デキるビジネスマンの身だしなみチェック。印象を良くする身だしなみのマナーを身につけよう!

仕事がデキるビジネスマンは、身だしなみをしっかりとしています。今回は、印象を良くする身だしなみのマナーを紹介します。


■身だしなみチェックリスト

頭髪は清潔ですか

髭の剃り残しはありませんか

口臭や汗の匂いはありませんか

フレグランスをつけすぎていませんか

爪はきれいに手入れしていますか

スーツにプレスはかかっていますか

ポケットに物をつめすぎていませんか

シャツの袖口や襟が汚れていませんか

シャツにプレスはかかっていますか

ネクタイは曲がっていませんか

靴の手入れは行き届いていますか

メガネのレンズは汚れていませんか

次に、新入社員が特に失敗しがちな身だしなみマナーのポイントを紹介します。

■腕時計をしていますか

携帯電話を時計代わりにするのは避けましょう。訪問先などで、時刻を携帯電話で確認するのはとても失礼です。

■携帯電話の着信音はオーソドックスな設定になっていますか

着メロなどは、ビジネスシーンでは不適切です。また、必要に応じてマナーモードにするのも、デキるビジネスパーソンのエチケットです。

■ネクタイの長さは適当ですか

ネクタイは、下端がベルトの少し下ぐらいになるように結びましょう。

■靴下の色は適切ですか

スーツと同系色のビジネス用の靴下を選びましょう。特に白いソックスはNGです。

■携帯電話は十分に充電されていますか

特にスマートフォンは電池の消耗が早いので、充電コードや充電器を携行するようにしましょう。

次に、どんなときでも身だしなみが整えられるように、会社のロッカーをうまく活用するコツを紹介します。

■デキるビジネスパーソンはロッカーの中身が違う!

身だしなみを整えるため、またいざという時のために、次のようなアイテムを会社のロッカーの中に常備しておきましょう。

歯磨きセット、髭剃りセット、靴磨きセット、消臭スプレー、制汗剤、予備のシャツ、予備の靴下、予備のネクタイ 傘、急な葬儀の備品(黒いネクタイ、数珠、香典袋)

さらにクールビズの期間中は、スーツ、シャツ、ネクタイ、靴を一式準備しておくと安心です。クールビズでは、どこまで許されるかは会社によって異なりますが、ワイシャツや襟付きの半袖シャツにノーネクタイが基本となります。とはいえ、それはあくまでも社内でのこと。

急に取引先に行かなければならなくなった時など、たとえジャケットを羽織ったとしても、失礼になってしまいます。いつでもスーツにネクタイで外出できるように、準備しておきましょう。

「接遇の達人ANAのCAが明かす 21世紀型 デキる男のビジネスマナー」の詳細を調べる

    
コメント