短いメールに気を使う

ビジネスにおいてメールのやりとりは頻繁に行われています。そこで注意しなければならないのはメールの長さと内容でしょう。だらだらとどうでもいいことを書き連ねるのはいけませんし、かといって一言だけのメールというのも考えものです。メールにはバランスが求められているといえるでしょう。

どのくらいの内容がよいのか?

中川路亜紀による『気のきいた短いメールが書ける本:そのまま使える! 短くても失礼のないメール術』(ダイヤモンド社)は、そんなメールに関する悩みを一挙に解決できる本です。この本の特徴は、メール論といったものが書かれているわけではなく、文面のフォーマットに特化しているということでしょう。

何を書けばいいのか?

本書で記されているのはポイントにしぼったメール執筆術というべきものです。まず第一部で、気の利いたメールを書くためのポイントが解説されています。返事のあとまわしはありなのか、ワンパターンなメールはありなのかといったことが記されています。

メール術にも注目

注目すべきなのはメール術が具体的に記された第二部ではないでしょうか。返事、相談、紹介、お詫び、挨拶といったそれぞれのポイントにしぼって解説されていますので、まずは自分で考えるより、そのままこちらの文面を使って、メール術をマスターしていくのが一番の近道といえるかもしれません。