ビジネスマナー

ビジネスマナーとして必要な、敬語の使い方、電話の基本、メールルールなど、抑えておきたいビジネスマナーの基本を紹介します。

  • 往復はがきなぜ必要?

    現在では、用件はメールや、あるいはLINEなどのSNSで済ませてしまう人も多いかもしれません。しかしながら、かつてはもっぱら通信の手段の王道は郵便でした。それは、現在でも変わっていない部分もあるでしょう。

  • 畳の縁なぜ踏んではダメ?

    畳の縁は踏んではいけない場所とされています。こうした和室におけるマナーというのはあまり知られなくなってきています。そもそも、なぜ畳の縁を踏んではいけないのでしょうか。

  • 敬語きちっと使えている?

    敬語表現は、きちっと使えているようでいて、実は間違っているということが多いものです。あらためてビジネスマナーの基本中の基本である敬語表現を学び直してみてはいかがでしょうか。

  • メールの文面を気をつけよう

    メールというのはとても便利なツールです。その分、文面ひとつとってしまうと相手をいらっとされてしまうこともあります。フランクに書いてしまえば馴れ馴れしいと思われてしまいますし、一方であくまでもていねいに書くことを心がけたとしても慇懃無礼なイメージを持たれてしまいかねません。ベストな電子メールの送り方というのは実のところ大変難しいと言わざるをえないでしょう。

  • ビジネスメールのマナーは?

    仕事においてメールをやりとりする機会は多いでしょう。そこで、忘れがちなのがビジネスメールにおいてもマナーがあるという点です。友人とのラインのメッセージ交換ならばフランクな言葉遣いも可能でしょうし、どちらからともなく返信をしないといったこともOKです。しかしながらビジネスメールにおいてはそういうわけにはいきません。

  • 食べ方を気にしてみよう

    人間の印象は初対面で決まってしまい、そこから拭うことは難しいといわれています。それは確かにあるでしょう。さらに、その人のふとした言葉づかいや所作などが見られていることもあります。身だしなみや髪型をしっかりとしていても、意外なところでボロが出てしまうことも多いでしょう。その一つが「食べ方」です。

  • 最低限のビジネスマナーって

    ビジネスマナーに関する本はさまざまなものが出ていますが、どれから読めばいいのかわからない人も多いでしょう。そんな人におすすめなのが金森たかこ著作、西出ひろ子監修)による「入社1年目ビジネスマナーの教科書」(プレジデント社)です。

  • マナーと運の関係

    マナーは世の中を渡り歩いていくためには必須のスキルです。さらにマナーを極めていくと運気も向上するかもしれません。にわかには信じがたいテーマに挑んだものが西出ひろ子 による「運のいい人のマナー」(清流出版)です。

  • 語彙力で一歩リードしよう

    語彙力はビジネスにおいては大切な要素です。タメ口が出てしまう、幼稚な言葉使いをしてしまう、同じフレーズを繰り返してしまう、そうしたことを繰り返していると、相手から信頼を失いかねません。

  • 正しいメール書けていますか?

    いまや電子メールは、ビジネスにおいて欠かせないツールとなっています。とても便利な反面、ただメールを一本投げるだけでの仕事は手抜きとみなされることもあります。

  • 仕事の速さはメールで決まる?

    「仕事が速い」これは、ビジネスにおいてはひとつの大きな評価基準となります。もちろんそこに「仕事の質」がともなうことが絶対条件ですが、仕事は速いに越したことはありません。

  • 昇進間違いなし!? 失敗しない接待のお店選び

    「仕事でさえ山積みなのに、今度の接待の準備もしなきゃ。面倒だなあ……」と思うことはありませんか? 目の前の仕事にばかり気がいってしまって、接待の準備をおろそかにしてしまう人も多いようですが、実は、接待もビジネスを円滑に進める上で欠かせない、優先すべき「仕事」の

  • 電話営業でも使える! 沈黙を活用した電話テクニック

    電話営業をすると、沈黙が怖いですよね。沈黙を埋めようとして、つまらない質問をしたり、早口でペラペラ説明したりしがちです。しかし、電話では沈黙を活用することが大切です。No.1コンシェルジュとして14年間、16万人に接客してきた網野麻理さんの本「期待以上に応える

  • 声と話し方のイメージ戦略! 言葉遣いだけでイメージを良くする4つの技術!

    外見だけでなく言葉遣いを少し気をつけるだけでイメージを良くすることが簡単にできます。言葉遣いだけでイメージを良くする4つの技術を紹介します。 声と話し方のイメージ戦略 メラビアンの法則によると、人物の第一印象は初めて会ったときの3〜5秒で決まり

  • 「また電話をかけたい」と思わせる第一印象を作る3つのポイント

    信頼関係を築く上で、第一印象はとても大切です。人の印象は一瞬で決まってしまいます。「身だしなみを整える」「遅刻をしない」など、皆さんもさまざまな点を意識しているのではないでしょうか。 電話の世界も同じように第一印象が大切です。最初の3分間で、「次もまた電

  • 2つの雑談を使い分けろ! 電話だけで相手の心の距離を縮める雑談テクニック

    営業やコールセンターの仕事では、電話だけでお客様との心の距離を縮める必要があります。最上級クレジットカードのNo.1コンシェルジュとして14年間、16万人に接客してきた網野麻理さんに、電話で相手の心の距離を縮める雑談テクニックをお聞きしました。

  • 電話で親近感を作る「ミラーリング」と「ペーシング」

    信頼関係を築くために効果的なテクニックに「ミラーリング」と「ペーシング」があります。人は、自分と似たような人に親近感をいだき、好意を抱きます。その概念に基づき、相手との心の距離を縮めるために「ミラーリング」や「ペーシング」という方法が活用できます。

  • 「部長が失念する」は間違い敬語! 「失念する」は尊敬語ではなく謙譲語

    「部長が失念する」 「社長が失念する」 「(取引先の)田中様が失念する」 実は「失念する」は尊敬語ではなく謙譲語なので、この敬語表現は間違いです。 「失念する」とは 「失念する」は「忘れる」の謙譲語として使います。謙譲語とは、自分の立

  • 「部長は存じ上げていますか?」は間違い敬語! 「存じ上げる」は尊敬語ではなく謙譲語

    「部長は存じ上げていますか?」 「(取引先の)田中様は存じ上げておりますか?」 実は「存じ上げる」は尊敬語ではなく謙譲語なので、この敬語表現は間違いです。 「存じ上げる」とは 「存じ上げる」は「知る」の謙譲語として使います。謙譲語とは、

  • 「部長が拝借する」は間違い敬語! 「拝借する」は尊敬語ではなく謙譲語

    「部長が拝借する」 「社長が拝借する」 「(取引先の)田中様が拝借する」 実は「拝借する」は尊敬語ではなく謙譲語なので、この敬語表現は間違いです。 「拝借する」とは 「拝借する」は「借りる」の謙譲語として使います。謙譲語とは、自分の立

1 / 8 1 2 3 4 5 最後 »