語彙力で一歩リードしよう

語彙力はビジネスにおいては大切な要素です。タメ口が出てしまう、幼稚な言葉使いをしてしまう、同じフレーズを繰り返してしまう、そうしたことを繰り返していると、相手から信頼を失いかねません。


語彙力をどう鍛える?

話題の達人倶楽部による「大人の語彙力が面白いほど身につく本」(青春新書プレイブックス)には、それぞれの言葉づかいの適切な言い換えが例示されています。例えば初対面のあいさつの場面で、交渉の場面で、自分をより良く見せる、格調を高めるための言葉が記されています。さらに、微妙なニュアンスを伝えるための言葉もありますので、いざという時にも役立つことでしょう。

どんな言葉がある?

それでは具体的にはどのような語彙力があるでしょうか。例えば無謀な行為やプランに対しては「それは『砂漠で砂を売るようなもの』です」という言葉があります。確かにすぐにイメージができますし、ユーモアもあり、さらに明らかに無理だと伝えることが可能となります。

言い間違えや誤用も

さらに、つい使ってしまいがちな言い間違えや誤用についても記されていますので、いざという時に恥ずかしい思いをしなくて済むでしょう。

    
コメント