「おわかりになりましたか」は間違い敬語! 上司を馬鹿にしてしまう「能力・意思・願望」の質問に注意!

英語を勉強しようとしている太郎君は、英語が得意そうな上司にこう聞きました。

「部長は、英語はおわかりになりましたか?」

すると、部長の機嫌が急に悪くなりました。きちんと「おわかりになりましたか?」と敬語を使ったのに、なぜ部長の機嫌を損ねてしまったのでしょうか?


文法的には間違っていないが

「おわかりになりましたか?」というフレーズは、敬語の表現としては間違っていません。

「書類はお持ちになりましたか?」

のように、「お+~になる」という尊敬表現であれば正しい使い方となります。

能力、意思、願望を質問するときは注意!

「お話になれますか」(能力)
「お出来になりますか」(能力)
「お飲みになりたいですか」(意思)
「いらっしゃるつもりですか」(願望)

などは、敬語の形自体は問題はありません。しかし、自分より立場が上の人に対して、能力、意思、願望などを直接質問することは失礼にあたるケースがあります。

能力を質問するときの注意点

立場が下である部下が、立場が上の上司に対して、「英語が話せるか」と直接質問すると、上司に能力があるのかどうか確認しているように聞こえ失礼です。目上の人に対して「~ができるか?」というように、能力がどれくらいなのかを聞くのは、「もしかしたらできないのでは?」と疑っているようにも聞こえます。

正しくは何と言うの?

「部長は、英語をお話しになりますか?」

とできるだけ「能力」を直接連想させる言葉を使わずに問いかけることが大切です。

意思を質問するときの注意点

また、

何がしたいか
何をするつもりか

など意思を質問するのも、偉そうに聞こえませんか? 「お酒をお飲みになりたいですか?」と言われたら小馬鹿にされているように感じるため、避けましょう。「お酒をお飲みになりますか?」とシンプルに質問しましょう。

願望を質問するときの注意点

「いらっしゃるつもりですか」(願望)

のように願望を聞くと、これは部下だけの打ち上げだから本当は上司に来てほしくないんだよな…と考えることもできます。「部長も打ち上げにいらっしゃいますか? お越しいただけると嬉しいです」のようにきちんと敬意を示すようにしましょう!

自分では敬語を使っているつもりでも、相手に誤解されるケースも有ります。能力、意思、願望を質問するときは注意しましょう!

次の記事

「社外や上司に間違って使いがちな伝言敬語!」

前の記事

「【完全保存版】上司に使ってはいけないフレーズ! 目上の人への正しいビジネス敬語の使い方」

    
コメント