敬語で気をつけたい家族の呼び方。変換型に気をつけよう!

父や母、祖父などの家族の呼び方にもいろいろあります。身内と、他人の場合で家族の呼称は異なります。敬語としても家族の呼称は大切です。中には変換型と同じく知っていないと使えない呼称もあるのでここでおさえておきましょう。


父の呼称

自分の場合:ちち、父親、実父、養父、おやじ、舅
他人の場合:おとうさま(さん)、おやじさん、お舅さん、お父上さま

母の呼称

自分の場合:はは、母親、おふくろ、姑
他人の場合:おかあさま(さん)、おふくろさん、お姑さん

祖父・祖母の呼称

自分の場合:祖父、祖母、老父、隠居
他人の場合:おじいさま(さん)、おばあさま(さん)

夫の呼称

自分の場合:●●(姓のみ)、主人、うちの人、夫
他人の場合:○○さん、ご主人(さま)、旦那さま(さん)

妻の呼称

自分の場合:家内、妻、女房、かみさん、愚妻
他人の場合:奥さま(さん)、おかみさん

兄の呼称

自分の場合:兄、義兄
他人の場合:おにいさま(さん)

姉の呼称

自分の場合:姉
他人の場合:おねえさん(さま)

息子の呼称

自分の場合:息子、子ども、せがれ
他人の場合:ご令息、お子さん、息子さん、お坊っちゃま(ちゃん)

娘の呼称

自分の場合:娘、子ども
他人の場合:令嬢、ご息女、お嬢さま(さん)、娘さん、嬢ちゃん

おじ・おばの呼称

自分の場合:おじ、おば、おじき
他人の場合:おじさま(さん)、おばさま(さん)

次の記事

「間違いやすい敬語情報まとめ」

前の記事

「「届く」を敬語に変換しよう!」

    
コメント