敬語はなぜ重要なのか?

敬語は、古代から現代に至る日本語の歴史で、大切な役割を果たしています。今回は、なぜ敬語が重要なのかを説明します。


敬語の役割

敬語の役割は、人が言葉を用いて自らの意思や感情を人に伝える際に、単にその内容を表現するだけではなく、相手や周囲の人と、自らとの人間関係・社会関係に対する気持ちを伝えることができます。

立場、役割、年齢、経験の違いなどに基づく「敬い」や「へりくだり」などの気持ちを表現することが出来るのです。また、敬語は、言葉を用いるその場の状況についての人の気持ちを表現する言語表現としても、重要な役割があります。

例えば、公的な場所での改まった気持ちと、プライベートな場所でのくつろいだ気持ちは区別しますすよね。敬語はそうした気持ちも表現します。このように敬語は、言葉を用いる人の、相手や周囲の人やその場の状況についての気持ちを表現する言語表現として、重要な役割を果たしています。

また、敬語は、話し手あるいは書き手がその場の人間関係や状況をどのようにとらえているかを表現することもできます。

例えば、「鈴木さんがいらっしゃる」という尊敬語は「鈴木さん」を立てて述べる敬語ですが、この敬語を用いることによって、話し手は、自らが「鈴木さん」を立てるべき人としていることを伝えることができます。

また、「こちらです」という丁寧語は、「こっちだ」と同じ意味を相手に対して丁寧に述べる敬語です。この敬語を選ぶことによって、話し手は、相手を丁寧に扱っていることを表現できます。

このように敬語は、話し手が、相手や周囲の人と自らの間の人間関係をどのようにとらえているかを表現する働きも持ちます。敬語を使えば、話し手が意図をしなくても、その敬語の表現する人間関係が表現されることになります。つまり、敬語を使わない場合にはどのような人間関係が表現されるかについても理解しておくことが大切です。

敬語は人と人との間の関係を表現する言葉です。意図をしていても、していなくても敬語の有無で表現されてしまうのです。人が円滑に言語コミュニケーションを行うためにも、敬語は重要なのです。

次の記事

「敬語を使うときの5つの基本的な考え方」

前の記事

「敬語の理解に役立つ基礎情報まとめ」

    
コメント