メールは考えすぎない方がいい?

メールのやりとりはビジネスはもちろん、プレイベートでも頻繁に行われています。メールは、返事のタイミングやスピードが問われることがあります。すぐに返信をすると時間をかけていないと思われ、逆に返信を遅らせているといつまで待たせるのだと不快感を与えてしまう。どのタイミングでどのようなメールを返せばいいのかは大きな悩みどころでしょう。

悩む必要はない?

神垣あゆみによる『考えすぎて書けない人のための1分間メール術』(フォレスト出版)はビジネスメールにおいて考えずに返せるポイントにしぼって解説した本です。本書にはいくつかのパターンが例示されているので、場合によってはそれをそのまま使っても良いでしょう。ビジネス文書というのは、ある程度形式的なものです。だからこそ気配りや心遣いといった内容が求められます。本書ではさりげなく相手を気づかうポイントも紹介されていますので、失礼のない範囲でそのまま使える内容だともいえるでしょう。

シーンごとに対応している

さらに、それぞれのビジネスシーンごとに対応が記されていますので、その場ですぐに使える内容もあります。また、本書は友好的ではない、謝罪や督促といったケースに関しても内容が用意されていますから、あらゆるシチュエーションにおいて活用することのできる一冊であるといえるでしょう。