ビジネスマナー

  • 畳のヘリを踏んではいけない!接待で役立つ和室のマナー

    若い世代には、これまで一度も畳の部屋で暮らしたことがない、という人がかなりいますが、和室には独特のマナーがあります。社会人になると、接待などで和室を使う機会も出てきますから、知らないではすまされません。今回は、押さえておきたい畳のマナーを紹介します。

  • ビジネスマンは気をつけたい、ささいな5つのこと

    「塵も積もれば山となる」とは言ったもので、一ビジネスマンにとって些細な事ができるかどうかが非常に重要になってきます。成功したいなら、どんなに小さなことでもやり切ることが大切なのです。そこで今回は、ビジネスマンが胸に留めておきたい5つのささいなことをご紹介します

  • メール世代の文章力養成法

    人は様々な場面で文章を書くことが求められます。何かを書かなければならないのに、書きたいことが思いつかない、考えていることがあるのに、どのように言葉にすればよいのか分からない。初心者でも文章を書き慣れた人でも、そういった経験はあるのではないでしょうか。 文

  • かけた電話を先に切るな! 軽視しがちな仕事のマナー

    仕事や用事で電話をかけた場合、用件が終わると電話を自分から切ってしまう人は多いですよね。しかし、かけた電話を先に切るのは失礼に値します。 ■電話とはぶしつけな行為である かけた電話を、先に切る人は信じられないという経営者は多いです。かかってきた

  • 「お客様=神様」だと思っているクレーマーを対応するには

    お店側がホスピタリティのあるべき姿として掲げてた「お客様は神様」が、いつからかお客様が自分を神様だと感じるための言葉となっています。自分のことを神様だと勘違いしているお客様は、当然のようにクレームをするモンスター客と化してしまいます。そんなクレームに追われた時

  • 謝罪というピンチはビジネスチャンスだと思え!

    「取引先に謝罪しに行かねばならない」……ビジネスマンなら誰しもが経験したことがあるはずです。謝罪をしなければならないということは自分たちに非があったということなので、決して良い思いをするものではありません。けれども、謝罪というピンチは対応次第では、チャンスでも

  • サラリーマンは会食をなめるな!競合相手と差をつける会食セッティング術

    提案先やクライアントとの会食。いつでも入れるチェーン店を選んでお酒を飲んでおしまいという会食で済ませている人も多いですね。実は、会食は競合相手と差を大きくつけるイベントです。同じレベルの競合相手で、料理がまずいお店とおいしいお店で会食をした場合、おいしい店を紹

  • もしかして間違ったビジネスメールを送っているかも!ビジネスメールにありがちな誤り

    社会人になったら、切っても切り離せないのがビジネスメール。社会人の基本といっても過言ではありません。けれども、ビジネスメールはわざわざ上司に懇切丁寧に教えてもらうようなものでもありません。そのため、知らず知らずのうちに間違ったビジネスメールを送っている可能性が

  • 新社会人は注意!? 気をつけた敬語は実は嫌われる!

    新社会人となった皆さんが、人と出会う上で気をつけているはずの敬語。けれども、敬語を使うことで、実は相手に悪い印象を与えてしまうことがあります。言葉遣い一つで印象は大きく変わってしまうもの。実は嫌われてしまう敬語を使ってしまうケースをご紹介します。 ■新し

  • やっかいなクレームをつけられたときの対応マル秘術!その名も「壊れたレコード作戦」!

    電話応対やオペレート業務、お客さんとコミュニケーションをとる仕事をする上でどうしてもさけられないのがクレーム対応です。まっとうなクレームならまだしも、こちらに非がなくてもクレームをつけてくるモンスタークレーマーがいるのも事実。そこで今回は普通のクレーム対応とは

  • 仕事場ではタブー?!ビジネスマンが絶対に使ってはいけない5つの言葉

    ビジネスマンのみなさま、毎日毎日忙しくて言葉の使い方までは気が回らないなんてこと、ありませんか?何気ない一言がビジネスでは命取りになってしまうこともあるので、気をつけておきたいところ。今回はビジネスシーンでふと出てしまう言葉に注目します。10年後にも笑って仕事

9 / 9 « 最初 4 5 6 7 8 9