「いる」を敬語に変換しよう! 「おる」の間違い敬語にも注意!

目上の人が「いる」かどうか確認する場合は、目上の人に対して自分が「いる」ことを使える場合に、「いる」をどのように敬語に変換すればよいでしょうか? また、「いる」に関連する間違いやすい敬語「おる」も一緒に紹介します。


「いる」を敬語変換すると?

尊敬語:いらっしゃる
謙譲語:おる

が敬語変換の基本です。では、具体例で考えてみましょう。

尊敬語の場合

目上の人が「いる」かどうかを確認する場合は、

「田中様はいらっしゃいますか?」

のように尊敬語「いらっしゃる」を使います。

謙譲語の場合

目上の人に、自分が「いる」ことを伝える場合は、

「今日は朝まで残った仕事をするので、会社におります。」

のように謙譲語「おる」を使います。

「おる」の間違い敬語に注意

よく、「おる」を尊敬語として使っている人がいます。

×「田中様はおられますか?」
◯「田中様はいらっしゃいますか?」

です。間違えやすいので注意しましょう!

次の記事

「「食べる」を敬語に変換しよう!」

前の記事

「「見せる」を敬語に変換しよう!」

参考リンク

「よく変換する敬語一覧【動詞編】」

    
コメント