「おはようございます」も大事なビジネス敬語! シーン別で異なる挨拶のマナー

さまざまな敬語を完璧に使いこなせたとしても、挨拶ができない人は本当の意味で敬語を習得しているとはいえません。とくに一日の始まりの「おはようございます」は社会人として最も大切な挨拶です。ビジネス敬語としておさえておきましょう!


挨拶はシーン別に変えよう!

挨拶には「おはようございます」のほかにも、様々なものがあります。さて、次のシーンではどんな挨拶の言葉を用いるのがふさわしいでしょう?

1. 時間に関係なく、社外の人と出会ったときの挨拶
2. 会社から帰るとき
3. 会社から外出するとき

1. 時間に関係なく、社外の人と出会ったときの挨拶のマナー

社会人として忘れてはならない挨拶のひとつに「いつもお世話になります(なっております)」があります。これは時間帯に関係なく、社外の人に対しての挨拶です。ときどき「お世話様でございます」という人がいますが、これは誤った表現です。

「お世話様」というのは、自分のために尽くしてくれた人に対して感謝の気持ちを表すものです。旅館などで荷物を運んでくれた従業員に対して「お世話様です」というように、ねぎらいの気持ちをこめて用いられます。敬意が軽いため、目上の人には用いると失礼に当たるので注意が必要です。

2. 会社から帰るときの挨拶のマナー

学校では「さようなら」と言うところですが、会社では「お先に失礼します」と挨拶するのが一般的です。これは、自分が帰ってからも仕事を続ける人たちに対して「先に帰ってしまって申し訳ない」という気持ちと、引き続き仕事をする人に敬意を表する言葉で、かならず一礼とともに行うのが礼儀です。

また、上司や先輩など自分より上位の人が残る場合は「申し訳ありませんが、お先に失礼いたします」にすると、さらに改まった挨拶になり、好感度が高くなります。

3. 会社から外出するときの挨拶のマナー

自宅から外出するなら「行ってきます」ですが、会社ではもう少し改まった挨拶の「行ってまいります」を使います。また、どこに行って何時頃帰るかをきちんと伝えておくのが、留守を預かる人へのマナーです。

言葉遣いと同様に挨拶にとって大切なことは、ハッキリとした大きな声を出すことと、笑顔、会釈を加えることでしょう。これらの動作と言葉遣いをマスターしていれば、職場での好感度アップは間違いなしです。

また、挨拶は目下の人間から目上の人にするだけではなく、どんな立場にある人でも同様に行わなくてはなりません。下の人間が「おはようございます」と礼を尽くしているのに、上に立つものが「うん」と偉そうにうなずくだけではお話になりません。人の上に立つものこそ、部下のお手本となるような挨拶を心がけたいですね。

次の記事

「嫌いな上司に敬語を使う必要はあるの? 知っておきたい敬語のマナー」

前の記事

「新社会人は注意!? 気をつけた敬語は実は嫌われる!」

参考本

「知らないとゼッタイ恥をかく 敬語のマナー」

    
コメント