につければ、それは将来に対して大きなスキルとなる可能性を秘めています。

  • 行動経済学を漫画で学ぶ

    行動経済学は、最近流行りの言葉です。人はなぜ商品を買うのか。そのそもそもの理由が明らかになればビジネスは上手くいくでしょう。しかしながら、行動経済学は人間の深い原理にも関係しているため、すべてがマニュアル通りというわけにはいきません。

  • WEB文章の書き方

    文章を書く機会というのはあらゆる場面で生まれますが、現在ではネット、WEBに書くための文章を用意する必要に迫られることもあるでしょう。WEB用の文章というのは、紙に書いてアウトプットする文章とは書き方が大きくことなってきます。場合によっては、WEBに載せる文章次第でアクセス数などが大きく異なってくることもあります。

  • SEOライティングを学ぶ

    いまやライティングの仕事の主戦場は、本や雑誌などの紙のメディアから、インターネットに移っているといえるでしょう。そんな状況において、身につけておきたいテクニックとしてSEOライティングがあります。

  • 調べて書く技術とは?

    ライティングをするためには、書く内容がなければいけません。つまり、アウトプットとインプットの関係ですね。

  • コンテンツ業界のからくりは?

    ネット関係の仕事の中でも、コンテンツにまつわる仕事を志望する人は多いでしょう。しかし、コンテンツ業界ほど、日々移り変わりが激しい世界はありません。そんな業界の最新動向を知ることができる本が、中野明による『図解入門業界研究 最新コンテンツ業界の動向とカラクリがよくわかる本[第3版]』(秀和システム)です。

  • 「コロンブスの卵」とはなにか?

    ものの例えで、コロンブスの卵というものがあります。これは何を意味する言葉なのでしょうか。

  • 21世紀の生き方とは?

    ビジネスをする上で、未来志向は大事でしょう。これからの社会をどう生きてゆくのかという問いです。

  • 考えるとは何なのか

    仕事をしていると「よく考えろ」と指摘されることがあります。「考えていない」という批判もあるでしょう。しかし、そもそも「考える」とはどのようなことなのでしょうか。ぱっとアイデアがひらめくこともあれば、時間をかけても考えがまとまらないこともあります。そのような考えをめぐって、堂々巡りを繰り返している人にとっておすすめなのが細谷功による『考える練習帳』(ダイヤモンド社)です。

  • ビジネスにおける1on1とは?

    ビジネスシーンにおいて注目されている社内コミュニケーションの方法があります。それが1on1です。つまりは1対1でコミュニケーションを行うということになります。

  • コミュニケーションデザインとは?

    マーケティングの世界では、さまざまな新しい概念が登場してきます。その中でついに知られるようになったものとしてコミュニケーションデザインがあるでしょう。なんとなく、言葉のイメージとしては理解できるのですが、実際のところはどのようなものかなかなかわかりにくい。それがコミュニケーションデザインの実際のところといえるかもしれません。

6 / 28 « 最初 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 最後 »