ビジネススキル

  • 「名文」ではなく「明文」で書く

    読者に愛されるいい本に求められる文章は、名作のような名文ではありません。表現の難しい言葉ではなく、わかりやすくておもしろく、深みのある「明文」を書く秘訣をご紹介します。

  • 高くても売れるホームページの作り方

    今の時代、ホームページはすごく重要で、集客のためにはなくてはならないツールといっても過言ではありません。高くても売れるホームページ作りで注意すべき点を、ここでいくつかご紹介してみましょう。

  • 熱中していることならどんどん書ける

    出版で夢を叶えたいけれど、書く習慣がなかった……実は、文章を書くのが苦手。そんな人でも、すらすら書けるようになるコツがあるのです。とっておきの文章カンタン上達メソッドで、楽しく練習してみませんか?

  • 小論文はアウトプット勝負

    小論文といえは受験科目のひとつといった印象があるかもしれません。しかしながら、それはすでに旧世代の考え方であるといえるでしょう。近年では社会人の大学院入試はもちろん、ビジネスの現場においても、課題として小論文を課されることが多くなっています。

  • お客様から「先生」と呼ばれるには

    お客さまから「先生」と呼ばれることは、師弟関係ができているあかしです。師弟関係というと大げさに聞こえるかもしれませんが、「教える人と習う人」という関係性が明確になっていることが重要なのです。

  • 最後まで本を書くコツは「属性」を知ること

    本を書こう! そう決意はしたものの、途中で挫折してしまった経験は多くの人がもっているのではないでしょうか。飽きっぽいから? 才能がないから? いいえ、違います。そこには、こんな秘密があったのです。

  • 書きたい本、書ける本が見つかる5つの輪

    自分ではおっちょこちょいだと思っていても、周りにはしっかり者だと頼られていたり、自信のないことを褒められたり……そんな経験はありませんか? 一度とことん自分を客観視すると、真の本のテーマも見えてきます。

  • お客様にとっての「一流」を提供する

    値上げによるお客さま離れの不安はつきものです。けれども、安い値段のままではブランディングができません。そこで、値上げをしてもお客さまが離れていくことはないという、一流化のメソッドをご紹介します。

  • あなたが人生をかけて達成したいことは?

    いい本を書くことが、自分も読者も幸せにしてくれる……そんな素敵な未来へ歩き出すために、欠かせないこととは何でしょうか。出版を成功させるノウハウは、そのまま人生充実のテクニックにも通じるようです。

  • テレ東力を意識せよ

    テレビ東京といえば、かつてはテレビ番外地、視聴率番外地といわれた場所です。しかしながら近年は、低予算、誰も見ていない、といったネガティブな要素を逆手にとった個性派の番組を多く手がけることで知られています。そのさまは、ビジネスモデルとして注目すべきものがるといえるでしょう。

  • プロフィールで専門家としてブランディング

    あなたの前に順番待ちのお客様が行列を作っていたら…嬉しいですね。そのためにやることは、ターゲットを絞ること。あなたの専門家としてのブランドを一気に高める、とっておきの方法をお伝えします。

  • 知っておきたい本作りの3つのルール

    自由に何でも好きなことを書いてしまうと、せっかくの本の寿命を縮めてしまいます。あなたの本が多くの人に長く愛されるために、知っておきたい本作りの3つのルールをご紹介します。

  • プロ野球で統計を学ぶ

    統計と統計学に関する知識はビジネススキルとして求められるものです。統計の知識があることによって、これまで感覚的にとらえていたものが数字として把握できるようにならいます。

  • お客様が離れていかない値上げの仕方とは?

    稼げるようになるための近道は、ズバリ「自分のいるマーケットでいちばん高い値段をつけること」です。たったこれだけで簡単に売上を上げることができます。お客様が離れていかない具体的な値上げ方法をお教えします。

  • 高校数学に立ち返る仕事術

    社会人に求められるスキルとして、高校卒業までの教養があります。これは大学で学ぶ一般教養の基礎となるものであり、すっかり忘れてしまっていますが、その技術を身につけていれば仕事や就職活動で役立つこともあるのです。例えば高校の数学の知識は、就職時に課せられるSPI試験対策ともなりますし、あるいは統計の知識はビジネスプランを立てるのに役立ちます。

  • 「素直」はメンターに可愛がられるポイント

    稼いでいる人たちに共通している特徴の一つは、非常に「素直」だということ。メンターの教えに「でも」を口にする人は、いつまでもうまくいかないのです。もしもあなたがメンターなら、どんな人の面倒をみたくなりますか?

  • アイデアと「たくらみ」の関係

    アイデアは仕事をする上で求められるスキルのひとつでしょう。アイデアは新しいもの、奇抜なものがあれば良いのですが、ほとんどは、これまでと同じような守旧的なものとなりがちです。そんなアイデアに求められる要素として「たくらみ」を提示したものが、加地倫三による「たくらむ技術」(新潮新書)です。

  • 「他責」より「自責」がいい3つの理由

    急に雨が降ってきた。電車が遅れた。こんなアクシデントでイライラ・ムカムカしたことのある人は要注意。稼げるようにならないかもしれません。なぜなら、稼げている人の特徴の一つが、人のせいにしない自責体質だからです。

  • 商売は立地戦略が勝負?

    立地戦略という言葉があります。これは、商売をするにあたって、どの場所を選ぶかを考える重要な指針になります。例えばコンビニエンスストアやファミリーレストランを出店するにあたって、車の流れや人の流れを考えることはきわめて重要です。さらに競合店舗がどこにあるのかも見極めなければいけません。

  • 身につけたいビジネス速読術

    本を読んでみたいけれども時間がない、あるいは読もうとしてもすぐに飽きてしまう、途中から読むとそれまでの内容が頭に入ってこない、そうした読書の悩みを抱えた人は多いかもしれません。そんな人におすすめなのが、速読術です。

9 / 28 « 最初 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 最後 »