ビジネスメール

ビジネスメールで大切な、メールのルール・マナーなどビジネスメールの基本を紹介します。

  • ビジネス文書で心をつかむ

    仕事をする上で、文章を書く機会は多いでしょう。大概のものはビジネス的で無味乾燥なものであり、そこで交わされる褒め言葉はともすれば社交辞令でしかないということもあります。しかしながら、ビジネス文章は同じ言葉を壊れかけのテープレコーダーのように繰り返していれば良いというわけではありません。ビジネスであっても相手の心を掴むことは十分に可能なのです。

  • メールは考えすぎない方がいい?

    メールのやりとりはビジネスはもちろん、プレイベートでも頻繁に行われています。メールは、返事のタイミングやスピードが問われることがあります。すぐに返信をすると時間をかけていないと思われ、逆に返信を遅らせているといつまで待たせるのだと不快感を与えてしまう。どのタイミングでどのようなメールを返せばいいのかは大きな悩みどころでしょう。

  • 短いメールに気を使う

    ビジネスにおいてメールのやりとりは頻繁に行われています。そこで注意しなければならないのはメールの長さと内容でしょう。だらだらとどうでもいいことを書き連ねるのはいけませんし、かといって一言だけのメールというのも考えものです。メールにはバランスが求められているといえるでしょう。

  • ビジネス文書をフォーマットに学ぶ

    仕事において、決まった形式の文章を書く機会は多いでしょう。退職届、契約書、その他もろもろの文章にはそれぞれに型があります。最近はネットを検索すればそうしたフォーマットにたどりつくこともありますが、それぞれが独立しており繋がりがありません。ビジネス文書を総体として理解するのに役立つ本が池田正利による『デスクに1冊 会社書式の作成全集』(自由国民社)です。編著者は弁護士ですので、きっちりとした行政文章のフォーマットとして役立ちます。

  • メールの文面を気をつけよう

    メールというのはとても便利なツールです。その分、文面ひとつとってしまうと相手をいらっとされてしまうこともあります。フランクに書いてしまえば馴れ馴れしいと思われてしまいますし、一方であくまでもていねいに書くことを心がけたとしても慇懃無礼なイメージを持たれてしまいかねません。ベストな電子メールの送り方というのは実のところ大変難しいと言わざるをえないでしょう。

  • ビジネスメールのマナーは?

    仕事においてメールをやりとりする機会は多いでしょう。そこで、忘れがちなのがビジネスメールにおいてもマナーがあるという点です。友人とのラインのメッセージ交換ならばフランクな言葉遣いも可能でしょうし、どちらからともなく返信をしないといったこともOKです。しかしながらビジネスメールにおいてはそういうわけにはいきません。

  • 正しいメール書けていますか?

    いまや電子メールは、ビジネスにおいて欠かせないツールとなっています。とても便利な反面、ただメールを一本投げるだけでの仕事は手抜きとみなされることもあります。

  • 仕事の速さはメールで決まる?

    「仕事が速い」これは、ビジネスにおいてはひとつの大きな評価基準となります。もちろんそこに「仕事の質」がともなうことが絶対条件ですが、仕事は速いに越したことはありません。

  • ビジネスメールで差をつける9つのポイント! 軽視しがちなメールマナー

    電話やFAXに代わり、メールを使ったビジネスのやりとりがますます増えています。メールは比較的簡単に使えることから、マナーを軽視しがちです。今回は、ビジネスメールで差をつける9つのポイントを紹介します。 1. 件名は内容がわかるように 毎日たくさ

  • メールは補助手段と考えよう! メールマナーの基本

    コミュニケーションの手段として、Eメールが多く使われています。パソコンや携帯電話、スマホなどから、伝達したいことをメールで送ります。メールは便利です。電話では不在でなかなか連絡できなくても、メールで送ればすみます。仕事でも、メールを使ったコミュニケーションが増

  • メール世代の文章力養成法

    人は様々な場面で文章を書くことが求められます。何かを書かなければならないのに、書きたいことが思いつかない、考えていることがあるのに、どのように言葉にすればよいのか分からない。初心者でも文章を書き慣れた人でも、そういった経験はあるのではないでしょうか。 文

  • もしかして間違ったビジネスメールを送っているかも!ビジネスメールにありがちな誤り

    社会人になったら、切っても切り離せないのがビジネスメール。社会人の基本といっても過言ではありません。けれども、ビジネスメールはわざわざ上司に懇切丁寧に教えてもらうようなものでもありません。そのため、知らず知らずのうちに間違ったビジネスメールを送っている可能性が

1 / 1 1