敬語の分類が3種類から5種類へ! 敬語の新ルール

敬語には3つの分類があります。しかし、文化審議会の国語分科会が、2007年2月2日に「敬語の指針」により敬語を現代の用語に合わせて3種類から5種類へと分類を行いました。どのような変更があったかを紹介します。


従来の分類

従来の分類は3種類の分類だけでした。

1. 尊敬語

相手側を高めることで直接的に敬意を表す

2. 謙譲語

自分側を低めることで間接的に敬意を表す

3. 丁寧語

言葉を丁寧にすることで相手側に敬意を表す

新しい5種類の敬語

5種類の敬語では、尊敬語はそのままで、謙譲語と丁寧語を2つに分けています。

1. 尊敬語(「いらっしゃる・おっしゃる」型)

相手側又は第三者の行為・ものごと・状態などについて,その人物を立てて述べるもの。

参考リンク

「尊敬語の基本」

2. 謙譲語Ⅰ (「伺う・申し上げる」型)

自分側から相手側又は第三者に向かう行為・ものごとなどについて,その向かう先の人物を立てて述べるもの。

参考リンク

「謙譲語Ⅰの基本」

3. 謙譲語Ⅱ(丁重語)(「参る・申す」型)

自分側の行為・ものごとなどを,話や文章の相手に対して丁重に述べるもの。

参考リンク

「謙譲語Ⅱ(丁重語)の基本」

4. 丁寧語(「です・ます」型)

話や文章の相手に対して丁寧に述べるもの。

参考リンク

「「です、ます」型の丁寧語」

5. 美化語(「お酒・お料理」型)

ものごとを,美化して述べるもの。

参考リンク

「「お酒・お料理型」のものごとを美化して伝える「美化語」」

謙譲語が2種類に

まず、謙譲語を2つに分けました。謙譲語Ⅰは、自分側の行為や物事が相手や話の中の第三者に向かう場合で、向かう先の人物を立てる言い方です。一方、謙譲語Ⅱは、自分側の行為や物事を、話をしている(または書いている)相手に対して丁重に表現する場合です。自分側の行為が「話す」「言う」なら、こうなります。

謙譲語Ⅰ→「申し上げる」(行為の向かう先が明確)
謙譲語Ⅱ→「申します」(行為の向かう先は不明確)

参考リンク

「「謙譲語Ⅰ」と「謙譲語Ⅱ」との違い」

丁寧語と美化語

丁寧語は、「~です」「~ます」のように、丁寧に述べる表現です。美化語は「お酒」「お風呂」のように、ものごとを美化して上品さを出すための言葉です。「お〜」といった形で利用されます。

5種類に分類した目的

敬語を3種類から5種類に分類したのには、意味があります。それは、現代の敬語の用法や働きを的確に理解する上で必要だからです。また、5種類に分ける考え方は、従来の学校教育等で行われる3種類に分ける考え方と対立するものではありません。5種類に分類することにより、従来よりも的確に理解したり説明したりできます。

例えば、「行く」という意味の敬語である「伺う」と「参る」は、従来,謙譲語とまとめられていますが、「伺う」を謙譲語Ⅰ、「参る」を謙譲語Ⅱに分類します。この区分けは、「謙譲語Ⅰ」と「謙譲語Ⅱ」の違い」で説明します。この違いを理解するこで、それぞれの敬語をより的確に使用することができるのです。

次の記事

「尊敬語の基本」

前の記事

「敬語の基本の3分類「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」」

    
コメント