「飲む」を敬語に変換しよう!

目上の人に対して「飲む」ことを確認したり、目上の人から飲み物をごちそうになった場合に必要な、「飲む」の敬語変換を紹介します。


「飲む」を敬語変換すると?

尊敬語:召し上がる、お飲みになる
謙譲語:いただく

が敬語変換の基本です。では、具体例で考えてみましょう。

尊敬語の場合

目上の人に対して、「飲む」ことを確認する場合、

「お酒をお召し上がりますか?」
「お酒をお飲みになりますか?」

のように、尊敬語「召し上がる」、「お飲みになる」を使います。なるべく、変換タイプの「召し上がる」を使うようにしましょう。

謙譲語の場合

目上の人に対して、飲み物をごちそうになったとき

「コーヒーをいただき、ありがとうございました!」

のように謙譲語「いただく」を利用します。

「食べる」とセットで覚えるのがおすすめです。

次の記事

「「会う」を敬語に変換しよう!」

前の記事

「「食べる」を敬語に変換しよう!」

参考リンク

「よく変換する敬語一覧【動詞編】」

    
コメント