新社会人は注意!? 気をつけた敬語は実は嫌われる!

新社会人となった皆さんが、人と出会う上で気をつけているはずの敬語。けれども、敬語を使うことで、実は相手に悪い印象を与えてしまうことがあります。言葉遣い一つで印象は大きく変わってしまうもの。実は嫌われてしまう敬語を使ってしまうケースをご紹介します。


■新しい担当先の仕事を上司から振られたケース

例えば、

「A社の担当にならないか」

と上司から新しい仕事を振られたときのことを考えてみましょう。ふと、上司が相手ということで、かしこまった敬語を使おうと考えてしまいがちです。そのため、

「A社ですか?はい、早速お伺いします。課長のお知り合いの方のご紹介いただけるのでしょうか?」

こうした敬語では、感謝の気持ちが出ておらず、事務的で冷めた印象を与えてしまいます。

■歓迎会の翌日で上司に感謝の気持ちを伝えるとき

新入社員の方は、歓迎会を迎えるでしょう。その翌日、上司に感謝の気持を伝えなければなりません。そんな時、

「昨日はありがとうございました。お疲れ様でした。」

といった敬語を用いてしまうと、実は嫌われてしまいます。あまりにも形式ばった敬語は、感謝の気持ちが伝わりにくいので、気をつけてみましょう。

■お客さんからの電話の声が聞き取りにくいとき

一般職では、お客さんとの電話の機会があるはずですが、相手からの電話の声が聞き取りにくい時が当然あるはずです。こうした時って相手方にその旨を伝えづらいものですよね。大事なお客様だからといって、無礼にならないよう敬語を使おうとして、

「誠に申し訳ありませんが、電波が悪いようで、まったく聞き取ることができません。おかけ直しください。」

と使ってしまうかもしれません。これは、表面的な敬語を使ってしまっているため、あまり良い印象を与えない敬語となっているのです。

敬語を使おう、使おうと意識し過ぎるあまり、嫌われてしまう敬語を使ってしまう場合があります。相手からの印象を良くするように敬語には気をつけましょう!

次の記事

「おはようございますも大事な敬語! シーン別で異なる挨拶のマナー」

前の記事

「新入社員がおさえておきたい「敬語」マナーの基本」

参考本

「嫌われる敬語 好かれるタメ語(内山 辰美)」

    
コメント