「コーヒーになります」は「今からコーヒーになります」という意味? 接客で気をつけたい敬語

喫茶店、ナウいカフェ、レストランなどで、注文した料理を出すときに 「紅茶になります」 「コーヒーになります」 とよく耳にしますよね。実はこれ、間違った敬語なんです。

正しくは「コーヒーでございます」

「~になります」は「〜なる」という言葉です。「大人になる」のように、それまでとは違うものや状態に変わるときに使う言葉です。つまり、「コーヒーになります」と言うと、「これからコーヒーになります!」と言っているのです。そのため、 「紅茶になります」 「コーヒーになります」 という表現はおかしいのです。「えっ、今から紅茶やコーヒーになるんですか?」と突っ込まれる可能性があります。 「紅茶でございます」 「コーヒーでございます」 が正しい敬語です! 「~になります」は「~でございます」と正しい敬語を使うようにしましょう! 間違って使っている店員さんがいたら、「今から紅茶になるんですか?」と聞いてみてもいいかもしれませんが、嫌な顔されること間違いなしです。 次の記事「「お待ちしてください」「お座りください」はNG? 間違えがちなビジネス敬語の表現」 前の記事「「アルバイト敬語」に気をつけよう! 新入社員が知っておきたいビジネス敬語のマナー」