「来る」を敬語に変換しよう!

目上の人が来るとき、自分が目上の人の向かうときには、どのように敬語を使えばいいでしょうか? 「来る」を敬語に変換してみましょう。


「来る」を敬語変換すると?

尊敬語:お見えになる、いらっしゃる、お越しになる、来られる
謙譲語:参る、うかがう

が敬語変換の基本です。では、具体例で考えてみましょう。

尊敬語の場合

目上の人が「来る」ことを尊敬語にする場合は、

「田中様がお見えになりました」
「田中様がいらっしゃいました」
「田中様がお越しになりました」
「田中様が来られました」

のように言います。基本的には、「お見えになる」を使うようにしましょう。また、「来られる」は使うのは避けてください。

謙譲語の場合

「15時に参ります」
「15時に伺います」

「行く」の謙譲語と同じ表現になります。よく「参る」を尊敬語として使ってしまう人がいるので注意しましょう!

「行く」とセットで覚えるのがおすすめです。

次の記事

「「見る」を敬語に変換しよう!」

前の記事

「「行く」を敬語に変換しよう!」

参考リンク

「よく変換する敬語一覧【動詞編】」

    
コメント