メールの敬語は簡潔にしよう! 中高年が気をつけたいメールマナー

仕事でのメインの連絡手段はメールです。メールはビジネスで大切なコミュニケーション手段にです。 メールは、相手の時間を確実に奪ってしまう電話とは違い、相手のタイミングに合わせて伝えることができます。しかし、中高年の人ほど間違ったメールの使い方をしてします。手紙と同じ感覚でメールしていませんか?

メールは手紙ではない

メールと手紙は同じと考えている中高年の皆さん、危険です。こんな文面でメールを送っていませんか? 拝啓○○様 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 長文がずらーっ… 長文がずらーっ… 長文がずらーっ… 敬具

メールは簡潔に!

メールでは手紙と同じように書くのはNGです。メールで見ると長ったらしく感じます。また、メールでは、敬語も簡潔にするほうがよいでしょう。もちろん、メールにも敬語は必要です。しかし、メールでは冗長な敬語表現は似合いません。メールの敬語は簡潔にするようにしましょう! 次の記事「職場では親しくなっても敬語を使おう! 出来る男のビジネス敬語マナー」 前の記事「嫌いな上司に敬語を使う必要はあるの? 知っておきたいビジネス敬語のマナー」